IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「財務分析」の指標と方法とは?エクセル管理法・役立つ資格や本

更新日:2020年08月14日

資格・検定

「財務分析」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?様々な指標を見て、そのデータ、数字を分析し、その会社の収益性や安全性などを分析することをいいます。今回は、財務分析の指標についてや、資格と管理方法についてもご紹介します。ぜひ読んでみてください。

財務分析のやり方というのは、しっかりと様々な本があります。いくつも良い本がありますから、それを参考にして知識を得たり、或いは実際の財務分析に役立てるとよいでしょう。 まず、「財務分析の基本」がすべてわかる本、というのがあります。安藤 充 (著) で価格もお手ごろであり、財務分析の基本がはっきりとわかりやすく書いていますからお勧めできます。財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方、もお勧めできます。経営、という観点から説明しているところがなかなか使い勝手がよいです。決定版 ほんとうにわかる経営分析、という本もお勧めできます。これも経営という観点からの説明がされているところに魅力があります。

財務分析の方法

どんな財務分析があるのか

財務分析とは、収益性、安全性、生産性、成長性を測ることが目的になります。その方法は二つにわけることができます。それが実数分析と比率分析になります。 財務諸表の実数をそのまま利用して財務分析を行う「実数分析」と財務のデータの実数を何かしらの比率として表す、或いは計算をして比較していく「比率分析」があります。基本的に財務分析の方法としてはこの二つの方法があります。どちらにもメリットはあるのですが比率分析のほうは感覚的にはなかなか理解しにくいことがありますから、注意しておきましょう。

財務分析のスキルを持つ

経営コンサルタントなどは当然としても、経営者、或いは幹部級ともなりますと財務分析のスキルは持っていた方が良いでしょう。企業の状態が一体どのようなものであるのか、ということを把握することができるからです。或いは投資などをするときに財務状況を把握するために活用することもあります。株式投資などをするときにはこうしたスキルがありますと何かと上手くいく可能性がとても高くなります。経営を見る重要なやり方はやはり数値です。 そして、決算報告書などからそれを読み取ることができるスキルというのは社会人としてはとても役に立つ可能性がありますので、財務分析のスキルは持っている価値があるといえるでしょう。資格としては簿記関係、或いは中小企業診断士などの資格を目指すことによって財務分析の能力の基盤となることがありますので、並行して目指してみることをお勧めします。既に見るべき指標は確立されていますので、やり方もキチンと決まっているので意外と覚えやすいことでもあります。

初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング