IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

2016年シティグループのインターン対策|倍率、選考方法など

インターンシップ

今回は「シティグループ」のインターンシップの内容を、倍率や選考の日程などを含めてお伝えします。2016年と2015年の情報も記載しているので、それ以降にご覧の方は、次回のインターンシップの選考対策として御覧ください。

更新日時:

「シティグループ」のインターンシップ対策:企業研究

「シティグループ」はどんな企業でしょうか。インターンシップ対策のスタートにあらましを捉えておきましょう。

米国「シティグループ」企業概要

「シティグループ」の発足は1998年、シティコープとトラベラーズグループの合併によって生まれました。商業銀行を母体とし、現在では投資銀行部門においても大手投資銀行を抑え度々トップの座についています。 ・企業名:シティグループ・インク Citigroup Inc. ・所在地:アメリカ合衆国 ニューヨーク州10043、ニューヨーク、パークアベニュー 399 ・代表者 :会長兼CEO Michael L. Corbat ・設立日 :1998年10月8日 ・事業内容:銀行業

日本における「シティグループ」企業概要

2007年に日本法人としてシティバンク銀行株式会社が営業を開始しました。2015年には個人向け銀行業務とクレジットカード業務から撤退したことは記憶に新しい変動です。現在は法人向け銀行、証券、投資銀行の各業務を展開しています。 シティバンク銀行の日本における歴史は、シティバンクの前身であるインターナショナル・バンキング・コーポレーションによる1902年の横浜支店開設にまで遡ります。当行は110年以上にわたり、政府機関、金融機関、国内外の企業および機関投資家を顧客とし、サービスを幅広く提供しています。拠点は本店のほか、東新宿、大阪、沖縄にあります。 ・企業名 :シティバンク銀行株式会社 ・所在地 :〒100-6520 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 新丸の内ビルディング ・電話番号 03-6897-5000 ・代表者 :代表取締役社長 アンソニー・ピー・デラ・ピエトラ・ジュニア ・取締役会長 田中 達郎 ・業務開始:2007年7月1日 (1902年10月 シティバンクの前身となるインターナショナル・バンキング・コーポレーション、横浜支店を開設) ・資本金 :1,231億円 ・従業員数:497人 (2016年3月31日現在) ・事業内容:法人向け銀行業務、貸出業務、トランザクション・バンキング業務、マーケッツ業務 シティグループ証券は、投資銀行業務、セールス&トレーディング業務、リサーチ業務を含む、広範な金融サービスを提供するトップクラスの法人向け投資銀行です。 ・企業名 :シティグループ証券株式会社 Citigroup Global Markets Japan Inc. ・所在地 :〒100-6520 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 新丸の内ビルディング ・電話番号 03-6270-5000 ・代表者 :代表取締役社長兼CEO ルーク・ランデル ・取締役会長 東 俊太郎 ・設立  :1999年2月(1902年 シティグループの前身となるインターナショナルバンキング・コーポレーション 横浜支店開設) ・資本金 :1,519億円(2015年6月26日現在) ・事業内容:投資銀行業務、セールス&トレーディング業務、リサーチ業務

「シティグループ」企業の特徴

日本における「シティグループ」は「シティグループ・ジャパン・ホールディングス株式会社」が統括しており、銀行業務、証券業務のほか消費者金融業務なども行っていますが、現在の募集会社としては上記2企業のグループ募集となり、サービスは次のようになっています。 ・シティバンク銀行: トランザクション・サービス(東京)/オペレーション(東京または沖縄) ・シティグループ証券:ミドルオフィス(東京)/業務本部(オペレーション)(東京または沖縄)

「シティグループ」のインターンシップ対策:実施内容を知る

「シティグループ証券」では国内大学・大学院を卒業予定の方を対象とした短期のサマージョブを毎年8月に実施します。 ・インターン1:投資銀行本部/資本市場本部 ・インターン2:調査本部 ・インターン3:セールス&トレーディング

2016年「シティグループ証券」のサマージョブの実施内容

・応募対象 国内大学・大学院を2019年までに卒業予定の方 ・応募方法 2016年度サマージョブの受付は、2016年5月頃開始を予定しております。 開始次第、シティグループ証券(株)オンライン・アプリケーションよりエントリーを行ってください。※1 サマージョブでは、会社全体の雰囲気や、投資銀行本部/資本市場本部、セールス&トレーディング、調査本部の特色などを体験、社員と交流の機会もあります。 2016年サマージョブについてはWeb上に登録フォームがあります。※2

2015年「シティグループ証券」のサマージョブの実施内容

会社全体の雰囲気や、セールス&トレーディング、投資銀行本部/資本市場本部、調査本部の特色などを体験できるだけでなく、社員との交流の機会もある充実の内容となっています。 ・応募対象 国内大学・大学院を2018年までに卒業予定の方 ・応募方法 6月下旬から7月上旬にサイトのマイページ上より 3部門「セールス・トレーディング」「調査本部」「投資銀行本部/資本市場本部」ともマイページにて応募する形になっています。 ・2015年「シティグループ証券」のサマージョブ採用日程 選考は6月下旬から7月下旬にかけて実施されます。 1.エントリーシート応募締切:2015年7月3日(金) 午前10:002.Webテスト 「調査本部」サマージョブはここまでになります。 3.個別面接 4.2時面接(GD) 5.メールにて結果通知(1週間以内) ・2015年「シティグループ証券」のサマージョブ勤務情報 「セールス・トレーディング」部門の実施内容です。 ・期間   第1回 :7月27日(月)-28日(火) 第2回:8月5日(水)-6日(木) 特別回 ・給与   なし。遠方者のみ、交通費・宿泊費が支給されます。 ・参加人数 各日程20名程度 ・実施場所 東京オフィス ・インターン内容 1日目は、講義とデスクローテーションがあり、社員の声をじっくりと聞く時間が設けられています。その後、決められた6人×5チームに分かれ、『日本の新しいランドマークを考えよ』 というテーマについてグループワークをします。 2日目は、午前中にトレーディングゲームをし、午後からパネルディスカッションと、1チーム20分のプレゼンテーション・10分の質疑応答を行い終了します。そして、発表後には懇親会が行われます。 「投資銀行本部/資本市場本部」実施内容です。 ・期間    第1回: 8月11日(火)-12日(水) 第2回:8月25日(火)-26日(水) ・給与   なし。遠方者のみ、交通費・宿泊費が支給されます。 ・参加人数 各日程25名程度 ・実施場所 東京オフィス ・インターン内容 1日目にインターンの簡単な説明と基礎的な講義を受けた後、某企業の財務情報や有価証券などの資料が渡され、それを読み込んで、その企業に対してM&A提案をするグループワークをする。 2日目にグループワークの結果をまとめ発表をする。 「調査本部」実施内容です。 ・期間   8月17日(月) 1Dayジョブになります。 ・給与   なし。遠方者のみ、交通費・宿泊費が支給されます。 ・参加人数 80名程度 ・実施場所 東京オフィス ・インターン内容 アナリストによるレクチャー、グループディスカッション、フィードバック

「シティグループ」のインターンシップ対策:採用対策

2日間のジョブに参加するためには面接が2回と、念のいった選考があります。参加動機をしっかり伝えるほか、これまでの自己啓発の経験をしっかり語り、業界研究をして見識を持っておくことも必要になります。

インターンの倍率を知る

「シティグループ」サマージョブの倍率は、数字として公表されてはいませんが、外資金融を理解する貴重な機会であり、志望学生は多いと考えられます。

ES対策

まずはエントリーシートにて志望意欲を示しましょう。過去にはアベノミクスについて英語で見解を求める質問もありましたから、実際の経済問題について考えておきましょう。 以下は2015年サマージョブ(投資銀行部門)のES設問です。 1.サマージョブ参加を希望する理由を教えてください。(日本語400文字以下) 2.これまで最も力を入れて取り組んだこと、そしてそこから得たこと・学んだことを教えてください。(日本語400文字以下)

面接/ディスカッション対策

投資銀行の専門用語や業務内容のような基本的な金融知識が問われる面接になります。英語での質問もありますからスピーキング力が必要となります。 過去の選考内容は次のようになります。 「セールス・トレーディング」部門 ・グループ面接であり、所要時間は30分前後、社員の数は2人、学生の数は5人です。 ・自己紹介、志望理由や自分の強み、学生時代に頑張ったことなどを質問されます。また、最後には一人一問聞ける逆質問の時間があります。 「投資銀行本部/資本市場本部」 ・社員の数は2人、学生の数は4~5人、所要時間は30分前後です。 ・英語による自己紹介/2ヶ月でTOEIC満点を取るために何をするか/シティの投資銀行部門の弱いところは?・/投資銀行で活かせる自分の強みは? 「投資銀行本部/資本市場本部」グループディスカッション 1次選考の後、グループディスカッションに進みます。以下は2015年「投資銀行本部」のGDの模様です。 ・面接官2名、学生5名、所要時間約40分 ・GDのテーマ:今後なくなる産業は?その理由は? ・資料なしのGD 2分の発表を含め、全体30分のディスカッションです。面接官は質問しません。

「シティグループ」のインターンシップ対策で重要なのは、基本的知識と建設的意見

面接やグループディスカッションでは、現在の経済状況に即した具体的なテーマについて問われます。強い志望意欲はもちろんですが、専門知識を活かした深い考察も必要となりますから、しっかり準備しておきましょう。

おわりに

「シティグループ」のインターンシップで必要な対策について述べてきましたが、いかがでしたか?これからは先進国だけでなく新興国が世界経済を牽引しようと次々参入してくる時代です。広い地域をカバーする「シティグループ」のインターンにぜひチャレンジして、あなたのスキルを磨いてくださいね。 [参考資料]

面接官が使ってる評価シートをプレゼント!

インターンシップの選考や、終活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 上記2つがわかる資料をこちらに用意しました。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。無料でダウンロードできます。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)