IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

破天荒の意味・類語|破天荒な人の特徴や性格・破天荒な人生とは

更新日:2020年08月14日

言葉・雑学・歴史

破天荒という言葉の意味を本当に理解しているか不安だという方も多いのではないでしょうか。この記事では破天荒な人の特徴や性格、破天荒についての本当の意味について紹介します。破天荒について知りたいという方は、ぜひ読んでみて下さい。

乱暴とか豪胆、豪放という意味合いで使われることがよくありますから、あの人はいつもどんどん押してきて破天荒な人だ、という言い方などです。これは明確に誤用であるといえるでしょう。ポイントになるのは実績があってこそ、破天荒という言葉が使えるようになり、性格などは基本的には関係ないというのが破天荒になります。 破天荒な人、破天荒な人生というのは、良い意味で使われることになりますから悪い意味で使う言葉としてはほぼ誤用ということになります。間違いがち意味合いをよく知っておき、そうではない意味で、キチンと正しい意味合いで使うようにしましょう。言葉は正しく使ってこそ、なのです。

実際にどうなのか

とある調査では破天荒の正しい意味合いを知っている人は4割程度、というがあります。 つまりは、間違って使っている人のほうが多い言葉でもあるわけです。それは例えば役不足などにもいえることになりますが、間違って使っている人のほうが多い場合、言葉としてはどちらが使うべき意味合いとして強くなっているのか、というのがとても判断が難しいことになります。 それは破天荒にもいえることであり、誰々を破天荒と呼ぶときには注意した方がよいでしょうが、自分がそういわれたときに意味合いが明らかに違う意味で使われてい多としても別にその都度、指摘するべきでもないでしょう。言葉で問題になるのはとても大事な契約なりで意思疎通としてきちんとお互いに認識が一致しているときなどにキチンと正しく意味を使うのは当然として、破天荒という言葉はあくまでそんなに大事な場面で使うわけでもありませんし、極端に正しい意味合いこそが重要、というほどではないのです。 もちろん、正しい意味合いを知っておくべきではあります。一種の教養になりますし、また正しい意味を知っている人と話すときにはそれを意識するべきではあります。ですが、極端に正しい意味に拘ってその場の雰囲気を壊したりするようなことはしないことです。 言葉遣い、意味合いにおいてとても大事なことはそこにあります。破天荒は正しい意味合いで使えばそれは良い意味なのですが、乱暴的な、という意味で使っている人もいるわけであり、そうした意味で理解している場合、人のことを破天荒と呼ぶと非常に問題になります。言葉は正しく使うことがベストではあるのですが、問題はその意味が世の中でキチンと普及しているのか、という点にあるといっても過言ではないでしょう。そうした言葉の一つが破天荒であるわけです。使うことは一向に構わないのですが、どんな意味合いで使うのか、ということは良く考えてから使いましょう。それが破天荒という言葉を使うポイントになります。

破天荒はいい意味で使うのが正しい

以上のことから、破天荒の間違った使い方や本当の意味が分かったでしょうか。まとめとして破天荒とは悪い意味で使うのではなく、仕事面やプライベート面でのいい意味で使うのが正しいということです。言葉の意味を知って正しく使いましょう。

初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング