IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験で営業になる方法・未経験の営業が覚えるべきことは?

転職事情

最も幅広く潰しが聞く職種は営業です。未経験で営業になる方法、未経験の営業が覚えるべきこと、未経験者の面接内容と志望動機例、年齢別の未経験からの営業(20代〜50代)、未経験がきつい・不安を感じる理由などについてお話します。

更新日時:

未経験で営業になる方法

営業とは

営業は顧客の課題を解決するかを考える仕事です。相手に困っている点を把握し、解決策として自社製品を提案し、問題が解消されるという働き方をします。

営業の仕事の流れ

○情報収集・分析をし、見込み客へのアポイント ○面談時に、商材の紹介や提案・見積 ○顧客から声がかかれば、成約 ○商材を納品・提供 ○成約後も定期的なアフターフォロー、長期的な関係

営業スタイル

営業職を基本営業スタイルは以下の2種類でそれに商品と対象の2づつをかけた8種類に分類することができます。 ○営業スタイル  ○新規開拓営業(テレアポ、飛び込みなど)  ○既存営業(ルート営業) ○販売したい商品    ○モノ(有形)  ○サービス(無形) ○販売対象    ○対個人(B to C)  ○対法人(B to B)

新規開拓×モノ×対法人

○取引のない会社に自社製品を売り込み。ポイントは上層部へアポイント 取引のない企業に、自社製品を売り込むので、企業を訪問、電話をかける形態です。会社が新規製品を導入するには、決断力や体力が必要です。長い付き合いのある会社から買っているという理由で断られることも多くあります。会社が新製品を購入するには決定権がある上層部の了承がない場合、取引が成立しないことになります。この営業に求められるスキルは、上層部とのアポをどう取りつける、自社製品を導入で生じるメリットを売り込めるか」の2点になります。新規契約が成立した企業は、メンテナンスやプラスアルファの要望に応えていくといった「既存深堀営業」へ移行するので、非常に大きな利益を獲得することができます。

新規開拓×サービス×対個人

○サービスという実体がないものを売り込む:マーケティングもポイント 個人に対して、自社サービスを売り込む場合は、個人宅を訪問、電話をかけたりする方法になります。どんなサービスを提供するのかで、対象年齢、性別、家族構成などが異なります。地域にマーケティングを行うことで、効率よく営業できます。他の営業スタイルに比べてマーケティングが重要視されます。

新規開拓×サービス×対法人

○顧客との長い付き合い:サービス内容の言語化能力がポイント 企業に対して、自社サービスを売り込む、企業を訪問、電話をかける方法になります。対法人でなので、導入する決定権を持つ上層部との交渉が重要です。商品がサービスという無形物なので、分かりやすくサービス内容を言語化できるかがポイントです。導入後のメリットやアフターフォローで、定期的・長期的な付き合いのできる顧客へとなる可能性もあります。

既存×モノ×対個人

○既存顧客個人に:信頼を獲得し次の購買を導入 既に取引のある個人に対して新たなモノの販売を目指す営業です。1顧客と10年単位の付き合いになることもある世界です。営業マンの信頼度が重要となる営業方法です。

既存×モノ×対法人

○取引先企業に対し継続的な営業活動:新しい商品の提案力がポイント 既に取引のある企業に対して新たなモノの販売を目指す営業です。このスタイルの営業は、一見ラクそうですが、同業他社が多く競争が激しいということがあります。限られている店舗スペースで、いかに自社製品を取り扱ってもらえるか、製品をうまくPRできる人に向いています。

既存×サービス×対個人

○一度契約した個人との関係構築能力:コンサルティング能力がポイント 取引のある個人に対して新たなサービスの販売を目指す営業です。顧客の要望をヒヤリングし、その要望に答える提案をしていく必要があります、コンサルティング的素養が求められます。

既存×サービス×対法人

○取引先企業を深く理解:コンサルティング能力 取引のある法人に対して新たなサービスの販売を目指す営業です。コンサルティング的要素は必須です、相手が企業なので、広い視野で包括的に捉える力が必要です。自社サービスキャパシティも把握する必要があります、専門的な知識も現場の技術者と同等に必要です。顧客企業の状況、問題点等についても深く理解していない場合、適切な提案は不可能です。最も難易度が高い営業です。この営業で取り扱うサービスは高額なので年収も高くなります。

新規開拓×モノ×対個人

○多くの個人客への訪問:気力体力勝負 取引がない個人客に対し、売り込むために、個人宅を訪問したり電話をかけたりする訪問販売スタイルです。飛び込み営業は、初回は十中八九、断られます。商談成立の確立が最も低いスタイルです。新規開拓営業は断られて当たり前の強いメンタルが必要です。この営業を成功させるには、たくさんのお宅を回り、多くの人に会い、自社製品と自分の顔を知ってもらうことです。必要な素養は体力と気力です。

未経験者:新規開拓×モノ×対個人」

未経験から最も入りやすい営業は、新規開拓×モノ×対個人です。20代などの未経験若手は新規開拓営業から育てるという企業が多くあります。未経験者歓迎の求人は、新規開拓営業が多いのです。ルート営業も未経験者OK求人はあります。サービス(無形)商材を扱う営業については入社後に必要な知識が多く、複雑なので、対法人より対個人のほうが未経験者にとって最も門戸が開かれています。

未経験でも営業に転職できる人

未経験でも営業職の求人自体は他の職種に比べ多いので転職先が見つからなくて困るという事にはなりません。未経験から営業職を志望する場合、前職や商品知識、性格、年齢などにより適正がかわります。

専門知識:商品の良さをアピールしやすい

企業が扱う商品やサービス、業界の専門知識があれば、営業未経験でも採用の可能性は高くなります。メーカーやIT業界は、その傾向が強いです。職種が異なる場合でも業界経験のある場合や、商品やサービスの専門知識が豊富な場合は、スムーズに営業業務に取り組むことができます、企業に大事な戦力と受け入れらます。

共通点がある:生かせる経験を積極アピール

前職が転職先とリンクする場合、営業で活躍できる素質となります。販売職などの経験がある場合、コミュニケーション力、ニーズの引き出し方、セールス力が営業の仕事と関連します。

聞き上手:顧客の課題をつかむ

営業は実は話し上手であるより、聞き上手であることが、非常に大事な素質です。未経験営業マンにとって大切なのは、話や悩みをしっかりと聞けること、その悩みを解決することです。

年齢が若い:若いほうが有利

未経験から営業職にチャレンジする場合、若さは重要な素質です。若い未経験転職者は、長く活躍するという期待があり、未経験採用の可能性が高いです。どの分野の転職でも言われる40歳の壁を通過すると、採用の可能性は大きく減ります。挑戦したい場合は営業マンへの転職に有利な素質を自分が持っていること、若者にはない人生経験や、培われた忍耐力、冷静な判断力を武器にしましょう。

未経験営業に必要なスキル

交渉力

営業の最大の山場は契約をするかどうか、お客さんに迫るクロージングです。必要になるのが、交渉力です。条件を小出しにしたり、相手の条件を受け入れたりと、うまく商談をまとめる力です。

提案力

最初から話がうまくいくことはほとんどありません。ほとんどの場合予算の問題やトラブルが生まれます。こういったところでは提案力が必要になります。現状では解決できない状況を、代替案を提案して解決していく力です。

調整力

営業の仕事は全体を調整することともいえます。間に入って、仕入先・メーカー。そして上司、配送との調整することになります。注文の商品を届けるには、それぞれの協力が必要です、営業マンはそれぞれの調整を行う必要があります。営業マンに調整力がない場合、ばらばらになりもらった契約も没になる可能性があります。

自己管理力

営業マンは基本1人で行動しているので自分で自分を管理する必要があります。「自分ルール」を作ることが大切です。休憩する条件、時間、息抜きする時間など、細かく「自分ルール」がある場合迷うことはありません。

営業はチームプレー

営業はチームプレーな仕事です。必要なのが社内からの協力です。また上司からの協力がない場合、安い見積書が作れないことになり。お客さんを押しきることができません。また事務からの協力がない場合、自分でこなす事務仕事が増えてしまいます。また社外の取引先かの協力も不可欠です。仕入れ先の協力がない場合、仕入が安くならないので売れなくなります。

未経験から営業の転職先を探すコツ

まずは転職エージェントに登録・相談

未経験営業の仕事を探す場合、転職エージェントに登録します。転職エージェントのアドバイザーに相談すれば、未経験でも疑問や不安にも親身になって対応してくれます、志望動機や自己PRのアドバイスを参考にできます。在職しながらの転職活動の場合は転職エージェントは強い味方です。面接のスケジュール調整など助けしてくれる、心強いパートナーです。

転職サイトは「未経験者歓迎」にチェックを入れて検索

転職サイトで求人を探す場合、業種で営業を選択します、希望が固まっている場合は、ルート営業(既存営業)、法人営業などを選択します。未経験から営業職に就きたい場合は、未経験者歓迎、未経験者OKなどを選択して、求人を絞り込みます。

<例文>アパレル店長から文具メーカー営業への転職の場合 前職では、アパレル店舗の店長として、接客のみならず、来客層や購買履歴などを基にした販売戦略の立案や売上の分析なども積極的に行ってきました。 営業職は未経験ですが、顧客が20代から30代女性である点は前職と共通していますので、御社でも新規顧客拡大につなげることができると思い、応募いたしました。

「御社だから行きたい!」を全面にアピール

意外と見落としがちなのは、この企業だからこそ入社したい理由という部分が曖昧なことです。なぜ当社に応募したのですかという質問に対して大企業の有名な商品に携わりたかっただけだと、競合他社に転職すればいいのではと思う面接官もいます。企業の資料やホームページに目を通し、未経験でもその企業でしかできない希望をの自分の経験を交えて具体的にアピールすることが大切です。

○海外展開に注力している大手企業 グローバルな観点から、アジアに力を入れている御社の戦略に魅力を感じています。また御社は、健康を促進する食品を作っていますが、オーガニック農法を使っています。人間の健康のみならず、地球の健康に気を配っている部分に強く共感し、今回志望しました。

営業マンの人間的魅力

営業職明るさ、積極性、コミュニケーション力、体力などのイメージが浮かびますが、 営業の採用面接では、同様の人が多くいます、同じことをやっていても抜き出ることはできません。例えば、他者との差別化を図る場合には、頑張る「以外」の、あなたならではの強みが必要です。忍耐力、分析力、判断力といった長所をアピールしたり、営業に活かせそうな経験を具体的なエピソードにすることで、一味違った自己PRになります。

○営業未経験についての回答 私は営業職未経験です。前職では量販店の副店長として実質的に店舗運営を任されておりました、お客様を第一に考え、何事も主体的に考え努力する姿勢は、未経験ですが御社の営業職においても活かせると考えております。管理部門での経理担当の際には、事務処理システムを分析・提案などの経験もありますので、こうした経験も営業における顧客分析や営業戦略立案に有効に使えると考えております。

未経験の営業が覚えるべきこと

メーカー営業と商社営業

メーカー営業は、自社製品を扱う営業です、商社営業の場合は主に他社の製品を扱います。メーカー営業は自社の製品を取り扱うので、未経験でも豊富な製品知識がもちろん必要です。自社製品を売るために売り込む必要があります。豊富な製品知識をもとにお客さんの役立つ商品や使い方などを提案します。自分の力だけで営業している場合、顧客の裾野は大きくなりません。代わりに営業に行ってくれる人をお願いするのも仕事です。商社はメーカーの代わりに商品を販売します。他社の商品なので最低限度の知識しかありません。顧客の質問に答えられないケースではメーカー営業に質問したり、同行してもらい対応します。同行は商社の営業がアポイントを取り、場を設定しメーカー営業と顧客が商談をします。フォローアップは商社の営業がします。メーカー営業と商社の営業は役割分担をすることで売上の最大化を図っています。

法人営業と個人営業の違い

法人に営業は、アポイントを取って商品の説明を行い、見積もり後に受注という流れです。カタログ販売しているような商品の場合、値段が決まっているので、商談後すぐに受注となるケースもあります。未経験でも個人営業は、テレアポや個宅訪問、受付での来客対応が多く、分かりやすい商談ができるようにセールストークや販売スキルが必要になります。法人営業は他の部署の担当者や他社の担当者を、個人営業は知り合いを紹介してもらうことで、商談先の裾野を増やすことができます。

ルートセールスと新規営業の違い

ルートセールスとは固定客を回ることです、納品や商品の補充、顧客に顔を見せ、用事や情報がないかなどヒアリングします。既存顧客を回っているので、効率よく回るか、リアルタイムに顧客からの依頼をこなすかが売上アップのポイントです。対応力と段取り力もとても大切です。未経験で新規開拓のケースではテレアポや紹介によってアポイントを取り商談という形になります。新規開拓の場合はただ単に売り上げを上げればいいのではなく、継続して支払い能力がある会社なのかという与信管理も重要なポイントになります。相手会社が倒産して支払が滞る場合には自社にも被害が及びます、データ上の与信管理をして、様子を見ながら徐々に売上を増やすリスクマネジメントも重要です。

営業は足で稼ぐ

営業は足で稼ぐといわれますが、足で稼ぐ営業の時代はもう終わったという考え方もあります。モノがない時代は訪問数に比例して商品を売ることができました。ですから足で稼ぐ営業は特にモノがない時代に効果を発揮しました。

提案型の営業

ものが溢れてくると足で稼ごうなかなか稼ぐことができなくなります、次に説得して売るよう形態に変化していきました。現在のようにモノが余っていると、いくら説得しても要らないものを買ってくれる事はありません。時代は提案型の営業の時代になりました。商品やサービスによって、どんなメリットが顧客にあるのかを説明する顧客にメリットを買ってもらうようになりました。ソリューション営業という営業スタイルは、自社の商品やサービスだけでなく、関係する情報を加味させるなどトータルなセールスが重要です。開業する病院に対して診療プログラムを売りたい場合、開業に関するノウハウ情報を付け加えることで、顧客にとってより魅力的なサービスになります。営業をする上で顧客との接触回数は重要です。そういう意味で「足で稼ぐ」ことは否定できません。電話やメールなども含めた効率的な接触回数を増やす方法が現在の足で稼ぐ形なのです。

未経験者の面接内容と志望動機例

未経験でも:志望動機と自己PRのコツ

実際の履歴書・職務経歴書や面接時に質問される志望動機、未経験自己PRについて、未経験から営業職に転職する場合をご紹介します。

未経験でも営業職に興味がある理由を明確

志望動機においては、なぜ未経験から営業職に挑戦するのか、理由を伝えることが大切です。未経験で異業種からの転職のケースでも、前職との共通点や、マーケティングなど営業職に生かせる経験を具体的にして、アピールすることが大切です。

年齢別の未経験からの営業(20代〜50代)

20代

社会経験の少ない20代が未経験で異業種へ挑戦する場合、未経験は会社からはどのようなところを評価されるのでしょうか?

未経験でも可能性や潜在的な能力を重視

20代の転職は、企業が未経験のポテンシャル(可能性や潜在的な能力)を感じた場合に採用という形になります。未経験でも、人柄や従事してきた仕事の姿勢や評価などから判断し、未経験でも採用をしてくれるケースがあります。

未経験で異業種への転職は20代が有利

20代が終わり30代、40代になると転職市場の価値が変わり、採用基準におけるポテンシャルウェイトが小さくなります。年齢を重ねた場合、多岐にわたる能力と経験が要求されます。この事から、未経験で異業種に挑戦したい気持ちがあるのであれば、未経験の20代のうちに挑戦した方が良いといえます。

30代

未経験で30代での転職は、あなたが今まで培ってきた経験や知識を企業が求め、それにマッチした時が採用に繋がります。つまり、未経験である場合、異業種でも、重ねてきた経験や知識などが、転職先で有用なものであれば採用の機会はあります。30代を過ぎると転職市場で求められる能力は技術的でなくマネジメント能力になります。

年齢に見合った能力

転職市場で、年齢は経験値を判断する要素です。未経験で異業種にチャレンジしたい場合、年齢に見合った能力が重要です。企業において、30代はどのような役割を担っていますが。入社して10年以上の中堅社員は昇進が早かった場合、部下を持っていくつかのプロジェクトを任されていることもあります。この年代は、会社にとって非常に重要な年齢層です。この年代が中核を担って、実際に利益部分を任されている実行部隊という存在です

営業力

営業力は、ノウハウが無くても、人に伝える力があれば、未経験でも営業は可能です。

統括力

統括力、部下を統率する力をさします。これには、営業力という実績が伴っている場合説得力がありよりよいですが、性格や仕事に対する姿勢でも部下は付いてきてくれます。いくら実績があっても性格や部下に対する態度が悪い場合は部下は付いてきません。重要なのは、1人で仕事をしているのではないという事です。チームで仕事をしている認識が重要です。

実行力

実行力は、組織の目標や自分が部下に課した事は、自分でも出来る必要があります。言うだけででは、部下達も離れていきます。実行力は統率力と対になっているという考え方です。営業の経験が無い場合でも、培ってきた経験は、組織を運営する上で重要です、未経験でもネガティブにならず、可能なことをアピールしてください。

40代

転職活動の場合、異業種からの転職という場合は基本的にどの業界でも厳しいものです。未経験で年齢が40代にさしかかっている場合は、新しいことを覚えたり、臨機応変に物事に対処する能力が衰えるので、転職活動も難航していきます。

40代で未経験だからといって転職出来ないわけでない

40代という年齢でも、異業種から営業・コンサルタントの仕事に就くという方はたくさんいますので、未経験だからといって、不可能というわけでもありません。

忍耐力と精神力

異業種から営業・コンサルタント転職で、いちばん必要なポイントはやる気です。年齢が40代になっているケースでは、体力的に変化を感じることがあります、精神的にまだ若いという部分もあるので、未経験でもやる気さえあればどうにかやっていけます。営業・コンサルタントの仕事は、商品やサービスなどを売るためのセールスが必要なので、打たれ強いことが大切です。たとえ断られても、あきらめたり、へこたれてしまうようでは、役に立ちません。忍耐力と精神力を持っている場合、営業経験がなくても、可能な仕事です。やる気がもっとも必要とされる職種なので、年齢が40代以上でも問題はありません。

未経験がきつい・不安を感じる理由

お金

最も多い辞めたい理由は、給与や福利厚生に関するものです。仕事のやる気にお金が大きく影響します。働きが給与と見合ってないのでは?、今の会社で給与アップは見込めるのか?など疑問を持ち始めた場合、仕事のモチベーションはどんどん下がっていきます。仕事の「好き」や「あこがれ」では越えられない「お金」の壁は高いようです。

人間関係

お金と並んでやめたい理由が多かったのが人間関係でした。細かいことが重なってストレスになっているケースや、明確に悪意がある態度を取られている場合など様々なケースがあります。人間関係を気にせずに、仕事の成果を出すことがベストですが、職場にはいろいろな人がいます。一緒にいる時間も長いので、人間関係の不満がたまりやすいといえます。

仕事内容

仕事には1日の多くの時間を費やすします。仕事を好きになれない場合、人生の貴重な時間を無駄にしている事にもなります。働くのはお金を稼ぐ手段と割り切ることができれば問題ありませんが、仕事内容を好きになれない、自分の性格や能力に合わないケースでは「辞めたい」という気持ちが強くなります。

労働時間

忙しい分だけ、仕事の経験やスキルは身に付いており、一つの仕事の区切りには、それなりにがあるので退職を決断できない。こういったケースでは気持ちより先に体力に限界を感じ辞めることになるようです。

社風

将来性や社風は一個人では状況を変えることはほぼ不可能です。入社前には気づかなかったダークな部分を垣間見て、例えば数カ月後会社が存続が難しい財務状況を知ってしまった場合など、この会社にいて大丈夫、早々に辞めたほうがいいとなり退職の気持ちが大きくなるようです。社風や職場の雰囲気が合わない場合自分の居場所はここじゃないという疑問が膨らみ、辞めたいようになるようです。

評価

一生懸命取り組んだ仕事でも、正当な評価が受けられないことが連続すると、仕事への意欲が低下し、辞めたいということになります。パワハラ・セクハラまがいの不当な扱いを受けている場合など、存在自体を否定されているような気持ちになります。自分の仕事を全うして、正当な評価を受けるというごく全うなことが、当たり前ではない職場多くあります。

働きたくない

仕事がイヤで辞めたいだけではなくそもそも働きたくない場合もあります。昼まで寝ていたい、好きなことだけして暮らしたい、お金はいっぱい欲しいなど正直な意見です。

どうしたら仕事を好きになる

一度仕事が嫌になる場合、不満がどんどん大きくなる場合があります。大切な時間と労力を注ぐ仕事を楽しめないのは時間がもったいないだけでなく、パフォーマンス低下になります、それに従って辞めたいという気持ちも大きくなります。こういった場合は自分を冷静に見るのが大切です。仕事や会社が嫌な理由を紙に書き出してみます。人間関係、業務内容などの問題点を見極めて、できるだけ具体的に明記するのがポイントです。その項目に対して改善策を書き出し、可能なことから実行していきます。視野を広げて、小さなことから少しずつ行動することで状況や心境が変わるので、すぐに辞める決断をせず、仕事に前向きに取り組むことできるようになります。

やめるリスク

状況を打開できないケースでは、辞めて転職するのも一つの選択です。決断をする前に、辞めると発生するリスクを検討する必要があります。転職先を決めずに辞めるケースでは、貯蓄がない場合、先の見えない転職活動に不安などがあります。手続き面においては、退職に伴う社会保障の切り替えや納付などが必要になってきます。たとえ理想と思った会社の場合でも、働き出せばイメージとのギャップは必ず発生します。すべてを満たす転職はほとんどありません。現職に不満がある場合、転職した場合のメリットが大きいですが、感情や半端な覚悟で進めるにはリスクが大きいことも考える必要があります。辞めるリスクをすべて想像して、次の仕事で実現したい事や大切にしたい事を熟慮して、転職後5年後、のイメージを作ってみてください。現職で改善を検討する道と転職する道どちらが好ましいかを検討してください。

やめる前に

辞める場合に退職前に必要なことがあります。 ○現職で実績をつくる:応募企業は実務での貢献度を判断したいものです。売上上位に入る、重要企画を通すなど目標を達成しアピール実績にしてください。 ○希望職種の資格:資格はスキルの目安なので、希望職種に役立つ資格がある場合挑戦してください。 ○専門外でのスキルアップ:専門外で伸ばせる分野などスキルアップを心掛けてください。経理×英語など複数のスキルは強力です。 ○迷いは相談:辞めるべきか迷いが出てきたケースでは、周囲に相談をしてください。信頼している人から客観的な意見で思い込みが消え、解決策が見える場合があります。 ○会社不満封印:社の不満は封印し、成長させてもらった事に感謝する姿勢を基本に持ちましょう。

営業転職につよいエージェント

リクルートエージェント

営業職の求人数:約40,000件(非公開求人含む) 営業職種:企画営業、海外営業、代理店営業、MR、カスタマーサービス、消費財、コンシューマ向け製品営業、工業製品営業、IT・ネット関連営業、広告・販促営業・アカウントエグゼクティブ(AE)、人材営業、金融・保険営業、住宅・不動産営業、MR・医療機器(医療関連営業)、販売職・カウンターセールス、コーディネーター・仲介(人材マッチング・ブライダルなど) 得意な業種:IT・通信業界、Web・インターネット業界、機械・電気・電子業界、総合商社・専門商社、物流・運輸業界、流通・飲食・消費財・店舗サービス業界、旅行・スポーツ・エンターテイメント業界、マスコミ・広告業界、人材・教育・アウトソーシング業界、コンサルティング業界、金融・保険業界、建設・住宅・不動産業界 面談オフィス:関東:東京都(丸の内、立川)、神奈川県(横浜)、埼玉県(大宮)、千葉県(千葉市中央区)、栃木県(宇都宮市) 関西:大阪府(大阪市北区)、京都府(京都市下京区)、兵庫県(神戸) 東海:愛知県(名古屋)、静岡県(静岡市駿河区) 中国:広島県(広島市中区)、岡山県(岡山市北区) 北海道・東北:北海道(札幌市)、宮城県(仙台市) 九州:福岡県(福岡市中央区)

type転職エージェント

営業職の求人数:約1,700件(非公開求人含む) 営業職種:法人営業(直販)、法人営業(代理店/販売店/開拓・管理)、リテール営業(個人向け営業)、内勤営業/カウンターセールス、海外営業 得意な業種 IT・通信、WEB・インターネット、メーカー、商社・流通、コンサル、メディカル、医薬品・医療機器、金融、人材・アウトソーシング、サービス、店舗・小売り・外食、メディア、住宅・不動産関連、生活・インフラ、建築・土木 面談オフィス:関東:東京都(赤坂)

doda

営業職の求人数:約7,000件(別途、非公開求人あり) 営業職種:IT営業、半導体・電子部品・エレクトロニクス製品営業、自動車・装置・機械製品営業、原料・素材・化学製品営業、医療営業、食品・日用品・消費財営業、建設・土木・不動産・住宅営業、金融営業、広告・メディア営業、人材・求人広告営業 得意な業種 IT・通信、インターネット・広告・メディア、メーカー、商社、金融、建設・プラント・不動産、人材サービス 面談オフィス:東京(丸の内・浅草橋)・神奈川(横浜) 愛知(名古屋)・大阪(大阪)・京都(京都) 広島(広島)・福岡(福岡)・北海道(札幌) 宮城(仙台)

営業は未経験でこそ生かせることがある

いかがでしょうか? 今回は未経験での営業についてお話ししていきました。 ぜひ未経験でも力を発揮できる営業で働いてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング