IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

小売業界に転職するには?仕事内容/職種/必要資格/平均年収など

業界・企業研究

皆さんは「小売り業界」と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、大まかなイメージはつかめても具体的な仕事や転職事情についてなんかはイメージが湧かないと思います。今回はそんな小売り業界の主な仕事内容や収入事情、そして転職事情について迫っていきたいと思います。

更新日時:

小売の仕事(仕事内容、職種、資格、平均年収・給与など)+小売へ転職する方法+小売に強い転職サイト+なぜ小売に転職できないのか+小売で公務員に転職する方法

「小売りの仕事」の主な業務内容、収入事情、転職事情について

皆さんは「小売りの仕事」と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、小売りの仕事の大まかなイメージはできたとしても、具体的な仕事内容や収入事情、さらには転職事情など細かなことになるとあまりイメージが湧かないという方が多いのではないでしょうか。今回はそんな「小売りの仕事」に焦点を当てて、その主な業務内容や収入事情、そして転職事情について様々な観点から見ていきたいと思います。

小売り業界は大きく分けて3つ

そもそも「小売りの仕事」にはどんなものがあるのでしょうか?小売り業界にも様々な職業が存在し、それらすべてからなりったています。わかりやすく小売り業界の仕事を大きく分けるとすると、3種類に分けることができます。以下に、各種類ごとの主な業務内容についてまとめてみました。

仕入・物流業務(バイヤー、在庫管理、物流)

小売り業界の仕事のまず一つ目は、商品の仕入れ・物流関係の仕事にあたる「バイヤー業務、在庫管理業務、物流業務」です。小売り業というのは、「仕入れ」て「販売する」というのが仕事の大まかな流れとなっています。ここでご紹介するバイヤー業務、在庫管理業務、物流業務というのは、前半部分に当たる仕入れ部門を担当する職業です。バイヤーは担当する商品の選定や仕入、買付け、さらには新規ルートの開拓といった仕事を行います。商品戦略をもとに取引先との商談、商品の選定及び決定を行います。

販売業務(店長、店舗運営、マネージャー)

続いて、小売り業界の仕事の二つ目は、販売関係の仕事にあたる「店長業務、店舗運営業務、マネージャー業務」です。ここでご紹介する店長業務、店舗運営業務、マネージャー業務というのは、小売業の大まかな流れの後半部分にあたる「販売」部門を担当する職業になります。一般的には、店頭で直接お客様と接し販売する業務はアルバイトスタッフが行うことが多いですが、新卒採用後など新人時代には正社員であっても店頭販売を行うこともあります。また、店長やマネージャーとして店舗の運営・マネジメント業務も販売部門の非常に重要な仕事になります。

販売支援業務(販売促進、店舗企画、運営企画)

最後に、小売り業界の仕事の三つ目は、販売支援関係の仕事にあたる「販売促進業務、店舗企画業務、運営企画業務」です。ここでご紹介する販売促進業務、店舗企画業務、運営企画業務というのも後半の「販売部門」に当たります。主に販売を強化するため後方から支援を行います。具体的には、マーケティング戦略立案、店舗レイアウトの変更、新規出店計画、イベントやキャンペーンなどの企画、運営、広告やCM、チラシの企画・作成などの仕事をこなしていきます。

平均年収は400万円前後

続いて、小売り業界の平均年収について見て行きたいと思います。各職業によっても多少の違いはありますが、小売り業界全体の平均年収がどのくらいであるのかと言いますと、だいたい400万円前後程度です。これは、日本の給与所得者全体の平均年収と比べると、日本の給与所得者全体の平均年収が440万円なので、小売り業界の平均年収である400万円前後というのは、少し低めの賃金設定であるということがわかります。

小売り業には「販売士資格(リテールマーケティング検定)」

続いて、小売り業界の仕事に携わる上でどんな資格を取得しておく必要があるのかについて見ていきましょう。先に結論から言いますと、小売り業界の仕事をやるうえで、必ず取得しておかなければならない資格や検定というのはありません。しかし、ここ最近では小売り業界の競争率が著しく激化しており、顧客の満足度を向上させるということは今や必須のことです。つまり、多様化・高度化した顧客のニーズを的確に捉え、豊富な商品知識や顧客に配慮した接客技術を武器として、ニーズにあった商品を提供するとともに、商品の開発や仕入、販売、物流などを効率的かつ効果的に行うために必要な知識やスキルを身につけることが重要になってくるということです。 そういった小売り業界に求められる知識やスキルの向上や証明に役立つ資格・検定として「販売士」の資格があります。(リテールマーケティング検定とも呼ばれる。)年々高まりつつある競争率に伴って、小売り業界におけるこの販売士資格(リテールマーケティング検定)の重要性は増しています。

小売り業界の仕事に転職する方法

ここからは小売り業界の仕事への転職の方法について見て行きたいと思います。もし自分が小売り業界の職業に就きたいと思ったらまず何をすれば良いのでしょうか?

まずは転職エージェントに登録しよう

小売り業界の仕事への転職を考えている場合、まずは「転職エージェント」というものに登録しましょう。そもそも転職エージェントというのは、登録を行うことで転職希望者(求職者)に対して、求人情報の提供から、面接日時等の調整、採用条件等のとりまとめ、入社日の調整など転職活動の一連を無料でサポートするというサービスを提供してくれるものです。 さらに、最近では転職希望者が急激に増加傾向にあるということもあって、転職希望者に専任のキャリアコンサルタントがつき、アドバイスを行い、適性や希望に基づいた詳細な求人情報の提供から、職務経歴書の書き方、面接突破のための指導・対策、内定獲得時の年収交渉に至るまで、非常に丁寧に細かいところまで転職をサポートしてくれます。こういったエージェントとしてのサービスの増加もあり、転職エージェントに登録しておくことで得られるメリットが非常に多いということからも、まずは転職エージェントへの登録を済ませましょう。

余裕があれば販売士資格(リテールマーケティング検定)を取得しよう

小売り業界の仕事への転職を成功させる方法には他にもあります。それは、先ほどもご紹介した販売士資格(リテールマーケティング検定)を取得することです。やはり、転職となると企業側も希望者を取る数は制限していますし、その制限数は新卒の就活生達よりも比較にならないほど少なく設定されています。 そのため、転職を効率よく成功させるには、より魅力的な志望動機を考えるのではなく、知識や技術の習得を証明するような資格や実力を証明するような実績をアピールすることの方がより重要になってきます。そのため、小売り業界の場合は販売士資格(リテールマーケティング検定)を取得することが転職成功への近道になることは間違いないです。

公務員への転職には国家公務員試験・地方公務員試験

小売りから公務員へ転職をする場合は、国家公務員試験・地方公務員試験を受験しましょう。公務員の仕事に就くというのは、就職・転職に関わらてず、他の職種と比べても非常に厳しく、成功させるのは難しいです。それは、公務員として仕事をするには必ず国家公務員試験、あるいは地方公務員試験を受験しなければならないからです。もし、小売り業界から公務員業界への転換を考えている方がいるのであれば、ある程度の期間を設けて公務員試験に向けた学習を進めて行くようにしましょう。

小売り業界の仕事への転職に強いエージェント一覧

最後に、小売り業界への転職に強い転職エージェントについていくつかご紹介したいと思います。 ・マイナビエージェント ・アイデムスマートエージェント ・アデコ ・JACリクルートメント ・ワークポート ・インテリジェンス ・リクルートエージェント ・パソナキャリア

エージェントを活かして転職を有利に

いかがでしたでしょうか?今回は小売り業界の仕事に焦点を当てて、主な業務内容から収入事情、そして転職事情について様々な観点から見てきました。転職に関して言えば、まだまだ注意する点や心がけるべきポイントなどは数多くありますが、もし小売り業界へ転職を考えているのであれば、とにかく転職エージェントへの登録を済ませましょう。そうすることで、より有利に効率良く転職活動を進められますし、さらには自分にあった職業・職場を見つける可能性が大きく広がるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング