エンジニア転職の面接で、残業について逆質問するのはアリ?

転職ノウハウ

エンジニア転職の面接で、残業について逆質問するのはアリ?

更新日時:

転職活動をしていると、何回か受けることになる面接。企業側と実際に顔を合わせて交流することが出来るので、「自分をアピールするチャンス!」と考える方もいれば、「何度経験しても、面接は苦手」と感じる方もいるかもしれませんね。

特に、逆質問の際に、何を尋ねれば良いのか迷ってしまうという方もいるのではないでしょうか。逆質問は、こちらから企業に質問をすることを指します。上手く活用すれば、面接をより盛り上げたり、流れを変えるきっかけにもなります。また、webサイトや資料だけでは把握することができない転職先の企業の情報を得られる可能性もあります。

しかし、逆質問の内容によっては、かえってマイナスのイメージを与えてしまう可能性もあるのです。例えば、待遇に関する質問。「残業はあるのか」などの業務時間に関する質問は、場合によっては仕事への意欲が薄いという印象を面接官に与えてしまいがちです。

とはいえ、残業の有無やその平均的な時間などは、その企業と自分の相性を見る上で、必ず知っておきたい事でもありますよね。入社してから、「こんなはずじゃなかった」「思っていたのと違う」といった後悔をしない為にも、面接でぜひ聞いておきたい事柄です。

では、残業などの時間に関する、「ちょっと尋ねにくいけど、必ず知っておきたいこと」は、どのように質問すれば良いのでしょうか。今回は、「逆質問で残業について尋ねるのはアリか?」というテーマで、さまざまな情報をリサーチしました。

TechStarsバナー

エンジニア転職を成功させる為の登竜門!残業について逆質問するには

結論から言うと、エンジニア転職の面接で、残業などの労働時間に関する逆質問をすることは、「アリ」です。しかし、状況やタイミング、待遇などに関する逆質問の回数次第では、「仕事への意欲が薄い」というイメージを相手に与えやすいので、何度も積極的に質問するのは控えましょう。

また、1度きりしか残業や待遇に関する逆質問をしなかったとしても、尋ね方次第では、マイナスの印象に繋がってしまいます。その為、尋ね方や言葉の選び方に注意をする必要があります。

前職と比較しながら尋ねるのがベスト

面接官に悪い印象を与えずに、残業の有無などの尋ねにくい内容を逆質問するには、前職と比較しながら聞くことをおすすめします。例えば、「前職では、1カ月あたり大体25時間くらい残業しておりましたが、御社では月に平均どれくらい残業をしておりますか?」など。前職での残業時間を伝えることで、「残業を嫌がる人」「残業ができない人」というイメージを面接官に与えずに済みます。

もし、前職での残業時間があまりないなら、「求人情報によると残業有りとのことでしたが、御社の1月の平均的な残業時間はどのくらいでしょうか?」などと逆質問してみましょう。あくまでも、「求人情報や企業のwebページ・資料などでは知ることができなかった」というニュアンスで尋ねることが大切です。

聞きにくい内容は遠回しに逆質問して不安解消

今回、「面接の際、逆質問で残業の有無や平均時間について尋ねるのはアリか?」というテーマでリサーチしていきましたが、「尋ね方次第では可能」という結果となりました。やはり、残業や給与などの待遇に関する質問は、業務への関心や意欲が薄い印象を与えがちなので、出来る限り控えた方が良いでしょう。

とはいえ、転職活動を終えて入社することが出来ても、思った以上の残業時間だったり、予想とは異なる待遇だったりした場合、「面接の時に質問しておけばこんな失敗はしなかったのに」と後悔することになる可能性があります。そのような失敗を未然に防ぐ為には、やはり逆質問で尋ねておくしかありません。

残業などに関する逆質問は、「少ない回数で、前職などの例を出しつつ遠回しに」するのが、ベストと言えるでしょう。

参考資料:「マイナビ転職

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)