IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大阪府の転職エージェント厳選5選|人材紹介会社利用のポイン ト

転職サービス・サイト

大阪府でおすすめの転職エージェントを探していませんか?転職エージェントにはそれぞれ特徴があります。自分がどんな業界、業種に就きたいのかによって選ぶ転職エージェントが変わってくることが大いにあります。今回の記事では、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約

大阪で転職を目指す方は、今現在の仕事を退職する前に出来るだけ早く、三大転職エージェントの中から登録するところから始めましょう。 また、既に退職されている方は今直ぐに登録して活動を始めていきましょう。大阪に詳しく無い方は数多くの求人を見ながら企業、場所、街並などを把握していく事も必要です。 そして遠方の方は転職エージェントが今住んでいるエリアと大阪に拠点があり、電話やSkype面談でも対応してくれる所だと活動しやすいと言えます。 自分の状況を理解し、適切なアドバイスをしてくれる転職コンサルタントとコミュニケーションを取っていく事が大切です。

大阪府に転職するメリット3選

大阪府に転職するメリット3選

大阪府に転職する際に今と比べてよくなることを知りたいですよね?そんな方に大阪府に転職するメリットを紹介していきます。 大阪で働くことは、キャリアアップで大阪に転職される方、給与を上げたくて大阪に転職される方など、にとっていい場所であることは確かです。 大阪に転職するメリットを大きく3つ紹介していきたいと思います。

大阪府に転職するメリット1:転職求人数が多い

大阪府に転職するメリット1:転職求人数が多い

大阪転職メリットの一つ目は、転職求人数が多い事です。 大阪は西日本経済の中心地であり、多くの人が集まるので、経済活動が活発です。東京と比べると少ないながら、企業本社も大阪には多くあるので、圧倒的に多数の転職求人数を探すことができます。 求人数が多いので、自分に合った仕事を見つけることができ、仮に自分に合わない会社を辞めて、新しい会社を見つけることも可能です。

大阪府に転職するメリット2:求人の種類が圧倒的に多い

大阪府に転職するメリット2:求人の種類が圧倒的に多い

大阪転職メリットの2つ目は、求人の種類が圧倒的に多いということです。 大阪には、歴史あるメーカーや、製薬企業、金融業が多く存在し、様々な求人を見つけることができます。 また、求人は狭き門ではありますが、大阪には企業の本社企業が集まっているので、法務・経理・総務・人事といったコーポレート業務の求人を簡単に見つけられます。これらの仕事に未経験でも転職したいと考えるのであれば、大阪転職はベターでしょう。

大阪府に転職するメリット3:幅広い人脈と出会い

大阪府に転職するメリット3:幅広い人脈と出会い

大阪転職のメリットの3つ目は、幅広い出会いと人脈が得られるということです。 もちろん地方でも人脈を広げる事はできますが、大阪に転職した際に得られる出会いや人脈はより大きなものにすることができます。というのも、大阪にはセミナーなどの出会いのチャンスがあり、また上昇志向を持った人が多いので、自分から探すだけでなく、相手から人脈を求めに来る可能性もあります。 しかし、「機会が多い」だけでは人脈は広がらないです。自分から積極的に人脈を増やしに行きましょう。

大阪府に転職する前に知っておきたい注意点3選

大阪府に転職する前に知っておきたい注意点3選

大阪で転職したい!でも、大阪の働く環境がどうなのか?気になりますよね?特に、地方から大阪に転職される方は不安を抱かれるかと思います。大阪府で転職する際に、どこに注意すべきなのかを大きく3つ紹介していきます。 大阪府に転職してから、「大阪に転職しなければよかった」とならないように、ここで注意点を押さえておきましょう。

大阪府に転職する注意点1:通勤ラッシュがきつい

東京に比べるとまだいいほうですが、大阪の通勤ラッシュも混雑しています。特に大阪のベッドタウンとなっている吹田・枚方・奈良といった地域からの沿線や、地下鉄・環状線などが大混雑しています。 特に地方からの人は大阪の通勤ラッシュの込み具合に精神的にまいってしまうかもしれません。大阪に転職する際は、どの電車に乗ってどの時間帯に通勤するのかを確認するようにしましょう。

大阪府に転職する注意点2:ノリと笑いの文化に馴染めない

大阪府に転職する注意点2:ノリと笑いの文化に馴染めない

大阪の仕事スタイルは「GNN」と呼ばれていて、義理・人情・浪花節という「ベタベタな人間関係・コミュニケーション」を意味します。地方移住者は、必要以上にあけすけな人間関係を苦手とされる方がいるかもしれません。 大阪在住者は、「ノリと笑いが不得手な方」を特に嫌っているわけではない場合がほとんどですが。地方移住者は肩身の狭い思いをしてしまうかもしれません。

大阪府に転職する注意点3:仕事がハードな可能性あり

大阪府に転職する注意点3:仕事がハードな可能性あり

大阪では高年収求人が多いです。しかし、仕事がハードで大変である傾向があります。 メリットでも紹介しましたが、大阪には古くからあるメーカーや金融業など、多くの業種が高年収である一方で、激務でも有名な業態です。会社によっては多量の残業があるところもあります。 働く企業や業務は選び方次第なので、自分の転職条件を明確にしたうえで、企業研究を怠らないようにしましょう。

大阪→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント4選

すでに、大阪に在住していて、そのまま大阪に転職される方向けのおすすめの大阪に強い転職エージェントを紹介していきたいと思います。 大阪に転職するなら、「大阪の求人数の多さ」「大阪に拠点がある」という点にも注目して転職エージェントを選ぶべきです。また、「転職する際のサポートがあるのかどうか」ということも、一つの判断材料になります。 そんな転職エージェントを大きく4つ紹介していきたいと思います。

大阪→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント1:リクルー

大阪の求人数 公開求人: 4,148件(非公開求人数:26,295件) 大阪の拠点住所 大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F 大阪に転職するうえでの、「圧倒的な求人数」が強みの転職エージェントを兼ね備えたのが、リクルートエージェントです。 リクルートエージェントは大手転職エージェントのなかでも取引企業が「約13,000社」とNo1なので、「取り扱っている求人数」および「求人のレパートリー」が最も多いということを表します。 リクルートエージェントは転職を始める人には特におすすめの転職エージェントです。

大阪→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント2:doda

大阪の求人数 公開求人: 8509件 大阪の拠点住所 大阪府大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪タワーB 17F dodaエージェントサービスは、求人数・決定数ともに国内規模NO.2の転職エージェントです。 dodaエージェントサービスは他の転職エージェントとは違い、転職サイトとしてのサービスが一緒になっています。中小企業の案件も多く、転職サイトも並行して使用できるので、自分に合った求人を見つけやすいです。そういった転職サイトが使えるので、非公開求人と合わせると、一度に見れる求人数は国内最大級になります。

大阪→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント3:パソナキャリア

大阪→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント3:パソナキャリア

大阪の求人数 公開求人: 3474件 大阪の拠点住所 大阪府大阪市中央区淡路町4-2-15 パソナグループビル5F パソナキャリアは大阪の転職をする上での、「転職をする際のサポート」が評価されています。評価されている具体的な部分ですが、特に、「親身になって乗ってくれる」という面談の質の高さが評価されているようです。 極力、転職者の立場になって、相談に乗ってくれるので転職者も安心して転活することができます。 求人数はリクルートエージェントには劣るものの、「求人数20,000件以上」という数からも十分です。

大阪→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント4:JACリクルートメント

大阪→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント4:JACリクルートメント

大阪の求人数 公開求人:不明 大阪の拠点住所 大阪府大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー12階 JACリクルートメントは、高年収のハイクラスや海外赴任、外資系求人などがメインの転職エージェントです。 求人数の多いリクルートエージェントに比べて、総求人数は少ないですが、全体のうち、多くの割合で、年収600万円以上の高レベルな案件を取り扱っています。 特に30代、40代の方に向いている転職エージェントです。「ステップアップ」などをしたい方は特におすすめです。

他県→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント4選

他県から大阪に転職する人向けのおすすめの転職エージェントを紹介していこうと思います。他県から転職する方にとって、大阪への転職が初めてなのであればなおさら、大阪への転職が心配であるかと思います。 また、他県ですでに働いている人は、近くに面談拠点がなければ、キャリアアドバイザーとのコミュニケーションが難しくなるかと思います。 なので、「豊富な求人数」もそうですが、「サポートが充実」、「拠点が全国各地にある」 をなるべく満たしている転職エージェント4つを紹介していきたいと思います。

他県→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

大阪の求人数 公開求人: 4,148件(非公開求人数:26295件) 大阪の拠点住所 大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F リクルートエージェントは全国区の総合転職エージェントで、圧倒的な求人数を持っていることは先に述べましたが、東京・札幌・愛知・福岡の4都市でも求人件数トップです。 サポート体制も充実していて、面接力向上セミナーなどを開催しています。 また、全国各地に多くの面談拠点があるので、他県から大阪に転職する際も面談場所が少ない可能性が少なくなります。

他県→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント2:doda

他県→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント2:doda

大阪の求人数 公開求人: 8509件 大阪の拠点住所 大阪府大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪タワーB 17F DODAは先にも紹介しましたが、他の転職エージェントと違って、転職サイトのサービスも付いています。自ら気になる求人を検索することができるので、本気で転職したい人からすると、求人をたくさん見ることができます。 サイトに、Iターン・Uターン特集が組まれているため、自身の県外に転職した人には強い味方になります。 担当者の当たりはずれも少なく、大企業以外にも優良中小企業の案件も多いので、自分の希望に合う求人を見つけやすいです。

他県→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント3:パソナキャリア

大阪の求人数 公開求人: 3474件 大阪の拠点住所 大阪府大阪市中央区淡路町4-2-15 パソナグループビル5F 先ほども紹介しましたが、パソナキャリアは「親身になって相談してくれる」の言う面談の質の高さは、他県から大阪に転職する転職者にとっては、「大きなサポート」になります。 具体的には転職を無理やり進めるのではなく、時には現職にとどまることを勧めるなど、極力転職者の立場に立って相談に乗ってくれるので、自社の利益重視ではなく、求職者重視の考え方があるそうです。

他県→大阪に転職する場合の大阪府のおすすめの転職エージェント4:マイナビエージェント

大阪の求人数 公開求人: 1,730 大阪の拠点住所 大阪府大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪タワーA 30F マイナビエージェントは、第二新卒をはじめとした20代の求人案件にとても強いのが特徴です。マイナビ新卒はユーザー数NO.1を取ったこともあるくらい、若年層の経験をまだ積んでいない状態でも働ける求人を保有しています。そのため、マイナビエージェントをつかう若年層が多いのです。 また、大阪をはじめ全国7か所に拠点があります。なので、他県から大阪に転職する際に利用することができるかもしれません。

大阪府のおすすめの転職エージェントの強み

大阪府のおすすめの転職エージェントの強み

ここまで、「大阪府にすでに住んでいる方が大阪府で転職するのときのおすすめの転職エージェント」と、「他県から大阪に転職する方のおすすめの転職エージェント」を紹介しました。 大阪に転職することに限らず、一般的に転職エージェントの強みを知ることは、大阪で転職するときに役立つはずです。したがって、先ほど紹介した5つの転職エージェントの強みを改めて紹介したいと思います。

全体求人数大阪求人数
リクルートエージェント263088(非公開求人込)30443(非公開求人込)
doda65,655(公開求人)8509(公開求人)
パソナキャリア37,020(公開求人)3,474(公開求人)
マイナビエージェント13,207(公開求人)1,730(公開求人)
JACリクルートメント約15000(非公開求人込)不明

大阪府の転職エージェント1:圧倒的な求人数ならリクルートエージェント

大阪府の転職エージェント1:圧倒的な求人数ならリクルートエージェント

先ほども何度も紹介しましたが、リクルートエージェントは転職エージェントのなかでも、圧倒的な求人数を誇っています。 また、圧倒的求人数に裏付けされたノウハウから、転職者へのサポートも充実しています。面接対策では、「企業側がどのような見方をしているのか」を把握することができると評判が良いです。 転職者のうち6割以上が年収アップを遂げているのも、質の高い求人を紹介できているいうことなので、評価が高いです。

リクルートエージェント経由で大手メーカーのSEからコンサルティング会社のITエンジニアへの転職に成功しました。年次がまだ2年目と浅く、転職活動自体が初めてだったので不安でしたが担当してくれた女性のキャリアコンサルタントの方がとても丁寧に担当してくださって「大丈夫です。必ず転職できます。次はしっかり長く働ける職場を見つけましょう。」と励ましてもらい、本当に心強かった。転職エージェントにはIT専門含め3社ほど登録しましたが、やはり他と比較すると取り扱っている求人数が圧倒的で、他の倍近く候補企業を紹介して貰う事ができました。担当されるキャリアコンサルタントの方との相性が良ければ転職エージェントは本当に心強い味方になってくれると思います。

大阪府の転職エージェント2:非公開求人ならdoda

大阪府の転職エージェント2:非公開求人ならdoda

dodaの特徴としては、非公開求人が豊富で、全体の求人数がリクルートエージェント波に豊富です。また、先ほど紹介したように、転職サイトもサービスとして行っているので、転職者が好きな求人を自由に探すことができます。 また、経歴を登録すれば、企業からスカウトが来る「スカウトサービス」もあります。スカウトには、「エントリーすれば面接が確定するオファー」、「非公開求人のオファーを優先的に受け取れるオファー」があります。

転職活動にあまり手間をかけたくない、効率良く進めたいという人にはdodaが一番使い勝手が良いと思う。その理由は、転職サイト、転職エージェント、転職フェアの全てをアカウント一つで利用できるから。また年収査定が難関企業への合格可能性を判定するサービスも無料会員登録することで、利用できるようになる。最大手のリクルートやマイナビですら、転職サイトと転職エージェントは別サービス(リクルートに関してはリクナビNEXTに登録する際、一緒に登録することはできる。ただその逆はできない)なので、そういう意味ではdodaが一番すすんでいると思う。

大阪府の転職エージェント3:面談の質ならパソナキャリア

大阪府の転職エージェント3:面談の質ならパソナキャリア

パソナキャリアは、転職者のサポートが大きく評価されています。特に、「親身になってくれる」という面談の質の良さが評価されています。パソナキャリアの利益重視ではなく、求職者重視の考え方が、裏付けとなっています。 転職者のサポートがしっかりしているので、転職者も安心して、転活に集中することができます。特に初めての転職の方にはおすすめです。

初めての転職だったので不安がありましたが、休日の問い合わせにも嫌な顔せずに対応してもらえましたし、パソナというと派遣というイメージが強かったですが、転職エージェントしても規模は大きく、拠点で言えばリクルートエージェントよりも多いと聞いて驚きました。パソナキャリア、リクルートエージェント以外にも登録しましたが、実際にいくつかサービスを比較してみて感じたのが、転職エージェントは求人数と、担当するキャリアコンサルタントとの相性が何より大事だと思います。特に最後に内定が出た後の回答はそれほど待たせる訳にはいかないので、腕の良いコンサルタントの方であれば、最終面接を近づけて、いくつかの候補から選べるようにしてくれます。そういう配慮ができる人かどうかは実際に利用してみないとわからない点が難点ですが、人生の大きな岐路なので、しっかり検討して越したことはないと思います。

大阪府の転職エージェント4:20代の転職ならマイナビエージェント

大阪府の転職エージェント4:20代の転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェントは20代、30代の転職に強い転職エージェントです。第二新卒となる若手人材の早期退職は社会問題になるくらい深刻です。マイナビエージェントは、この問題を解決し、若手人材の転職支援を行っています。 また、マイナビエージェントが行っている、第二新卒を対象とした「マイナビジョブ20’s」は企業から求人を受ける際に厳しい審査を設けているので、ブラック企業からの求人は受け付けていません。したがって、ホワイト企業を選びやすくなります。

インフラ関連の仕事がしたかったのですが、NTTデータやサイボウズなど、IT業界の中でも評判の良い求人を中心に紹介してもらえたのはさすがだと思いました。実際に書類提出をお願いして通過いた割合は7割弱といったところでした。他の転職エージェントでは5割程度だったので、キャリアドバイザーの方に力があったのか、しっかり推薦してくれたのだと思います。私の場合はまだ現役バリバリで働きたいのでIT企業に転職しましたが、社内SEの求人に強いというのは、今後40代や50代になった時は良いのかなと思いました。

大阪府の転職エージェント5:ハイキャリア転職ならJACリクルートメント

大阪府の転職エージェント5:ハイキャリア転職ならJACリクルートメント

JACリクルートメントは東証一部上場していて、リクルートキャリア、インテリジェンスに次ぐ業界3位という実績を持つ大手転職エージェントです。 JACリクルートメントは、外資系企業の求人を多数保有していて、ハイキャリア転職をする人に向けて、求人を公開しています。外資系をメインで行っているので、外資系の知識が詳しいキャリアアドバイザーがいます。したがって、本気で外資系で、キャリアを上げていきたい人にとって、大きなサポートとなります。

JACRecruitmentは、公式サイトでも30代、40代の転職に圧倒的に強いと書いてあったので、20代での利用は難しいのかなと思いましたが、外資系への転職を目指していたため、登録したところ、全く問題なく書類に追加し、面談、求人紹介までサポートを利用することができました。もちろん1社だけではなく、他の転職エージェントとの併用でしたが、外資系企業の求人数、もしくは海外勤務がある日系企業の求人数は、圧倒的。また英語の勉強はしてきましたが、実際に転職で使えるかどうかには不安があったので、英文レジュメの添削や模擬面接などを実施してもらえいたのも大きかった。結果的に希望する企業への内定を獲得でき、また年収も大幅にアップしました。キャリアアップ転職を目指すのであれば、自分が該当するかどうかなどに悩まずに、まずは登録してみることをおすすめします。万が一断られたとしても、それは単なる相性の問題なので、気にする必要はないと思います。

大阪府の人材紹介会社を利用するときの8つのポイント

大阪府の人材紹介会社を利用するときの8つのポイント

これまで、大阪に転職する際のメリット、注意点、大阪に転職する際のおすすめの転職エージェントについて紹介してきました。 大阪の人材紹介会社を利用するときに何に注意したらいいのか?そんな疑問を持っていませんか?ここでは、どんな転職エージェントを利用するときでも注意すべきポイントを紹介していきます。大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイントを8つ紹介していきたいと思います。

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント1:スカウトメールでは、連絡をこまめに

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント1:スカウトメールでは、連絡をこまめに

転職エージェントは、企業から依頼を受けると、データベースの中から応募者を探すのですが、このときの探す条件が「更新日が新しい順」になります。 更新日は、転職エージェントと転職者が接触したとき(連絡を交わしたとき)に更新されます。したがって、連絡を長い間とっていないと、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。 なので、スカウトメールでは、連絡をこまめにしましょう。

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント2:「良いところがあればすぐに転職します。」と言っておく

キャリアアドバイザーも売り上げ目標があります。アドバイザーと最初に合った時に、「転職時期はいつ頃を考えていますか?」という質問を受けることがあります。 そのときに、「いいところがあれば、すぐに転職します」と言っておくことで、売り上げになると判断され、サポートを受けやすくなります。

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント3:自分に合わない担当者はかえてもらう

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント3:自分に合わない担当者はかえてもらう

転職エージェントを利用して転職をする場合、キャリアアドバイザーとの相性は重要になります。なぜなら、転職において、面談で自分のやりたいことを伝えて、共にキャリアを考えていくキャリアアドバイザーは大事なパートナーだからです。 担当変更がどうしてもしづらい場合は、他社を利用しましょう。

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント4:経歴やスキルは正直に

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント4:経歴やスキルは正直に

登録情報やキャリアアドバイザーとの一連のやりとりは、情報が残ります。エージェントでよく話題に上がるのが、数年前の登録情報と今の登録情報がちがうというようなことになり、虚偽報告を行うリスキーな人材と認定して、案件を制限するという話です。 転職をする上で、案件が少なくなることは本末転倒なので、経歴やスキルに嘘をつくのはやめましょう。

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント5:推薦文は見逃さない

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント5:推薦文は見逃さない

ほとんどの場合、キャリアアドバイザーは求職者を200字〜1000字で紹介する推薦文を書きます。しかし、あまり優秀ではないアドバイザーの場合は経歴をそのまま写すだけのような場合があります。 そこで「客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけることで、推薦文を確認することができます。

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント6:同じ案件に複数のエージェントから応募しない

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント6:同じ案件に複数のエージェントから応募しない

複数の転職サイトを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。なぜなら、企業から「ほかの転職サイトからも応募がある」と担当に連絡がいき、企業、エージェント共に不信感を与えることになります。 転職する際の弱点となりうるかもしれないので、同じ案件に応募していないかは確認をするようにしましょう。

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント7:転職先が見つからない場合はハローワーク

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント7:転職先が見つからない場合はハローワーク

転職先が見つからない場合、ハローワークを利用してみましょう。転職エージェントのようなサポートは受けられないですが、ハローワークに行くことで、転職エージェントでは出会えなかった求人と出会うことができるかもしれません。 転職、就職するうえで、自分から積極的に仕事を探しに行く姿勢は大事です。

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント8:大阪以外への転職の場合は、スケジュール確認などを綿密に

大阪府の人材紹介会社を利用するときのポイント8:大阪以外への転職の場合は、スケジュール確認などを綿密に

大阪から、地元へのUターン転職や、東京などでキャリアアップをしたい転職する場合には、選考フェーズで注意をしましょう。 具体的には、選考で転職先の土地へ行く可能性があります。 なので、特に転職エージェントとはスケジュールや応募数、スカイプや電話面接可能かを確認しましょう。

大阪府に転職を成功させるためのまとめ

大阪府に転職を成功させるためのまとめ

大阪に転職を成功させるための方法をこれまで紹介してきた中でまとめていきたいと思います。大きく3つあるので、紹介していきたいと思います。 1、転職する前に大阪に転職したらどうなるのかを自分なりしっかり調査。 2、転職エージェントの特徴をとらえて、自分に合った求人を選ぶ。 3、転職エージェントを利用するときの注意点を押さえる。 です。 転職は大切なタイミングなので、注意深く考えていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング