なぜプログラマーは「きつい仕事」と言われているのか

転職ノウハウ

プログラマーは、営業職と並んでストレスをため込みやすい職業だと言われています。プログラマーが「仕事きつい」と言われている原因と、簡単に実行できる改善策を紹介していきます。

更新日時:

体力とメンタルの強さが必要

プログラマーの仕事がきついと言われている理由は、主に2つあります。 納期までひたすら打ち込みをする日々が続く チーム内での良好な人間関係を維持しにくい 1の「納期までひたすら打ち込みをする日々が続く」というのは、仕事そのもののきつさであり、体力的な問題です。一方で、2の「チーム内での良好な人間関係を維持しにくい」というのは、直接的に仕事に関わるものではありませんが、チームで作業しているプログラマーにとっては、意外とネックになっている、精神的な問題です。 このように、プログラマーは体力的にも精神的にもきつい仕事ですが、きつい割には給料や休暇が充実しているとは言えません。業種別年収を紹介しているサイト「年収ラボ」によると、平成26年度のプログラマーの平均年収は426万円です(※1)。これは非IT業界の年収とほぼ同水準です。そのため、プログラマーの労働環境は悪いと考えられているのです。

プログラマーは「高血圧」になりやすい

プログラマーといえば、椅子に座っている時間が長く、運動不足になりやすい職業です。しかし、実際には残業や徹夜での仕事も多く、体力が無ければ続けることはできません。また、継続して集中力や緊張感を強いられるためにストレス度が高く、自律神経の中でも交感神経が優位になるため、血圧が上がりやすい状態になっています。プログラマーは「高血圧」のリスクと隣り合わせなのです。加えて、デスクワークで血流が鈍くなるため、肩こりなども重症化しやすいと考えられています。これが、プログラマーの仕事が体力的にきついと言われている理由です。 一方で、プログラマーの仕事には精神的な辛さもあります。そのため、「うつ病」のリスクも高くなっています。主な要因は長時間労働、業務の多様性、納期の厳しさなどですが、中には職場の人間関係に悩んでいる人も少なくありません。個人での作業時間が長そうなプログラマーという職業ですが、実際にはチームで動くことも多いです。集中力の必要な作業がひたすら続くためにイライラも募りやすく、他人を気遣うことができなくなり、良い職場の雰囲気を作ることが難しいからです。もちろんIT業界に関わらず人間関係というのは難しいものですが、とりわけプログラマーという職業は、1人で責任を持たなければならない場面が多いために、プレッシャーを感じて同僚や上司にも相談できず、どんどん自分を追い詰めてしまうのです。

自分の体との付き合い方を知る

では、プログラマーとして仕事を続けていくにはどうしたら良いのでしょうか? まず、体力的な面からの改善策です。仕事柄、残業や徹夜が多いのがIT業界の特徴ですが、納期前となると、更に忙しくなり、睡眠時間が短くなりがちです。このような背景から、プログラマーはどうしても夜型の生活になりがちですが、可能な限り朝型の生活を目指しましょう。徹夜で睡眠時間が削られてしまうと、作業効率が悪くなり、ミスが多くなるからです。どうしても間に合わないという時は、5分ほど目をつぶって休むだけも良いでしょう。一瞬でも記憶が飛ぶと、すっきりしますよ。また、食事も「ながら食べ」はせず、食べる時はしっかり食べて、少しでもパソコンから離れる時間を作って休息を取りましょう。 次に、精神面についてです。対策を2つ紹介します。 1.運動習慣をつける 2.人間関係を最小限にする 「運動習慣をつける」ことをおすすめする理由は、体を動かすことでホルモンが活性化され、前向きな気持ちになれるからです。ウォーキング、ランニング、筋力トレーニング、ストレッチ、球技など、そのときの体調や体力と相談しながら、体を動かす習慣をつけましょう。 「人間関係を最小限にする」というのは、インターネットのツールも含めて、人間関係を見直してみるということです。今やSNSなどでも人とつながってしまう時代ですから、見たくないものを目にしてしまう仕組みがあちこちにあります。孤独感を感じるかもしれませんが、元気になれば新しいつながりができるはずです。

体を壊しては元も子もない!

プログラマーは、たしかにきつい仕事です。「プログラマー35歳定年説」という言葉がありますが、このような言葉が生まれる程、きつい職業であるとも言えるでしょう。 ですが、体を壊して休職や退職にまで追い込まれてしまっては元も子もありません。たくさんの言語を操らなければならないプログラマーという職業は、誰でもなれるものではありません。せっかく就いたプログラマーという仕事なので、自分の体調と相談しながら続けていってくださいね! [参考資料]

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)