IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

SEが転職する際の志望動機例3つ

転職ノウハウ

履歴書には、自分がどのような人間なのかを企業に伝える、大切な役割があります。今回は、SEにおすすめの、転職する際の志望動機例をご紹介していきます。どのように志望動機を書けば良いのかの一例として、ぜひ参考にしてみて下さいね。

更新日時:

こんにちは!サトゥです! 現在よりも、更に良い環境で働いたり、新たなステップに挑戦したりする為に、転職を考えるSEは、少なくないでしょう。しかし、いざ転職を決意したものの、履歴書などの書類作成に息詰まってしまうことも、あると思います。 履歴書には、自分がどのような人間なのかを企業に伝える、大切な役割があります。特に、何故転職を決意したのか、またどうしてたくさんある企業の中からその企業を選んだのかを説明する「志望動機」は、重要な項目です。企業は、転職の理由や志望動機から、自社にとってメリットがある人材かどうかを判断する場合もあります。志望動機によって、合否が分かれる場合もある程なのです。 今回は、SEにおすすめの、転職する際の志望動機例をご紹介していきます。どのように志望動機を書けば良いのかの一例として、ぜひ参考にしてみて下さいね。

SE転職の理由・志望動機例3つ

転職の理由や志望動機は、前向きな内容にすることをおすすめします。また、転職の理由が前職の職場の環境や人間関係によるものだったとしても、前職の職場や上司などを悪く言うのは控えましょう。企業から、「採用しても、また同じような問題に直面したら、すぐに辞めてしまうのではないか」と思われ、警戒されてしまう可能性があります。 上記のポイントなどを踏まえた上で、SEの志望動機の例文をご紹介していきます。前職の勤続年数や、携わっていた部門など、個人によって内容が異なる部分は、「〇〇」と表記しています。自分の情報を当てはめてみましょう。

SEの志望動機例・その1

「御社の〇〇サービスは、私自身もユーザーとして、日頃から利用しております。前職では、言語・〇〇を用いて〇〇を開発・運営する業務に、〇年間携わっておりました。貴社の〇〇サービスには、前職で私が携わっていた、〇〇に関する技術で開発を行っていると聞き、私が培ってきた知識や技術を活かせると考えております。これまでの延長線上ですぐに活躍できるので、志望致しました」 SEは技術者なので、技術力や専門性の高さなどをアピールすることは大切です。しかし、それだけでは、その企業を転職先に選んだ理由にはなりません。志望動機で大切なのは、「入社したら、その企業で何をやりたいのか」を伝えること。その企業ならではの特徴や、そこでしか出来ないことをやりたいこととして志望動機に盛り込むことで、前向きな印象と共に、「何故その企業を転職先に選んだのか」も伝えることができます。

SEの志望動機例・その2

「大学卒業後、〇〇会社で〇年間勤務しておりました。役職としては、〇〇から始まり、〇〇を経て、最終的には〇〇に就いておりました。しかし、前職では〇〇というポジションでの狭い範囲での業務が多かった為、SEとしてより広く大きなステージで腕を磨いていきたいと考え、転職を決意致しました。御社の社風は、システムの改善点やアイディア、改良などについて、エンジニアも含めた全員で意見を出し合い、ポジションや立場にこだわらずに高め合っていくことを重視していると伺いました。御社でならば自己の成長とともに、それを御社へ還元しなが、より広い分野でSEとして活躍できると感じ、志望致しました。」 前職に関する内容が含まれていますが、愚痴や不満ではなく、前向きな印象を与える内容なので、あまり問題はないでしょう。但し、上記のように、「前職の職場で納得できなかった点が、何故その企業でなら解決できるのか」、その理由を述べておくことをおすすめします。企業に、「採用してもまた同じような理由で転職してしまうのではないか」と考えられてしまう可能性がある為です。

SEの志望動機例・その3

「私はこれまで、〇〇のアプリケーション開発に〇年間携わってきました。休日は、個人的な趣味であるXXに関するアプリケーションの開発を行っており、こちらは◯年開発しております。こちらのほうが、ユーザからの嬉しい反応が多く、開発していて楽しくなってしましました。趣味で行っているものの、長らく開発を行っていてXXでの開発を仕事にしたいと思い続けてきたので、転職を決意しました。XXに関するアプリケーションの開発にも、前職の〇〇の技術はいかせると感じ、御社に志望致しました。」 SEと言っても、開発するシステムやアプリケーションのジャンルはさまざまです。前職とは異なる分野やジャンルのシステムを取り扱っている企業への転職を希望する場合は、「何故前職までの分野とは異なる分野や業界に挑戦してみようと思ったのか」を伝えることが大切です。また、希望する企業の分野に関する知識などがあまりない場合は、その点をどのようにカバーするのか、具体的に説明することをおすすめします。

自分だけの経験や経歴でアピールしよう

いかがでしたでしょうか?上記の志望動機は、あくまでも一例です。自分の経歴や経験を盛り込んで、個性あふれる志望動機で勝負して下さいね。

成果の見えづらいエンジニアは評価・給料が上がりづらい?

営業職などと比べて、エンジニア1人1人の仕事が生み出す成果を数値化することは難しく、評価が上がりづらいことが多々あります。優秀なエンジニアが集まってくる組織は、エンジニアの評価の仕組みをきちんと作り、会社とエンジニアが双方納得した上で評価・給与を得ています。 大きな会社、エンジニアの発言力が弱い会社であるほど、エンジニアの評価の仕組みを変えることは難しい。正当な評価を受けるためには「転職」が近道であることが多いです。 エンジニアのキャリアを専門として、転職支援を行っている「レバテックキャリア」の転職サポーターは、あなたのスキルを活かせて、希望の年収を実現できる職場探しの相談にのってくれます。 「会社からの評価が低い」と感じたら、レバテックキャリアの転職サポーターに相談してみるといいですよ。

転職活動で実際にレバテックキャリアを利用した方にレポートを作っていただきました。レバテックキャリアの利用の流れや、転職活動が始めてという方は、あわせてコチラもお読みください。 ■記事タイトル レバテックキャリア体験レポート・実際に利用した感想

関連タグ

アクセスランキング