それで大丈夫?エントリーシートを入れる封筒のマナー

就活ノウハウ

それで大丈夫?エントリーシートを入れる封筒のマナー

更新日時:

writing-a-letter-1

就活時においてはほぼ必須のエントリーシート。「郵送する時」「手渡しの時」いったいどんなマナーや決まりがあるの?と困惑する就活生も多いはず。ここでは、エントリーシートを送る際の封筒の使い方について覚えておくべきことをご紹介します。

「エントリーシートの封筒」のマナー

「エントリーシート」を郵送する

まず、エントリーシート(A4サイズ)が入る封筒を選びましょう。色は白が一般的です。配達時に雨などで濡れてしまうのを避ける為、書類はなるべくクリアファイルに入れておきましょう。

封筒の書き方

宛名は封筒の表側に縦書きで記載しましょう。企業の住所はもちろ んのこと、会社名や部署名、役職名(わかっている場合は個人名)も省略せずに書いておきます。また、会社や人事部など団体に送る場合は「御中」、担当者に送る場合は名前の後ろに「様」、役職の場合は「殿」と使い分けましょう。

また、封筒の左側に「エントリーシート在中」と赤字で明記しておくことが大切です。封筒の裏側には、封筒の継ぎ目の右側に自分の住所を、左側に学校名・学部名・学科名を記載します。投函した日付を左上に記入しておくのも忘れずに。封をしたら、〆印をしっかり書いておきましょう。

「添え状」をつけるのは常識のマナー

封筒にただエントリーシートを入れておくだけでは失礼に当たってしまいます。誰が誰宛に何を送付したのか、どんな目的かを知らせる意味で、添え状をきちんとつけておくことは、エントリーシートを郵送する際の大切なビジネスマナーです。

添え状の書き方

添え状には、次のようなことが書かれているとよいです。

  • 日付
  • 宛先(会社名や部署名など)
  • 自分の住所、氏名などの差出人情報
  • 「応募書類の送付について」などの題
  • 本文(「拝啓」などの頭語を使い、「敬具」で締めくくり)
  • 「記」、その下に「エントリーシート〇枚」
  • 「以上」で締めくくり

ただ、添え状不要の場合もあるので、企業側の指示をしっかりと確認しておきましょう。

「エントリーシート」を手渡しする場合

手渡しをする際の封筒の使い方は、郵送の時とは少し違ってきます。手渡しする際の注意点としては「名前を書いておく」こと。誰のエントリーシートかわかるよう、封筒には念のため自分の氏名や大学名を記載しておきましょう。

また、「クリアファイルに入れておく」こともおすすめします。

手渡しの場合、鞄に入れて持ち歩くことになるでしょう。中のエントリーシート自体にもいえることですが、折れ曲がったり濡れてしまったりすることのないよう、クリアファイルに入れましょう。

手渡しの場合は「封をしない」

郵送の場合は封をしておかなくてはなりませんが、手渡しの場合は別です。企業によってはエントリーシートを封筒から出して手渡しすることも多いので、封はしない方がスムーズです。

終わりに

いかかでしたか? 知らないことも多かったのではないでしょうか。初めてのことは誰でも不安ですよね。就活では封筒の使い方もしっかりチェックされています。企業にエントリーシートを送る前に、間違いのないようしっかり封筒の使い方を確認しておきましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)