IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職活動の準備に必須のチェックリスト~スケジュール・活動内容・書類~

転職ノウハウ

【これから転職活動を始める方向け】転職活動を成功に導くために、転職活動の進め方から全体のスケジュール感、準備しなければいけない項目をまとめています。転職の際に考えておかなければいけないことなどもあわせて紹介していきます。

更新日時:

転職活動のスケジュールと進め方

転職活動の期間は人にもよりますが、平均的に2~3カ月かかります。そして、転職活動の内容は「事前準備」、「情報集め」、「書類作成・エントリー」、「面談」、「内定&退職」の5つに分かれます。 転職活動で重要なのは、「情報集め」、「書類作成」、「面談」です。 どうして自分はその業界に行きたいのか?その業界で何をしていきたいのか?その経験がこんごどう活きてくるのか?は最低限明確にしておきましょう。自分なりの転職軸を持っておくことが転職成功への秘訣です。

転職活動のスケジュールと進め方

転職準備は「情報集め」「書類作成」「面談」の基盤

転職を考え始めたら、みなさんまず何をしますか? 「転職サイトなどで早速情報を収集する」「上司にすぐに伝える」「とにかく辞める」などさまざまな答えがありそうですが、 ちょっと待ってください。転職の成功と失敗を分けるのは準備方法にあります。早速その方法について見ていきましょう。

STEP:1 転職準備期間にするべきこと!

「人間関係がギクシャクしている」「働いてもお給料やボーナスが一向に上がらない」「業務の内容が自分に合ってない」。転職の理由はそれぞれあると思いますが、なぜ転職をしたいとおもったのですか? まずその理由を自分で整理してみる必要があります。 その方法を具体的にお教えしましょう。

転職準備1:自己分析とキャリアの棚卸

自分は将来的にどういうキャリアを積んでいきたいのかを考えながら、今までの仕事は自分が行きたい方向に向かっていたかを考えます。それと同時に自分はどういう業務が得意で、どういう業務で価値を発揮していたかを考えることも重要です。 メモなどに箇条書きでもよいので書いてみましょう。

転職準備2:なぜ転職するのか?目的を考える

転職の準備のなかでここはかなり重要なフェーズです。 転職の目的は?将来どういう風になっていたいのか?を明確にします。例えば、年収アップ、将来したい事に対して必要なスキルの取得、業種を変えて新しいことにチャレンジしたいなどがあげられます。

ポイント!
  1. 今後自分がかなえたい夢が変わったことで、必要なスキルが変わることは当然のことです。今やっていることと全く紐づかなくても、最終的にこうなりたいからこの知識が必要という考え方でも◎です。
  2. 転職活動をおこなった知人や友人たちに話を聞いてみましょう。新しい価値観や思考の発見につながります。

転職準備3:スケジュールを決める

転職活動はおおよそ2~3カ月です。その期間内に何をどこまで済ませるのかを決めておいたほうが行動に移しやすいでしょう。 スケジュールを決めるコツはまず目標となる「転職」をいつまでにしていたいのか。これを逆算しながら転職のスケジュールを決めていきましょう。また、一人じゃ転職の準備に不安という方は転職エージェントに相談するのも1つの手です。その中でもマイナビエージェントは特に20代からの信頼度は業界No1です。

転職準備4:資金計画を立てる

仮に、現職をやめてから転職準備・活動をするのであれば資金の計画を立てることはとても重要です。当然のことですが、退社した後は収入源がなくなります。早めに転職を決めなければなりません。 また、転職先が県外などであれば引っ越し資金なども必要になってきます。きゅな出費が出ないように細かく計画を立てましょう。

STEP:2 情報を集める

考えの整理がついた後は、情報集めです。実際に働きたい企業の情報であったり、転職するためには転職サイトを使うのがいいのか、転職エージェントを使うのがいいのか、何が一番効率的に転職活動ができるのかという情報を集めます。ここも転職するためには必要な準備項目です。

転職活動1:転職サイトなどで求人を見る

まず、企業などの情報を調べるためにその企業のホームページにアクセスするのも1つの手ですが、その場合、基本的には自分が知っている企業のホームページになるかと思います。また、Googleで業種名を入力して検索して探すことも考えられますが非効率です。 効率的にたくさんの企業を探したいのであれば転職サイトで求人情報を見るのがベストです。自分の知らなかった企業が目に留まる機会も明らかに多いので思わぬ発見もあります。

ポイント!
  • 新しい業界への転職などは1人で調べていても不安があるかと思います。そんな時は転職エージェントを利用しましょう。
  • 転職サイトにある求人案件は非公開案件も多く、そのサイトでしか公開、エントリーできない求人が数多く存在します。転職サイトを複数登録するのも賢い手です。

転職活動2:業界市場の動向を確認する

業界動向は今後の会社の先行きに対してとても影響力を持ちます。例えば新しいテクノロジーによって衰退してしまう産業の会社に転職するのはあまりおすすめではない時があります。 業界の現在のトレンドや、今後成長する見込みがあるのかどうかを確認するのも重要です。

転職活動3:スカウトサービスやメルマガを利用する

転職の準備をする上で、現職が忙しいとなかなか準備が進みません。そんな時に便利なのが、スカウトサービスやメルマガです。これらは、あなたが現職で忙しく、なかなか転職の準備が進んでいなくても、一方的にスカウトメールや転職の準備に役立つ情報が来ます。 スカウトサービスでは自分の興味関心のある分野、業界で絞ることができますのでもしかしたらあなたにピッタリな求人が紹介、もしくは、企業からアプローチされる可能性があります。

転職活動4:ハローワークで探す

厚生労働省の元、各地域に設置されている行政機関。多種多様な企業の求人があり、求人紹介から雇用保険関連の手続きまで幅広いサービスを提供してくれます。 ただし、開設時間が限られている為、平日仕事をしながら転職活動をする方には不向きな方法です。

STEP:3 書類作成と応募

自分の転職したい理由や、業界先などが決まれば、次の転職の流れはエントリーです。まずはエントリーに必要な書類(履歴書・職務経歴書)を作成する必要がありますので、ここではそれらに関することをお伝えしていきます。

自己PRと志望動機を明確にする

まず、履歴書です。履歴書の難関といえば志望動機と自己PRです。ここが明確でなければ企業側はあなたのことをうまく理解できません。 志望動機と自己PRを明確にするコツとしては自分の経験談を入れ込むことです。具体的な数字や、それを行ったことで業務にどういう影響を与えたかも伝えるとよいでしょう。

職務経歴書は企業ごとで内容を変える

履歴書の次は職務経歴書を準備します。職務経歴書とはあなたが今までどういった業務を行っていたのか、どういうスキルがあるのかを企業にアピールするための書類です。 内容自体はとても良いものの、書き方や見せ方によってはうまく企業側に伝わらない職務経歴書になってしまいます。ですので、企業側がどういうスキルを求めているのかをしっかり把握し、それに合った内容で職務経歴書を作成しましょう。

応募する前にいま一度確認!

転職活動を初め、色々な企業の募集を目にすると思います。たくさんチェックすればするごとに目移りしてしまって、むやみやたらと募集をする人も多く見かけられます。 しかしそうなったらちょっと一呼吸。事前に書きまとめた転職しようと思った理由を今一度チェック、そして、自分が転職したいと思った理由をうまくカバーしてくれる会社にだけ応募するようにしましょう。

応募する

ここまでの準備が整ったら、次は企業に応募をします。 企業は当然ながら1つ1つ違います。また、求めている人材の特徴も違います。ここで重要なのは企業毎にしっかりと向き合うことです。テンプレート化した自己PR等はすぐに気づかれてしまいます。 その会社であれば、自分はこういうところに貢献でき、自分にとってはこういうところで成長できるというところを真摯に考えましょう。

STEP:4 書類選考後の面接の準備

応募先が決まり、職務経歴書、履歴書などの書類を送付し、見事書類選考が通ったら次は面接の準備です。改めて応募した会社の特徴をホームページや自分の志望動機を確認し面接の準備をしましょう。 面接では、今まで書類作成時に準備した志望動機や転職の理由は必ず聞かれる項目なので、当日何も応えられないという失敗を避けるためにも念入りに行いましょう。 転職サイトや転職エージェントは模擬面接もやっているので、受けてみるといいでしょう。転職サイトなら「リクナビNEXT」、転職エージェントなら「マイナビエージェント」がおすすめです。

面接の流れを把握する

面接の流れを把握していることで、どんな内容にどれくらい時間をかければよいのかがわかります。 一般的な面接の流れは下記になります。

面接の流れ
  1. 自己紹介と職歴の紹介
  2. 転職理由
  3. 自己PRと志望動機
  4. 入社後どうしたいか、もしくは、どうなりたいか
  5. 質疑応答

上記のように面接は5つのフェーズがあります。企業によってどこを注目してみているのか異なります。この点に関しては、自分で企業ホームページなどを見て推測してもよいのですが、転職エージェントの方に聞いたほうが良いです。なぜなら彼らは転職したい方と企業との懸け橋だからです。当然、転職エージェントは企業側から「どういう人材が欲しいのか」ということを詳しく聞いているからです。 転職エージェントでは模擬面接もやっているので、受けてみるといいでしょう。転職エージェントは「マイナビエージェント」がおすすめです。

失礼がないように面接マナーを身に着ける

面接でのマナーは大切です。なぜなら面接はあなたと企業が初めて会う場だからです。そこで悪い印象をのこしてしまうと後の選考に影響を及ぼす可能性もなくはありません。服装、丁寧な言葉遣い、話をしている姿勢などに気を配りましょう。

面接官の判断軸を知る

面接官が選考を通すか通さないかを決める判断軸を知っておく必要がありますが簡単ではありません。面接官1人1人判断軸が異なりますし、企業によっても異なります。 しかし、面接官が共通して見ているポイントがあります。

面接官が見ているポイント!
  • 説明がわかりやすいか?
  • 今までしてきた事と、将来したいことに矛盾がないか?
  • 理由や背景に具体性があるか?
  • 自社のサービスやプロダクトに関して知識があるか?
  • 業界に詳しいか?業界の動向を読んで分析できていれば評価◎

質疑応答での質問に対する答えを準備する

最後に面接官から、今まであなたが話した内容の深堀があります。そこでは、あなたがどう考えてきたか?その結果どういう行動を起こしたのかを探っています。 あなたが準備したエピソードを友人などに話して、誰にでも納得してもらえるまでエピソードを簡潔に、一方で伝えたいことをしっかりと伝えられるようにしましょう。 エピソードを文字に起こし、1文1文に対して「なんで?」「どうして?」と突っ込んで自分で深堀してみるのも非常に有意義です。それを行った後で転職エージェントと面接対策をしてみても良いでしょう。 転職エージェントは求人案件数も業界トップで模擬面接も行っている「マイナビエージェント」がおすすめです。

STEP:5 内定、退職、入社準備

面接に合格すれば内定通知が届くので、内定承諾をしなくてはいけません。内定通知が来てから、内定承諾するまでの期間は1週間が妥当です。 現職と退職の話をしているが上手く円満退職できない可能性もあります。その場合は、転職先企業に相談すれば内定承諾をしなければいけない期間を延ばすことも可能です。 面接までに入社したい日を決めておけば、現職と退職日の相談も行いやすくなりますので早めに決めておくことをおすすめします。

退職と入社手続き

現職を退職するとき、転職先に入社するときには雇用契約や保険など様々な手続きがあります。 転職先に入社する際、退職したときに貰う書類や証明書が必要な場合があります。どういった書類が入社手続きに必要なのかあらかじめ転職先から聞いておき、退職する際には必ずその書類を貰うようにしましょう。 一方で良く忘れがちなのが、税金や生命保険、クレジットカードの職業欄の変更です。職業が変わることで、変更が必要なものはどういったものがあるのか今一度調べましょう。

転職は準備が成功のカギ!

準備が転職の成功のカギを握る理由がおわかりいただけましたか? 一般的に、転職の準備は2~3カ月と言われます。 「しっかり事前の準備を!」と言ってもあまり長くダラダラとするのも精神的にもよくありません。期限を決めてなるべく短期決戦で挑むようにしましょう。 仕事を辞めてしまった後にゆっくり転職活動をしようと考えている人はお金の心配もあります。仕事を辞めてしまったら収入が無いのはもちろんですが、健康保険料や国民年金、住民税など全額自己負担となります。 徴収票が届いてから慌てないように、預金は100万円ほどあると安心ですね。いずれも突発的に何の整理や準備もしないで転職に挑むのは失敗のリスクが多いということです。準備を丁寧に行い、短期間でうまく転職を成功させましょう! 辞める前に「マイナビエージェント」など複数の転職エージェントに登録し、準備を進めておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング