IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

30代の転職で失敗しないためのおすすめ転職エージェント23選

転職サービス・サイト

この記事では、30代での転職を成功させるために23社の転職エージェントを調査・比較をし、業界別、キャリア別であなたにおすすめの転職エージェントを選抜しています。30代での大切な転職を成功させるためのテクニックをお伝えします。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職エージェントは、求人数・サポート力・口コミで選ぶ
  • 1位のエージェントだけでなく、業界や自身の状況に合ったエージェントにも登録しましょう
  • 総合1位の「マイナビエージェント」は30代の転職者のための専任アドバイザーが付いており、また、求人数が多いかつサポートも丁寧で評判が高い

転職エージェント選びを失敗すると、無理やり求人を紹介されたり、入社前と入社後で聞いていた話と違う、といったトラブルが発生します。そのようなトラブルを避けるために、転職エージェントは「求人数・サポート力・口コミ」で比較しましょう。 また、各社によって、カバーしている業界や企業が異なるので、より求人の質を高めるために、エージェントへの複数登録が必須です。

転職を効率よく進めるための3STEP
  1. 総合評価ランキング1位の「マイナビエージェント」の登録
  2. 複数の転職サイトに登録します。それぞれのエージェントが連絡がくるので、実際に面談を組んでもらったり、電話でアドバイスをもらいましょう。
  3. アドバイスが一番的確、納得できるエージェントに本格的なサポートを依頼する

転職に失敗して、転職回数を増やさないためにも「エージェントは複数登録」を忘れないでくださいね。

30代が転職エージェントを使うべき理由

30代の人が転職を考えているのなら、転職サイトではなく転職エージェントの利用を考えるべきです。下記でその理由を解説していきます。

求人数が多い

大手転職エージェントにはたくさんの求人情報が存在します。さらに転職エージェントでは担当アドバイザーがつくので、あなたが求める職種の求人を代わりに探してもらえます。マッチング率の高い求人情報を紹介してもらえるので、転職サイトのように自分でいい求人に出会えるまで時間をかけて探す手間を省くことができます。

アドバイザーに相談できる

転職エージェントを利用すると一人一人に担当のカウンセラーがつくので、自分のやりたい職種や業務をじっくりと考えることができます。担当カウンセラーから受けられるサポートは主に求人情報の提供、履歴書の添削や志望理由の深掘りです。また、担当カウンセラーから志望企業の職場環境や具体的な給与の情報でなど、転職サイトでは掴むことのできない折り入った情報を得ることができます。ですから、転職エージェントを利用すればしっかりと、着実に転職準備することができるので、転職成功率をあげることができます。

本格的な面接対策ができる

転職エージェントによっては面接対策が充実しており、実際の面接本番を想定した練習をすることができます。そこから得られたフィードバックを元にさらに面接準備を進めることができるので、本番の面接に落ち着いて望むことができます。また、業種や分野に特化したカウンセラーは面接でよく聞かれる質問や企業が志望者に対して求めている情報などを把握しているので、安心して準備をすることができます。

転職に失敗した30代の体験談・Uターン転職、そしてリストラ。

実際に30代で転職を試みたけど、失敗してしまったという人の体験談をご紹介します。 この方は30代で転職を決意したものの、転職エージェントは使わずに知り合いのツテを辿って就職したが失敗してしまった。というケースです

年齢:38歳 転職前 職種:冠婚葬祭の飛び込み営業 年収:150万円 転職後 職種:ゴミ処理施設の事務職 年収:450万円 元々は愛知県で大手自動車メーカーで期間工として働いていました。しかし数年後、サブプライムローン問題が直撃し、自動車業界が不況に、、、 そんな時に結婚して間もない妻に子供ができました。妻が地元で子供を産みたいとお願いしてきたので、私たちは北海道に生活の拠点を移すことにしました。地元に帰ったものの職探しは難航しましたが、妻や生まれてくる子供のために手当たり次第に面接を受けに行きました。 そして採用されたのが、冠婚葬祭の飛び込み営業の仕事でした。 入社後すぐにおかしいと思いました。募集に書かれていた内容と全然違っていたからです。1ヶ月10口の営業ノルマ、実は正社員ではなくボーナスもないなど、ブラック企業そのものだったのです。しばらくして、1ヶ月のノルマをクリアできなかった私はクビ勧告を受けました。 それから失業手当をもらいながら6ヶ月間の職業訓練を受講することにしました。そこではプログラミングの基礎を学び、充実した時間を過ごすことができました。 職業訓練を終了した折に妻の父親が仕事を紹介してくれたのです。その仕事内容は、ゴミ処理施設での仕事でした。 転職して数ヶ月後、ゴミ処理施設の仕事は、給料、ボーナス、福利厚生など不満は1つもありません。しかし今度の会社では人間関係が複雑で精神的に参ってしまいました。紹介入社だったため腫れ物に触るような扱いを受けてしまっています。正直ブラック企業で働いている時よりもきついし、しんどいです。 今もその会社に勤めていますが、正直辞めたいと思っています。今は仕事中も時間があるので副業をできないかと考えています。副業で今の仕事の年収を超えたら、一旦仕事を辞めてもう一度ライフプランを見直して行きたいと思っています。

転職に成功した30代の体験談・プライベートとの両立

次に、30代で転職を試み後悔なく終えることができた!という人の体験談をご紹介します。 この方は常に競争感を感じながら仕事をすることに疲れてしまいつらいと感じ始めてしまった為、転職を決意して女性向け転職エージェントを活用して転職に成功した。というケースです。

年齢:35歳 転職前 職種:コンサルティング会社の営業 年収:500万円 転職後 職種:人材開発会社の人事 年収:590万円 学生の頃は大学院まで進み、その後コンサルティング会社で営業として入社しました。 主に研修・人材開発をメインにする会社です。大学でキャリアデザインを専攻していたこともあり、この分野に興味があったのが理由です。 人材育成に力を入れている会社ですから、同僚も皆、仕事への意欲が高く常に切磋琢磨しながら、私自身も日々モチベーションを失うことなく仕事に励むことができていました。新人である私にも、大いに挑戦の場を与えてくれる職場でした。 営業の仕事は中でもハードで、残業は当たり前でしたが、それも「会社から強制」されているというよりは、「皆ですすんで居残っている」という印象の方が近かった気がします。 私はそこに、ちょっとだけ疑問を生じるようになって。仕事は楽しかったんですけど、「常に競争」みたいな雰囲気にも、徐々に疲れてしまいました。そんな風に、残業はほとんど惰性に変わっていきました。プレッシャーも相当大きかったですね。 私が描きたい将来って、果たして本当に、こうしてプライベートを投げうって仕事に取り組むことなのかな?そう考えていた頃、取引先の金融会社の人事の女性と打ち合わせの機会があり、 「休日ですか?そうですね、買い物に行ったり、友だちと旅行に行ったりとかですかね」 そう答える彼女を、単純にすごくうらやましいと思いました。 私もそんな人生を歩んでいきたい。そう思ったのが、転職のきっかけでした。 次の職場が決まってから、正式に退職の意志を伝えようと、転職活動に臨みました。すると、日中働きながら面接時間を捻出することに、とても苦労しました。 また、「仕事もプライベートも両立できる場所」を探していたのですが、当時私は30歳になったばかりで、年齢的にも「結婚」や「出産」で辞めてしまうのではないか。そのように懸念する面接官の方も多かったです。なかなか一筋縄ではいきませんでした。 自分一人で行動するのには限界かもしれないと思い、私は「type女性の転職エージェント」に登録しました。 こちらは担当者も女性の方で非常に話しやすく、かつ「女性向け」の求人をたくさん紹介してくれました。そこで紹介していただいた人事の仕事に応募し、見事内定をいただくことができたのです。 内定後も入社日の設定であったり、給与の交渉で年収UPをしてくれたりと、エージェントの方には本当にお世話になりました。人事は未経験の仕事でした。しかし、前職での「人材開発業」に携わっていた私の経歴を見込んでくださり、入社後すぐに、新入社員研修の担当に就かせていただくことができました。前職での経験が無駄にならずに安心しました。 そんなこともあり、妙に私は張り切ってしまって。これまでの研修のやり方を一から刷新し、「この方が効率がいい」という方法を提示しました。新人のくせに、という思いもあったと思います。はじめは一部の同僚からの風当たりも強かったです。 それでも上司は私の提案を呑んでくださり、かつその研修は成功を収めました。それからは同僚の見る目も変わっていった気がします。今では和気あいあいと仕事ができています。 当時の目標であった「プライベートとの両立」ですが、 繁忙期を除けば、ほとんど定時で帰らせていただいています。 「一度、入社したら長くその会社で勤めなきゃかな」という意識はやっぱりありました。だから辛くても前の会社では5年ほど勤めました。でも、必ずしもそれが正しいとは限らないと、今回の転職で学びました。 一つの会社しか知らないと、自然と視野も狭くなってしまいがちです。もう少し視野を広げて周りを見渡せば、こんなに素敵な会社がたくさんあるんですから、もっと早くに転職を決意していてもよかったな、と思います。 一方で、ワークライフバランスが整っているからこその戸惑いもあります。前職での、良くも悪くも切磋琢磨し合いながら、時に競いながら仕事をしていた緊張感は、今はありませんね。 どちらかと言うと、プライベートの方に比重が傾いている社員も多く、あまり成長意識は見られない職場です。 それでも給与もアップし、プライベートも確保できているんですから、ほとんど後悔はありません。

30代向け転職エージェントの選び方

30代向け転職エージェントの選び方
  • 大手の転職エージェントを利用する
  • 業種や分野に特化したエージェントを利用する

転職エージェントを最大限に活用したいのであれば、自分がどちらに当てはまるのかを事前に確認しておきましょう。特にやりたい業種が定まっていないのであれば、大手の転職エージェントをおすすめします。また、特定の業種で仕事がしたい、特定の技術を持っているなど、はっきりとしたビジョンがある場合はそこに特化したエージェントを利用すると良いでしょう。

【総合型】30代におすすめの転職エージェントランキング

それでは、30代で転職活動をする人ならばおすすめの転職エージェント7社を紹介していきます。 ここで紹介する転職エージェントは、いかなる場合でもおすすめできる、知名度の高い転職エージェントになっていますので全てに登録することをおすすめします。

複数転職エージェントに登録した方が言い理由
  • 20代の案件数に比べて、30代の案件数が少ない。そのため、選択肢を最大限増やす必要があるため。
  • 30代の転職は今後の人生を左右するイベント。失敗すると今後の転職活動にも悪影響が出る可能性が高い。たくさんの転職エージェントと話をして多様な意見を聞くのが重要。

1位 マイナビエージェント

1位 マイナビエージェント

厚労省お墨付きの転職エージェント(※首都圏・関西圏中心)

マイナビエージェントといえば大手就職サイトとして有名ですが、首都圏&関西圏を中心に転職エージェントの方も手掛けています。 マイナビエージェント」に登録している転職活動者の6割が30歳前後で、30代の人の転職活動の支援体制が整っていることから、30代の人間がサポートを受ける転職エージェントとしてはうってつけです。 さらに、マイナビエージェント」の添削は、応募企業のニーズに合わせたきめ細かいものとなっているため、より書類選考を通過する確率が高くすることができます。 今後他の企業を応募するにしても勝てる応募書類のモデルケースとして大きな財産となってくれるでしょう。

2位 パソナキャリア

2位   パソナキャリア

大手派遣会社パソナが作った転職エージェント

人材派遣会社として著名なパソナが設立してからおよそ25年で、のべ25万人の転職活動を支援した実績が大きな魅力です。取り扱っている求人は25000件以上、これまでの取引実績のある企業は16000社以上で、このうち8割が非公開求人です。 中には有名企業の求人も多く、このため高いキャリアや年収が保証されている企業への転職を狙うにはうってつけです。 キャリアコンサルタントも大手の転職エージェントの中では大変親身にサポートしてくれるということで定評があります。 転職活動者のこれまでの経歴やスキルなどから独自の転職活動プランを提案し、このプランに基づいてキャリアコンサルタントがカウンセリングを行ったり、転職活動の進め方についてプロとしてアドバイスするなどでサポートしていくのです。 キャリアコンサルタントが企業と希望条件などで交渉するため、転職に成功した人の67%が転職後の年収アップを実現しています。この点も、「パソナキャリア」の持ち味の1つです。

3位 type転職エージェント

3位  type転職エージェント

首都圏の転職求人が中心、30代未経験にもおすすめ

typeの人材紹介」は求人情報サイトである@typeが運営している転職エージェントです。1994年から運営されている歴史のある転職エージェントで、主に関東で展開されています。 「typeの人材紹介」は長期にわたって採用企業各社と信頼関係を築いてきた点により本質的な採用ニーズを把握した精度の高い支援を継続し、密接した関係を各社と築いていて、市場に出回っていない特別な求人をが豊富に存在します。 さらに、30代を対象にした正社員求人数も豊富であるため、首都圏で就職したいという人にはうってつけの転職エージェントです。

4位 doda(デューダ)

求人案件が非常に多く、スカウトメールや国内最大級の転職フェアも

株式会社パーソルキャリアが運営する転職サービスで、規模が大きいため、「第二新卒歓迎」のカテゴリーに属す公開求人だけでも2000件以上が常時紹介されています。そんなdoda」は、30代の転職者をメインターゲットとしているため、30代向けの求人を数多く扱っています。 さらに非公開求人の数が13万件以上と非常に多く、しかも非公開求人そのものがあまり競争の発生しない性格であるため、自分に合った条件で応募先の企業を探すことができます。doda」に登録しなければ見つけることのできない求人も多く存在します。 また、自分の狙う分野に対する専門知識を持ったコンサルタントがサポートしてくれることも大きな魅力となっています。 この他、日本最大級の転職フェアを、東京・名古屋・大阪・福岡で毎年開催しているため、さまざまな転職求人を出している企業の担当者から直接話を聞いたり、また多くの情報に触れることもできます。

5位 リクルートエージェント

5位   リクルートエージェント

全年代をカバーできる求人

いわずと知れたリクルートが運営している転職エージェントです。取り扱っている求人数は2017年5月時点で約17万件であるうえ、1977年の開設から通算で30万人以上という転職エージェント随一の転職実績を誇っています。 リクルートグループ傘下の転職エージェントだけあって、ほぼすべての業界や業種の求人を取り扱っているうえ、30代のみならず40代や50代といった中高年の転職にも対応できる実力を備えているほどです。特に地方の求人やカバーしている職種が業界で最も多いことも強みといえます。 また非公開求人も約10万件と豊富で、希望条件についても納得いくまで調整することも可能です。このため、年収アップも実現することができます。「リクルートエージェント」に登録して、そこから転職を実現した人の約61%が年収アップを実現させました。 しかも、「リクルートエージェント」を利用して転職を成功させた人のうちの約7割が26歳から35歳にかけての層です。このため、30代でも特に前半の世代でも「リクルートエージェント」を経由しての転職の成功率が十分高いといえます。

6位 アイデムスマートエージェント

6位   アイデムスマートエージェント

30代でも未経験の人のサポートも可能

アイデムといえば、フリーペーパーの求人誌を発行している企業として有名ですが、そのアイデムが運営している転職エージェントが「アイデムスマートエージェント」です。 1970年に設立して以来の50年近くにわたって、実に25万社以上と取引してきた実績があるため、企業の人々の本音や求める人材の傾向、そして業界の動向に対して精通している強みがあります。 そのうえ、30代の人にとってありがたいのは、30代前半でも未経験の人が正社員になろうとするサポートもしてくれることです。 というのも、「アイデムスマートエージェント」は転職エージェントのほかにも、「はじめるキャリア」という未経験から正社員を目指す人の就職サポートも手掛けているためです。そのためか、取り扱っている求人の中には未経験者歓迎の求人も少なくありません。 このほか、無料の就職支援イベントや適性を診断するキャリアカウンセリングもやっています。

7位 エンエージェント

7位 エンエージェント

丁寧なサポートと独特の取り組みに定評

エン・ジャパンが運営する転職エージェントで、東京・横浜・名古屋・大阪に拠点を持っています。サポート対象も、20代や30代の転職活動者であるため、30代で転職したい人についても緻密なサポートが期待できるところです。 取り扱っている求人は、製造業やITエンジニア系のものが多く、この業界を希望する人にはぴったりの転職エージェントといえます。 これらの業界の大手企業(マイクロソフトやマツダなど)の求人も見逃せません。キャリアアドバイザーのサポートの仕方が丁寧であることに定評があります。

【グローバルポジション】30代におすすめの転職エージェント

世界に展開している企業で働きたい、語学力を生かして仕事をしたいという人におすすめの転職エージェントはこちらです。

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント(アデコ)

グローバル展開しているため、案件数が圧倒的!

スイスに本社を持ち、世界60ヶ国5500拠点を構える、人材サービス業界では世界随一の実力を備えています。 そのぶん、取り扱っている求人の数も国内展開している転職エージェントとは比べ物にならないほどの多さで、国内のみならず外資系、さらに海外の企業をも狙いたいという人にとってはぜひとも登録しておくべきです。 特に、外資系大手企業の求人や若手からミドル層の専門職関係の求人が目立っています。

【ハイクラス】30代におすすめの転職エージェント

次に高収入のハイクラスポジションを狙う30代の方におすすめの転職エージェントを紹介します。 以下のような転職エージェントでは多くのエグゼクティブ職などハイクラスの求人がありますが、ハイクラス求人だけに倍率や企業が求めるレベルも高いので自分の能力に自信がある方に限って使うことをおすすめします。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

30代以上でハイキャリアを目指すならばおすすめ!

ロンドンで作られた外資系の転職エージェントです。取り扱っている求人の特色は、幹部職(エグゼクティブ職)や専門職といった国内外のハイクラス求人が中心となっている点です。 このため、自分の今の境遇にとらわれることなく、より高い年収やキャリアを目指したい人にとっては非常におすすめの転職エージェントといえます。 特に30代の社会人の中には勤めている企業の中間管理職になる人も少なくない中で、現状よりももっと高いキャリアを志向する人が少なくありません。このため、考えようによっては30代の人間に最も適している転職エージェントといえなくもないのです。 サポートは丁寧さにおいて高評価で、キャリアプランの相談や応募書類の添削、面接対策に至るまで無料でやってくれます。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

リクルートによるハイクラス向け転職エージェント

リクルートが運営しているハイクラス転職を志す人向けの転職エージェントが「キャリアカーバー」です。 ハイクラス向けであるためか、取り扱っている求人も経営幹部クラスとしての採用を狙えるものばかりが取り揃えられています。 中でも、ヘッドハンターと呼ばれるプロ中のプロのスカウトマンが厳選した求人は非常に良質な非公開求人として知られているため、高収入で目指しがいのある求人を探すのであればおすすめです。 中には年収2000万円以上の破格な求人もあるため、キャリアやスキルに自信があり、上昇志向の強い30代、特に後半の人たちにはぜひともおすすめです。

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)

即戦力人材のための求人が豊富

こちらもハイクラス転職志望のための転職エージェントです。 『「即戦力人材」のための転職サイト』がキャッチコピーで、その求人数は6万件以上です。いずれも年収600万円以上の高収入求人が中心です。 そのうえ、有料のタレント会員やハイクラス会員に登録すれば、さらに完全非公開の求人も紹介してもらうことができ、より有利な状況でハイクラスの求人を狙うことができます。 求人を紹介してくれるヘッドハンターは1700人在籍しており、いずれも厳正な審査を勝ち抜いてきた凄腕の人たちです。しかも、応募者の職務経歴書に基づいてその人に見合った求人を紹介してくれるうえ、そのヘッドハンターを自分で選ぶこともできます。 しかも、職務経歴書執筆代行サービスもあり、やたらと時間をとられがちな職務経歴書の執筆の時間を情報収集や面接対策などに回すことも可能という、非常に便利なサービスです。

【IT業界・エンジニア】30代におすすめの転職エージェント

IT業界は今流行りの職種であることから、特化した転職エージェントも少なくありません。IT業界への転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

エンジニアの技術レポートの合わせたサポート

レバテックキャリア」はIT関係の業界に特化した転職エージェントです。もともと、システムの受注開発も行っていたため、コンサルタントもまた転職活動中のエンジニアの話についていくうえで十分な知識や技術を持っています。 このため、「レバテックキャリア」の持つ魅力の1つが、相談してくるエンジニア個人個人の技術レベルに合わせたサポートができるというものです。 そのおかげで、1人1人の評価ポイントを見つけ出す面談を提供することができ、このおかげで書類選考や面接の通過率がアップしやすくなるといわれています。 IT業界ではコミュニケーション能力も求められますが、その点が苦手なエンジニアにも企業から魅力的と思ってもらえるようなスキルやコツを伝授するなど、技術以外の面でも寄り添うという点でも評判が高いです。 求人は東京都内のIT企業に絞られますが、IT企業は比較的都内に集中しているため、より条件の良い企業の求人が見つかることでしょう。

ワークポート

ワークポート

IT業界を狙うには外せない

IT業界やWeb領域関係の転職に非常に強く、そのためこの業界への転職を目指すのであれば登録必須といえる転職エージェントです。 特にIT業界では30代になるとシステムエンジニアなどがより良い条件を求めて転職する人が少なくありません。この「ワークポート」はそういう人に対しても強力なサポート役として実力を発揮してくれることでしょう。もちろん、他の業界の求人も取り扱っていますが、IT業界やWeb 領域を目指す人向けのサポートほどは期待できません。 そのうえ、大手転職エージェントに比べると知名度は低い方ですが、その分キャリアコンサルタントが1人1人に対して丁寧にサポートしてくれます。しかも案件も遠慮せずに出してくれるため、サポートを受けつつさまざまな求人に挑戦するには悪くない環境です。

Geekly (ギークリー)

Geekly (ギークリー)

IT業界に特化してサポートも充実

IT業界やWeb業界、ソーシャルゲーム関係の求人に特化していることで知られている転職エージェントです。IT未経験の人でも、またIT業界でのキャリアアップを狙う人にとっても頼れる存在といえます。 コンサルタントもIT業界で3年以上のキャリアコンサルティング実績を持つ凄腕の人たちであるため、業界の最新情報にも触れて、自分の戦略の強化ができるチャンスがふんだんにあります。 IT関係の業界との太いパイプを持つ「ギークリー」にしか紹介できない求人や、2000件以上に及ぶIT関係の非公開求人は「ギークリー」の持つ強みといえるのです。 IT業界で30代の人間は、先々のキャリアパスを考えて行動するという人が少なくないため、彼らにとっても強力な味方になること間違いありません。

【アパレル・ファッション】30代におすすめの転職エージェント

次に、アパレル業界に転職を考えている30代におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

クリーデンス

クリーデンス

アパレル・ファッション系に特化した転職エージェント

アパレルやファッション業界に特化していることで知られている転職エージェントで、インテリジェンスが運営しています。業界求人数は2300社以上、登録者数は106000人と、ファッション業界に特化した転職エージェントでは規模が大きい方です。 業界に精通したコンサルタントが転職の相談から、応募書類の添削、面接対策、企業との条件交渉などに至るまで様々な面でサポートしてくれます。 取り扱っている職種についても、ファッションデザイナーやパタンナー、マーケティングなどファッション業界の様々な職種を網羅しているため、きっと希望の職種の求人が見つかることでしょう。

ファッショーネ

ファッショーネ

ファッション業界の隠れた情報に触れることも可能

こちらもファッション業界に特化した転職エージェントです。 「ファッショーネ」の魅力的な点は、コンサルタントの質が高く、ファッション業界から希望する求人の細かく隠れた情報に至るまで情報提供してくれるところです。このため、希望する求人への転職活動の中で出てきた不安も1個1個潰していくことができます。 ブランドの方向性やメンバー構成、職場の雰囲気など求人広告からはとても知ることのできないような情報が提供されるので、それをもとに緻密な選考対策をしていくことが可能です。

【製造業 】30代におすすめの転職エージェント

製造業への転職を考えている30代の方におすすめのエージェントを紹介します。

メイテックネクスト

メイテックネクスト

製造業界に特化した転職エージェント

製造業界に特化しているため、製造業への転職には欠かせない存在です。 常時8000以上の求人数を扱っているうえ、コンサルタントも製造業界に精通した人が多く、製造業界への転職においては非常に大きな助けとなります。もちろん、製造業界の大手への転職を狙うことも可能です。 このうえ、応募者の事情を踏まえたうえで、様々なアドバイスや選考対策などもサポートしてもらうことができます。

【30代女性】におすすめの転職エージェント

30代の女性というのは、結婚や出産、育児などをきっかけに一時的に職場から離れるものの、再び就職して頑張りたいという人も大勢います。また、結婚や出産というライフイベントがあっても続けて働く人や、転職するという人も少なくありません。 ここでは、30代女性の転職におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

Woman Will

Woman Will

女性コンサルタントが設立した女性のための転職エージェント

マイナビエージェントの女性コンサルタントが設立した女性の転職を支援する転職エージェントです。しかも、現在ほど女性支援が一般的ではなかった頃に立ち上げたというので、いわば女性の転職支援のパイオニアともいえます。 このため、転職を目指す女性向けの求人数が豊富で、中には産休制度や育休制度といった、女性社員をサポートするための環境が充実している企業の求人も少なくありません。このため、子育てなどをしながら働くことのできる企業を見つけるうえでは外せない転職エージェントといえます。 プロの資格を持ったキャリアアドバイザーが対面で親身かつ念入りにサポートし、転職を成功させるノウハウなどを惜しみなく提供してくれます。 そのうえ、転職しようとする女性にとっても気になるのが個人情報の取り扱われ方ですが、この点についても厳密に保管されるので安心です。

ビズリーチウーマン

女性のキャリアアップを積極支援

ビズリーチ」の女性支援版がビズリーチウーマンです。 「ビズリーチ」そのものがハイクラスな求人を扱う転職エージェントですが、こちらでもその方針が徹底されています。そのため、女性を積極的に幹部に起用するなど、女性を積極的に活躍させることに意欲的な企業の求人が多いです。 転職に成功した女性の事例も多く紹介されているため、30代以上の女性が転職によるキャリアアップをしようとするには非常に助かる存在といえます。このため、単に女性のキャリアアップを支援するだけでなく、女性の地位向上にも貢献している転職エージェントといえるでしょう。

女性の転職@type

女性の転職@type

女性の活躍しやすい職種の求人が多い

type転職エージェントの女性版です。 type転職エージェントが首都圏の中小企業と強力なコネクションを持っているため、この女性版においても営業職や販売職、事務職など女性が活躍しやすい職種を多く扱っています。 しかも、中小企業の求人が多いため、転勤の回数が少なく地元で腰を据えて働きたいという女性(特に子育てしている人)には非常に向いているといえるでしょう。

リブズキャリア

リブズキャリア

様々な女性の転職をみっちりサポート、20代から30代前半までカバー

転職エージェント業界では初めてキャリアを持った女性(特に20代から30代前半)に特化した転職支援サービスです。厳選された100社から200人のコンサルタントの中から応募者に興味を持った企業からスカウトが届くスカウト型のシステムです。 登録している転職活動中の女性がどのような働き方をしたいかや、結婚や出産、育児などの女性の状況にあった働き方を一緒に考えてくれるという点では非常に好評です。 このため、これまでも、そしてこれからもキャリアを磨き、かつ結婚や出産などと両立させたい女性に向いているといえます。そして、登録した後に企業からオファーが来るというスカウト型であるため、毎日がやたらと忙しい人には特に使い勝手の良いサービスです。 ただし、普通の転職エージェントに比べると、面接対策や応募書類などの手厚いサポート体制はないため、利用するのであればほかの転職エージェントとの併用が不可欠といえます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

首都圏&関西圏を中心に多くの求人

マイナビエージェント」は転職エージェントの最大手であるだけでなく、首都圏&関西圏を中心に女性が求人を探しやすいということでも評判があります。転職支援の年齢層も20代、30代、40代と幅広いのも強みです。 もちろん30代の女性が希望する求人案件もそろっているうえ、外資系やグローバル企業のキャリア求人も多く、特に海外で活躍したいというグローバル思考を持っている女性にはうってつけといえます。

パソナキャリア

パソナキャリア

女性アドバイザーが多いため、親身なサポートを受けられる

パソナキャリア」は女性のアドバイザーが多く、丁寧なサポートで定評があるため、30代女性の転職活動でも親身な支援が期待できます。 女性向けの営業職や販売職、事務職といった女性に人気のある職種の求人が多いのも大きな特徴です。特に年収の高いところや、よりやりがいのある仕事を希望している、いわばキャリアアップしたい女性にはうってつけといえます。

【30代フリーター】におすすめの転職エージェント

今の時代において30代のフリーターも決して珍しい存在ではありません。そして、彼らの多くもまた正社員になることを希望して、転職活動をしています。 ここでは30代のフリーターにおすすめの転職エージェントを見ていきます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

30代フリーターを十分カバーできる

マイナビエージェント」は首都圏&関西圏を中心に求人案件も非常に膨大で、その中の非公開求人もまた多いことから、30代フリーターの人にも採用につながる求人に巡り合う可能性を持っています。 もちろんのこと、よい案件が見つかった後も、キャリアアドバイザーが選考をパスできるように応募書類の書き方や面接対策などをきめ細かくサポートしてくれます。

doda

実績が豊富であるため、30代フリーターの支援も見込める

20代や30代の就職支援についての実績を豊富に持っているうえ、地方自治体の若者就職支援事業の委託を受けた実績もあるため、30代のフリーターの支援も十分に見込めるといえます。まずは相談してみることをおすすめします。 特にIT関係や営業関係といった求人も多いため、そこが狙い目です。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

30代のフリーターにも親身に対応

30代のフリーターといえば、「就職しようにも、未経験の業界にはどう就職すればいいのかわからない」という悩みがあります。ハタラクティブ派遣は、そんな悩みにも親身になってサポートすることで評判があります。 「30代歓迎」ということを前面に押し出しているため、転職活動する30代のフリーターに限らず、30代の転職活動者全般からの評価も高めです。未経験の状態からでも利用することができるため、未経験の転職(就職)成功実績が業界でも多い方といわれています。

転職エージェントではないが、30代に使えるサービス

転職エージェントではありませんが、登録しておいて損はない転職サイトを紹介します。

リクナビNEXT:転職エージェントを使えない人には必須

リクナビNEXT:転職エージェントを使えない人には必須

リクナビNEXT」は、リクルートが運営している転職サイトです。転職エージェントの部類には入らないものの、年齢や住んでいる地域によって転職エージェントを利用できない人には強力な助っ人といえる存在でしょう。 「社会人経験のない人OK、フリーターでもOK、職種未経験でもOK」という売り文句で様々な人に対応するように全国中のあらゆる業界や職種の求人を取り扱っています。 また、正社員だけでなくアルバイトやパートの求人も取り扱っているため、幅広い雇用形態の求人を探すことも可能です。 無料でできるグッドポイント診断は、面接突破率が上がるほどの評価を得られるほどに的確なものですので、これを受けるだけでも使う価値は大きいものといえます。

ハローワーク:厚生労働省が運営している職業安定サービス

ハローワークとは厚生労働省が所管する、「ハロワ」の通称で知られる就職や転職支援のサービスです。拠点となる職業安定所(職安)は全国各地にありますし、閉まっている土日祝日でも専用のサイトで希望条件をもとに求人の検索ができます。 もちろん、窓口でも様々な業界に精通した職員が的確な情報提供や、応募書類の添削、面接対策のサポート、さらにハローワークに寄せられている求人の企業への連絡役をしてくれます。 さらに、若者向けの「わかものハローワーク」もあり、そちらは原則34歳まで利用が可能ですが、35歳以上でも使うことができるところであるため、特におすすめです。

また厚生労働省が毎年実施している調査などもあるので、転職先を選ぶ際は参考にしてみてください。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトはいわば求人情報のデータベースです。多くの求人情報の中から細かく条件を指定して、自分のペースで転職活動を進めることができます。 一方で転職エージェントでは、登録者に担当アドバイザーがついて一対一の面談を行います。そこから厳選されたおすすめの企業や希望条件にあった企業を紹介されます。自分で計画的にやるのが難しいという人はエージェントを使って転職活動を行うとスムーズでしょう。 下記に転職サイトと転職エージェントの違いをまとめた記事を紹介していますので、気になる人は参照してみてください。

30代で転職エージェントを使う時の注意点

転職エージェントを最大限に活用したいのであれば、下記の点に気をつけるといいでしょう。これらの点に注意すれば、より転職活動を円滑に行えますのでぜひ参考にしてください。

転職エージェントとの連絡は頻繁に行う

転職エージェントが転職者に案件を紹介する際に、転職エージェントと転職者との連絡が最後にいつ行われたのかが重要な指標になってきます。 理由としては、転職エージェントと連絡をそこまで取ってない転職希望者は、その転職エージェントを利用するのをやめた、もしくは、転職活動が終わった可能性が高いからです。 結果として、転職エージェントが転職希望者に対して案件を紹介する場合は、転職エージェントと転職希望者が最後にいつ連絡したのかを見ています。一番直近で連絡していた転職希望者上位数十名から案件を紹介するという形が多いです。

どんなことでも転職に有利だと思えば伝える

どんなに些細のことでも、転職に対して良いと思えルことがあるのであれば、転職エージェントに伝えましょう。実際に良いか、悪いかを判断するのは転職エージェント、もしくは企業の採用担当者です。自分で「これはあまり意味がないから。。。」と可能性を無くしてしまうような行動は無くしましょう。 また、転職活動を行う際によく聞かれるのが「いつ頃転職をお考えでしょうか?」です。この質問に対して「条件面で納得できるところがあればすぐにでも」と答えましょう。それまでには退職の準備も進めておくのがベストです。

遠慮せず希望を伝える

求人情報は全て担当エージェントから提供されます。そのため自分の希望と合わない求人情報ばかりを提案されたというケースもあります。もしもそうなった場合は、自分が希望する条件や職種などを担当者にちゃんと伝えられているか今一度確認しましょう。それでも状況が変わらないのであれば、担当者を変更するという選択肢もあります。 自分の市場価値と条件が一致していない場合も考えられますので、よく自分の情報を精査してアピールをしてみてください。

失敗しないための転職エージェント活用方法

ここでは、30代で転職エージェントを有効に使うコツについて書いていきます。大きく分けて2つのポイントがあります。

ポイント1:なるべく大手の転職エージェントを使うべし

登録するのであれば業界大手といわれる転職エージェントを使うといいでしょう。特に異業界や異業種への転職を希望する場合には必要なことです。 というのは、大手であるほど取り扱っている求人数が数十万件と膨大であるため、その中から自分の希望する条件に合った求人を探すことができます。中には、未経験歓迎というところも少なくないので、落ち着いて転職先の求人を探すことが可能です。 そういった大手のエージェントでは、30代向けの求人も多く扱われているため、一見30代ということで転職活動が不利であるように見えても、それを十分カバーできるだけの魅力があるのです。

ポイント2:希望の業界や業種については特化型の転職エージェントを

もしも、転職を希望する業界がIT系や製造系などのようにあらかじめ決まっているのであれば、特化型の転職エージェントの利用も検討してみてください。 これらの特化型のエージェントは、特定の業界や業種の求人を取り扱い、またそこに採用されるためのサポートも業界特有の知識や技術に基づいたものであるためです。中には、技術訓練の実施や資格取得を支援してくれるところもあります。 そのうえ、特化型の転職エージェントの強みは、たとえ大手でも取り扱っていないような求人にも巡り合えるという点であるため、その業界や業種にこだわりがあるのであれば、ぜひとも登録してみるべきといえるでしょう。 特にIT業界のように、30代になると次のキャリアに向けて何らかの行動の必要性が求められる場合、ITに特化したエージェントも少なくありませんので、自分に合ったところに登録・利用するのがおすすめです。

記事のまとめ
  • 転職エージェントは、求人数・サポート力・口コミで選ぶ
  • 総合1位の「マイナビエージェント」は求人数が多いかつサポートも丁寧で評判が高い
  • 1位のエージェントだけでなく、業界や自身の状況に合ったエージェントにも登録しましょう

30代が利用する転職エージェントについてご紹介してきました。 30代という年齢は、人によっては管理職を経験し、また家族を持ち、キャリアアップやスキルアップを志すという人もいます。しかし、30代といっても会社員人生の半分もきていません。30代はまだまだ働き盛りな年齢です。 30代で転職となると不利な場合も少なくはないのですが、転職エージェントをうまく利用することで新しい人生が開けてくることもまた少なくありません。 まだエージェント選びに迷っている方は、とりあえず、総合評価ランキング1位の「マイナビエージェント」から登録していきましょう。 ここで紹介した以外にも30代の人向けの転職エージェントがたくさんありますので、それらを使い、希望する業界や企業への転職を実現してください。 転職に迷っているなら、まずは動き出すことが大切です。一人で悩まずに、転職のプロに相談して、転職するかどうかを判断しましょう!

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング