志望動機に迷ったら。答えやすい志望動機5選

就活ノウハウ

志望動機に迷ったら。答えやすい志望動機5選

更新日時:

7758480164_f8f255d9da_c

就活の面接で必ずといっていいほど聞かれる「志望動機」。志望動機を答える回数が多すぎて、ついついおざなりになってしまうという方いませんか?この記事では多忙の就活生のために、答えやすく、なおかつ説得力のある志望動機についてご紹介します。

答えやすい志望動機5選

1、目標を志望動機に

将来に関する展望や目標、志望する企業でなにをやり遂げたいのか。これらを軸に志望動機を作れば、堅実さも伝わりますし、面接官からは好印象です。

[例]
私は、〇〇について取り組みたいと考えたため、御社を志望いたしました。御社は〇
〇に関する分野に強く、御社でなら〇〇についてやり遂げることができると考えまし
た。
(また、XXという成果を出すことも視野に入れて取り組みたいです)

2、目標や展望にはしっかりとした根拠を

上記の目標に、しっかりとした根拠や具体性を加えておきましょう。堅実さだけでなく、説得力がさらに増します。

[例]
私は、〇〇について取り組みたいと考えたため、御社を志望いたしました。御社は〇〇に関する分野に強く、御社でなら〇〇をやり遂げることができると考えました。入社後は、△△という部署で、□□という業務に積極的に携わっていきたいです。

3、努力したことや特技

学生時代がんばったことや、自分の特技、またそれらの経験と業界・企業を結びつけて考えてみましょう。

[例]
私は学生時代、〇〇のボランティアでXXについての楽しさややりがいを学びました。御社であれば、それらの経験を生かせると考えたため、志望いたしました。

4、会社の理念や商品からの動機

理念や商品・製品といえばその企業の最大の特徴。そこをきっちりと抑えて、企業研究がしっかりしていることをアピールしましょう。また、それらに対する理由付けもしっかりしておきましょう。

[例]
私は、御社の〇〇という製品に大変魅力を感じており、この製品の製造に携わりたい、また学生時代のXXという経験から、よりよいものづくりに貢献したいと考え、御社を志望いたしました。

5、他社と比較してみる

「御社を志望する理由」から一歩進んで、「この業界の中で、特に御社を志望したのはなぜか」というところまで進んでいけばさらに良いでしょう。

[例]
私は、〇〇という事業に携わりたく、御社を志望いたしました。御社の会社説明会でお会いしたXXさんという方の△△というお話に感銘を受けたため、この業界の中でも御社を志望いたしました。

このような、その企業の「人」に焦点を当てた志望動機や、次のような、その業界内においての、その企業の強みに惹かれたということを志望動機にするのも良いいです。

[例]
私が御社を志望した理由は、この業界の中でも御社の製品は〇〇という分野においてトップクラスの業績を誇っており、私はその〇〇という分野に深く携わっていきたいと考えているからです。

おわりに

いかかでしょうか。答えやすく、かつ説得力のある志望動機を5つご紹介いたしました。これらの志望動機を参考に、就職活動を乗り越えていただければと思います。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)