IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【転職時期】有利に転職を進めるのに最適な「月」と「年齢」のタイミング

転職ノウハウ

転職活動をしている方、転職を検討している方が、ちょっぴり有利に転職活動できる情報をお届けしています。今回は、転職時期に最適な月や年齢をご紹介。なぜ、その時期や年齢が転職におすすめなのか、転職者を採用する企業側の事情や背景もまとめています。

更新日時:

転職に有利な月や年齢、時期があるって本当?

現在、転職活動をしている皆さん、また転職を検討している皆さん。転職には、最適な月や年齢、時期があるということをご存知でしたか?勿論、「転職に最適な時期や年齢じゃないから、転職ができない」ということはありません。転職活動で最も大切なのは、皆さんの意気込みやキャリア、技術などです。 しかし、転職者を採用する企業側にとって、採用しやすい時期や転職者の年齢があることもまた、事実なのです。 今回は、転職活動をする上で知っておくと少し得をする、転職におすすめの時期や年齢についてご紹介していきます。

転職に最適な時期とは?

結論からお話しすると、転職に最適な時期は、年に2回あると言われています。3月~4月と、9月~10月です。 なぜ、この2つの時期が良いのかと言うと、企業側の採用ニーズが高まるためです。4月は日本では新たな年度となるため、新年度を節目として退職をする社員は、どこの企業も少なくありません。その為、後任を補充しようと、中途採用を募集する企業が多くなるのです。 また、3月~4月、9月~10月に新規事業を開始する企業も、多いようです。新規事業の担当社を募集する企業が増えるという理由からも、上記の2つの時期は、転職に最適な時期と言われています。

転職に最適な月とは?

続いて、転職に最適な月についてご紹介していきます。上記では、転職者を採用する企業側の事情で、2つの時期が転職に最適であるとご紹介しました。今度は、現在の職場を辞めやすいという意味で、転職におすすめの月をご紹介していきます。 退職するのに最適な月は4月と言われています。では、なぜ4月は、退職しやすい月なのでしょうか? 4月というのは、日本では年度明けとなる月です。新たな年度として、企業によっては人事異動を行う所も、少なくありません。その為、業務の引継ぎなどがしやすく、現在働いている職場を辞めやすいという意味で、転職に向いている月と言われています。 しかし、4月に入り新年度となってから、「退職します」と会社に伝えるのは、避けましょう。上記のように、さまざまな人事異動や業務の引継ぎを行っている時期なので、会社にとっては1年の中でも特に忙しい月です。そんな時に、戦力として頼りにしている社員に退職を告げられては、会社側としては良い気はしませんよね。 ベストなのは、業務の引継ぎや人事移動が多い4月に退職できるよう、事前に退職を申し出ることです。最低でも3カ月前くらいに告げておけば、会社側に負担をあまりかけずに退職できると考えられます。

転職に最適な年齢とは?

次に、転職をするのに最適な年齢について、見ていきましょう。「DODA」の統計(※1)によると、2016年前半の転職成功者の平均年齢は、32.3歳となっています。この年齢は、過去最高となっており、男女共に上昇傾向にあるそうです。 割合としては、最も転職成功者が多かった年代は、25~29歳で37.2%。次いで、30~34歳となっており、25.7%でした。続いて、40歳以上となり、15.1%となっています。 引用元:※1 これらのデータから、各企業では、ポテンシャルや熱意が期待できる若手の人材だけでなく、即戦力が期待できる知識やスキルを持ったミドル層と呼ばれる人材にも期待していることが窺えます。これまでのキャリアやスキル、経験に自信がある方は、20代後半~30代前半の転職が特に良いと考えられます。

時期や年齢も大切だけど、キャリアやスキルも重要

上記で、転職に最適な時期や年齢についてご紹介してきました。 しかし、これらの時期や月、年齢はあくまでも統計やデータ上の理論に過ぎません。「4月でないから退職できない」「9~10月でないと採用してもらえない」「年齢が合わないから転職が成功しない」ということはあり得ません。時期などは1つの目安であって、本当に重要なのは皆さんのキャリアや技術力、人柄なのです。 現在転職をしている方や、これから転職をする予定の方は、「この時期や年齢だとちょっと有利になるかも」という感覚で、前向きに挑戦していきましょう。

最適な時期や年齢を知って、効率的に転職

いかがでしたでしょうか?今回は、転職時期に最適な月や年齢をご紹介しました。 今回ご紹介したデータは、あくまでも統計上のものなので、確実というわけではありません。しかし、転職者を受け入れる側の企業の事情について知っておくことで、転職活動に対する考え方が少し変わったのではないでしょうか? どんなに良い企業と、どんなに良い人材でも、両者の需要が一致して採用・入社に結び付くかは、タイミングが大きく関係します。時期や年齢なども、タイミングの1つと言えるでしょう。皆さんと企業が、良いタイミングで出会えることをお祈りしています!

[引用元] ※1:https://doda.jp/guide/age/

関連タグ

アクセスランキング