ゲーム業界に飛び込む学生必見!Webゲーム企業の職種5つ

業界・企業研究

ゲーム業界に飛び込む学生必見!Webゲーム企業の職種5つ

更新日時:

Web系ゲーム開発の職種解説

Web系ゲーム企業の職種には主に次の5つがあります。 プランナー ディレクター プロヂューサー CGデザイナー プログラマー 全ての職種内容をあなたはご存知でしょうか?もし、まだ解説できるぐらいまでは知らない、という就活生は、下の詳細を参考にしてくださいね。

ゲーム企業職種1:プランナー

新しいゲームの企画立案をする職種です。一言にゲームといってもその種類は膨大です。今、どんなゲームがヒットするのか、どういう仕掛けが必要なのかを考え、企画書にまとめるのが主な業務になります。プランナーになるにはゲームの知識はもちろん、常にアイディアを探し続ける姿勢と出した企画に説得力を与えられるコミュニケーション能力も必須となります。ゲーム製作を手がける企業では、実務経験の豊富な社員がこの職種についていることが多いです。

ゲーム企業職種2:ディレクター

ゲーム製作全体の実務統括責任者の職種です。予算の配分やスケジュール調整、プロモーションなどゲーム製作のあらゆる面で最終決定する権限を持っていることが多いです。当然、すべての面に精通していることが求められるので、経験と実績のある社員が付く職種となります。会社の規模によっては、ディレクターとプランナーが兼任というところもあります。

ゲーム企業職種3:プロデューサー

ゲーム業界でのプロデューサーは主に予算面での実務に関わる職種です。プランナーやディレクターが持ち込んだ企画を会議にかけ、そのゲーム製作にかかる予算を決定する役割を担います。プロデューサー職には会社の中でも高い地位の社員、もしくは役員が担当していることが多いです。

ゲーム企業職種4:CGデザイナー

ゲームのビジュアル部分を担当する職種です。キャラクターや背景、アイコン、効果など幅広いCGを作成します。担当する分野によって画力やデザイン力が必要とされます。また、CGを作るには当然PCの基本的な操作やソフトの知識が必須となります。

ゲーム企業職種5:プログラマー

ゲームの企画書、仕様書に基づいてゲームを構成するプログラミングを担当する職種です。Web系ゲーム会社ではエンジニアとして募集していることもあります。指定されたプログラム言語を使ってゲームを形にすることが求められるので、高い専門的知識が要求されるのはもちろん、ゲームならではの感性が要求されます。

職種を覚えて説明会に挑もう

ゲーム製作で核となる職種は以上です。 ただ、上に挙げた職種はざっくりとし区分けなので、会社によっては微妙に違うこともあると思います。ですが、これだけ覚えておけば説明会やインターンの時に知らない単語が少し減ると思うので、ぜひ覚えてくださいね。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)