IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

医療機器業界への転職方法|志望動機の書き方と例文・サイト

更新日:2020年08月14日

業界・企業研究

医療機器業界は今後の成長も期待できる業界ですね、ここでは医療機器業界への転職(仕事内容、職種、平均年収・給与など)、未経験から医療機器業界へ転職する方法、医療機器業界へ転職する際の志望動機、医療機器業界に強い転職エージェントなどについてお話いたします。

医療機器業界とは

業務内容

医療機器製造企業とは、MRIや歩調製造企業、人工透析装置、大型医療機器から、包帯、注射器などの消耗品まで、多くの医療製品を製造し、販売する企業です。医療機器製造企業の、医療機関やクリニック、健診センターなどの医療機関となっており、医師や臨床検査技師、看護師に、自社製品や提供されるサービスの提案セールスを行います。

医療現場で使用する機器の製造・販売をする

医療機器製造企業とは、MRIや歩調製造企業、人工透析装置、大型医療機器から、包帯、注射器などの消耗品まで、多くの医療製品を製造し、販売する企業です。医療機器という製品を取り扱い、医療機関であることがポイントです。医療機器は医薬品と並んで医療を支えるポイントなアイテムとなっており、50万~60万品目にもおよびます。このような理由で、医療機器製造企業は得意なエリアがあり、その領域の製品開発しています。

外資系企業も多い

医療機器製造企業は、国内の企業もたくさんある一方、外国資本とする企業も多く存在しています。外国資本とする製造企業のケース、製造や開発は海外で行われているケースが多く、海外とやりとりのため、日系企業と働き方、会社の風土が異なります。 医療機器製造企業が海外へ進出するケースも増えています。世界で見られるケースに拡大が続いており、海外製造企業は大きな売上高な企業が多いです。

外資系医療機器業界の特徴

日本での市場は成長市場であるため、転職採用要求が高い

外国資本とする医療機器製造企業は、超高齢化社会を目前とした日本での市場を成長市場と考え、日本での市場への参入を行っています。日本人の転職採用要求も他の業界と比較して高いので、じっくりと転職活動を行うことが可能です。医療機器市場は景気変動の影響を受けにくいので、外国資本とする企業にあるような、解雇リスクは低いと言えます。

医療機器業界が未経験でも転職できる

成果主義を採る外国資本とする企業では、即戦力転職採用傾向が強く、同業界で実時の業務経験の豊富な人材を高く評価されます。外国資本とする医療機器業界では、転職採用要求が安定的に高いので、セールス・マーケティング職は、業界経験の無い者でも転職採用の門戸が開かれています。他業界からの転職でも、実時の業務経験、実施の経験がチェックされます、主張点を用意する必要があります。

ビジネス⇔ビジネス、個人⇔ビジネス部門を持つ医療機器製造企業も

医療機器製造企業と言えば、ビジネス~ビジネスのイメージのため、具体的な企業名が浮かばない方も多いです。医療機器製造企業には、ジョンソン・エンド・ジョンソンのようにビジネス~個人向けの製薬事業を持つ企業もあります。 社内転職制度などを利用し、ビジネス~ビジネス部門からビジネス~カスタマー部門に異動可能なため、いろいろなプランが可能です。

大規模でない外国資本とする医療機器製造企業が多くある

医療機器は、診療科目や疫病・ターゲットと身体的部位に応じて、求められる機能や素材が異なるので、医療機器業界は専門中小製造企業が存在します。汎用性の高い診断系機器には大きな製造企業が多く、専門性のある中小製造企業が存在します。

医療機器企業の業務種類

医療機器製造企業の業務は、セールス系、技術開発系、事務系があります。

次のページ:医療機器企業への転職
初回公開日:2017年05月17日

記載されている内容は2017年05月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング