IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職面接での「何か質問はありますか?」への適切な対応方法と逆質問例

面接

ほとんどの面接では、「何か質問はありますか?」と聞かれます。面接の最後にする逆質問は、内容によってプラスにもマイナスにも傾いてしまう重要な要素です。面接を良い印象終えるために重要な、プラスに働く質問内容のポイントを見ていきましょう。

更新日時:

面接の最後にする逆質問

就職活動で行われる面接では、ほぼ必ずと言っていいほど最後に「何か質問はありますか」と、逆質問を求められます。 この逆質問の意味を理解していないと、それまでの面接内容が良くても最後に悪い印象を与えてしまい、全体としても悪い印象で終わってしまう可能性もあります。 それでは、逆質問をするにあたって意識すべきポイントを見ていきましょう。

面接の最後にする逆質問のポイント

面接の最後に行う逆質問には次の3つのポイントがあります。 ・やる気を見せる質問 ・長所をアピールするポイント ・してはいけない質問 では、それぞれについて以下で見ていきます。

意欲を見せる質問

質問の内容によっては、面接者に向けて、自分の仕事に対するモチベーションの高さを示すことができます。自分に課される仕事の内容について、働くにあたっての準備、職場についての内容などがそうです。こういった質問を用意するためには、いかに自分が入社した後の生活をイメージできるかがポイントになってきます。 なにもやりたいことがなくて適当に選んだ会社、などの場合は少し難しいかもしれません。しかし、自分の目標の高さや志の高さを示すことによって、人事の方は企業にとって有益かもしれない、やる気があって有望だ、などの判断を下せます。なので、しっかりと入社後のイメージを持ってから面接に臨むことをオススメします。

長所をアピールする質問

長所をアピールする質問は文字通り、質問をすることによって自分の長所をアピールする方法です。具体的なアピールの仕方としては、まず最初にアピールしたい長所を述べ、その長所をどのように活かせるかや、他に必要なスキル、資質などを質問するだけです。 簡単に自分の長所を示し、かつその長所がどの程度評価されるのかを測れるので、効果的な質問の仕方と言えます。 ただ、最後の逆質問以前に、自己PRや趣味・特技などを通してすでに語った長所は伝えないようにしましょう。同じことを繰り返して話すことはくどく感じられてしまいます。アピールを逃してしまった長所などを利用して質問するとより良くなります。

面接ではしてはいけない質問

ただし、注意しなければならない点もあります。それは、待遇に関する質問や調ればすぐにわかる質問です。年収や休暇など待遇に関する質問は、直接的に仕事内容に関わらないので、仕事をする気はないのかと思われてしまいます。 また、ホームページなどで調べたり、説明会やOBOG訪問などで質問できる内容はわざわざ質問する必要がなく、下調べもろくに行わないで面接に来た、と思われかねません。聞けば答えてくれると思いますが、マイナスの評価につながってしまうので、控えましょう。 また、「質問はありません」もダメです。単純にアピールの機会を失ってしまうだけでなく、働く意欲が低いのか、会社に興味がないのかなどと思われてしまう可能性があり、ほぼ間違いなくマイナスの評価をされてしまいます。事前の下調べもなく面接に挑むと、最後の逆質問にうまく対応できなくなってしまうので、必ず詳細に下調べをしてから面接に臨むようにしましょう。

面接最後の逆質問例

それでは実際に参考になる逆質問の例について見ていきます。

意欲を見せる質問例

・志望している部署の仕事内容について詳しく教えてください。 ・入社までに学んでおくべきことについて教えてください。 ・企業理念の〇〇に大変共感したのですが、どのようなお考えからこの理念を掲げられるに至ったのでしょうか。 ・今回の採用者に一番期待していることを教えてください。 ・実績・成果に対してどのような評価基準を設けていらっしゃるか教えていただけますか。

長所をアピールする質問例

・〇〇の経験を活かしたいと考えているのですが、何かお役に立てそうな分野はありますか。 ・〇〇が得意でしたが、〇〇の分野(〇〇職)で必要なスキルはなんですか。 ・御社で〇〇のキャリアを活かすために必要なものはなんですか。 ・〇〇の資格を持っているのですが、御社で働くにあたって身につけるべきスキルはなんでしょうか。 ・〇〇の実績があるのですが、御社でも活かすことはできますか。また、より活かすために必要なものはなんでしょうか。

してはいけない質問例

・御社は近々株式上場する予定だと伺ったのですが、具体的にはいつでしょうか。 ・有給休暇は自由に取れますか。 ・個々人の能力を伸ばしてくれる環境でしょうか。 ・休日出勤はありますか。 ・家賃補助はありますか。

意欲を見せるか長所を見せるか

以上、面接の最後に求められる逆質問の上手な対応の仕方について見てきました。面接官に良い印象を持ってもらうために効果的な質問は、仕事や会社に対する意欲を見せる質問か、自分の長所をアピールする質問です。事前に入念な企業研究を行っていれば、これらの条件に当てはまる質問を考えることができるので、必ず下調べを行いましょう。 また、上記したような、待遇に関する質問、企業の内情に関わる質問、調べればすぐにわかるような質問は悪い印象を与えてしまい、面接をマイナスなイメージで締めくくってしまうことになります。最後の最後で失敗してしまわないためにも、してはいけない質問を避け、効果的な質問でプラスの評価で面接を終えましょう。

関連タグ

アクセスランキング