IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アパレル営業の仕事内容|転職・就職状況/給料/年収/志望動機/未経験

職種研究

憧れの職業でもある「アパレル営業」、アパレル営業に就職・転職したいと願う人も多いですよね。アパレル営業と一言で言っても、実際には様々な仕事内容があるんです。求められるスキルや、志望動機例文、収入面の事などご紹介して行きたいと思います。

更新日時:

アパレル業界を支えるアパレル営業

華やかな世界で、憧れる人の多いであろうアパレル業界中でも、重要ポジションになるアパレル営業です。ショップスタッフやデザイナーなどはどんな仕事をしているかイメージがつきやすいですが、営業職となると中々イメージをつけにくいという人も多いのではないでしょうか。 今回は、実際にアパレル営業の仕事内容や裏側についてご紹介して行きたいと思います。

実際のアパレル営業の仕事内容って?

アパレル営業という名前だけを聞いて、パッとこんな仕事と仕事内容を説明できる人は、実際に働いている人以外では少ないかもしれません。 実はアパレル営業というのは会社やブランドによって仕事内容が違い、アパレル営業の中でも更に分類化されているので認知度が低くなっています。その中でも代表的な営業の仕事をご紹介致します。

リテール営業・卸売り営業

営業と聞くと一番イメージしやすいのが、リテール営業や卸売り営業などでしょう。リテール営業は、百貨店などの小売りを中心とした営業で、ブランドの直営店のスタッフと、本社との懸け橋になったり、ブランドとテナントビルや商業施設との懸け橋になったりする仕事です。 イベントや、フェアなどを仕掛け、積極的に自社ブランドの売り込みを行っていくのもリテール営業の大切な仕事になります。卸売り営業は、その名の通り卸売り先への営業や、新商品のアピール、受注などを行います。ブランドによっては卸売り先の新規開拓なども行う仕事です。

企画営業

商品の企画から担当する企画営業は、その名の通り商品の企画や、商品仕入れなどを担当します。 素材の仕入れなども担当する為、仕事をしながらだんだんと覚えていく事もできるので比較的未経験者の募集が多い職種になります。デザイナーと共に、流通する商品の企画ができる仕事になるのでトレンドに敏感な方にぴったりです。

OEM・ODM営業

アパレル求人を見ていると、OEM・ODM営業という単語を見る機会が多いと思います。 OEM、ODM営業の求人とは、OEM営業は「Original Equipment Manufacturer」の略で、販売力に長けている会社と、生産力に長けている会社を繋ぐ企画営業・商談を行うのがOEM営業の仕事です。生地の特質や商品の仕組みなど細かい所まで知らなければ出来ない仕事です。 ODM営業は「Original Design Manufacturing」の略です。OEMに更にデザインが加わるので、より専門的な知識が必要になってくる職種です。 近年ではOEM、ODMと分けずどちらもできる人材を企業が求めている傾向にあります。工場などとの連携を取る、製品を売り場に並べるまでの重要なポジションとなってくるのはこのODM・OCM営業になってきます。

その他にも企業やブランドによって営業の仕事は異なります。

求人の多いアパレル営業について説明しましたが、アパレルの場合はブランドや企業によって展開方法が大きく異なるので、営業の仕事内容についても違ってきます。 ただ、どのアパレル営業もやり方次第でブランドを大きく動かしたり、会社を支える存在になるという重要なポジションになってきます。そういった事にやりがいを見いだせる人には向いている職種でしょう。 また、相手先との商談等も多いのでコミュニケーション力の高さが必要となります。

アパレル営業に必要なスキルって?

アパレル営業に必要なスキルとは何でしょうか。実際にアパレル営業として働いていくと必要になってくる様々なポイントが出てくると思いますが、まず第一に必要とされるのは、「コミュニケーション力」です。 アパレル営業に限らず、やはりコミュニケーション力というのは営業にとって必須要件。一度に沢山の取引先を相手に仕事をして行く事になるので、きちんと相手とのコミュニケーションをとれる人材でないと、なかなか務まらない仕事になってきます。 また大手のアパレルメーカーや外資系のメーカーになると、語学力も必要になってきます。大手アパレルメーカーなどでは海外の縫製工場で、製品を作っている所が多く英語や中国語が話せる人ほど強いとされる傾向にあります。大事な商談をする時、語学力が乏しいと商談以前の問題になってしまいます。きちんとした商談ができる程度の語学力が必須になってきます。 アパレル業界に限らず、他の業界の営業職にも共通して言える事にはなりますが、「聞き上手」な人の方が営業職に向いていると言えます。自分の意見ばかり押し付けず、きちんと相手の意見を聞き、相手の要望や意見を聞き出す事のできる人は営業先でも好印象を持ってもらいやすいのです。

アパレル営業への転職・就職事情

洋服というのは、必ず誰もが毎日着る物であり、日常生活になくてはならない身近な存在です。そんな洋服を生産するアパレル業界への転職を考えている人は少なくはありません。 商品の良さを伝えていく、アパレル営業にとって自社製品への知識は絶対必須になってきます。洋服や雑貨に対する知識が必要になってくる分服飾専門学校や服飾大学を卒業しそのままアパレル営業への就職が有利になってきます。 アパレル営業にとって製品が出来上がっていく過程や、その素材などの特質を知っているという事はとても大事な事になってくる為専門知識を持っている人の方が、受け入れやすい傾向にあります。

未経験だと就職・転職は難しい?

求人募集を見ていると、要件として「〇年以上の実務経験者」という言葉な並ぶ事の多い職種ではありますがもちろん未経験や転職では、アパレル営業になれないというわけではありません。 製品知識を身に付ける為、ショップスタッフとしてアパレル業界に入り、そこからアパレル営業を目指していくという道を選ぶ人も多いです。異業種からの転職の場合は、自身のコミュニケーション力の高さや、自分が面接をうけるブランドへの熱い思いをアピールすれば好印象へと繋がります。 どんより暗い人よりも、明るく笑顔で、ハキハキと喋れる人の方が営業向けなのは明確です。自分を客観的に見てアピールポイントを探しておきましょう。

アパレル営業の給料や年収は?

アパレル業界の給与や年収は、他業種と比べると平均よりもやや低めになっています。平均的にみると大体年収400万〜450万程が相場という事で、一般的なサラリーマンの年収600万前後に比べると、年収面では低いのが一目瞭然かと思います。 しかし、トレンドをいち早く知る事ができたり、全世界と繋がりを持つ事のできる職種である事から、やりがい重視の人にとってはぴったりの職種といえるでしょう。

アパレル営業になりたい人向けの志望動機例文

メリット、デメリットどちらもあるのがアパレル営業ですが、それでもやっぱりアパレル営業になりたい!という人の為に、志望動機例文をシーン別にご紹介しますので、参考にしてみてください。

新卒で就職したい人(服飾学校卒業者)

幼い頃からファッションに興味があり、将来はファッションに携わる仕事がしたいと考えていました。高校卒業後、専門的な知識を身に着けるため〇〇学校(具体的に学校名)へ進学し、〇年間洋服に関わる知識や技術を学びました。 そんな中で、アパレル営業という職種がある事を知り、調べていくうちに卒業後はアパレル営業につきたいと思うようになりました。未経験ではありますが、御社で学校では学ぶことの出来ない商品知識や、生産ラインの事なども学びながら、持ち前の明るさとコミュニケーション能力を生かして一人前のアパレル営業として活躍できる様、成長して行きたいです。

新卒で就職したい人(服飾学校外卒業者)

学生時代にアルバイトとして働いていた飲食店では、様々なお客様と接客を通してコミュニケーションをとる事の大切さを学びました。卒業後、自分が何をしたいのかと考えた時に以前から大好きだった洋服に携わる仕事がしたいと考えるようになりました。 日常会話程度の英語は身についているので、今後御社で営業として働かせて頂けるのであれば、更に語学力を上げ、御社を支えていける営業になれる様努力して行きたいと思っています。

販売員から営業職へ転職したい人

以前からアパレル販売員として働いており、充実した日々を過ごさせて頂いておりました。商品の素晴らしさをお客様にお伝えし、販売を通してコミュニケーションを取るアパレル販売での仕事は毎日やりがいに溢れ、私にとって貴重な経験であったと心から感じております。 販売員として働いていくうちに、営業の仕事をしてみたいと考える様になりました。販売員の経験から、コミュニケーションや商品の良さを伝える力には自信があります。今後はアパレル販売員として御社に貢献していける様に努力します。宜しくお願い致します。

他業種から転職したい人

以前働いていた会社では、〇〇職として〇年間勤務して来ました。その時の経験と、ファッションが大好きだという気持ちを仕事として生かせるのではないかと思い、ファッション営業での転職を志望致しました。 御社の企業理念である「〇〇〇〇」にも、深く感銘を受け御社の力になれる仕事をしたいと思っています。以前勤めていた職場でもその時々の状況に合わせ、辛い状況下でもその中に何か楽しみを見つけだし楽しんで仕事をする事ができるという事が自分の長所だと思います。

志望動機をアピールする時に、どんな場面でも必ず必要になってくるのは、コミュニケーション力のアピール。 営業職として必須要件になってくるのがコミュニケーション力なので、自身のコミュニケーション力の高さアピールして行きましょう。また、語学力や前職で培ったスキルなどがある方は積極的に志望動機に盛り込んでいきましょう。

アパレル営業になりたい

アパレル営業の仕事や、収入面、志望動機の例などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? アパレル営業の仕事といっても一言ではあらわせない程、いろいろな仕事がある事がわかっていただけたかと思います。 年収面では、他業種と比べた平均よりも低いものの、様々な面で活躍が出来、いち早くトレンドなども知れるというメリットは大きいので、やりがいを重視する人にはぴったりの職種になっています。 ファッションは世界共通という事で、日本だけでなく海外とも交流を持つ事が出来る仕事でもあります。これからアパレル営業へ転職を考えている人は是非、参考にして頂ければと思います。

アパレル業界に転職しよう!

未経験であっても学歴に自信がなくても、特別な資格がなくてもアパレル店員としてのキャリアをスタートさせることができます。その上、アパレル業界は福利厚生に関してもきちんと待遇されています。 年に2回の賞与や社会保険完備など、好きなことを仕事にしながらも保証がきちんとあれば安心です。

【販売スタッフに強い】ファッショーネ

【販売スタッフに強い】ファッショーネ

ファッショーネはアパレル・ファッション業界専門の求人情報サイトで、企業数は200社以上、非公開求人は1000件以上も用意されています。 「ONWARD」や「Dior」、「MARK STYLER」、「JOURNAL STANDARD」、「LIP SERVICE」、「ラルフローレン」、「snidel」、「theory」、「TOMORROWLAND」、「ユニクロ」、「GU」など幅広い年齢層とさまざまなファッションジャンルのブランドを取り扱っています。 求人情報の地域としては関東エリアが中心で、正社員の転職支援に力を入れています。こちらも、専任コンサルタントがつき、転職活動の些細な作業は代行してくれます。そして充実の転職支援サービスが無料で受ける事ができます。

【憧れのブランドで働ける!】クリーデンス

【憧れのブランドで働ける!】クリーデンス

クリーデンスは、「doda」や「an」、「サリダ」などと同じインテリジェンスグループの転職支援サイトです。デザイナーズ系、セレクト系、ラグジュアリー系などさまざまなジャンルの求人が豊富に取り揃えられています。 多彩なジャンルのブランド求人があります。 クリーデンスには東京本社と関西支社があり、クリーデンスの求人の対象となるのは関東・中部・関西となっています。「合格診断」という、憧れのブランドで働きたいけれど、合格の可能性はあるのか知りたい人や、自分の市場価値を客観的に見たい人のために診断してくれるサービスもあります。 もちろん無料で、キャリアアドバイザーなどのサービスを受けることが出来ます。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング