IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

最終面接で好印象を与える/避けるべき逆質問|ポイント7個

就活の面接

就活における最終面接は、内定がかかった、たいへん重要な場面と言えます。そんな最終面接では、その会社で働きたいという強い意志を表明するために逆質問することが大切です。ここでは、好印象を与える逆質問と、避けたほうが良い逆質問をご紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

最終面接の意味

最終面接の意味

最終面接は、多くの企業では役員面接として行われます。 細心の注意を払って熱意を高めて、これまで臨んできた就活生の緊張感も最大になることでしょう。最後にもう一度、企業研究やエントリーシートを見直して、予想される面接質問に備えておきましょう。

落とされる可能性が高い面接

最終面接まで行けば落ちないなんて話は信用してはいけません。 偉い方々に囲まれて緊張する局面で、自分から質問をするなんてできるだろうか、と不安な人も多いことでしょう。 しかい思い切って逆質問をしてみましょう。「特にありません」というのは「特に御社で働くことを想像していません」と伝えているようなもので、第一志望の企業ではないようなニュアンスが伝わってしまうからです。

最終面接とは逆質問で入社意欲が見られる面接

最終面接とは逆質問で入社意欲が見られる面接

入社意欲が見られる面接にするために、「絶対に御社で働きたい」という自分の強い意思が伝わるよう、逆質問はすべきです。 そもそも何を聞けばいいかわからない、聞きたいことはあるが聞いていいのか、どう聞いたらいいかわからない人は入社意欲がないと面接官から思われるので不利です。 質問ができない人は企業研究が足りていません。企業の基本情報、口コミ情報などを集め、自分が職場で何を行うのか具体的に想像しましょう。

価値観を知る面接

最終面接はあなたの価値観を知るために行われる面接です。 企業研究を入念に行って自分が働く姿を想像したときに、必ず欲しい情報が出てきます。入社後の業務について具体的なイメージを持っていることが伝わると、そのイメージは面接官にも同じように描くことができ、結果として採用につながりやすくなります。 企業側の目線も考慮した逆質問が担当者の心に響きやすいので、積極的に質問はしていきましょう。

自分の長期的なキャリアがあるかどうか

社長や役員に「この人を採ろう」と直感的に思わせるために、特に、あなたがその企業でやりたいことが明確にあり、その企業で長く働くことを前提に自分の将来像を考えていることが伝わる逆質問が、より担当者の心に刺さります。 自分の長期的なキャリアが本当にあるのかどうか、こちらからも逆質問で知る必要があります。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

好印象を与える逆質問とは

好印象を与える逆質問とは

就活生と同じように、企業側もこれまで細心の注意を払って学生を選んでいます。 最終面接まで残っている学生は全員優秀なはずです。面接をしてきた社員の方々が「この人ならうちの会社で活躍できる」と判断した人です。 最終面接ではしばしば、担当者からの質問に答えるだけでなく、「何か質問はありますか」という、こちらから質問する機会があります。最終面接では逆質問はすべきです。好印象が残る逆質問を心がけましょう。

方法1:仕事の内容・事業に関する質問

最終面接で、「何か質問はありますか?」と聞かれた時に、「特にありません」と答えてしまうのは、印象が良くありません。 企業研究を重ねていくうちに、その企業で自分が働く姿を想像します。そのときに「実際にどんな業務を行うのだろう」「こういう場合にはどう対応するのだろう」といった疑問が湧いてくるはずです。 逆質問ではそのような質問を行います。

方法2:役員の考えや経験に関しての質問

最終面接の逆質問で役員の考えや経験に関しての質問をして、社長や役員のビジョンに近づきたい印象を与えましょう。 最終面接で「社長が会社経営を考えていく上で、その基となっている人物や書籍はありますか」などの質問をすることで、自分がその会社の方針に沿っていくことを印象付けることができます。

方法3:自己研修の質問

最終面接ではスキルアップや自己研修についての逆質問をしましょう。 最終面接で「御社で活躍する社員の共通点を教えて下さい」「◯◯をやっていた経験が、XXで活かせると考えています。XXで求められる力は他にどのようなものがありますか」などの逆質問をすることで、就職したあとも積極的に自己研修をして、スキルアップをしていく気持ちがあることをアピールできます。

方法4:将来像を考えている事が伝わる質問

最終面接では、将来像を考えている事が伝わる質問をして積極的な姿勢を表明しておきましょう。 最終面接で聞くべきか、内定を頂いてから聞くものか、働く上で欠かせない情報かなどの優先順位をつつけながら、事前に疑問点を整理しておきます。 頭で考えるのではなく紙に書き出しながら、自分の知りたいことを整理していきましょう。最低でも20個は逆質問がぱっと浮かぶようにしておけば、最終面接で困らずにすみます。

就職を考えている人におすすめのサービス

最終面接で何を質問すべきか疑問に思ったことはありませんか?そんな就活生におすすめなのが「キャリアパーク」です。 1分でエントリーでき、一度登録して面談を行えば経験豊富なプロのキャリアアドバイザーが模擬面接やES添削他、就活でのお悩み相談に乗ってくれます。面接時に気をつけるべき点などを事前に知ることができるので、他の人に勝てる強みに繋がります。 少しでも就活に対して不安がある方は、「キャリアパーク」に相談してみましょう。

避けたほうがいい逆質問

避けたほうがいい逆質問

最終面接で避けたほうがいい逆質問がいくつもあります。 最終面接ではあたな自信の熱意と価値観が問われます。やる気のなさが露呈するような逆質問や仕事と関係のないことを聞く態度はNGです。

求人情報やホームページに載っている内容の質問

最終面接での逆質問はありきたりな質問では、担当者の心に響きません。 求人情報やホームページ・配布資料に載っている内容の質問をするなどということも、ありえないことです。 「こちらの会社の企業理念は何ですか」「主要取引先にはどのような企業がありますでしょうか」「 売上高を教えてください」などの質問は、最終面接よりも前に調べて確認しておくべきことです。 準備不足がわかるような質問は、就職への熱意が疑われます。

会社に依存しているように感じられる内容の質問

最終面接で自信のない逆質問をすると、会社に依存しているように感じられるのでやめましょう。 最終面接で「これから勉強していきたい」「大丈夫でしょうか」などの自信のない質問は、熱意がないとみなされます。絶対に避けたい逆質問です。

仕事に興味を感じられない質問

「 月給と手当はいくらですか」「 去年のボーナスの支給実績はいくらでしょうか」「年間の休日は何日ありますか」などの「働く」よりも「休む」「楽をする」ことに関心が強いような質問をするのはNGです。 仕事そのものに興味がないと受け取られる質問だからです。 「お金の話」は難しいところですが、逆質問の一番最初に聞くのではなく、2番目以降で聞くようにすると印象が悪くなりません。

最終面談でその企業で働く意思を表わす事が大切

最終面談でその企業で働く意思を表わす事が大切

組織の文化に合い自社で活躍する人で、何社も受けている中、本気で自社の内定を受けて働く意思があるのかどうかを最終面接では見られています。 逆質問をする際には、最終面接の担当者に「この人は活躍する」「この人はうちで働く意志が強い」という確信をいかにさせられるかが重要です。企業側の目線も踏まえて、ありきたりではない質問が行えると好印象になります。がんばってください。

自分がその企業でやりたい事を明確にしておこう

あくまでも大切なのはあなたの熱意なのですから、今までの就活を振り返り、企業研究をおさらいしておけば、あとは敬意を払って面接官に向き合い、話をするだけです。 そこから自然に生まれるものが、逆質問であるべきです。

関連タグ

アクセスランキング