IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

海運業界研究|「現状」「今後の動向・将来性」を学ぶ

更新日:2020年11月04日

プログラミング学習

海運業界研究|「現状」「今後の動向・将来性」を学ぶ

日本郵船の売上高は非常に高く、その金額は2兆2372憶円、37.9%を占めています。商船三井の業績も非常に高く、1兆7292憶円で業界シェアは29.3%です。川崎汽船の売上高は、1兆2241憶円。 これらの企業だけで、海運業界全体の市場規模の87.9%を占めていることになります。

海外との貿易において、大量に重量のあるものを長距離で移動させることができることから、日本の産業を支えている「海運業界」。例えば日本の主要産業である自動車産業もまた、海運によって海外へ輸出入することができています。 世界を舞台に活躍することや、日本の貿易を支えている重要な役割であることから、海運業界を目指しているかたも多いでしょう。今回は、海運業界に注目して、現状や動向、将来性などをご紹介していきます。海運業界の今や、これからを知り、抱えている課題を解決できる企業や、将来性が高い企業探しの一つの手がかりとしてみてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

海運業界研究:現状

最初にご紹介するのは、海運業界の現状です。基本情報や業界シェアを通して、海運業界の「今」を見ていきましょう。

海運業界の現状:基本情報

以下は、平成25年~平成26年の海運業界の各データを元にした情報です。以下は、平成25年~平成26年の海運業界の各データを元にした情報です。

・市場規模:5兆9043憶円 ・労働者数:5151人 ・平均年齢:39.4歳 ・平均勤続年数:13.1年 ・平均年収:746万円

注目したいポイントは、市場規模の大きさと、労働者数の少なさです。他の業界と比較して、海運業界の市場規模は、大きい方だと言えます。しかし、労働者数は、他の業界よりも少なめ。少人数で、大きな市場を動かしている業界だと考えられますね。 また、平均年収が高い点も、海運業界の特徴と言えるでしょう。一般的に、労働者の平均年収は、440万円と言われています(※2)。海運業界の平均年収は、746万円なので、水準と言われている440万円を、300万円以上も上回っていることになります。かなりの高額年収と言えそうです。 海運業界に興味があり、海運業界に転職・就職を考えているなら、エージェントへ相談してみましょう!あなたの代わりに希望する条件の仕事を探し、紹介してくれます。サポートは無料ですので、あなたに合ったエージェントを探してみましょう。

海運業界の現状:業界シェア

続いて、海運業界の業界シェアを見ていきましょう。以下は、平成25年~平成26年の各企業の売上高を元にしたです。

・業界シェア1位:日本郵船 ・業界シェア2位:商船三井 ・業界シェア3位:川崎汽船

業績1位の日本郵船の売上高は非常に高く、その金額は2兆2372憶円、37.9%を占めています。2位の商船三井の業績も非常に高く、1兆7292憶円で業界シェアは29.3%です。3位の川崎汽船の売上高は、1兆2241憶円。 1位~3位の企業だけで、海運業界全体の市場規模の87.9%を占めていることになります。

海運業界研究:動向

続いて、海運業界で今、どのような変化が起こっているのか、動向を追っていきましょう。海運業界が現在抱えている課題や、業界規模の推移を見ていき、最終的には将来性について、考察していきます。

海運業界の現状:課題

初回公開日:2016年11月24日

記載されている内容は2016年11月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング