正しい自己紹介の方法。就活の面接で活用できる自己紹介のコツ

就活ノウハウ

就職活動において、「自己紹介」「自己PR」はもっとも話す機会の多い質問内容でしょう。個人面接、集団面接といういずれの面接でも、それは同様のことが言えます。ここではまず、自己PRと自己紹介の違いをお伝えします。

更新日時:

自己紹介と自己PRは違う

「自己紹介と自己PRの違い」と聞いて答えることができますか? 「自己紹介」は初めて知り合う人に、自分の概要を知ってもらうための行為。一方、「自己PR」は自分の特技や趣味、実績や功績などの強みを紹介しつつ、企業にどのように貢献していけるかアピールする行為です。 自己紹介と自己PRは同じように捉えられがちではありますが、自分の概要を紹介することと、あなた自身の強み、魅力をアピールするのは意味が異なります。 面接官はあなたのプロフィールをざっくり聞くために「まずは自己紹介をお願いします」と質問を発します。あなたの魅力というより「端的にあなたの特徴を知りたい」のです。 その際に自己紹介と自己PR を誤ったり、2つを混合させないようにしましょう。

自己紹介は整理して、的確に行おう

次は、面接で失敗しないための正しい自己紹介の方法を解説していきます。正しい自己紹介というと、ものものしいですが、自己紹介においてよく聞かれる紹介項目を簡単に覚えておきましょう。

プロフィール基本項目を確認しよう

ざっくりとプロフィールを伝えて、その後は簡単に話が膨らむ内容を考えましょう。 ・名前 ・学校学部学科 ・普段の過ごし方 ・趣味、特技 ここで、特徴的な内容のあるものを膨らますようにしましょう。例えば、学部が特徴的である場合は、「◯◯や◯◯を研究する学問で、僕は◯◯を研究していました」などです。

ストーリーを展開して印象付ける

基本的なプロフィールを伝えるだけでは、特徴のない人間だと思われてしまいます。 学校や課外活動の中であなたが培ってきた内容など、オリジナルのエピソードを交えながら簡潔なストーリーで話していくことで、あなたの人柄や魅力が引き立てられ面接官にもインパクトを残すことが出来るでしょう。 この内容を、後に質問される自己PRへとも繋げていくこともできます。

話す時には「自分の言葉」で話そう

また、内容も重要ですが、それ以上に重要なのは「自分の言葉で話す」こと。話す時に履歴書に記載していることを淡々と読み進めるのはなく、言葉に抑揚をつけ自分の言葉で話すことがポイントなのです。 面接官は回答の内容以上に、話しているあなたの様子を見ています。あなたが面接官であれば、棒読みの学生、テキパキ話す学生、どちらを選びたくなりますか?その場で話している内容、雰囲気をトータルで掴むのが面接。しっかりと自分の言葉で話すようにしましょう。

まとめ

自己紹介の理想時間は60秒間と言われています。つまり、その短時間で簡潔に、わかりやすく、話すことが求められます。 自己紹介は、あなたがこれまで歩んできた経歴を簡潔に紹介する場です。前述で解説した順番に従いあらかじめ内容をまとめて面接に行くといいでしょう。それでは、面接の準備にうまく活用してくださいね!

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)