IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

外資系金融の転職方法|未経験でも転職は可能?エージェント紹介

業界・企業研究

憧れの職業で必ず出てくる職業といえば外資系金融です。ここでは外資系金融への転職方法や未経験でも外資系金融に転職は可能かどうか、そして外資系金融の求人に強い転職サイト・エージェント、女性の外資系金融への転職事情、転職に有利になる資格などについてご紹介していきます。

更新日時:

外資系金融の転職方法

外資系金融で上役はすべて

ずばり出世を握る鍵は上役です。外資系金融企業が徹底的な成果主義である事はすでにご存知の通りです。最終的な状態を残せなければ、明日には自身のデスクが消えているなる確立さえある世界です。最終的な状態を残していても上役との向き合い方に問題があれば、外資系金融では出世の道は断たれてしまうという事です。外資系金融は存在意義(権限)が、絶対的に日本企業とは異なるからです。リクルートから解雇に至るまで、全ての権限を上役が持っている事が多いのです。貴方の企業人生を左右するのは人事部ではなく上役である事の強い理解が重要です。率先した意見交換はよいが、歯向かうだけの発言はNG。外資系金融では上役に評価されなければ、出世といった皆無の世界です。

外資系金融は自身の失敗の責任を認めない

日本社会と欧米社会との大きな違いは、よく言われるように、謝り方にあります。例として、日本では何か問題が発生するとすぐに謝り、 謝られる方もそれで一件落着した感じになり、追求の矛先が鈍ってしまいます。例として、製品に問題があったりすると、日本では、直ちに記者会見を開いて謝れと強く迫ります。外資系金融企業は言い訳ばかりで、なかなか謝りません。日本人社員は、とにかく早く謝り、その後の事はそれからと考えますが、外資系金融の外国人幹部はそうは考えません。 問題の原因、責任がどこにあるかがはっきりしない限り簡単に謝ったりしません。裁判できっちり決着しない限り、謝ったりしないのが欧米企業です。 このとき、外国資本とする金融日本人広報担当社員は板ばさみにあいます。最近発生した外食産業の異物混入事件でも、社長がなかなか登場しないでマスコミにたたかれました。 でも、外資系金融ではこんな事はしょっちゅうです。日本人社員が一生懸命説得してもなかなか納得しません。

外資系金融向きの人の条件1:上役とのコミュニケーションが上手な人

外資系金融企業では所属部門の上役との関係性がよりもポイントです。外資系金融管理職ともなると、多くの権限が与えられます。例として入社後マーケティング部に配属されると、マーケティング部という企業に入ったのと同じです。部門長は社長並の権限をもっているといっても過言ではありません。彼の機嫌を損ねればクビ、相性がよければ出世も可能な世界です。<上役から依頼された事=命令>という緊張感が、実は日系企業より強いといえるのです。

外資系金融向きの人の条件2:実施の経験を早い段階でつくれる人

多くの日系企業のように、業務に慣れるまで待ってくれる文化はありません。およそ3カ月単位で実行した事の最終的な状態を評価されていきます。本社にとって日本は投資対象国です。いい最終的な状態が出なければ費用を絞る事や撤退する事を考えています。だからこそ、何かしら実行する事が大事。質やリスクについて検討している余地はありません。行動を起こしている事、実施の経験をつくる事がポイントなのです。

外資系金融向きの人の条件3:細かい事にこだわらない人

本社から伝えられるブランディングのルールや業務規定といった、日本では当てはまらないものも多くあります。また、多様な国からやって来た同僚がいる企業では考え方の違いに戸惑う事もあります。最終的にどうにかなるさと楽観的に考えられる人が向いています。逆に、細かい事に神経質で正当論を述べるタイプの方は難しく、考えすぎだよとたしなめられるケースが多いです。

外資系金融向きの人の条件4:明日クビになっても平気な人

入社後、本社から突然偉い人が来たら要注意。何か大きな報告があるケースがあります。例として、よい話であれば日本での市場の視察ですが、悪い話では日本の事業撤退、ポイントなポストについている人の解雇といったがあります。事業方針についての大きな転換があれば、部署ごと閉鎖になる事も珍しくありません。自身が発揮しているパフォーマンスとは別に、方針変更で解雇になる事もあるのです。そんな時にも他に雇ってくれる企業あると考えられる、ある種のしたたかさをもっている人が向いているといえるのです。外資系金融といっても、日本企業との合弁や日本での創立が長い企業もあれば、本社のお国柄もさまざまです。日本の上場中堅企業も、外資のように短期間で実施の経験を出す事を求められる風土ですが、そうした企業で活躍した人ならば、外資でも充分に活躍可能です。

未経験でも外資系金融に転職可能?

スカウトされる

どの企業にも外資系金融企業がライバルとして存在します。外資系金融企業のポイントとして給料が比較的高い傾向にあり、それだけ人材をポイントにしているところがあります。 そのため業界内で目立つ存在の人材はきわめての確率でなにかしらのコンサルタントを経験してヘットハンティング(スカウト)される事が非常に多いです。意見ももちろんあると思いますが、そこが海外と日本の大きな違いで、海外ではライバル企業の要職にいる人を引っ張って、自社で同じ職務をやらせるなんて事は日常茶飯事であります。このように外資系金融企業では他社からの引き抜きは日常茶飯事で、そのため簡単に引き抜かれないよう良い人材には高い給料を払うのです。

友達に引っ張ってもらう

外資系金融企業で既に働いている友達に引っ張ってもらうやり方ですが、実はこれ結構多いです。特にこの手法が通じやすいのは外資系金融企業でも短期的な人員増強をしている、単純に組織を大きくする上で短期的に良い人材が欲しいい。状況の企業です。既に働いている人が外資系金融企業内で評判が微妙だとあれですが、しっかり働き実施の経験を出している人であれば、人事も信頼してくれるため面接といった選考も比較的通過しやすくなると思います。ちなみに企業によりますが、外資系金融企業は比較的現場のマネージャークラスがリクルート権限を持っているケースが多いので、人事を通過すれば即最終面接的な形になるので、人事を通れば結構な確率で行けると思います。

転職求人を転職サイトで探して直接応募

意外にリクナビNEXTの一般的な転職サイトに外資系金融企業の転職求人が出ているケースがある為、あらかた転職サイトに登録をしておいて定期的に転職求人をチェックしていると外資系金融企業の転職求人を見つける事が出来ると思います。

転職コンサルタントを使う

最も外資系金融企業に行ける確率が高いのが、外資系金融企業へのパイプが強い転職コンサルタントを活用する方法です。ちなみにわたしの周りもこの方法で数人が外資系金融企業への転職を成功させております。もちろんその人たちも素晴らしい人でしたが、非の打ち所がない優秀な人ではないため、個人的には語学力以外に抜きん出るところがない”平凡な優秀な人”だったと思います。

外資系金融の求人に強い転職サイト・エージェント

ハイキャリア〜一般プレイヤー向きなのか注意

外資系金融企業に強いと行っても、その他の一般転職コンサルタントと同じくプレイヤー〜CEOといったエグゼクティブ層といった役職に強みを持っているかといったがあるため、その点よくみた方が良いと思います。ほとんどがプレイヤー〜マネージャーレベルの転職求人を持っているためそこまで注意しなくても良いかもしれません。

海外拠点を持っている転職コンサルタント

外資系金融企業にもいろいろなパターンがありますが、よくあるのがすべての決裁権を本国が持っているとい。ケースです。このケース、リクルート活動といったに関しても本国が決裁を持っている事が多いため、どの転職コンサルタントを活用すべきかという事も本国決裁のなる場合があります。本国でも活用されている転職コンサルタントの方が決裁が通りやすくなります。リクルート活動に関わらず、どこの代理店を使。か・どのサービスを使うかと行ったシーンでもよく見かけますね。そのため“そもそも外資系金融の転職コンサルタントや海外拠点を持つ転職コンサルタント”の方が良いと思います。

JAC Recruitment

JAC Recruitmentは、28年の転職支援実施の経験がある転職コンサルタントです。外国資本とする金融転職求人案件に強いだけではなく、海外の転職求人案件にも強いネットワークがあります、外資系金融と外資系金融企業の転職求人案件全般に強い事がポイントです。外資系金融企業への転職を通じてキャリアアップを目指すケース、登録しておくべき転職コンサルタントです。丁寧なヒアリング、きめ細やかな支援で満足度が高く、満足可能な転職活動をおくる事が可能です。海外留学経験があり、英語が話せるグローバルな人材のみならず、マネジメント・エグゼクティブ職を目指すケースにもおすすめです。

Recruit Agent

リクルートキャリアが運営する転職コンサルタントサービスです。国内案件に強いイメージがありますが、外資系金融・海外案件も紹介案件として多く取り揃えています。国内転職コンサルタントなので、支援、案件数、長年のコツ、全てがトップレベルという状況です。案件数が非常に豊富なので優良案件に出会える事もあります。口コミ評価も高く、転職活動を始めるケースは登録しておきたい転職コンサルタントです。

Adecco

世界60の国の拠点を持つ転職コンサルタントです。英語の面接対応する方法といった支援はもちろん、優良外資系金融企業と信頼関係を築いているので、専任のコンサルタントが転職の支援する事が可能です。グローバルなネットワークを活かし、長年のコツとインフォメーションは外資系金融転職コンサルタントならではの強みです。外資系金融といったグローバルな職場を求めるケースにオススメの転職コンサルタントです。アデコの転職コンサルタントはSpring転職コンサルタントへとブランド変更をする予定です。

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーは転職求人案件のレベルさがポイントです。年度の収入アップとキャリアアップを狙。ケース、必ず登録しておきたいハイクラスな転職コンサルタントの一つです。ファンドの金融系の転職求人案件のみならず、大きな企業、大きな日系企業や成長企業といった、転職求人案件は非常に魅力的です。30代の方の転職に非常に強いので、年度の収入を1000万台に乗せたいケースにおすすめです。キャリアコンサルタントの実施の経験が素晴らしく、長期的なキャリア形成にアドバイスをもらいたです。30代のマネージャークラスにはおすすめのコンサルタントです。

BIZREACH

国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスです。国内外の優良企業、審査基本をクリアしたヘッドハンターからスカ。トを。ける事が可能なという他の転職コンサルタントとは事なったサービスがポイントです。ターゲット層は年度の収入750万円以上のハイクラスなビジネスパーソンで、転職求人案件のレベルはハイレベルです。アグレッシブにキャリアアップ、年度の収入アップを狙いたいケースにオススメの転職サイトです。

コトラ

外資系金融に転職したいケースにおすすめのコンサルタントになります。外資系金融に特化していて、担当アドバイザーは全員が金融業界の出身者です。スペシャリティが高いので、キャリアを積んできたケースでも、隅々まで行き届いたサービスを受けられます。外資系金融への転職は時間がかかるのが当たり前です。事ラではそれを前提として中長期にわたり支援を実施しています、働きながらご生活の歩調を守りながらで活動を進める事が可能です。

女性の外資系金融への転職事情

外国資本とする金融の女性に必要な力:得意フィールド

まずは、自身なりの得意フィールドをつくってください。言い換えれば、それが武器を持つ事になります。現場で経験した事の延長線になるケースが多いと思いますが、どんな専門的な事であれ、その得意フィールドを極めていく過程と成果で評価も上がり、同時に、見える世界も広がります。その最終的な状態、マネージャーとなる時には、自身の武器から派生する指針のものまで身に付くようになります。わたしの武器はマーケティングでしたが、新しく出会う事にも、マーケティング視点から見る事で正しいジャッジが可能なようになっていましたし、また、マーケティングをマスターするまでの勉強と努力が自信となり、マネージャーとなって初めて経験する事にも真摯に向き合う事ができました。

外国資本とする金融の女性に必要な力:コミュニケーション力

マネージャーになれば、立場の上、下、横と、付き合う人の数が変わってきます。しかも付き合わなければならないメンバーには、多くのキャラクターの人がいます。マネージャーにはチームワークづくりが要求されますので、どんな人ともきちんと業務をしていかなくてはなりません。そのためには、コミュニケーション力を磨く事がポイントです。それは、その一人ひとりを理解する事から始まります。相手方の立場になって考え、話し方や接し方さえも変えながら相互理解を深めていく。これで、本質的なコミュニケーションが成り立つ事を覚えてください。

外国資本とする金融の女性に必要な力:人間力

マネージャーになるとチームとしての成果をアップさせていく事が求められます。そのためには、メンバー一人ひとりのモチベーションを上げていく事を考えていかなければなりません。そこでポイントとなるのは、謙虚な姿勢です。肩書きを振りかざしても、メンバーは反発するだけです。部下と同じ視線で向き合い、心を開いて話をしながら、部下をポイントにする。これを忘れないよ。にしてください。ただし、ビジネスの現場では多くの事が起こりますので、力強いリーダーシップも必要となり、部下に毅然とした態度で臨まなければならない場面も出てきます。そんな時であっても、メンバーとの信頼関係を崩さないよ。にするためには、チームをまとめるための人間力を磨いておく事がポイントです。謙虚と毅然、このバランスを考えながら、マネージャーとしての人間力を培うように心掛けてください。

外資系金融でバリバリ働く女性

朝からフル回転可能

一日の計は朝にあり、ポイント業務の大半は午前中にやってきます。バリバリの外資金融女性は、朝も早くからシャッキリと業務場に現れます。もちろん睡眠も朝食もきちんととっているので、朝から頭の回転もバッチリ、身のこなしも軽やかです。外資金融女性のこの業務ぶりは、ひとえに個人的な自己管理によるものです。早朝からジョギングをしてみたり、休日は料理に凝ってみたり、そんな女性ならではの細やかな生活でストレスや疲労を翌日に持ち越さない事がポイントです。

ハッキリした物言い

外資金融女性は、できない事にはキッパリ、できませんという勇気を持っています。相手方が上役であってもお客さんであっても、その要望と自身のキャパシティとをきちんと判断して、ハッキリと物を言。事が可能なのです。はねつけるだけではないのも彼女たちの大きなポイントです。こういう条件であればご要望は実現可能ですとい。しっかりした代案を用意し、即座にきちんと提示するのです。相手方に自身を安売りする事なく、かといっておのれを高く見積もりすぎる事もありません。この発言力、交渉力は、業務をする上でとてもポイントになります。

時間の使い方が上手

バリバリ働く外資金融女性のポイントの一つとして、時間の使い方が上手であるという事があります。特に子育てしながらバリバリ働いている兼業主婦の女性は時間の使い方が大変上手です。これをやっている間にこれを済ませて…、何時からこれをしなければならないから、それまでにこれと終わらせて…といった風に、その日のやるべき事、やるべき業務や家事においても、あらゆる所要時間を頭で把握し、スケジュール立てして行動する事が出来るのです。その過ごし方は、業務中にも大変応用が利く技術ですので、業務を手っ取り早くこなすコツでもあります。

自身に自信

バリバリ働く外資金融女性は、常に自身のキャリアアップ、技術アップを将来的な視点として持っています。そのため、逆に言うと自身が歩んできたキャリアアップも把握しており、それらの過程を背景に、自身に自信をもっている人が多いです。自身の今後強化していかなければならない技術としてとらえ、前向きに対応する方法を考える事が出来ます。そのため、常に自身のやってきた事、今している事に関して自信をもって行動でき、その姿勢が周りにも伝わり、キャリアにつながるわけです。

外資系企業の転職に有利になる資格

世界と渡り合える業務がしたいと考えて、外資系金融企業への転職を検討している人も多くいると思います。日系企業で働いてきただけなので外資は経験の無いケース、ライセンスも持っていないから外資系金融企業への転職は難しいだろ。と、海外留学の経験があるケースで英語力はそこそこあるけれど外資転職にはそれでは太刀打ちできないと考えるひとも多くいます。 実時に外資系金融転職を希望するケースは、外資系金融企業での勤務経験があったり、ビジネス英語に堪能なケースが多い用です。外資系金融転職に有利に働くライセンスに焦点をあててお話をしていきたいと思います。転職において有用なライセンスとして有名なのはMBA(経営管理学修士)です、ライセンス取得までに最低でも2年度合い必要になります。海外留学しないで日本でライセンス取得をするケース数百万円の費用がかかります。 実はほかにも外資系金融転職に役立つライセンスにはさまざまあります、あまり知られていない外資系金融転職に有利なライセンスは以下のものがあります。 ○米国公認会計士 ○国時秘書検定 ○国連英検 ○プロッフェッシル技術者 ○BATIC(アメリカの簿記)

米国公認会計士

○難しさを表す度合い 5 ○取得平均年数 1年(簿記2級以上) ○受験までの費用 約100万円 米国公認会計士は、Certified Public Accountant、通称CPAと言われている、アメリカの各州が認定する公認会計士のライセンスです。テスト科目は、管理会計・財務会計・経済学概論、ビジネスにおける諸概論、商法・証券取引法・税法といったビジネスロー、監査および監査証明といった多岐にわたります。 テストはすべて英語で行われます、英語の読み書きが相当のレベルでないと取得が難しいライセンスです。取得期間は、業務を持つ社会人のケースで毎日3時間の勉強時間で約1年度合いです。費用は、通信講座や受験費用といった大まかに100万円度合いです。日本の公認会計は、会計事務所で監査業務を中心に活動しているケースが多いですが、アメリカのケース、公認会計士は大企業の会計・財務・経営計画といった中核メンバーとして活躍するケースが多いです。 このライセンスは、ビジネスの基本知識、英語・会計・ITといった知識、経営管理者としてのビジネスモデル理解といったが高いレベルである証明なので、外資系金融転職においてアドバンテージになります。

国際秘書検定

○難しさを表す度合い 4   ○取得平均年数 2~3年 ○受験までの費用 およそ7~8万円 国時秘書検定とは、社団法人日本秘書協会が検定テストを実施する民間のライセンスです、主に外資系金融企業といった秘書業務従事者の実力を評価するライセンスです。テスト内容は、オフィスでの秘書実務、ビジネス日本語・ビジネス英語、経営管理、日本語・英語による個人面接といったになります。2種類のテストがあり、難しさを表す度合いの高いテストのケース、合格率は2割弱と度合いと低く、合格まで2~3年かかるケースもあります。学習費用は、通信講座といった利用するケースで約7~8万円度合いと廉価です。 民間のライセンスですが、秘書業務を日英バイリンガルに行える事、人間性や信頼性といった人物面をも含めた総合的な評価をする面接もあるので、外資系金融企業を中心に高い評価を受けています。多くの企業で即戦力を求めていますので、国時秘書検定は面接で大いに役に立ちます。

国連英検

○難しさを表す度合い B級 3 A級 4 特A級 5 ○取得平均年数 受験級や英語力による ○受験費用 数千円~1万円 国連英検は、国連の理念である国時協力、国時理解をコンセプトに真に役立つグローバル・コミュニケーション能力育成を目標す英語検定で、約30年の歴史があります。E級から特A級まで6段階のライセンスがあり、マークシート、作文、リスニングテストがあります。A級、特A級は2次テストで英語面接(テスト官とのディスカッション)があります。テスト内容は国連の活動内容に従っておりま、世界平和、地球環境、世界政治、世界経済、食品、人権、医療といった国時時事問題を広取り扱っています。英語力だけでなく、解決策を論理的に英語で表現する力もポイントです。 国連英検は英語力だけを示すものではなく、TOEICやTOEFLといった英語検定とは異なります、E~C級は高校・大学受験レベル、B級は外資系金融企業といった、他社とのコミュニケーションが可能なレベル、A級以上は政府間交渉において通訳ミスが許されないケースでも対応可能な英語力と見なされるレベルです。特A級の合格率は10%以下です。受験費用は数千円~1万円度合いになります。英語力だけでなく、世界情勢一般の知識も判定されるテストですので、外資系金融企業でも経営企画や外部との交渉といったポジションで有利に働きます。

プロッフェッショナルエンジニア

○難しさを表す度合い 3    ○取得平均年数 PEテストまでおよそ4~5年(学位取得期間を除く) ○受験費用 FEテスト:47,000円、PEテスト:70,000円 国時的な技術者として活躍したいケースでポイントなライセンスです、プロフェッシル技術者(PE)とい。アメリカの公的なライセンスがあります。一次テストであるFEテスト(ファンダメンタル・オブ・技術者リングテスト)、二次テストであるPEテスト(プロフェッシル・技術者テスト)があります、FEテストは4年制大学の理工学部の学位がポイントです、PEテストはFEテストに合格、及び4年以上の技術者実時の業務経験がポイントです。英語力の目安で英検2級、TOEIC600点度合いですが、英語力のテストではなく技術者のテストなので、基礎的な技術全般における専門的な英語力がポイントです。 テストはすべて英語のマークシート方式ですこのライセンスは技術者として国時的に活躍可能なだけではなく、技術を世界に広める、世界と渡り合っていく、プロフェッシル技術者のリーダーへの第一歩です。優秀な技術者は企業も需要が高く、アメリカの外資系金融企業では高い報酬となります。

BATIC(アメリカの簿記)

○難しさを表す度合い 3 ○取得平均年数 アカウンタント:約3か月(簿記3級取得者のケース)         コントローラー:約3か月~半年(簿記2級取得者のケース)     ○受験費用 1万円度合い BATICとはBookkeeping and Accounting Test for International Communication(国時コミュニケーションのための簿記・会計テスト)の略で、アメリカの会計基本に基づいている英文簿記と国時会計理論のライセンスです。米国公認会計士の財務会計の部分のテスト内容と同様になります。ですから米国公認会計士のライセンスを取るための準備として受験するケースも多くあります。 合格・不合格という基本はなく、1000点満点中の得点で提示されます。200~319点:ブックキーパー、 320~699点:アカウンタント、700~879点:アカウンティングマネージャー、880点以上:コントローラーといったと外資系金融企業の財務・経理 部門の職位を表します。 取得期間はアカウンタントを目指すケース、簿記3級度合いの知識を持っているケース、週1回のスクールで3か月度合いです。コントローラーを目指すケースでは、簿記2級度合いの知識を有しているケースで週1~2回のスクールで3か月~半年度合いになります。簿記1級、公認会計士、税理士といったライセンスを持つケースは、独学で1か月度合いでコントローラーの称号が得られるなる確立があります。 受験費用は1万円度合いになります。経済や金融市場のグローバルしてお国境を越えた取引が進んでいます、国時的会計基本でのインフォメーション開示が多く求められるよ。になっています、外資系金融企業においてこのライセンスの需要が多くなっています。 外資系金融に転職しよう 今回は外資系金融の転職方法についてご紹介しました。外資系金融に転職したい方は今回ご紹介した転職サイト・コンサルタントを利用し自身にあった企業を見つけてみて下さい。

外資系金融への転職を成功させよう!

いかがでしたでしょうか。今回は外資系金融の転職方法についてご紹介しました。外資系金融に転職したい方は今回ご紹介した転職サイト・エージェントを利用し自分にあった企業を見つけてみて下さい。

関連タグ

アクセスランキング