クリエイター志望の学生必見!新卒就活サービス「ViViViT」の使い方

就活サイト

クリエイター志望の就活生の皆さん、筆者の前回の記事『 新卒就活サービス「ViViViT」の特徴、評判』をお読みくださったでしょうか?まだ読んでいない方はぜひお読みになって、「ViViViT」がいかなるサービスであるかを確かめてみてくださいね。

更新日時:

「ViViViT」は実力を問う

「ViViViT」を利用する前に、一つ注意点があります。「ViViViT」はクリエイターへのサービス、次世代を創っていく方へのサービスだけあって、モダンブラウザ(GoogleChrome,Firefox,Safari,IE9以上)の使用を推奨しています。もし古いブラウザですと、ページが正しく表示されない恐れがありますので、これを機に、新しいブラウザへ乗り換えるか、アップグレードすることをおすすめします。 それでは「ViViViT」ホームページにアクセスします。GoogleやYahoo!といった検索エンジンを使い、”ViViViT”で検索してください。

会員登録

ホームページに入れましたか?そうしましたら、次の課題は会員登録です。「ViViViT」のサービスを受けるためには、会員登録が必須となります。無料でアカウントを作ることができますので、安心してください。 会員登録の方法ですが、トップページの”ViViViTをはじめる”という水色のボタンを押し、facebookかメールアドレスで登録します。どちらも信用に値するものなので、そこは自分の好みで選びましょう。

基本情報の入力

アカウントを作成できたら、自分がどのような就活生なのかという情報を入力します。学歴などの欄もありますが、自分で必要ないと思った箇所は入力しなくても大丈夫です。あくまでポートフォリオがメインですから、基本情報はそこまで重要ではありません。しかし最低限、希望する職種や勤務地は入力しておいたほうがいいでしょう。

ポートフォリオのアップロード

なによりも、ポートフォリオを充実させることが重要です。これがなければ企業はあなたに見向きもしてくれませんし、ひいては「ViViViT」を使う意味もなくなってしまいます。ポートフォリオは企業の採用担当者にだけ公開されるため、盗作などの心配はありません。 アップロードの仕方は、次の通りです。マイページ上部の”ポートフォリオをつくる”からポートフォリオのアップロードが可能です。たったこれだけで、あなたの素晴らしい才能を企業に示すことができるのです。

企業と連絡をとる

回数制限はありますが、企業を探して自分から売り込むこともできます。ですが、基本的にはポートフォリオにビビビッときた企業からの連絡を待ち、自分の判断でそれを承認することになります。 自分と企業が互いに連絡をとり合うことを諾としたら、チャットでざっくばらんな会話が始まります。エントリーを申し込むのも良し、選考の相談をするのも良し、自分からどんどん話しかけましょう。一方で、企業の話しに応えることもおろそかにしてはいけませんよ。

その他

「ViViViT」を利用するうえで少し便利なものをまとめてみました。おおまかに、3つあります。 1.スキルシート 通常の逆求人や面接のように、プログラミングのスキルやデザインのスキル、成功談や失敗談を企業にアピールして関心をさそうのも良いです 。しかしサブにすぎないので、ここに力を注ぎ過ぎてはいけません。その時間はポートフォリオ作成に使いましょう。 2.知る 「はたらくビビビット」 でクリエイター業界の情報を得られます。 3.イベント 独自のイベントを開催しています。最近は「ポートフォリオ展」が催されていました。学生同士でつながることも、企業の人と会うこともできて今後の役に立つに違いありません。今後も開催されるようですので、こまめにお知らせをチェックしましょう。

おわりに

いかがでしたか?「ViViViT」においては、とにかくポートフォリオに注心するべきです。忙しいとは存じますが、もし「ViViViT」を中心に就職活動をするのならば、作品をつくってください。本気は作品から企業に伝わるはずです。 皆さんのご成功をお祈りしております。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)