IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験でマーケティング職に就く方法・求人サイト|未経験者の面接内容と自己PR

転職事情

マーケティング職の仕事をしてみたいけど、未経験でもできるのか気になるところですよね。未経験でもできるマーケティングの求人サイトや必要なスキル、仕事内容について解説しています。未経験でのマーケティングの志望動機、自己PRも参考にどうぞ。

更新日時:

未経験でマーケティング職に就く方法

マーケティングといいますと、どのような仕事を思い浮かべるでしょうか。そもそもマーケティングというのは、簡単に説明するならば「売れる仕組み」を考え、提案することが主な仕事です。 マーケティングを提案する人のことをマーケターといい、お客さんの関心や社会の状況を情報収集や分析をその都度行い、各分野の状況を把握します。そして、マーケティングを提案する商品が売れるようなラインを作り出すこともマーケティングの仕事の1つといえます。

マーケティングの仕事内容

マーケティングといっても仕事内容は大きく3つに分類されます。1つは、各種調査をして、情報収集や分析を行うこと。マーケティングの仕事の基本は、調べることにあります。例えば、新商品を出そうとしているのなら、市場調査や街頭アンケートなどを実施し、どの年齢層をターゲットにするのか?どのような嗜好に合わせた商品にするのかなどを調べる必要があります。収集してきたデータを元に商品開発の改善やCM、宣伝活動などを提案します。

未経験でマーケティング職に就くには

未経験でマーケティング部門への職に就こう、もしくは転職しようと考えている人は、経営知識やマーケティングの商品の流通の流れや各分野の専門知識や経験などが活きてきます。新卒としてのマーケティング職の未経験は難しいところですが、新卒で募集をしているのならば、将来を期待するのであれば、マーケティング部門への新卒カードを使い、マーケティング職の経験と知識を勉強する機会にするといいでしょう。 また、前職で企画や管理職に就いていた人なら、マーケティング部門への転職はかなり有利といえることでしょう。また、広い視野でプランニングができる人も未経験でも採用してくれる場合があります。

マーケティングに向いている人は?

マーケティングの就職、転職をしようと思っても、未経験ならどのような人が向いているのでしょうか。マーケティング職に向いている人は、総じて数字に強く、そして流行りに敏感な人が向いているといえるでしょう。なぜなら、トレンドや市場は常に変わっているからです。常に流行りに敏感で新しいことのアンテナを張り巡らしておかなければなりません。マーケターの生活では、お客さんの価値観、暮らし、社会の状況や変化を知るためには、幅広い情報収集が必要になってきます。 そして、何が売れるのか、どのようなものが求められているのかなど、新しいことを発見したり、ミーハーな人がこの職種に向いているといえるでしょう。もちろん、未経験のマーケティング職志望者でも、このようなスキルを持っている人ならば、転職しやすいと思います。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

未経験のマーケティング職の求人に強いサイト

マーケティング職で未経験を探してもなかなか出てこない!そんな人の為におすすめの求人サイトをいくつかご紹介いたしましょう。転職サイトがほとんどですが、未経験のマーケティング職を募集しているサイトは下記のサイト以外でも見つかるので、じっくり探していきましょう。

未経験者の面接内容と自己PR・志望動機例

マーケティング職に就くには、未経験でも面接の内容は「なぜマーケティングを選んだのか」「分析は好きか?」などが問われることが多いようです。マーケティングの仕事のほとんどは、情報収集や分析、流行を追いかけたり、客の目線に立った需要と供給のバランスなどを日々見ることによって、商品をどう売り出すのかが重要になってくる仕事でもあります。自己PRや志望動機も「分析」「情報収集」などをテーマに書くことによって、未経験でもマーケティングへの興味があるということをアピールできるはずです。

未経験マーケティングの自己PR

私の得意なことは「人の要望を聞き、それを形にできる」ことです。日頃から友人や家族から「こんなのがあったらな」と言うので、どうしたらその要望が実現できるのか。または、形にできるのかを考えることができます。特に友人や世間で流行り物のアイテムがあれば自分で手作りをしてレシピを編み出したり、他の人に形にできないか相談したりして、実現に持っていくことができます。 例えば、パンケーキが流行り出したころには、地元でおいしいパンケーキ屋を見つけて、口コミサイトを作って運営したり、特定のファッションが流行ればそのファッションがどうしたら手軽にできるのかなど提案し、形にすることを目標とし、できる限り実行いたします。マーケティングにおいて、未経験ではありますが、人々の求めているものを探し出し、そして、商品化に向けて実現させることを私も提案させていただきたいです。

未経験がきついと感じる理由

研修制度が充実していない

どんな職種でも、未経験はきついと思ってしまいます。なぜ、仕事において未経験はきついのでしょうか。それには様々な理由が考えられます。それは、未経験はまだその職種を勉強できていない。経験できていないのに会社の為に即戦力になろうと思ってしまい、必死になって仕事を覚えようとしてしまうことが「未経験なのにきつい」と感じる理由でしょう。 当然、自分の得意な分野や経験で積んできた分野では自分の力を発揮できるかもしれません。しかし、誰でも未経験の仕事を即戦力並にやらなければならないと思ってしまうと、きついな…と思ってやめてしまいます。 誰でも仕事は始めはできていなくて当たり前なのです。さすがに新卒の人や中途採用の人が研修も受けずに現場にいても、ただの置物になってしまいます。未経験でも、仕事をきついと感じない、きちんとした研修制度を設けている会社に入ることができれば、未経験でもきついと感じなくなるようになるかもしれません。

向いていない仕事を無理やりやろうとしている

もう一つの理由は、その未経験の職種が自分に向いていないという理由があげられます。人は完璧な人は誰もいません。必ずしも得意なこと、不得意なことを誰もが持っています。「やればできる」「努力が足りないからできないんだ」という言葉をよく耳にしますが、いくらやってもダメな人はダメですし、覚えようとしてもなかなかうまくいかない人もいます。未経験でやってみたい仕事はたくさんあるとは思いますが、実際にやってみて「自分には向いてない」「自分はできると思った」など、仕事のミスマッチが起こることがあります。 仕事のミスマッチが起きた時、いくら未経験でも自分に向いていない仕事で、どうしてもやりたい。諦めきれない場合は、それは並大抵の努力と根性が必要となってきます。自分に向いていないのに無理やり未経験の仕事をこなそうとするのは、ストレスもたまりますし、次第に「きついな」と感じるようになってきてしまいます。そういった場合は、無理せず自分に合う仕事を探すというのも1つの転職方法といえるでしょう。自分に無理をさせれば、体を壊してしまいますから、無理のない働き方を目指していきたいものですね。

関連タグ

アクセスランキング