IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一般事務の職務履歴書の書き方と例文|志望動機・自己PR・未経験

書類選考・ES

一般事務は安定した仕事と定時上がりが魅力的なことから人気のある職種です。しかし、あまりにも人気であるため、競争率が高く平凡な職務経歴書では採用担当の目には止まりづらいでしょう。一般事務の職務経歴書の書き方のコツから例文や使えるポイントをチェックしてみましょう。

更新日時:

一般事務の職務経歴書の書き方とコツ

一般事務は会社の縁の下の力持ちとも言われ、会社のあらゆる重要な部分をサポートしています。必ず必要になってくる職種であるため、新卒でも中途採用でも多くの企業が募集をしています。そして、定時上がりが多く、女性に人気があるため、競争率の高い職種の一つでもあります。 一般事務の職務経歴書を書き方としては、自分がまず事務職に向いているのかどうかを見極めることから職務経歴書を考えることが大切です。ただ「なんとなく一般事務職がやりたい」「事務職は楽そうだから」という生半可な気持ちの経験を持ったような職務経歴書では「じゃあ、うちでなくてもいいんじゃないの」と思われてしまいます。 そもそも一般事務は「誰でもできる」ということが就職でも選ばれるポイントです。特に別格に変わっていて、苦労もそれなりにしていて、常識も良識もあるごくごく普通に一般人であればほとんどの人は誰でもできてしまうからです。

一般事務の職務経歴書のコツを見極めよう

一般事務の職務経歴書の書き方のコツとしては『学生時代の経験において、事務職で活かせるであろう経験を書く』『その企業でしか実現できないこと、特徴を書く』ことがカギとなってきます。 一般事務職は多くの企業で募集していますから、当然やることは業種によっては違うものの、多くの場合は電話応対や来客対応、書類整理、各種書類作成、経理、郵送などやることはとても多く、人とのコミュニケーションが好きであることもアピールするぐらいの職務経歴書や志望動機が書けなければ、「事務職に興味があったから」という職務経歴書の情報としては、格段に弱いでしょう。

一般事務に向いている人、求められるスキル

一般事務に向いているといえるような人はまず、『性格的に明るくて、丁寧かつ親切心がある。人とのコミュニケーションが好きで人の役に立ちたい思いが強い』ということです。また、毎日同じことをコツコツとやり遂げる集中力や物事の進行など正確性が求められます。

一般事務に必要な資格

そして、一般事務では、日頃からパソコンでのデータ管理や社内と社外へ向けた文書の作成などを行うことから、パソコンが使えるスキルがあると就職では有利でしょう。多くの企業で一般事務の求人要項で多いのが「パソコンが使える人」なので、職務経歴書と一緒に書くのであれば、自己PRとしてWordやExcelなどの文書作成や表作成ソフトなどが使えれば、特に一般事務では歓迎されます。新卒の場合も、転職の場合も、一般事務で求められるようなパソコンのスキルは身につけておくと、資格欄や職務経歴書に自己PRと交えながら書くことが大切です。 一般事務にはこれといった国家資格などはありませんが、MOS(現在はトレーナー)や簿記検定1級、秘書検定など、取得しておいて職務経歴書のアピール材料となる資格はいくつかありますので、余裕があればぜひ取得しておいてもいいでしょう。

志望動機・自己PR・仕事内容の例文

一般事務の職務経歴書を考えるにあたって、あまりにも平凡な志望動機や職務経歴書ばかり思い浮かんでしまい、壁に当たってしまっていませんか。そんな人の為に職務経歴書で使えそうな志望動機や自己PR、仕事内容など例文をご用意いたしました。

一般事務の職務経歴書に書ける志望動機例文

『私は着実に仕事を続けたいと思っており、そして常に丁寧で正確なものを保つよう努めています。私はそれを利用することができるのが一般事務だと思っております。以前からPC上で文書作成や表作成などを行い、データの要約などをしていたので、Word・Excelなどの操作には慣れています。昨年にはMOTの試験に合格しております。これらのスキルを貴社の正確さの良い仕事を顧客に提供し、より良いものにしていきたいと考えております』

一般事務の職務経歴書に書ける自己PR例文

『私は、物事を整理しておくための具体的な正確性と強みがあります。一つ一つの仕事に対して、注意深く集中して作業を行うため、ケアレスミスなどの経験はほとんどありません。特にこれまで仕事をしていた経理担当の職員は、正確で素早く、丁寧で、スムーズな訪問者訪問、電話応答、文書作成を行うことができました。これらの経験を活かし、貴社の一つ一つの仕事に対する熱意に惹かれ、私も一緒に働きたいと思いました』

一般事務の職務経歴書に書ける仕事内容例文

『株式会社●●●☓☓ ●●課●●部 勤務年数:2005年8月10日~2007年10月11日まで勤務 担当していた仕事:受注書類の作成、電話応対、来客対応、経理など アピールしたいスキル:日頃よりパソコンを使用している為、タイピングのスピードには自信があります。書類作成や必要な書類などの作成が早く得意です。日商簿記検定1級もありますので、経理もできます。また、笑顔が良いと好評でしたので、すてきな笑顔でお客様と会社のために誠心誠意、頑張ります』

見本・フォーマットがダウンロードできるサイト

一般事務の職務経歴書を作成するにあたって、どのように書けばいいのかどんな書類を作成すればいいのか分からないという人も多いと思います。そこで便利に使いたいのがテンプレートやフォーマット、見本がダウンロードできる無料の職務経歴書のテンプレート配布サイトです。 これらを活用できれば、文書作成の参考にもなりますし、Wordのスキルも自然と身につくことができるでしょう。しかも、テンプレートはそのまま必要事項を入力すればいいので、企業に合わせた職務経歴書を作成して、自由に編集することが可能です。 誠心誠意こめた手書きでもいいのですが、手書きだと読みづらいうえにレイアウトが難しいため、基本的にはA4用紙に印刷して提出することがほとんどです。パソコンで職務経歴書を作成するメリットは、何よりも「私はパソコンを使えます」というアピールの材料にもなるからです。今の時代何でもデータで管理するようなものですので、必須条件的にパソコンができなければ、一般事務でやっていくことは難しいのです。 そういったことから、未経験の場合、パソコンでの文書作成の経験だと思って職務経歴書のフォーマットやテンプレートを使いながら覚えてみるのも一つの手です。いくつか無料で使えるサイトをご紹介させていただきますので、ぜひお役立て下さい。

一般事務の職務経歴書は比較的書きやすい

いかがでしたでしょうか?意外と業務内容が平凡なため、地味な仕事の一般事務ではありますが、それなりにコツコツとしたことが好きな人には向いている仕事なのではないでしょうか。また、安定性を求める人や定時に帰りたい、趣味に打ち込みたい、他にもやりたいことがあるという人には人気の職種なので、パソコンと基本的なコミュニケーション、正確性さえあれば、簡単になろうと思えばなれてしまうのが一般事務の転職がしやすい理由です。 ただ、常に募集しているところに関しては、離職率の高い会社とみてもいいでしょう。仕事が辛い、残業がある、育児休暇などがないなど女性にとって謙遜されるような会社では一般事務でもやっていくのはつらいと感じるかもしれません。こうしてみると一般事務の職務経歴書は比較的書きやすいのではないでしょうか。ぜひ、一般事務を希望する際は活用してみてください。

関連タグ

アクセスランキング