IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

作業療法士の給料/年収/資格/国家試験|作業療法士になるには

職種研究

リハビリテーション職とも称される作業療法士ですが、どのような仕事かと思う人も多いのではないでしょうか。この記事では、作業療法士の給料・年収・資格について紹介します。作業療法士になりたいと思っている方はぜひ読んでみて下さい。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

作業療法士とは

どんなことをする人?

作業療法士とは、医療従事の一つの職であり、リハビリテーション職と称されてもいます。なお、名称は厚生労働大臣の免許を受けて、作業療法士を初めて使うことができるようになります。 具体的な仕事内容なのですが、まずリハビリのサポートになります。例えば、入浴や食事などの基本的な日常動作、リハビリとして手工芸、園芸などをしてもらったり、レクリエーションなどの作業を通して身体のリハビリの手伝いをすることがお仕事になります。肉体的なことのみならず、精神に関するケアなどもその職務内容に含まれることがあります。まさに身体と心のリハビリテーションの専門家である、といえるわけです。

作業療法士の給料・年収

どのくらい稼ぐことができるのか

大よそ、年収としては350万円〜450万円程度になります。サラリーマンの平均年収程度、ということになりますから、高いとはいえないのですが低賃金というわけでもないです。 また、これはどんな職にもいえることになりますが、雇用形態や働いているところにも大きく賃金が左右されることになります。作業療法士のアルバイトやパートというのは、そこまで多いわけではないのですがそれでもいくらかあります。時給でいえば1800円オーバーになりますから、決して低いレベルの時給で働くような仕事であるわけではないことがわかります。働くところですが、児童デイサービスや発達障害児センター、病院など本当に色々とあります。医療系の仕事になりますから、関係してくるところは物凄くたくさんあります。施設の規模が小さいですとどうしても給料にダイレクトに響くことになりますから、少しでも高い給料としたいのであれば大きなところで働くのが基本になります。

全体的に高給とは言いがたいのですが、医療関係の仕事ですし、仕事自体は一杯あります。まして、高齢化社会が進む中で作業療法士の役割はこれから間違いなく重要性を増すことになります。年収が実力次第で青天井、といったようなタイプの職ではないのですが、社会的に強い公益性がありますし、医療関係は仕事がたくさんありますから、年収の額面以上に価値がある職であるといえるでしょう。

作業療法士の資格・国家試験

資格として

作業療法士というのは、資格職になります。資格があってこそ、作業療法士を名乗ることができます。 まず、受検資格があります。それは『文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した作業療法士養成施設において、3年以上作業療法士として必要な知識及び技能を修得したもの』となっています。卒業見込みでも問題ないことになっています。ですから、誰でも受検できる国家試験ではない、というのは知っておくと良いでしょう。

合格率自体は70%から80%であり、基本的には受けることができる受検資格を得ている人であれば大半は合格できる、といえるでしょう。一回で合格しないといけないわけではありませんから、仮に落ちたとして次の年に挑戦すればよいことでもあります。

試験内容

試験内容ですが、筆記試験と口述試験及び実技試験になります。筆記試験としては、一般問題及び実地問題に区分しています。ちなみに点字試験もあり、その人に対しては実地問題については行わないことになっています。視覚障害者に対しては、弱視用試験又は点字試験による受験を認めています。 また、点字試験受験者に対して、試験問題の読み上げの併用による受験もできます。一般問題ですが、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学、リハビリテーション概論、臨床医学大要(人間発達学を含む)に加えて作業療法になります。

また、実地問題ですが、運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含)に加えて作業療法についての問われることになります。口述試験及び実技試験ですが、点字試験受験者に対してはこれまた実地問題に代えて運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)に加えて、作業療法を行うことになります。ちなみに受験料は10100円と割と高い設定になっています。

勉強の方法

勉強のやり方ですがそもそも受検資格がありますから、そこで学ぶことが問われることが多く、基礎はできているといえます。特に学校を卒業する人、している人はそこで学んだことが殆ど作業療法士の国家試験対策として学ぶことなりますから、基礎部分は十分であるといえるでしょう。 しかし、キチンと自分で勉強をしないと合格までは遠い、ということも自覚しておきましょう。対策試験問題集などを購入して、しっかりと過去問などもどんどん解いていくことです。実地試験に関しても学校であればキチンと対策をしてくれますから、まずはそれを基本にして過去問はほぼ完璧にしておきましょう。どんな試験にもいえることはありますが、繰り返して勉強することが作業療法士の国家試験に合格する為には必要になってくるのです。

作業療法士になるには

なるまでのプロセス

まず、学校に行くことがベターでしょう。国家資格がないと作業療法士として働くことができないのです。そして、前述の通り、作業療法士の国家試験には受検資格があります。施設で3年以上、という受験資格を方法もありますが、多くの場合、作業療法士の養成課程がある大学、専門学校や短大などで所定の課程をキチンと履修、修了することによって、受検資格になります。作業療法士の養成課程がある学校はたくさんありますから、ここしかない、というわけではないです。 しかし、学校によって在学期間が違うことになりますし、またカリキュラムについても微妙に違っていたり、また大きなところでは学費なども違うのでじっくりと選ぶようにしましょう。そして、卒業見込みとなりましたら試験を受けて、合格できれば念願の作業療法士として働くことができるようになります。 ですが、当然ながら就職をして初めて作業療法士として働いている、といえるわけであり、就職活動をすることになります。実は合格発表が4月であり、一般的に新卒で就職する場合は4月に入社になるわけですから、その前に就職活動はする必要があります。合格することを前提に採用、ということがよくあります。合格できなかったらどうなるのか、採用は取り消しなのか、というのは確認しておいたほうがよいでしょう。 肝心の就職先、つまりはどこで作業療法士として働くことができるのか、といえば色々とあります。病院関係がまずは筆頭として挙げることができますし、老人保健施設、介護施設、障害者福祉施設もそうですし、児童養護施設なども作業療法士の活躍の場になっています。ともかく、作業療法士になるためにはまずは受検資格を得て、国家試験に合格して就職する、というプロセスになります。

これからがますます期待されている

高齢化社会が進むことが確定的になっている現代において、リハビリなどの指導をする作業療法士は今後ますます期待されていく、重要な役割を果たすことになるでしょう。極めて高給職というわけではないのですが、それでも十分に生計を立てることができるレベルではありますし、医療系というのはやりがいを感じることも強くあることでしょう。 まず、基本的には学校に行くことになりますから、学費がかかることになりますが卒業して、合格できれば就職をすることは難しくないでしょう。それが作業療法士の一つの魅力であるといえます。社会的にやりがいを感じることができますし、自身の身を立てることも十分にできるわけですから、実によい医療形の職といえるのです。 さすがに作業療法士として独立することはほぼできないのですが、仕事先に困ることはないでしょう。経験を積んでいけば定期昇給もありますし、なかなかの給料まで上がることもできるのです。

関連タグ

アクセスランキング