IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の最終面接での質問例|よく聞かれる質問集で対策をしっかりしよう!

就活ノウハウ

就職活動も選考が進めばいよいよ最終面接。就活生のみなさんも今までと同様に準備をして本番に臨むことになるでしょう。この最終面接は役員クラスから社長クラスが登場することが多く、聞かれる内容もより踏み込んだ内容になってきます。今回は最終面接でよく聞かれる質問例を項目ごとに紹介していきます。

更新日時:

最終面接でよく聞かれる質問例

志望動機、志望度に関する質問

なぜ弊社を志望したのですか? 興味を持った点はどこですか? 当社が第一志望ですか? 当社に(必ず)入社しますか? 同業の○○社は受験していますか? 当社を○○社よりも志望する理由を具体的に述べてください 当社が内定を出したら、他社の内定は全て断りますか? 以前の面接で、○○社や□□社も受けていると言っていましたが、辞退しますか? どんなプロセスで、当社が第一志望になりましたか? 正直言って、当社は何番目の志望ですか? 当社が内定を出したら、就職活動はやめますか? 志望動機に関しては、それまでの選考で述べた内容と話の軸は変えない方がよいでしょう。また、志望度についてはすべてを聞かれることはないですが、みなさんがその企業をどのくらい志望しているか、その熱意が問われます。企業側も時間を割いて面接をしているので、志望度が低いと思っている人に内定を出そうとは思いません。第一志望であれば「第一志望です!」とはっきり答えれば問題ないです。もし仮に第一志望でなくても、志望度が高いことがわかるように伝えましょう。

将来的な志向(入社後)に関する質問

うちの会社で何を成し遂げたいですか? 将来当社をどうしていきたいですか? これらの質問は、会社に対する熱意を見極めるための質問です。就活生の視点でありがちな「(自分が)何をしたいか」よりも、「(会社を)どうしていきたいか」という企業側の視点で話をすることが求められます。また、すぐに辞めたりすることはないか、少々なことにはめげずに取り組めるかといったことも見られています。業界の動向や企業のあるべき姿に自分が会社でやりたいことを結びつけて話すことを心がけましょう。

自分自身に関する質問

大学で勉強してきたこと(なぜそれを学ぼうと思ったか) 今の大学を選んだ理由 中学や高校時代がんばってきたこと(なぜかんばってきたのか) 最終面接以前に聞かれたことがあるかもしれませんが、それまでの選考とは聞かれることは異なります。それまでは”何を”勉強してきたか、”何を”がんばってきたかが問われていました。しかし最終面接では”なぜ”それを勉強してきたか、”なぜ”がんばってきたのか、”なぜ”今の大学を選んだのか、というように過去の選択の理由について問われることが多くなります。油断することなく万全の体制で臨みましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。最終面接は今まで以上に「人柄」「価値観」についての質問が多くなります。それと同時にここで面接をパスすれば晴れて内定となるわけですから、態度やマナーも当然求められます。とはいえ、最終面接まで進んできたあなたと他の学生との差は大差ありません。自信と熱意をもって、精一杯自分をアピールしてきましょう!

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング