IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【経験者・未経験】証券会社への転職|おすすめの転職先と資格とは

業界・企業研究

この記事では、証券会社への転職をテーマにいくつかのことを紹介していきます。未経験でも証券会社に転職することはできるのでしょうか。また、証券会社に転職するときに使える資格やおすすめの転職先、経験者は転職に有利なのかについても取り上げていきます。

更新日時:

★Mayonezおすすめの転職エージェント3選★
まず登録すべき転職エージェントはこちら⬇︎

1分でわかるこの記事の要約
  • 証券会社へ転職する上でまず取るべき資格は「外務員資格」
  • 未経験でも一定の資格や外国語のスキル、営業経験や金融系の業務の経験を求める場合が多い
  • 証券会社への転職なら「ビズリーチ」を活用しよう

「証券会社への転職」は難易度が高いイメージですよね。証券会社に転職するときに有利に使える資格やおすすめの転職先、そして未経験でも転職は可能なのか一度転職エージェントに相談してみましょう。 特に「ビズリーチ」はハイクラス向けのエージェントなので、証券会社への転職サポートとして活用することをおすすめします。

証券会社

「証券会社への転職」というテーマをもとに、証券会社とは一体どのような会社であるのかについてや、転職するために必要なことについて紹介していきます。 また、金融系の企業で働いていたことがない場合や、企業の金融部門での経験がないなど、金融系にまったくの未経験でも証券会社に転職することはできるのかどうかについても紹介していきます。 証券会社に転職するときに有利に使える資格やおすすめの転職先、そして、経験者は転職に有利なのかについても取り上げていきます。

証券会社とは

証券会社とは、有価証券の売買において、それを取り次いだり、引受したりする会社のことです。有価証券とは、株式や、債権などの金融商品のことです。 証券会社には、野村、大和、SMBC日興、三菱UFJ証券からなる五大証券と呼ばれる大手証券会社から、岡三、東海東京、SMBCフレンドで構成される準大手証券会社、準に中堅、中小と、証券会社は規模の大きさによって分類分けがされています。 近年ではインターネットを用いた取引を専門にするネット証券会社と呼ばれる証券会社もあります。例えば、SBI証券や、楽天証券、GMOクリック証券などが大手ネット証券会社として挙げられます。

証券会社へ転職した時の職種

大きく分けて4つのことが証券会社の仕事として挙げられます。それは、「ブローカー業務」「ディーラー業務」「アンダーライティング業務」「セリング業務」です。 「ブローカー業務」は、株式や債券を買いたい人と、売りたい人の注文を、取引所に伝えるという仕事です。取引の仲介をするという認識で大丈夫です。 証券会社は、そこで発生する手数料を収入源の一つとしています。「ディーラー業務」は、証券会社自身の資産で、証券の売買をするという業務です。 証券会社自身で取り引きをすることで、利益を挙げたり、取引に参加することで、投資家の売買を成立させやすくするという効果があります。 「アンダーライティング業務」は、企業から発行された株式を買い取り、それを一般の投資家に販売するという仕事です。「セリング業務」は、発行された株式を一時的に企業から預かり、それらを売れる人を探すという仕事です。

証券会社へ転職したときの職種にはいくつかのものがあります。証券会社には、主に営業業務、ディーラー業務、リサーチ業務の三つがあります。 営業業務のうち、金融商品を一般の投資家、個人や中小企業にセールスをするのが、「リテール営業」と呼ばれるものです。個人投資家や資産家に対して金融商品のセールスを行うことで、証券取引所への有価証券の売買を仲介するという仕事です。 「ホールセール業務」は大企業や大投資家、そして、公共機関などの大口の顧客をメインのターゲットとして営業をする業務のことです。 「ホールセール業務」には、株式や債券等の有価証券をを引き受け、その企業の資金調達や資産運用のアドバイス、M&A(買収合併)の仲介などをすることもあります。リテール営業に比べ、大きな仕事になります。これが証券会社における営業職です。

証券会社自身の資産で、証券の売買をするという業務である「ディーラー業務」に携わる職種が専門職であるディーラーです。ディーラーは証券会社自身の資産で取引をすることになります。 有価証券の売買によって証券会社自身にに大きな収益をもたらすことができる一方で、投資対象を誤ったり、売買のタイミングをミスしてしまうような、判断ミスがあれば、大きな損失を出してしまうこともあります。金融、証券のエキスパートだけが就くことのできる仕事です。

「リサーチ部門」は、金融商品に関するリサーチを専門にしている部門です。証券アナリストと言われる人などが、企業や金融商品の分析をしています。 また、顧客である投資家へのセールスやアドバイスを行う上での、有用な情報源となるレポートを作成しています。企業の財務分析や、経済判断が必要な職種であり、大学教授並の知識と専門性が必要な仕事です。

上記の職種以外にも、株式や債券、そして企業の財務状態などからマーケットの調査や分析を行い、新たな金融商品の開発を行う、金融商品開発や、証券会社自身の経営戦略や事業戦略の企画や立案をし、証券会社自身の経営に関わり、証券会社経営の中枢部に関わる仕事もあります。 また、一般の企業のように、総務、人事などの職種もあります。

証券会社へ転職

証券会社とは一体なんなのかについて紹介してきました。では、証券会社への転職について取り上げていきます。

未経験で証券会社へ転職は可能か?

未経験で証券会社へ転職するということは可能なのでしょうか。証券業界は、他の業界に比べて年収が高くなる傾向があったり、ステータスの高い章句酒であるというイメージから転職先としても非常に人気の高い業界職です。 また、近年ではインターネット上で簡単の株式などをはじめとする金融商品を取引できる環境があり、自分で資産運用をしている人も多いです。そのため、証券会社へ馴染みがあるという人も多いです。

未経験での証券会社への転職は、経験がある場合に比べて難易度は上がります。大手証券会社などは転職の条件として、一定の資格や外国語のスキル、営業経験を課している場合や、金融系の業務を経験している人を挙げていることがあります。 また、証券会社によっては未経験の場合の年齢制限を課している場合もあるようです。 基本的に20代の後半が限界であり、年齢が若ければチャンスはあります。その場合も金融系の専門的な資格を取得しておくと、有利に転職に活かすこともできます。

経験者で証券会社への転職

銀行や、取引所などをはじめとする金融関係の業務の勤務の経験がある経験者であれば、証券会社への転職は未経験に場合に比べ簡単になります。証券会社の求人には経験者が条件として挙げられている場合も多いです。 しかし、そのような場合でも、未経験の場合と同じように、金融系の資格を取得しておくというのはかなり役立ちます。また、証券会社は中途採用を募集していることもあります。その場合は、即戦力である実力者が求められています。 その場合は、もちろん証券アナリスト資格や、海外の有名大学で取得したMBAなどが求められたり、他の金融機関での成績がトップクラスの人などが採用される場合がほとんどであるようです。 外資系証券会社は、日系証券会社よりも実力主義であることがほとんどで、キャリアアップを目的として転職する人も多いようです。

証券会社への転職に有利な資格

公認会計士

証券会社に転職、就職する場合に限らず、金融系の職種につくのであれば、かなり有利に働く資格が公認会計士資格です。 司法試験、医師国家試験、公認会計士試験の三つの資格は、三大国家資格と言われ、社会的にも非常にステータスの高い資格です。しかし、難易度もかなり高く、取得まで時間がかかることもざらです。 しかし、この資格を持っておけば、転職においてかなり有利になることは間違いありません。証券会社への転職を考えているのであり、資格取得の余裕があるのであれば、取得を目指すのは正解です。

証券アナリスト

証券アナリストとして認められるためには、証券アナリスト資格を取得する必要があります。 証券アナリストは、証券投資の分野におけるプロフェッショナルのことで、高度の専門知識と分析技術を用いて、企業や経済状況などの各種情報の分析とその投資価値の評価判断を行い、投資助言や投資管理サービスを提供する人のことを表しています。 証券アナリストは総合的な資産運用に携わるポートフォリオ・マネジャー(ファンド・マネジャー)や、投資ストラテジスト、投資アドバイザー、マーケット・アナリストなどの証券に関わる職種に携わる人をまとめて表した表現です。 この資格は、証券に直接関わる資格であり、その難易度も高く資格の価値も保証されているため、証券会社への転職において有利な資格となっています。

米国証券アナリスト

米国証券アナリスト資格は、世界中で星の数ほどあると言われているファイナンス系の資格のなかでも、もっとも高ランクに位置し、最もステータスが高い資格です。 世界中に支社、オフィスを持っているような金融機関には、必ず米国証券アナリスト資格を保有している人がいます。 また、そのような金融機関の資産運用部門やアナリスト部門ではほとんど必須となっているような資格でもあります。証券会社に転職を考えているのであれば、持っているとかなり有利になる資格となっています。

プライベートバンカー

そもそも、プライベートバンカーとは、その文字通りプライベートな(Private)バンカー(Banker)のことです。プライベートバンカーは、富裕層向けに、顧客の金融資産や、事業に対してアドバイス、コンサルティングをする人びとのことを指しています。 プライベートバンカーは、顧客の子供、孫の代まで残るようにしっかりとした資産運用方法を提案するとともに、それを実際に支援していきます。 近年、日本においてもプライベートバンカーの需要が現れてきており、金融系の資格としては新しいものに属しますが、持っていると役に立つ資格となってきています。証券会社に転職する場合も持っておいて損はない資格でしょう。

外務員資格

外務員とは、証券会社や銀行などの金融商品を扱う日本証券業協会の協会員となっている会社に所属しており、顧客に対して金融商品などを営業するなど金融商品取引業務を行う人のことを表しています。 投資家を守るために、しっかりとした投資、金融商品知識を持っていることを証明させるために必要な資格がこの外務員資格です。証券会社に転職した後、実際に営業をするためには、この外務員資格が必須となっています。 そのため、あらかじめ取得しておくことができれば、転職のときにも有利になるでしょう。

フィナンシャルプランナー

フィナンシャルプランナーは、顧客の資産の運用方法についてアドバイスをする人のことを表しています。フィナンシャルプランナーは、お金の節約や、税金、そして投資や住宅ローン、不動産、教育、老後、相続など、家計に関わるさまざまな分野を扱います。 その中で、顧客の資産を最大限活用し、顧客の利益を最大化するためのアドバイスをするのです。このフィナンシャルプランナーになるために必要な資格がFP資格です。FP技能検定には、1級、2級、3級があります。 証券会社に転職する上で、持っていても損はない資格ですが、必須のものではありません。余裕があるのであれば、取得しておくとよい資格となっています。

証券会社へ転職するために取っておくとよい資格をいくつか紹介しました。証券会社へ転職する上でまず取るべき資格は、外務員資格です。 これがなければ、証券会社で営業をすることができず、転職のときにもあるのとないのでは大きな違いがでます。そして証券アナリスト資格と、米国証券アナリスト資格は取得しておくことで、転職後もキャリアアップに大きくつながります。 しかし、これらの資格は実務経験が求められるため、転職前から転職後にかけて取得することになるはずです。 プライベートバンカー資格やフィナンシャルプランナー資格は、あくまで補助的なものです。無くても問題はありませんが、金融系の資格として持っておくことで有利に働くことがあるでしょう。しっかりと計画を立てて資格取得を目指すのが良いです。

転職先としての証券会社

野村證券

野村證券は、野村ホールディングス傘下の子会社である証券会社です。野村證券は、日本で最大手の証券会社であり、日本最大の口座数を持ち、IPOの引受けも多いです。 国内に158の証券店舗数を持ち、世界30カ国に拠点を持っているのも特徴的です。また、43兆円以上の資産を運用しています。 転職においては、日本最大の証券会社であることからも、未経験での採用はほとんどないです。 海外の優秀な大学でのMBAを持っていたり、外国語が堪能であれば、採用される可能性もあるでしょう。まずは、それらを取得してからの転職を目指したほうが良いです。

大和証券

大和証券は、野村證券に次ぐ日本最大級の証券会社です。創業110年を超える歴史ある証券会社です。日本全国に140店舗以上の支店を持ち、世界20カ国と地域に拠点を構えています。 約300万人以上がオンライントレードを利用した実績があり、オンライントレードの先駆者的存在でもあります。転職するにおいて、やはり大手証券外社であるため、未経験を採用する場合はないようです。 金融機関での経験を積んでから、または、金融機関からの転職であれば、日本大手証券会社である大和証券への転職を目指すのは大いにありです。

SMBC日興証券

SMBC日興証券は、野村證券、大和証券と同じように、日本大手の証券会社であり、日本3大証券会社の一つである総合証券会社です。 もともとは、米国の投資銀行であるシティグループの日本法人の親会社として投資銀行部門を拡大し、その後、三井住友フィナンシャルグループの一員となっています。 転職においては、野村証券、大和証券と同様に、経験者が圧倒的に有利です。大手証券会社は優秀な人材が多く転職先として選ぶため、狭き門となります。資格取得や、経験など自分の武器となるものを揃えることが重要です。

みずほ証券

みずほ証券は、みずほフィナンシャルグループの一員である証券会社です。いわゆるフルライン型の総合証券会社です。海外にもいくつかの拠点を構えていますが、規模としては、野村證券、大和証券には一歩及ばない印象です。 みずほ証券は、大手証券会社であるため、転職においても、経験者、資格保有者が優遇されます。未経験で証券会社への転職を目指すのであれば、中小、中堅を目指したほうが良いでしょう。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、三菱UFJフィナンシャル・グループ完全子会社の証券会社です。 モルガン・スタンレー日本法人投資銀行部門を統合した経緯があり、国内金融大手の三菱UFJと、世界有数の金融機関であるモルガン・スタンレーの両方の強みを活かすことができる証券会社です。大手証券会社であり、キャリアアップにつながります。

J.P.モルガン証券

J.P.モルガン証券は、外資系証券会社であり、JPモルガン・チェース傘下の投資銀行であるJPモルガンの日本法人です。 外資系証券会社であるということから、給料はずば抜けていますが、転職においても即戦力が求められるため、いままで金融機関で好成績だった人のみが転職できる会社となっています。

メリルリンチ日本証券

アメリカのバンクオブアメリカ・メリルリンチの日本法人で、ホールセール専門の証券会社(投資銀行)がメリルリンチ日本証券です。 外資系の証券会社であり、J.P.モルガン証券と同様に、キャリアアップに最適な転職先です。

ゴールドマン・サックス証券

ゴールドマン・サックス・グループは、投資銀行業務や、証券業務そして、投資運用業務を中心に、企業、金融機関、政府機関、個人など幅広い顧客に幅広い金融サービスを提供しています。 ゴールドマン・サックスは言わずと知れた世界有数の金融機関です。その日本における証券業務の拠点がゴールドマン・サックス証券です。年収は、業界でもずば抜けており、証券会社のトップに位置するような企業です。キャリアアップに最適な転職先です。

証券会社に転職しよう!

記事のまとめ
  • 証券会社へ転職する上でまず取るべき資格は「外務員資格」
  • 未経験でも一定の資格や外国語のスキル、営業経験や金融系の業務の経験を求める場合が多い
  • 証券会社への転職なら「ビズリーチ」を活用しよう

証券会社は、平均年収も高く魅力的な転職先です。しかし、転職後は厳しい闘いがあり、それに価値のこれる人のみが続けられる業界です。 メリットと、厳しい点、それぞれを見極め、挑戦できる人なら、証券会社を転職先として目指してみましょう。 証券会社への転職なら「ビズリーチ」の登録がおすすめです!

関連タグ

アクセスランキング