IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験でゲームプランナーになる方法|求人サイトと未経験の就職事情

転職事情

未経験だけどゲームプランナーになりたい、ゲーム好きでこう思っている人は少なくないと思います。しかし、ゲーム業界はやはり、経験がある人が有利と言われる世界。未経験の人には遠い世界なのでしょうか。今回は未経験がゲームプランナーになれるかを解説していきましょう。

更新日時:

ゲームプランナーの求人で経験者が求められる理由

ゲームプランナー経験者の最大の強みは、「制作したゲームの功績をアピールできる」ことにあります。目に見える実績がある事はもちろんですが、例えヒット作がなくても、制作の流れを実務で経験していること、つまり仕事の流れを知っているという事そのものがが、大きなプラス評価のポイントとなります。 最近ではオンラインゲームやアプリゲーム市場の活性化により、ゲーム事業をスタートさせる会社が増えています。しかし、ゲームの制作は専門性が高く、社内の人間だけでは、どのように作っていいかが分からない部分が多いため、ゲーム制作のノウハウを蓄積させた経験者が重宝される傾向にあるのです。

未経験者でもアピールポイントはある

では、未経験者はどうやって採用担当者にアピールすればいいでしょうか。今回はそういった部分で、志望動機として使えるポイントを紹介します。これらはこの業界の未経験者でも持ち得るものです。

企画力

最近爆発的に増えているオンラインゲームやゲームアプリは基本的に、無料で始めたユーザーが継続してプレイし、課金することで収益になります。なので、ユーザーがゲームを始めても、すぐに飽きられ、離れてしまうようでは利益になりません。 継続的に利用してもらうためには、思わず課金したくなるようなフレッシュなおもしろさを常に生み出す企画力が必要です。

マネジメント力

ゲーム開発は、多くの人間が携わり、ゲームの完成という目標に向かって動きます。チームワークがなければ、作業は前に進みません。個性の強いクリエイター達をまとめ、モチベーションの維持や作業の進行を管理する力は、ゲームプランナーの大切なスキルの一つと言えるでしょう。

柔軟性

ゲーム開発では、突如としてクライアントの無茶な要望や仕様変更などを要求されるなど、想定外の事態がよくあります。その際、いかに最善だと思う手を尽くせるか、ということが重要です。経験は大切ですが、それまでのやり方にとらわれてしまうと視野が狭くなり、打開策は見えてこない場合があります。時には周囲の人間と強力し合い、他メンバーの意見を聞き入れる柔軟性が必要なのです。

論理的思考力

新しいゲーム企画のプレゼンにおいて「この部分がおもしろい!」と主観的、感覚的な説明で力説したとして、会議に参加している他のメンバーには、その面白さは全く伝わらないでしょう。その「おもしろさ」のポイントを、みんなが理解し、納得できるような形で論理を立て、説明できるスキルが求められます。

未経験だってゲームが作りたい、という熱意

ゲームプランナーを募集しているほぼすべての会社は、「ゲーム制作に対して熱意のある人」を募集しています。これは、他業種ではなかなか見られない、いわばゲーム業界ならではの特性と言えるでしょう。 また、未経験者がゲームプランナーに応募する際、オリジナルゲームの企画書を提出する場合があります。採用担当者は、その企画書の内容から、応募者のゲームに対する「熱意」を見るのです。ですから、企画書では内容はもちろんですが、「いかにゲーム制作に携わりたいか」が伝わるような書き方を心がけてみましょう。 ここで気を付けたいのは、志望動機にその「熱意」を盛り込んでしまうことです。ゲーム制作会社に応募するのは、ゲーム好きな人がほとんどです。志望動機としてゲームに対する熱意をアピールしても、採用担当者の印象には残りません。 そこで、他の応募者と差別化させるため、志望動機には「ゲームを好きな理由」を論理的に説明し、その会社でやりたいことを具体的に盛り込みましょう。「熱意」は企画書全体を通して、アピールするような、そんなイメージが良いと思われます。 こうすることで、ゲームプランナーに求められる論理的思考力と熱意を伝えられるだけでなく、採用担当者の心をつかむ可能性が高くなります。

未経験のゲームプランナーの求人に強いサイト

日々ゲームが増え、多くの会社がゲーム開発に着手していくなか、経験者だけでは人数が足りなくなっているのが現状、未経験を募集する求人は日々増えています。その為、意外にも思えますが、そういった業界専用の求人サイトも存在します。

ゲーム開発・企画転職ナビ

マイナビクリエイター

未経験のゲームプランナーの就職事情

最近ではアプリゲームやオンラインゲームの普及により、新たにゲーム事業をスタートさせる会社が増えていますが、その求人の多くは経験者向けとなります。 この業界においてはやはり経験者が有利です。業界は常に「出来る人」を欲していますから、未経験の就職率は厳しく、たとえ未経験募集と書かれていても、その隣に経験者歓迎と書かれていれば、その競争率はぐんと上がります。未経験者(もちろん経験者もですが)は求人には敏感に、アンテナを張り巡らせておく必要があるでしょう。 また、例え就職できたとしても、ゲームプランナー自体に要求される仕事は多岐に渡り、激務です。故に、未経験募集に入れたはいいが、それに耐えられず、やめてしまった、という方が大勢います。なので、この業界に飛び込む人は「ゲームが好き」なだけではなく「ゲームを作る事が好き」でなければなりません、でなければ、モチベーションが上がらず、潰れてしまうでしょう。 また、多くはありませんが、アルバイトでゲームプランナーを募集している会社もあります、そこで仕事を覚えて、その会社で正社員を目指すか、その技術を他で活かす、という選択肢もあるでしょう。なお、これは正社員や派遣にもいえる事で、就職先で経験を積み、独立して会社や、個人でゲームを作ったり、自分の作りたいゲームを作れそうなゲーム会社に転職、というのは、珍しい話ではありません。

トレンドをキャッチしてゲームプランナーになろう

パソコンやスマートフォンの普及などで、気軽にゲームができる環境になり、ゲーム人口は圧倒的に増えました。これによりゲーム開発市場は活性化、さまざまなジャンルで新しいゲームがどんどん開発され、世に出ています。 しかし、それだけ、多くの人を取り込めるかの競争がますます激しくなっているのが実情です。いかに市場のニーズに応え、魅力的で人気のあるゲームを作り出すことができるかが、ゲームプランナーに求められているでしょう。 1つの作品を作り上げるやりがいや楽しさはありますが、それなりの実績を残すことができない場合は、ゲームプランナーとしての安定性や将来性は保証されません。多くの人に楽しんでもらえる企画が浮かぶよう、常にアンテナを張って、情報やトレンドをキャッチしていくことが大切になります。未経験でゲームプランナーになるなら尚更必要なことです。 これらトレンドをキャッチし、みんなに求められるゲームを作れるようなゲームプランナーになりましょう。

関連タグ

アクセスランキング