IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

国税専門官の志望動機の書き方と例文・ポイント|履歴書/面接カード

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

皆さんは「国税専門官」と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、主な仕事内容などについてならまだしも、どんな志望動機が相応しいかまでは知らない方ほとんどだと思います。今回は、そんな「国税専門官」の志望動機の書き方について見て行きたいと思います

「国税専門官」の志望動機の書き方

「国税専門官」と聞いてどんなことが思い浮かぶでしょうか。おそらく、国税専門官の主な仕事内容についても、国税専門官への就職や転職の際に必要となる志望動機の書き方について知っているという方はほとんどいないのではないでしょうか。 今回はそんな「国税専門官」という職業に焦点を当てて、国税専門官の志望動機の書き方について様々な観点から見て行きたいと思います。

「国税専門官」の主な仕事内容

そもそも「国税専門官」という職業の主な仕事内容にはどんなものがあるのかについて知っておかなければ話になりません。まずは国税専門官が扱う主な仕事内容について少し見ていきましょう。国税専門官の種類についても以下で見ていきましょう。

「国税専門官」には三種類ある

実は一概に「国税専門官」と言っても、この国税専門官という職業は「国税調査官」、「国税徴収官」、「国税査察官」の三種類があります。各国税専門官ごとにその主な仕事内容について詳しく見て行きたいと思います。

国税調査官

まず初めは「国税調査官」です。国税調査官の主な仕事は、確定申告の方法や申告用紙の書き方を指導したり、申告に必要な書類を個々の案件に応じて案内することになります。また、申告内容が正しいかどうかを申告書類と帳簿を照らし合わせて確認する作業も国税調査官の重要な仕事の1つとなっています。 税金滞納を改善する国税徴収官や、脱税を刑事告発する国税査察官と比べると、よりスムーズに税金を納めるための納税者と税務署のパイプ役であり、適正な納税をチェックする役割でもあると言えるでしょう。

国税徴収官

続いて二つ目の「国税徴収官」です。国税徴収官というのは税金の滞納を解決する専門職です。本来納めるべき税金が滞納されている場合に、滞納者の資産や職業、家族構成などを調べた上で、法律に基づいて支払いを催促することを主な仕事とします。滞納者の中にはスムーズに支払いを行わない悪質なケースもありますが、国税徴収官は冷静に税法に基づいた措置を講じると共に、滞納者一人ひとりに対して支払いプランの提案を行います。

国税査察官

最後三つ目の「国税査察官」です。国税査察官というのは国税専門官の職種の1つで、脱税を裁判所に告発することを主な仕事としています。ちなみに。映画「マルサの女」で一躍有名になった仕事でもあります。 脱税は個人事業者だけでなく、会社ぐるみで組織的に行われることもしばしばであり、そうした悪質な脱税の実情を探るため、国税査察官は裁判官の許可を得た上で被疑者の家宅捜索などを行い、証拠を収集します。そして、実際に脱税が行われていると客観的に判断された場合、脱税被疑者を刑事犯として裁判所に告発するところまでが国税査察官の仕事です。

「国税専門官」の志望動機例文

初回公開日:2017年05月19日

記載されている内容は2017年05月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング