IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

システムエンジニア・プログラマー・ネットワークエンジニアの将来性

就活

近年、コンピューターの急速な普及に伴い、システムエンジニアなどの需要が高まっています。そのため、システムエンジニアなどの将来性は高いと言われていますが、本当はどうなんでしょうか。この記事では、そんなシステムエンジニアなどの将来性について書いていきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

システムエンジニアの将来性

みなさんはシステムエンジニアの将来性について考えたことはありますか。中には、「そもそもシステムエンジニアとはどのような職業なの?」と思っている方もいると思います。また、「システムエンジニアになるには何をしたらいいの?」や「システムエンジニアの年収や採用状況、将来性はどうなの?」などの疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。これから、これらについて説明していくので、参考になれば幸いです。

システムエンジニアとは?

「そもそもシステムエンジニアってなに?」と思っている方ももいらっしゃると思うので、簡単にシステムエンジニアについて説明します。システムエンジニアの仕事は、システムの設計や開発、システム稼働後の保守や改善です。 システム稼働後の保守とは、稼働しているシステムの使い方の質問や不具合の問い合わせなどをされるユーザーの対応にあたる仕事のことです。具体的な仕事内容としては、クライアントの実現したいシステムの打ち合わせを行い、システムの全体像を記載した仕様書という書類を作成して、そのシステムの基本・詳細設計を行うなどがあります。システムエンジニアはIT企業のなかでも将来性がある職業です。

システムエンジニアの採用状況

コンピューター技術が必須となってきているIT社会で、システムエンジニアの需要はとても大きく、将来性もあるといえるでしょう。しかし、システムエンジニアなどのソフトウェアを開発する技術者は経験がとても重要で、若い技術者の育成に時間がかかってしまいます。ですので、規模が大きいソフトウェア開発では、そのプロジェクトを任せられる高い知識や技術を持った人の人数が不足している傾向にあります。IT業界全体を見てもシステムエンジニアは不足しているので、システムエンジニアの募集は多く、転職も他の職業と比べしやすい状況になっています。 また、この先ますますIT関連の分野は発展していき、それに比例して、コンピューターのOSやアプリケーションのソフトウェア開発も必要になってきます。ですから、システムエンジニアの需要や将来性はこの先も上がっていくでしょう。今もこの先もシステムエンジニアの将来性はとても高いと言えます。

システムエンジニアになるには

システムエンジニアになるは、コンピューターやネットワーク関連の専門的知識に加え、プログラミング技術が必要になってきます。そのため、そのスキルを学ぶために情報系の専門学校や短大、大学の情報学部などの卒業が必須です。 プログラミング技術に関しては、C言語をマスターするのがいいと思います。C言語は他のプログラミング言語の基本になっているので、C言語以外のプログラミング言語の習得がとても楽になります。 また、クライアントとの打ち合わせなどでは、コミュニケーション能力がとても必要になってきます。コミュニケーション能力がなければ、クライアントが望んでいるシステムを作り上げることは難しいでしょう。

システムエンジニアのキャリア・年収

システムエンジニアのキャリアパスには大きく分けて、「プロジェクトマネージャー」「ITコンサルタント」「社内SE」「プログラマー」の4つがあります。この中でさらに、コミュニケーション能力が重要視される「プロジェクトマネージャー」「ITコンサルタント」と、システムエンジニアとしての経験や技術が重要視される「社内SE」「プログラマー」の2つに分けることができます。 プロジェクトマネージャーとは、名前の通りプロジェクトを管理する仕事で、プロジェクトメンバーの選定や、顧客とのコミュニケーション、費用や納期の管理などを行う仕事です。直接システムに関わることはなくなりますが、システムエンジニアでの経験が、プロジェクト内で問題が発生したときに役に立ちます。 ITコンサルタントとは、専門知識や技術を用いて、顧客のニーズに対応していく仕事です。専門知識や技術よりも、コミュニケーションが重要な仕事です。 社内SEとは、その会社のネットワーク環境やシステムの開発・構築・運用などをする仕事です。この仕事は、縁の下の力持ち的な存在で、陰から会社を支えています。自社内の問題や課題を、経営的視点から解決に導きます。 プログラマーは、している仕事の内容はシステムエンジニアの時のほとんど変わりません。システムエンジニアやITコンサルタントは自、分が直接システム開発に関わることは少なくなってしまいます。ですので、本当にプログラミングが好きな人にはこの仕事を選ぶのもいいかもしれません。 また、プログラマーの平均年収は約550万円前後で、平均月収は約40万です。専門的な仕事にもかかわらず、あまり報われていない金額でしょう。

システムエンジニアの将来性

この先、IoT(Internet of Things)という身の回りのさまざまなものがインターネットにつながっていく仕組みなどが広がっていくので、システムエンジニアの需要はますます高くなっていき、将来性も上がっていくでしょう。 今ではコンピューターを使わない企業などないくらい、コンピューターは普及しているので、それに比例してソフトウェアやシステム、アプリケーションもたくさん利用されています。ソフトウェアやシステム、アプリケーションは使い方を覚えるだけでなく、定期的なメンテナスやセキュリティーの強化などを行っていかなければならず、それらを行うには専門的な知識が必要になってきます。ですので、システムエンジニアが求められるのです。この先もシステムエンジニアはますます欠かせない職業となっていくので、将来性は大変高いと考えられます。

プログラマーの将来性

みなさんもプログラマーという名前はよく耳にすると思いますが、プログラマーの将来性について考えたことはありますか。プログラマーの仕事内容はご存知の方も多いと思いますが、改めてプログラマーとはどんな仕事なのかを簡単に説明したあとに、採用状況や将来性などについて書いこうと思います。

プログラマーとは?

プログラマーの仕事は、プログラム言語などを用いてプログラミングし、いろいろなシステムやソフトウェア、アプリケーションなどを開発する人たちのことです。現在では、企業が使っているシステムや、私たちが使っているアプリケーションなどプログラマーの方が作ったものはたくさんあります。そういったシステムなどは今後も発展していくと考えられるので、プログラマーも将来性が高い職業の一つです。また、一般的にシステムエンジニアが設計したものを、プログラマーが開発するような流れになっています。システムエンジニアが開発に加わることもあります。

プログラマーの採用状況

プログラマーはIT業界の中を見ても将来性が高いので、安定した需要をもっています。また、ITの進歩により、システムは多様化していき、それにあわせてニーズの幅も広がっていきます。そのため、これからもプログラマーの需要が大きく減ることはない思います。それだけでなく、今やプログラマーはIT業界だけではなく、多岐にわたる場所で活躍することができる将来性を買われた職業です。 今のところ、若い世代のIT企業への就職は活発です。しかし、IT業界の技術者の採用は経験や実績、スキルなどが重視されるため、未経験の方の採用は難しいものがあります。実際に経験者のほうが採用される傾向にあります。やはりどの企業でも、即戦力になるひとを雇うことは当然のことです。一方で、最近はプログラマーの人手不足が顕著に表れているので、未経験者でも、若くてやる気があれば、採用される可能性は十分あります。若者のひらめきや発想が生かせる仕事でもあるので、会社側が未経の若者を育てる傾向があるのも事実です。

プログラマーになるには

以外にもプログラマーになるのに資格などは必要ありません。やる気さえあれば、だれでもなれる職業です。また、プログラマーというと理系の人を想像してしまいますが、実は、文系の人でもプログラマーになることはできるんです。さらに、プログラミング関連の学校を卒業していなくても問題はないようです。ですので、プログラマーになるのに必要なのは、やる気だけです。

プログラマーのキャリア・年収

プログラマーのキャリアアップにはいろいろな選択肢がありますが、大きく分けて3つに分けられます。その道を極める、つまり、プログラマーとして活躍し続ける選択と、システムエンジニアやプロジェクトマネージャなどの上流工程にキャリアアップする選択、現場を離れた部長などの管理職という選択です。 一つ目のプログラマーとして活躍し続けるという選択というのは、本当にプログラミングが好きで、生涯プログラマーでいたいなら、とてもやりがいのある仕事です。ただし、並大抵の技術では意味がなく、超人レベルの技術を身に付けなければいけません。 二つ目のシステムエンジニアやプロジェクトマネージャなどの上流工程にキャリアアップする選択というのは、プログラマーのなかでも王道の選択で、プログラマーの年収よりも高いシステムエンジニアやプロジェクトマネージャなどにキャリアアップするのは良い選択と言えます。 三つ目の現場を離れた部長などの管理職という選択というのは、今まで培ってきたスキルとは別にマネジメントスキルが必要になってきます。 また、プログラマーの平均年収は約350万~500万円で、平均月収は約30万~40万円です。他の職業と比べてみても、大きな大差はないと思います。

プログラマーの将来性

今のところ、プログラマーの需要は大変大きく将来性も高いです。この先も、この需要や将来性が大きく減少することはないでしょう。それどころか、さらにプログラマーの需要や将来性が大きくなるかもしれません。これからもIT関連の企業はますます発展していくと思います。その発展にはプログラマーの力が必要です。なので、プログラマーはより将来性を買われ、重要な役割を持つ職業になっていくでしょう。

ネットワークエンジニアの将来性

みなさんはネットワークエンジニアの将来性について考えたことはありますか。ネットワークエンジニアの将来性は高いと言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか。ご存知の方もいると思いますが、改めてネットワークエンジニアについて簡単に紹介したあと、将来性について書いていこうと思います。

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアとは、簡単に言えばネットワークシステム作るエンジニアのことで、IT企業のなかでも将来性が高い職業のひとつです。今私たちが使っているスマートフォンやパソコンなどの、ネットワーク環境を作っているのが、ネットワークエンジニアです。。ちなみに、WindowsやLinuxなどのサーバーを作る技術者は「サーバーエンジニア」と呼ばれています。 ネットワークエンジニアの仕事内容は、システムエンジニアと同じような形で、ネットワークシステムの設計、構築、保守、運用の4つに分けることができます。「設計」では、ネットワークシステムの理論を組み立てます。「構築」では、その理論を使って実際にネットワークシステムを構築します。「保守」では、機器に障害などが発生した場合などの対応します。「運用」では、ネットワークシステム構築後の変更や増設などを行っています。 システムエンジニアはプログラミング言語を使ってコンピューターシステムを作るのに対し、ネットワークエンジニアはネットワークシステムを作り上げます。

ネットワークエンジニアの採用状況

他の二つと同じようにネットワークエンジニアも、IT業界では将来性は高く、安定した立ち位置にいます。ネットワークエンジニアも経験豊富でコミュニケーション能力が高い人材が優遇される傾向にありますが、人手不足でもあるので、未経験の方でも採用される可能性は十分あるといえます。 しかし、ネットワークエンジニアといっても仕事の種類はさまざまで、「運用」や「保守」などの下流工程から、「設計」や「構築」といった上流工程、営業的な仕事など多岐にわたるので、それぞれで必要な知識や技術は違ってきます。ほとんどの場合未経験の方は下流工程からスタートします。上流工程と違い、下流工程には地味な作業がありますが、そういった下積み時代の経験やスキルが重要になってくる職業でもあります。

ネットワークエンジニアになるには

ネットワークエンジニアは他の職業と違い、働きながら専門的な知識や技術を学んでいき、キャリアを積み上げていきます。。そのため、必ずしも資格などが必要になるわけではなく、未経験でもなることができます。しかし、資格という客観的に評価できる材料を持っていることで、他の人と差別化できます。また、どの企業でもそうですが、コミュニケーション能力は必要です。ネットワークエンジニアの仕事は、意見を交換しながら仕事を進めていくことが多いため、コミュニケーション能力はとても大事になってきます。

ネットワークエンジニアのキャリア・年収

ネットワークエンジニアのキャリアの最初は「運用」「保守」などの下流工程からスタートします。そこから、「設計」や「構築」といった上流工程の仕事にキャリアアップします。上流工程まで進むことができれば、自ら提案などをすることも可能です。 上流工程の主なキャリアパスの一つとして、プロジェクトマネージャーがあります。プロジェクトマネージャーは、複数のプロジェクトの管理を同時に行うこともあるため、非常に高い能力を必要とします。チームをまとめ上げるリーダーシップはもちろんのこと、プロジェクト内で起こった問題を、今までの経験や知識を使って解決する能力も必要になります。 また、ネットワークエンジニアの平均年収は約600~700万で、月収は約40万です。こちらも他の職業と比べ、年収に大きな差はありません。

高まるネットワークエンジニアの需要と活躍の場

ネットワークエンジニアの将来性や需要は、システムエンジニアやプログラマーのように、この先も高まっていくでしょう。この先、科学技術の発展はますます進んでいき、新しいネットワークシステムやネットワーク機器などが開発されていくでしょう。また、従来のネットワークシステムの運用や保守などの管理作業も続いていくので、ネットワークエンジニアの将来性や需要はさらに上がり、活躍の幅もより広がっていくでしょう。

需要が増していくエンジニア職

ここまで、システムエンジニア・プログラマー・ネットワークエンジニアについてご紹介してきました。どの職を見ても将来性があることがわかりました。 これから増していくエンジニア需要に向けて、エンジニア職を志望してみてはいかがでしょうか。

おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」

良質な求人情報が期待できそうな、エンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェントランキング形式でご紹介します。 IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを中心にまとめていますので、転職を検討しているエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング