IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験者がプログラマーになる方法・求人サイト|年齢目安/志望動機

転職事情

今回は「未経験者からプログラマーになるには」をテーマに、未経験者がプログラマーになる方法や求められるスキル、未経験者のプログラマー求人に強いサイト、未経験からプログラマーになれる年齢の目安、未経験のプログラマー志望の際の志望動機などをご紹介したいと思います。

更新日時:

未経験者がプログラマーになる方法

今回は「未経験者からプログラマーになるには」をテーマに、未経験者がプログラマーになる方法や求められるスキル、未経験者のプログラマー求人に強いサイト、未経験からプログラマーになれる年齢の目安、未経験のプログラマー志望の際の志望動機などをご紹介したいと思います。

プログラマーとは

プログラマ(Programmer)とは、コンピューターのプログラムを作成する人全般を指す。プログラマーとも表記される

プログラマーは、とても広い意味で使われるため、同じプログラマーでもスマホアプリやモバイルアプリなどのアプリケーション開発をしている人や、システムソフトウェア開発者、システムエンジニア、ソフトフェア技術者などがあり、同じプログラマーという括りの中でも細分化していくと、業務内容が全く異なるという場合が多々あります。

未経験者からプログラマーになるには

プログラマーの仕事では基本的に複数のプログラミング言語を業務で使用するため、就職する際には多少はプログラミングの知識が必要になることが前提になってくるのですが、未経験者から独学で勉強をする際に、何から進めていけば良いのか戸惑う人も少なくないでしょう。未経験からプログラマーに就職する際に、勉強しておくと就活時に有利になるプログラミング言語の種類やスキルなどについて紹介していきたいと思います。

プログラマーに求められるスキル

プログラマーといっても細分化した際に、求められるプログラミング言語やスキル、開発言語が異なってきます。たとえば、アプリケーション開発をしている人とソフトフェア開発をしている人とでは、好まれて使われる言語や、開発環境なども違ってきます。 そのため、自分がプログラマーになってどういう内容の仕事をしたいのかをある程度絞ってから、その業種に好まれやすい開発言語や関連するスキルを身につけていくことが独学で勉強をはじめる前の段階で重要になってきます。 下記は代表的なプログラミング言語とその特徴について簡単にまとめたものです。 ■C言語 システムソフトフェア開発において好まれて使われる傾向があります。電化製品や自動車、生産工場の機械、パソコンにインストールするパッケージソフトなどの組込み用マイコンとして使用されることが多く、近年話題になっている人工知能の分野での効率性が重要となってくるプログラミングの際に活躍が期待できる言語仕様となっています。 C言語を使えるハードウェアは本当に幅広いため、あらゆる分野に適応できる言語だと言っていいでしょう。JAVAやC++、Objective-C、C#などの他の様々なプログラミング言語に影響を与えていますので、C言語を学んでおけば他のプログラミングの仕組みも大体掴めてしまうかもしれません。 ただC言語は近年必要性が増しているオブジェクト指向言語ではないため、こまめに機能を拡張する仕様のものでは効率面で不利になることもしばしばあります。 ■C♯ マイクロソフト社が開発したオブジェクト指向型プログラミング言語です。書式がC言語にとても似ていますので、C言語をすでに学習している人にとっては習得するのにそこまで時間がかからないかもしれません。 今主流のオブジェクト指向を取り入れたプログラミング言語であり、Windowsアプリだけでなく、プレイステーション3やiOS、Androidアプリなどアプリケーション開発にとても適した言語仕様となっています。マイクロソフト社がサポートしていることもあり、今後も需要が安定して伸び続けていくことが期待できます。 ■JAVA 2016年のシェア数が一番多く、プログラマーに最も使われているプログラミング言語です。web上などのオンラインで動作することのあるアプリケーションの開発にしばしば使用されます。web上でFXや株などを取引する際の業務用アプリケーションなどではJAVAが使われることが多い傾向があります。 またAndroidアプリ開発において、グーグルのサポートしている言語がJAVAだということもあり、スマホアプリ開発の分野ではJAVAがある程度は理解できることが必須になってきます。他の言語と比べて習得難易度が低い方ですので、初心者にとっては学習しやすい言語かもしれません。

未経験者のプログラマー求人に強いサイト

プログラマーになるためには、情報系の大学や専門学校などでちゃんと知識をつけていないと就職や転職が難しそうだと思う人も少なくないはずです。経験者と未経験者では経験者が有利であることに変わりはありませんが、全くの未経験者のプログラマー求人の募集も少なくありませんので、決して未経験者の参入が難しいというわけではありません。そんな未経験者のプログラマー求人に強いサイトをいくつかご紹介していきたいと思います。

Find Job!

プログラマーを細分化していき、自分が具体的にはどんな仕事に就きたいのか、ある程度定まっていると効率よく自分にあった求人を調べることができます。たとえば、かなり具体的に、Unityでスマホアプリを開発するような求人に応募したいと思った時に、「Unity」「未経験」と検索すると求人を絞り込んでくれます。 この求人サイトでは、CGデザイナーや、webデザイナー、グラフィックデザイナーなどのプログラマー以外での求人も多数募集しているのですが、基本的にはコンピュータ関連の求人情報ですし、未経験での求人が多数掲載されていますので、未経験のプログラマ求人はもちろん調べることができますし、それ以外の他の魅力的な職業もチェックすることが可能です。ハローワークなどの職業安定所にはないプログラマ関連の案件も多数掲載されていますので、就職や転職の際には参考になるかもしれません。

paiza

この求人サイトでは、言語別・フレームワーク別の求人を調べることができますので、自分の興味のある言語での求人情報を知ることができます。逆に自分の興味のある職種の使用言語も簡単に調べることができます。 また、一つ一つの求人に通過ランクが設定されていますので、その求人は初心者向けの求人なのか、プロフェッショナル向けのものなのか一目で確認することができます。

未経験からプログラマーになれる年齢の目安

未経験からプログラマーになれる年齢の目安を知るためには、求人情報を参考にすることが必要になってきますが、それ以外にもプログラマーの平均年齢と平均経験年数を知ることで、平均経験年数を平均年齢から引けば、プログラマーになった平均年齢を算出することができるため、プログラマーになれる年齢の目安となりそうです。 プログラマーになった平均年齢ですので、プログラマーに就職できる年齢は、それよりも高くても問題ありませんが、プログラマーの平均年齢はデッドラインになってきそうですので参考にしてみましょう。

未経験からプログラマーになれる年齢目安

■プログラマの平均年齢 平成27年度の厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、プログラマーの平均年齢は32.7歳という結果でした。32.7歳という数字が未経験者からプログラマーになるためのデッドラインになるかもしれません。 ■プログラマの経験年数 同調査によると、プログラマの平均経験勤続年数は、6.2年という結果でした。平均勤続年数=平均経験年数とは言えませんが、平均年齢からこの勤続年数を引いて出た値が未経験からのプログラマーになる年齢の一つの目安となってきそうですね。ここでは、その計算結果をプログラマーになった平均年齢としています。 32.7歳(平均年齢)ー 6.2歳(平均勤続年数)= 26.5歳(プログラマーになった平均年齢)

未経験のプログラマー志望の際の志望動機

未経験からプログラマーになるには志望動機がとても重要になってきます。

未経験プログラマーの志望動機

プログラマーの未経験者は、プログラミングの知識が全くないことを前提とするため、その人が就職後にプログラミングなどの専門的な知識を習得する「意欲があるか」「積極性があるか」「真面目に取り組めそうか」などの点が会社側は重要になってくるはずです。意欲や積極性は独学でも通信でもいいので、とにかく何か少しでもプログラマーになるために日々努力していることがあるとプラスかもしれません。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング