IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

検査技師への転職とは|転職方法/転職理由/志望動機例/転職サイト

職種研究

検査技師の転職は最初に自分に合った求人サイトを見つける。応募する病院や企業の情報を集め、志望動機を考える。「これまで検査技師として経験してきた事をどう転職後に活かすか?」を面接でアピールする。この流れが基本です。もちろん、嘘は面接ではいけません。

更新日時:

検査技師に転職するには?

検査技師に転職するには?

検査技師に転職ならサイトに登録

検査技師に転職するには、転職サイトに登録するのが基本です。病院の内外の紹介やハローワークなどの求人に頼り、検査技師に転職する人もいますが、インターネットの情報量には敵いません。転職を考えているなら無料登録だけでもしておきましょう。

検査技師の転職サイトはどう選べばいいのか

検査技師への転職をサポートしてくれるサイト登録、選び方はとても重要です。まず、「検査技師の転職」に必要な情報量がどれくらいあるか、掲載数が大切です。求人を掲載するのはお金がかかります。病院や企業がお金を支払ってもいい、そう思える求人サイトは自然と多くの情報が掲載されます。

検査技師の転職サイトは信頼性を重視

インターネットにある転職サイトには怪しいモノも多くあります。条件がどんなに良くても怪しい場所は避けるのが無難です。検査技師という仕事は、普通のサラリーマンやOLとは違います。検査技師の転職は、厚生労働省から正式な許可を受けて、人材派遣サービスを行っている場所で登録しましょう。

使いやすい転職サイトを探す

情報量が満載でも使いにくければ意味がありません。あなたが使いやすい転職サイトを選びましょう。インターネットの口コミや転職経験者、転職コーディネーターなどの意見を参考にして自分に合った転職サイトをツールとして活用するのが大切です。

SEOに強い転職サイトを選ぶ

「検査技師の転職には関係ない」と思われがちですが「SEO対策にどれだけ力を入れているか?」はとても重要です。SEOに強ければグーグルやヤフーの検索で上位になります。それはサイトの中身が使いやすいから検索で上位になるのです。どんなに情報が満載でも使いにくい転職サイトでは意味がありません。

求人情報を教えてくれるサイトがおすすめ

目まぐるしく動く求人情報を常にパソコンやスマートフォンでチェックするのは現実的ではありません。そこでおすすめなのがメールに新着求人を教えてくれるシステムです。仕事中や電車の中など携帯電話を使えない場でも求人情報が更新された事を教えてくれて便利です。

スカウトメール機能があれば採用は勝手に決まる?

転職サイトで重要なのが「スカウトメール」の存在です。病院や企業があなたの経歴をチェックし、書類選考や面接を勧めてくれます。「スカウトメールが来たのだら採用は決まったも同然」、そう勘違いする人がいますが、スカウトメールをもらっても不採用になる事は十分にあります。

検査技師の転職理由

検査技師の転職理由

早期退職や転職は不利になる

どんなに夢や理想を語っても1年や半年で退職をするのは不利になると言わざる負えません。もし、我慢できるようであればすぐに転職するのではなく、現状の不満を解決できるか考えましょう。「辞める」と考えて現状を見直すと問題が解決するケースも出てきます。

転職理由で余計な事は言わない

検査技師の転職理由があまり良くない人も多いでしょう。検査技師同士の人間関係や給料の安さ、勤務時間の拘束などを理由に転職を決めた人もいるでしょう。それが転職理由なのは問題ありません。しかし、ありのまま履歴書や職務経歴書に書くのは問題です。余計な事は書かず、言い訳しないのが基本です。

人間関係を転職理由にしてはいけない

人間関係で転職を考えました。これは検査技師以上の転職でも言ってはいけない言葉です。どんな仕事でもお金を稼ぐ以上、人間関係は付きまといます。人間関係が原因の転職なら次も同じ理由で転職してしまうかもしれない、そう相手に思わせると採用は難しくなるでしょう。

病院の人間関係や給料の安さなどあまりイメージがよくない理由が転職を決意したら、まず言葉を少しでもポジティブなモノを選びましょう。人間関係が理由なら、「職場の雰囲気が合わない」、「もっと長く勤められる環境を探している」。こう切り抜けましょう。

ネガティブな転職理由をどう答えればいいのか?

人間関係や給料などネガティブな理由であっても転職は可能です。ただし、書類選考や面接で相手に伝えるのは問題です。あなたが面接官であったらネガティブな人を雇いたいでしょうか?スキルアップなどなるべくポジティブな理由を言うのが基本です。もちろん、嘘はいけません。

ネガティブな転職理由をどう答えればいいのか?

検査技師の転職理由例

給料が安いから職場を変えたい

転職理由で「人間関係」と並んで多いのが「給料への不満」です。スキルや経験はもちろんですが、勤務年数が給料に評価されず、「このまま働くべきか?」と考える検査技師も多いようです。こうした場合、転職や給料アップに必要な検査のスキルはしっかり持っておくことが基本です。

他の業務をやりたいから転職する

検査技師の転職理由の1つに「他の業務を身に着けたい」という人がいます。その業務として代表的なのが「エコー」です。検査技師にとってエコーの仕事は憧れを持っている人も多く、スキルや経験を身に着けるためにほかの病院を働く場に選ぶ人もいます。

病理検査の仕事がしたい

病理検査をやりたくて職場を変える人もいます。細胞検査資格認定試験を受けるには特定の学校を卒業したり、一定数の実務経験が必要になったりします。経験を積める病院や企業があれば転職を考えるスキルアップ思考の人もいるでしょう。

実家や地元に帰省するための転職

結婚や子育て、介護で地元や実家に帰らなければならない。これも転職理由で多く挙げられます。都内など多くの病院や企業が集中する場所なら検査技師の求人も多いですが、地方だと求人数があまりない場合があります。そうした場合、インターネットサイトは必須になるでしょう。

勤務形態を変えるための転職

勤務形態を変えるために転職する人もいます。非正規雇用から正規雇用にスキルアップするのはもちろんですが、子育てや介護で時間の融通が利くパート勤務などの非正規雇用に・転職する人も多いようです。子育てがひと段落し、正規雇用に戻りたいケースもあります。

検査技師に戻るための転職

検査技師の仕事をしたが、別の仕事がしてみたい。そう思って他業種に転職したけど、やっぱり自分は医療や検査の仕事が合っている、そう思って転職する人います。商社やメーカーなど医療分野以外の仕事場での経験は検査技師として再び働く上で役に立つ知識や経験になります。

検査技師転職の面接対策

検査技師転職の面接対策

どこでも使える志望動機を言ってはいけない

面接で重要になるのは志望動機です。面接でどこでも通用するような「台本のような志望動機」をいう人がいますが、それでは採用は難しいでしょう。どこにでも通じる志望動機では面接官の心に響きません。「どうしてもここで働きたい」。この熱意を相手に伝えるのが面接なのです。

志望動機はどう探せばいいのか?

志望動機は相手の事を知るのが基本です。ホームページで面接する病院の規模や理念などをきちんと確認しておきましょう。創設者や経営状況など病院の歴史もチェックできればなおいいでしょう。自分が将来働く病院を頭の中でイメージできれば、働きたい理由は自然と出てきます。

次に大事な自己PR

面接で必ずと言っていいほど聞かれるのが自己PRです。自己PRは名前と最終学歴からの職歴、長所や短所、転職理由などが基本です。ここで力を入れるのもいいですが、後の質問で同じことを言ってしまう恐れがあります。同じことを繰り返さないように自己PRの内容を考えましょう。

自分の実績や経験をアピールする

これまで自分が検査技師としてどんな仕事をして、どんな事を学んできたのか?自分のこれまでの実績を説明する場が面接です。自分のような検査技師を雇えば、これだけメリットがあると相手にアピールすれば採用率は高まります。謙虚な姿勢も大事ですがアピールする場ではきちんとアピールしましょう。

検査技師を志した理由

そもそもなぜ検査技師という仕事を選んだのか?基本中の基本ですが、こうした質問もあります。検査技師という仕事を経験し、社会人として働いたあなたは学生の就職時とは違った意見を持っているはず。過去の想いとなにが違い、何が変わっていないのか?きちんとアピールしましょう。

面接後のお礼メールはビジネスマナーを重視

書類選考や面接対策に力を入れている人は多いのに、面接終了後の採用者へのメールがダメな人がたくさんいます。どんなに書類選考や面接で好印象でもビジネスメールができていないと採用が遠くなります。きちんとビジネスメールの基本を押さえておきましょう。

検査技師に転職してみませんか?

検査技師に転職してみませんか?

今回、検査技師というテーマで説明させてもらいました。いろいろ理由があると思いますが、当てはまるものがある場合、転職をするのも一つかなと思います!

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング