就活サービスLink-iの使い方

就活サイト

就活サービスLink-iの使い方

更新日時:

shin7

こんにちは!イッカツマガジン編集部です!

4月になり、新年度が始まりました。4月1日は若々しいスーツを着た人たちが駅構内をせわしなく歩いていました。彼らは新入社員か就活生かの何れかだと思いますが、「就活」の結果と過程が入り混じっているなあと思いました。

新入社員を見て就活生の人たちのモチベーションは刺激されたと思います。しかしその一方で自分の方向性が不鮮明で、ぼんやりとした不安が積もった人もいたはずです。そんな人たちにぜひ使ってほしい就活サービスが「Link-i」です。

自分を創る「Link-i」の使い方

link-i

Link-iの使い方1:まずは会員登録

Link-iの使い方はまず、Link-iのホームページに行き、会員登録を行います。会員情報を入力後に規約に同意してください。そしてIDとパスワードを設定してください。この二つは自己管理をきちんと行ってください。

Link-iの使い方2:各情報を入力

詳細情報を入力します。

どこの就活サービスでも必須情報である「名前」「連絡先」「大学情報」を入力します。それ以外にスキルや経験の情報を入力をします。その詳細はゼミやサークルといった所属団体、語学スキル(英語以外の情報も入力できます。)海外滞在経験、TOEICスコア、保有している資格といったものです。

各情報を入力し終わったら「BRIDGE-i」という、Link-iが提供する独自開発した独自テストを受けます。これによって仕事で求められる力を、自身がどれくらい持っているのかを数値化することができ、客観的に自分の能力を知ることができます。

設問は80問あり、およそ10分から15分ほどで完了します。

Link-iの使い方3:会員登録終了のその後

情報を入力し、テストを受けてやっと会員登録が終了です。おおざっぱですが使い方の入力段階の流れはこんな感じです。

その後の使い方として、メールマガジンがLink-iから配信されます。それには各種講座・イベント情報、インターンシップ、セミナー等の案内、キャリア形成につながるアルバイトの紹介など、さまざまな情報があり、各講座に参加することが可能です。

Link-iの使い方4:講座やセミナーに参加してみる

Link-iの使い方は大手の就活サービスのような、サイトに登録し企業にエントリーするといったものではなく、「個の力」を高める多彩な講座やセミナーに参加し、キャリア面接を行うことまでが重要になります。

会員登録した際に受けた「BRIDGE-i」では「モチベーションタイプ」と「ポータブルスキル」で自己の特性を診断します。その結果を通知するだけではなく、Link-iが各個人に見合った講座やセミナー、インターシップといった各々のキャリア形成を作る機会を提供しながら、キャリア面接を行います。

企業紹介は行っているのですが、Link-iでは「個の力」を高め、キャリア形成を前提に考えています。そのため、プロのキャリアコンサルタントと共に自己理解を深め、自分自身が「この企業でよかった」と納得できる企業を結びつけることが出来るようにサポートを行ってくれます。

おわりに

就活サービス「Link-i」は、経営コンサルタント企業として名高い株式会社リンクアンドモチベーションが提供している就活サービスで、高品質な講座やセミナー、キャリア面接が会員登録した大学生ならすべて無料で利用できます。

まずはLink-iに登録をして、独自テストを受けてはみてはいかがでしょうか?思い込んでいた自分とは違う自分に気が付き、幅広い就活が出来るかもしれません。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)