IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

IT人材こそが最強だと言える10の理由「感覚が若い」「ハングリーである」など

業界・企業研究

IT人材こそが最強だと言える10の理由「感覚が若い」「ハングリーである」など

更新日時:

目次

    -shared-img-thumb-150415222377_TP_V

    こんにちは!イッカツマガジン編集部です!

    「IT出身の人は優秀である」といったイメージを持っている方もおられるかと思います。そのイメージには、実は理由があります。IT企業に身を置くと、他の業界に身を置いたときよりも身につけることができる能力がいくつかあるからです。

    今回は、IT人材ことが最強だと言える10の理由として、IT企業に身を置いたときに身につけられる能力をまとめてみました。「ITってどんな雰囲気なんだろう」「ITで身につけられる能力に興味がある」といった方は、ぜひ参考にしてみてください。

    IT人財が最強だと言える理由10コ

    IT人財最強の理由①感覚が若い

    -shared-img-thumb-yuka16011201IMG_5612_TP_V

    IT企業は、業界自体の歴史が浅いためベンチャー企業が多いです。そのため、そこで働く社員の年齢層も比較的若いです。

    若くて優秀なメンバーに囲まれて過ごすため、とてもフレッシュな感覚が身につきます。また技術的にも先端の領域を事業化することが多いので、技術的・知識的な感覚も若く保たれます。

    IT人財最強の理由②ハングリーである

    -shared-img-thumb-MS251_makerunagakusei_TP_V

    IT業界は挑戦の連続です。規模の小さなベンチャーですと、挑戦を続けないと淘汰される立場にあります。なので、構成メンバーは常に死ぬ気で仕事をしています。

    自然と、メンバーのメンタルは強く、ハングリーになっていきます。

    IT人財最強の理由③意見を主張することができる

    -shared-img-thumb-BL008-chiisanayoukyuuwosakini20140810_TP_V

    ベンチャー企業では、既存の内容をただ遂行する「思考停止状態」では、会社として生き残ることが困難であるため、常に思考することが求められます。新卒1年目でも意見を主張することを求められる環境に置かれるので、自主的に発言しようという意志が働き、結果的に、どんどん発言ができるようになります。

    IT人財最強の理由④思考が柔軟である

    -shared-img-thumb-PAK86_yudetamago15183128_TP_V

    ベンチャー企業は、他の会社と比べて、何かと壁にぶつかります。頻繁に問題が発生するため、その度に解決する必要があります。また、蓄積された文化やマニュアルもないので、常に頭を使うことが求められ、思考が柔軟になります。

    IT人財最強の理由⑤チャレンジ精神が身についている

    -shared-img-thumb-OZPA88_seikenduki120130707170613_TP_V

    IT企業は、比較的チャレンジングな立場に身を置いている会社が多いです。また、社内でも早期からチャンスが与えられるため、若いうちからどんどん物事に挑戦する習慣が身につきます。

    IT人財最強の理由⑥会社の文化を作る経験をしている

    -shared-img-thumb-0I9A100015030106yubi_TP_V

    ベンチャー企業は、まだできて間もないため、会社の文化があまり蓄積されていません。その会社のメンバーとして働くことがその会社の文化を作ることにつながります。IT企業で働く人は、ルールをどんどん作ることを経験します。

    IT人財最強の理由⑦早期から裁量権を持った仕事の経験をしている

    -shared-img-thumb-max16011624_TP_V

    ベンチャーでは、自ら考えることが求められます。単純作業一つとってみても、効率化するなど、頭を使う必要があります。何事においても、正解はなく、裁量を持って仕事を行うことが多いです。

    IT人財最強の理由⑧早期から役職につく経験をしている

    -shared-img-thumb-150415082322_TP_V

    ベンチャー企業で働く人の年齢層は比較的若く、年齢よりも実力を重視することが多いので、20代にして役職につくことが多いです。

    大企業よりも出世のスピードが速いので、その分多くの経験を積むことができます。

    IT人財最強の理由⑨こなせる仕事の量が多い

    -shared-img-thumb-PASONA160306530I9A1806_TP_V

    IT企業では、常にやるべき仕事がたくさんあります。そのため、振られる仕事の量も多いです。メンバーは、仕事を効率化して膨大な仕事をこなしています。

    結果的に、こなせる仕事の量が多くなります。

    IT人財最強の理由⑩ポジティブである

    -shared-img-thumb-PASONA_28_TP_V

    ありえない仕事の量やプレッシャーに対処するため、思考は基本的にポジティブになります。IT企業で働く人は、前向きに一つづつ仕事をこなしています。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。IT企業に身を置くと、たくさんの能力が身につけられることがなんとなく垣間みられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    ここに挙げたのは、悪魔でも一例です。ですので、ITの現場に興味を持たれた方は、これを機に働くことを検討してみてはいかがでしょうか。

    関連タグ

    アクセスランキング