IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【履歴書】「職歴」欄にアルバイト経歴を書いて良い場合、ダメな場合

就活ノウハウ

大学生のみなさんが就活の際に使用する履歴書に、「職歴」について記入する欄がありますよね。その職歴欄にアルバイト歴も記入して良いのかどうか、ご存知ですか?職歴の部分にアルバイトを記入して良いのかどうかという問題は、多くの方にとって知りたいことだと思うので、今回は履歴書における職歴の書き方についてご紹介していきます。

更新日時:

職歴欄の基本マナー

履歴書のマナーでいうと、新卒採用で使用する履歴書では、職歴欄にアルバイトの略歴は記入しません。なので、履歴書の職歴欄は空欄になってしまいますが、この場合は特に問題はないので、「職歴なし」と記入しましょう。 履歴書ではなく、企業の作成したエントリーシートなどの場合、職歴について記入する欄はほとんどありません。その為、アルバイトについて記入する機会は、あまりないと考えられます。ただし、例外はあります。 新卒採用の際に職歴としてアルバイトの経験を記入する必要があるのは、履歴書と一緒に職務履歴書の提出を求められた場合や、エントリーシートに職歴について記入する欄がある場合です。このような場合は、学生時代に行ったアルバイトで構わないので、自己アピールを意識しながらアルバイトの経験について記入しましょう。 基本的に、履歴書の職歴欄にアルバイトの経験を記入するのは、主に派遣やアルバイト採用の際や、正社員の経験後、長くアルバイトを経験した場合です。とはいえ、履歴書の中で、学生時代に経験したアルバイトについて語ってはいけない、ということはありません。「学生時代に頑張ったこと」などを記入する欄があれば、アルバイトの経験を語り、自己アピールすることは可能です。

履歴書の職歴欄の注意点

すでに上記で述べましたが、新卒採用や転職の際には、履歴書にアルバイトの経験を職歴として記入することはありません。基本的に学生の方は正社員の経験はないと思うので、履歴書の職歴欄には「職歴なし」と記入しましょう。空欄でも問題はないので、不安がらずに堂々と他の欄で自己アピールしましょう。

アルバイトの経験に関する注意点

上記では、新卒採用や転職の際にはアルバイトの経験を職歴として記入しないと述べました。しかし、履歴書全体において、アルバイトについて記入してはいけないというルールはありません。履歴書には「学生時代に頑張ったこと」のような欄があると思うので、アルバイトの経験を自己アピールしたい方は、そういった職歴欄以外の部分でアピールしましょう。 もちろん、アルバイトではなく学業で頑張った点などをアピールしたい方は、アルバイトについて全く触れなくても大丈夫です。大学は勉強しに行く場所であって、アルバイトをするための期間ではありません。アルバイトで得られる経験や知識などもありますが、大学在学中にしか得られない経験、知識、技術などのほうが圧倒的に多いのです。企業は、どれくらいアルバイトを頑張ってきたのかよりも、大学でいかに独特の経験をしたかといった内容の方に関心があります。アルバイトの経験でいいアピールが思いつかない場合は、学業や他のことでアピールポイントを考えた方がいいでしょう。

アルバイト歴を記入するときの注意点

履歴書でアルバイト歴を職歴として記入する機会があるとすれば、アルバイトや派遣社員に応募する際、正社員の経験後、長くアルバイトを経験して正社員に応募する際などがあげられます。 また、新卒採用や転職の際にも、企業が職務履歴書を求めた場合は、職務履歴書にアルバイトの経験を記入しましょう。既に何度かご説明していますが、新卒採用や転職の際には、企業が何も指定してこない場合はアルバイトを職歴欄に記入しません。もし記入してしまった場合、マナー違反になってしまうとまでは言いませんが、「履歴書の書き方を知らない」「常識を知らない人」と捉えられてしまう可能性があるので、無理に記入しようとする必要はありません。 職歴欄にアルバイト歴を記入する時の記載方法は、まず西暦か和暦のどちらかでアルバイトを始めた年月、退職した年月を書き、会社名、担当した業務、行った仕事内容などを簡潔に記入します。記入する順番は、上から下に向かって新しくなるようにしましょう。

おわりに

以上、履歴書の職歴欄でアルバイトについて記入しても良いか、についてみてきました。 注意する点は2つです。1つ目は、新卒採用をうける学生のみなさんは、職歴の欄にはアルバイトについて記載しないということです。転職の際もど同様に学生時代のアルバイト歴を記入することはないので、転職を視野に入れている方は、頭の隅に入れておいてください。 2つ目は、どうしてもアルバイトについて書きたい場合は、自己アピールとして、文章にして記入するということです。企業はアルバイトの経験を特に重視しているわけではないので、アルバイトの経験は必須ではありません。なので、履歴書で記入する必要はないのですが、人によってはアルバイトによって貴重な経験をしたり、人として成長できたような経験をした方がいると思います。その場合は十分良いアピールになるので、職歴ではない欄、自己アピールの欄でアピールしましょう。 他にも、面接の方法や履歴書の書き方などの就活の不安は新卒エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)