IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

来年就活する大学生にオススメの就活テーマ小説10選|「何者」「就活戦線異状なし」など

ライフスタイル

早めのうちに足先を踏み込んでみると、他の就活生よりも一歩先に業界知識や就活情報への感度が上がり、自分に足りないものを吸収する時間をたっぷり確保できます。今回は就活をテーマとした小説を10コ紹介しいます。物語としてだけでも面白いので、次読む小説が決まっていない学生さんはぜひ1つ書店で手にとってみてください。

更新日時:

1 石田衣良「シューカツ!」

1人の女子大生が立ち上げた「シューカツプロジェクト」をめぐる物語です。個性豊かな7人の仲間たちの葛藤、苦悩や恋愛模様が描かれています。 テーマは就活ですが、青春物語としても楽しむことができるはず!

2 朝井リョウ「何者」

就活の中で揺れ動く若者の心理がメインのストーリーです。登場人物は学生団体のリーダーや海外ボランティア経験者など、新入生にも想像しやすい設定となっています。 SNSが登場するなど、今の就活事情を反映していると思しき箇所も。映画化もされて、現在最も就活をテーマとした小説で話題沸騰している小説です!

3 三浦しをん「格闘する者に○」

マイペースに日々を過ごす女子大生の可南子。そんな可南子が次々と襲い来る過酷な就活戦線に立ち向かっていく物語です。 内定が取れない主人公と呑気な友人たち、年上書道家との恋愛模様。青春ストーリーで、就活生以外でも楽しめること間違いなし!

4 羽田圭介「ワタクシハ」

高校生でバンドデビューを果たすも、解散し売れないギタリストとなった太郎。就職氷河期の時代の中で、内定獲得のために奔走する姿をリアルに描いています。 就活がまだの人も、すでに終わった人も必読の一冊です。

5 生田紗代「タイムカプセル」

不思議な少年と出会ったことで、日常に変化が訪れる主人公の物語です。主人公の従姉妹は就活の面接を60回敗退するという記録を保持 就活生目線ではなく、客観的にどう描いているのか気になるところです。

6 有川浩「フリーター、家を買う」

2010年に嵐の二宮和也さん主演でドラマが放送されたので、知っている人も多いはず。会社を3カ月で辞めた25歳のフリーターの就活模様を描いています。 主人公が成長する過程と、家族の絆を描いたストーリーに勇気をもらえること間違いなし!

7 久保寺健彦「ハロワ」

タイトルの通りハローワークが舞台になっている小説です。ハローワークの相談員、28歳男性の奮闘記。 求職者には様々な心の葛藤がありますが、支える側の相談員にも様々な悩みがあるんですね。

8 朝比奈あすか「あの子がほしい」

就活生ではなく採用側の企業目線で書かれた、新しいタイプの小説。面接で見られているポイントや、採用側の苦労が描かれています。 採用する側の気持ちが分かれば面接もリラックスして臨めるかも

9 杉元伶一「就活戦線異状なし」

マスコミ業界を目指す大学生の物語です。「就活とは何か」ということを考えさせられます。 1991年に公開された、織田裕二さん主演の映画も必見!

10 荘司和良「シュウカツ」

就活に苦戦する女子大生を描いています。時に友人が落ち込むこともあるかもしれません。 落ち込む友人を支えてあげることも、時には大切なことですよね。

小説から就活の雰囲気を知ろう!

いかがでしたか?就活中の人はもちろん、これからの人にも読んでもらいたい本ばかりです。 来年、再来年就活生になる方は、ぜひ小説で就活の空間を眺めてみて、就活までにある時間をどう使うのか、じっくり考えるキッカケにしてみてください!

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)