IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

食品メーカーへの就職方法|面接内容・志望動機例・有利な資格

初回公開日:2017年05月12日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年05月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

業界・企業研究

身近な商材を扱うことができて、生活には欠かせない商品を扱うことができる食品メーカー。就職活動でも転職活動でも非常にの業界です。今回は、食品メーカーへの転職方法や志望動機の書き方や食品メーカーの転職で有利な資格をご紹介します。

食品メーカーの転職で重視されるのは「実績」と「社歴」

食品メーカーは安定性があり、自分が携わった商品がそのまま店頭に並べられるため、成果を日常生活でも実感することができるというのが醍醐味です。また、それらにやりがいなどを感じて食品メーカーに転職や就職を希望する方は多くいます。そのため、非常にの業界です。 新卒の就職活動では食品メーカーの競争率はかなり高く、学歴などで足切をされる場合も多々あります。最低限中堅私立大学(日東駒専、MARCHレベル)の学歴がなければ、入社をすることも難しいです。また、研究職ではさらに熾烈な学歴の足切があります。 しかし、転職では食品メーカーで重視されるのは、「社歴」と「実績」になってきます。ここでは、この「社歴」と「実績」について詳しく解説をしていきます。

食品メーカーの転職で言われる「社歴」は大手などと言う意味ではない

食品メーカーの転職で言われる「社歴」と言う言葉は、大手メーカーと言う意味で使用される社歴ではありません。どちらかと言えば、業界内で存在感があるかや業界で興味深い製品を販売しいたりかなり特殊な研究をしていたりする会社を重視する場合が非常に多いです。そのため、独自商品や独自技術を持っている食品メーカーである、大手の食品メーカなどへ転職もしやすいです。そういう意味では、ネームバリューと言うよりも会社の存在感が社歴として反映される傾向があるということになります。

食品メーカーの転職で言われる「実績」の意味はそのまま

食品メーカーの転職で言われる「実績」は他の業界と同じで、あなたがその会社でどのような成功体験をしたのかそしてどのような仕事をしたのかを見る場合に使われる意味です。例えば、学卒で中小の食品メーカーに入った場合でも着実な実績と成果を上げることで大手の食品メーカーに転職は叶う場合が多々あります。

食品メーカーの転職は活発ではないが20代から30代前半はチャンスが多い

食品メーカーは、元々倍率が高いことや志望度のかなり高い学生が入社をすることもあり、離職率もそこまで高くないため、人材の流動性は活発ではありません。しかし、若手と言われる20代から30代前半の中途採用は、積極的に大手中小問わず行っているため、若いうちは非常にチャンスが多い業界と言えます。

業界未経験者が食品メーカーへ転職する際に押さえておきたいこと

食品メーカーは転職市場としてはそこまで活発ではありませんが、かなりの業界であるため、難易度としては非常に高い業界です。そのため、業界未経験者が食品メーカーに転職をする場合は、様々な対策を練って転職を行うことが大切になってきます。ここでは、業界未経験者が食品メーカーに転職するための考えておかなければならないことについて、ご紹介します。

なぜ食品メーカーに転職をするのか

これは転職でも就職活動でも必ず聞かれることでもあり、この答えを持っていなければ業界全体で考えても、その業界への転職はかなり厳しいものになってきます。特に食品業界の場合は、商品が身近にある分志望者も多く、悪い言い方をすると「なんか身近な商品を扱えるから食品メーカーに転職したい」や「生活必需品だから会社自体が潰れそうにないから食品メーカーに転職したい」などのような、安易な気持ちで転職を行う方も多いです。そのため、食品メーカーの転職の際も業界の志望動機と言うのは、かなり重視をされる傾向もあります。しかし、逆手に取れば、「食品業界でなければいけない」や「個々の会社でなければいけない」という確固たる志望があれば転職の際にも有利に働くことは間違いありません。

志望動機を明確にする

食品メーカーに転職する際に意外とつまずくのが志望動機を明確にできないということです。理由としては、「安定しているから」と考えがちで、なぜ食品メーカーでなければいけないのかと言う理由について、明確にできない方が非常に多いためです。しかし、転職活動でも志望動機と言うものは確実に聞かれるため、必ず押さえておかなければ転職をすることは難しいです。 そのため、志望動機を考える際には、以下のことを押さえながら志望動機を考えていくことをお勧めします。 ・好きな食べ物は何か ・食べ物が好きなのか ・食品関係に有利な資格はあるのか ・今の仕事をどう食品メーカーで活かせるのか ・食品業界全体に対しいてどのような貢献をしたいのか これらを一つ一つ掘り下げていくことで、志望動機や本当にあなたがどうしたいのかが見えてきます。

会社の戦略にあなたを合わせていく

どこの業界でも同じですが、会社としては会社のこれからの戦略にうまく乗っていける人を好んで採用する傾向があります。そのためには、会社の中期経営計画やIR情報を読み込んで、その企業がどのような方向で動いているのかそしてどのようなビジョンをもって動いているのかを考えていかなければなりません。そこを考えておかなければ、企業の方向性とあなたの志望動機にミスマッチが生じて採用される可能性が下がってきてしまいます。そのため、企業の方向性や今後のビジョンについて熟読しておく必要が出てきます。

食品メーカーに転職をする方法

食品メーカーに転職をするには具体的にどのように動いていけばい良いのでしょうか。初めての転職であれば、かなり気になる部分になるかと思います。ここでは、食品メーカに転職をする際の手順についてご紹介します。

自己分析とあなたがしてきた仕事を整理してみる

関連タグ

アクセスランキング