IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【就活】履歴書の「学歴」欄への中退の書き方・例・注意点

就活ノウハウ

諸事情により、高校や専門学校、大学を中退した方は、どのように履歴書に学歴を記入しているのでしょう。記入することでマイナスイメージになってしまわないか、悩まれている方も多いです。そこで今回は、履歴書の学歴欄で「中退」についてどのように記入するのが良いかをご紹介していきます。

更新日時:

履歴書の学歴欄への中退の書き方

履歴書の学歴欄。「中退」について正直に書いたら、選考の際に、不利になるのではと思いがちです。ネットなどでも「不利になるので記入しないほうがいい」なんて声をよく見かけます。ですが、それだけは絶対にいけません。 自分をよく見せようとするあまり、虚偽の情報を記入することだけは絶対に避けましょう。履歴書は、常に正直で正確であること。これが絶対条件です。なぜ正直で正確でないといけないか。その点も含め、ここからは、履歴書の学歴欄の中退の書き方への注意点やポイントを詳しくご紹介いたします。

学歴欄への中退の書き方の注意点1:嘘の情報は最悪の事態を招く

本当なら「○○大学中退」と記入しないといけない所を、「○○大学卒業」と書いてしまうとどうなるかご存知ですか?正しい学歴を記入しないと「学歴詐称」になります。 選考担当の目をその場は欺くことが出来ても、学歴詐称が判明した場合、懲戒処分の対象となります。最悪の場合は解雇処分になってしまうなんてこともあるんです。せっかく希望の会社に入社できたのに、そんなことになっては元も子もありません。

学歴欄への中退の書き方の注意点2:正しい情報を書くことで空白の期間を作らない

学歴詐称になってしまう以外には、正しい学歴を記入しないと不自然な「空白の期間」が生まれてしまう問題が発生します。自分では完ぺきに隠したつもりでも、百戦錬磨の採用担当者の厳しい目を潜り抜けるのは至難の業です。 少しでも不自然な空白の期間を見つけると、必ずそれについて採用担当者から質問があります。どんなに上手に嘘の学歴を語れたとしても、それはただのウソの上塗りであって、いつか必ず綻びが起こります。 正直に書くほうが相手にも好印象を与えることが出来ますし、自分自身が気楽になれます。

学歴欄への中退の書き方の注意点3:必ずしもデメリットではない

「中退した理由は?」採用担当者は必ずそのことについて質問を投げかけるでしょう。そのときに正直に丁寧に話せばデメリットになりません。ポイントは中退した理由について明確に説明することです。 経済的な面 病気や怪我などの健康面 家族の介護などの家庭環境 このような、やむを得ない不可抗力なことが中退の場合は、きちんとその旨を履歴書にも記入することで、採用担当者を納得させることが出来ます。 留学をしていた ほかに勉強したいことが見つかった 将来を見据えて、違う勉強をするために中退をすることもありますよね。語学を習得するために海外留学をする方もいらっしゃいます。やりたい仕事のために資格を取りたいので、早く仕事について実務経験を積むなんてこともおかしいことではありません。 このような「前向きな中退」も、正直に履歴書に書けば、デメリットどころか、メリットにさえなります。

履歴書の学歴欄への中退の書き方の例

履歴書の学歴欄に、中退したことを正直に書いたほうがいい理由は、もうお分かりですね。それでも、少しでも不利な状況を作りたくないと考えるのは当然です。そこでここからは、具体的な書き方や例を挙げながらお話ししていきましょう。

学歴欄への中退の記入例1:家庭の事情での中退の場合

平成XX年XX月 ○○大学■■学部△△学科 中途退学 学校を中退した場合の基本的な書き方です。ここになぜ中退したかの理由を、少し書き加えるとなお良いでしょう。 平成XX年XX月 ○○大学■■学部△△学科 ○○により 中途退学 理由については「家庭の事情により中途退学」のように、できるだけ簡潔に、分かりやすく書くよう心がけましょう。もう少し詳しく記入したい場合は、次の行に「親の介護が必要になったため」など書くといいですね。中退した詳しい事情を書いてあるほうが、採用担当者にもなぜ中退したかが一目瞭然なので、無駄な手間を省くことが出来ます。 ここでは「家庭の事情で中退した場合」で括りましたが、病気やけがの治療などもこの書き方に当てはまります。病気やけがの場合は、今後の行身に支障があるのか無いのかが、採用時の重要な判断材料となります。必ず、治療が終わっているのか、業務に支障がないのかを明確にしておきましょう。 平成XX年XX月 ○○大学■■学部△△学科 ○○により 中途退学

学歴欄への中退の記入例2:スキルアップのための中退の場合

語学留学や、進路変更などの場合の中退を履歴書の学歴欄に記入する場合。これらは、就活ではアピールポイントとなる可能性が高いので、必ず中退した理由まで書き込むようにしましょう。 進路志望変更のため退学 海外留学に挑戦し語学を勉強するため退学 社会人として就業したいと考えたため退学 自分のスキルアップの為だということを強くアピールする文章にすることが重要です。言葉のチョイス一つで、マイナスをプラスに、プラスを何倍にも変化することが出来るのが履歴書の底力です。海外留学の場合は「語学」と記入してもかまいませんが、「英語」「中国語」などのように明確にどの言語を勉強するために留学したのかが分かりやすくていいでしょう。 また、留学先の国名や、学校名も記入すれば、採用担当者の判断材料にもなります。スキルアップの項目については、就職に有利になることが多いので、面接時に質問された時のために、さらに掘り下げて話ができるようまとめておきましょう。

学歴欄への中退の記入例3:まとめ

「家庭の事情」「親の介護」これらの事情で書く場合の例 平成XX年XX月 ○○大学■■学部△△学科 家庭の事情により 中途退学 親が病気になったため、介護が必要になり退学 「家庭の事情」「経済的な理由」これらの事情で書く場合の例 平成XX年XX月 ○○大学■■学部△△学科 経済的な事情により 中途退学 「怪我や病気の治療」で書く場合の例 平成XX年XX月 ○○大学■■学部△△学科 健康上の理由により 中途退学 現在は完治しており勤務に支障なし 怪我や病気の場合は、完治している場合はきちんと記入しましょう。 勤務に支障がないことも付け加えることで、マイナス面を払しょくすることが出来ます。

中退と書くことはマイナスではない!

それでもやはり、中退と書くことへのマイナスイメージは、なかなか消えないかもしれません。それでも嘘の情報を書くことよりずっと良いです。マイナスをプラスに変えられる、前向きな姿勢や、すべてをきちんと正直に話せる謙虚さは、とても魅力あふれる人材だと、企業の目にも映りますよ。 履歴書の学歴欄に中退と書かないのはマイナスという考えはせずに、中退した理由でしっかりと自分をアピールしましょう。中退した事よりも、「なぜ中退したか」の理由付けがしっかりしていれば、何の問題もありませんので、安心して魅力溢れる履歴書に仕上げてくださいね!

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)