IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

残業が少ない業界ランキング・残業が少ない業界へ転職する方法

ビジネスマナー

日々残業に追いやられて家に帰って寝るだけの生活に嫌気がさしている方も多いと思います。もっと残業の少ない業界に転職した。でも、そんな会社あるのかなと悩む方も多いでしょう。今回は、残業の少ない業界についてご紹介していきます。

更新日時:

残業の少ない業界は店舗を構えて消費者向けにサービスを提供する業界

大手転職情報サイトdodaの残業の多い業界少ない業界ランキングによると、残業の少ない業界1位はスポーツやヘルスケア関連施設2位は薬局でした。また、上位10位以内には小売店や専門店、アパレル雑貨店などもそのランキングに入っています。 その理由としては、店舗を構えて消費者に向けてサービスを提供する業界は、店舗の営業時間が決まっており、始業から終業までの時間内にお店の立ち上げからお店の締めの時間までが終業時間に入っているため、残業が少ない業界となります。 しかし、その分土日も休みなく営業をするため、休日日数で見ると業界内ではかなり少ない部類に入ってしまいます。

残業が少なく休日日数も多い業界は医療機器メーカーの営業

残業も少ない休日日数も多い業界は、医療機器メーカーなどの営業になります。医療機器メーカーの営業の多くは、直行直帰型の勤務スタイルのため、就業時間も自体が非常に短く、営業先が病院であるため、暦通りに休みを取ることも可能であるため、残業も少なく休日日数も非常に多い業界になります。

残業が多い業界はメディア業界

残業が逆に多い業界は、広告代理店やECサイトや新聞、雑誌、テレビなどのメディア業界は、残業が非常に多いです。メディア業界は、常に膨大な量の最新の情報を取り込み、分刻みのスケジュールで発信しなければならないため、かなりタイトなスケジュールで働くことになります。 しかし、その分休日は他の業界に比べても多く取ることができるため、働くときはバリバリ働いて休む時はゆっくり休むというような、めりはりがついた働き方ができる業界ともいえます。

残業も多く休日日数も少ない業界はコンビニ業界

24時間年中無休で稼働していているコンビニ業界は、残業も非常に多く休日日数も非常に少ない業界です。一年中稼働しているため、従業員の拘束時間も伸びてしまうことも必定であり、最近では人手が非常に不足している業界であるため、コンビニ業界で働いている方の拘束時間と言うものは増える一方となっているといえます。

士業なども残業時間などで見ると少ない

また、残業時間でみると弁護士や公認会計士などの士業も基本的には残業時間は少ないで。しかし、これらの職種の場合は、独立開業している方も非常に多い業種であるため、そもそも残業と言う概念があまりないということから、残業時間が少ないかどうかは定かではないとも考えられます。

残業時間の少ない業界に入る方法

残業時間の少ない業界は、主に販売店や顧客に何かサービスを提供する業界になります。販売店の場合は未経験や資格なども特に所有していなくても働くことは可能であるため、その業界に興味があれば飛び込むことができます。 しかし、薬剤師やスポーツジムなどのような、専門的な知識が必要な場所の場合は、資格や経験がなければ少し難しいというのが現状です。そのため、残業の少ない業界に入りたいと考えるならば、販売店などが一番の近道ともいえます。

残業が少ないからと言っていいことづくめではない

残業時間の少ない業界として挙げられている、販売店や店舗を構えるサービス業。残業時間が少ないため、早く家に帰れると考えてしまう方も多いですが、実際のところを考えると、残念ながらそうではありません。例えば、アパレル店や雑貨店の場合、多くは7時に閉店してそこから締め作業などもあるため、実質の就業時間は8時ごろスポーツジムなども終了は9時や10時のため家に帰れる時間は更に遅くなります。 スポーツジムの場合は、シフト制で早番遅番などもあるため、比較的残業も少なく出勤時間は固定されます。また、アパレル店などの販売店も基本的に始業時間が早くないため、夜は少し変えるのが遅くなりますが、朝の出勤は多少ゆっくり出勤することができます。 そのため、残業はしなくても家に帰る時間は、前職と変わらない場合もあるため注意が必要になってきます。 また、販売店の場合は棚卸などもあるためその場合は長時間の残業を行わなければならないため、働いている間ずっと残業がないというわけでもないため注意が必要です。

早く家に帰れる業界は病院や薬局など

本当に残業も少なく、家にも早く変えることのできる業界は、病院や調剤薬局などが挙げられます。この二つの業界は、始業が8時ごろからで終業も18時か19時ごろで昼間は休みの時間も長いため、拘束時間は少し長いですが就業時間で見るとそこまで長くもなく、休みも基本的にはカレンダー通りで木曜なども午後休診で早く帰れる場合もあるため、残業が少ないところで働きたいと考えている方には、この二つの業界をお勧めします。 病院や薬局だと、薬剤師や看護師の資格が必要と思われがちですが、病院の場合は医療事務と言う働き方もあるため、看護師の資格がなくても医療事務の資格と事務経験があれば、働くことも可能です。そのため、薬局に比べると転職のハードルもすこし下がります。

早く帰れる職種としては事務職もお勧め

また、早く帰れる業種としては、事務職なども残業時間も少なく終業時間も遅くないため、お勧めの職種になります。基本的には、翻訳や貿易業務や事務職や秘書や受付などのアシスタント業務と言われる職種は、どこの業界でも残業も少なく定時で帰ることのできる業界と言われています。 そのため、9時5時アフターファイブを楽しむことのできる職種のため、アシスタント業務を目指して転職をすることも一つの手段です。

残業の少ない業界の転職サイト

残業の少ない業界を探すための転職サイトと言うものは、基本的にはありません。看護師や薬剤師のような専門職のための転職サイトは、多くあるためそれらの資格を有している方ならば、それらの転職サイトを参考に転職を進めていくことをお勧めします。しかし、医療事務や受付や一般事務職などに特化した転職サイトと言うものは今のところありません。 そのため、それらに転職を考えている場合は、求人数が多い大手の転職情報サイトに登録をして、そこから転職求人を探して転職を行うことが、一番の近道になります。

残業時間の少なさを重視するならば派遣という働き方も

残業時間の少なさを重視するならば、派遣社員としての働き方も、一つの手段です。派遣社員の事務職などであれば、基本的には定時出社定時退社も行いやすいため、派遣として働いていくという方法もあります。派遣として働く場合は、その分福利厚生などの安定性が少し落ちてしまいますが、ワークライフバランスを重視した働き方を考えている方の場合は、派遣社員としての働き方も、一つの手段として考えることができます。

残業時間の少ない業界の求人は少なくないが賃金はあまり高くない

残業時間の少ない業界として挙げられる、販売店やスポーツジムなどは、求人は少なくありませんが、賃金についても高いというわけではありません。残業時間の少ない業界で賃金が高い業界は、薬剤師や医療機器メーカーの営業や士業などが挙げられます。これらの業界は、専門性の強い業界でもあるため、賃金も基本的には高いです。 薬剤師や士業については資格も必要ですし、医療機器メーカーも未経験者で転職する場合は、難易度が高いですが、高い賃金で残業時間の少なさを目指すならば、医療機器メーカーへの転職が一番現実的と言えます。

仕事で何を重視るかはその人次第

仕事をする上でプライベートも仕事も両方充実させたいという方もいれば、仕事をバリバリやりたいというかたもいます。これについては、人それぞれの考え方であるため、どちらを重視するかもあなた次第です。しかし、何かを得るために何か妥協しなければならないことも少なくありません。 転職をする際に、残業時間の少ない業界に転職をしたと考える際には、残業時間はあまりないけど、休日が少ないことは大丈夫なのかや少し給料が少なくなるが問題はないのか等、考えて転職をすることをおすすめします。 現在、転職市場はかなり売り手市場で求人数も豊富のため、選択の幅はかなり広いです。そのため、きっとあなたが思う理想の会社に出会えるはずですよ。

関連タグ

アクセスランキング