IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

正社員として子持ちが転職する方法|子持ち女性と男性の転職の現状

転職事情

子持ちの社員の活躍は女性のみならず男性にもかかわる全社員的問題となりつつあります。ここでは正社員として子持ちが転職する方法、子持ち女性と男性の転職の現状(就職率・等)、子持ちで転職するいいタイミングなどについてお話をさせていただきます。

更新日時:

正社員として子持ちが転職する方法

子持ちの女性が正社員に転職

子持ち女性が正社員への転職を成功させるのに重要なのは、子持ちの女性を欲しがっている企業を探し、強みを企業に合わせ、アピールすることです。

子持ちが採用されにくいのは覚悟

子持ち女性は基本的に仕事と家庭の両立で問題を感じることが多くあります。企業側からも途中でやめてしまう、いざという時過程を優先するのではと考えており、子持ち女性を正社員として採用に抵抗があります。基本的に子持ち女性の採用を見合わせる企業が多いことも理解しておきましょう。

子持ちだから必ずしも不利というわけではない

逆に子持ち女性だから採用したいと考える企業もあります。子持ちの女性は責任感が強い場合が多く、短い時間で結果を出すことができるので作業効率がいい傾向もあります。子持ちママ歓迎の求人にターゲットを絞って活動する方が採用確率が高まります、また採用後も理解が得られます。子持ち母親には子持ち母親独自の売り部分があります、子持ちだから不利と考えずアピールしてください。

子持ち定番の質問に対して答えを準備

子供に熱が出たらどうするか、仕事と家事はどう両立するか、など面接で必ず聞かれる子持ち定番質問に対しては必ず答えを用意してください。また話に具体的な根拠を示してください。「子供に熱が出たら休みます」というのは明らかに問題があります。「近所に住んでいる両親がサポートしますが、どうしても都合がつかない場合お休みをいただく可能性があります」など子持ちでも仕事を続けられる根拠を示してください。

子持ちで妥協できる条件とできない条件を明確

子持ちでは採用されたくても譲歩したくない条件あるはずです。「17時には帰りたい」、「○○万円以上はほしい」など希望があると思います。もちろん、すべての希望を叶えてくれる企業はないので、条件に関して子持ちとして優先順位を決めておいてください。

経験や実績を活かせる仕事を選ぶ

好条件や好待遇で採用されたい場合、経験を活かせる仕事がおすすめです。子持ち、未経験や誰でもできる仕事だと条件は悪くなります。

企業に合わせて適切なアピール

子持ちの女性を欲しがっている企業は存在します。このような企業に子持ちのあなたの強みを効果的にアピールしてください。企業ごとにアピールの仕方を変えることが重要です。

子持ちならバイトや派遣から正社員を目指すのもアリ

どうしても採用されないケースでは子持ちでもバイトや派遣から始める事も選択肢としてください。おすすめなのが紹介予定派遣です。紹介予定派遣は、正社員雇用を前提とした派遣で、お金をもらいながら経験を積み、正社員になることができます。

職場は家から近いか

朝ごはんやお弁当を作ったり、子持ちの母親は家族の洗濯物をしたりといった家事は忙しいものです。通勤にかかる時間で負担が大きく異なります。お子さんに何かあったときにも対応の速さが変わるので、通いやすい職場がおすすめです。

子持ちにやさしい産休育休制度

子持ちで次の第2子や第3子の出産予定がある場合、重視したいポイントです。育休産休の取得実績があるか確認してください。大企業のほうが制度面が整備されていますが、中小企業でも対応しているケースもあります。

子持ちのための勤務時間の融通

子持ちの場合シフト勤務で自由が効く、時短勤務など条件を確認してください。時間を自由にしたい場合、バイトや派遣で採用されたほうがいいかもしれません。この条件が優先順位の中で高い子持ちの場合は、正社員にこだわる必要はありません。

子持ちの女性がどのぐらい在籍

同じ立場の子持ち女性が多く働いている場合、働きやすい職場である可能性が高いです。どんな人が働いているのかも確認しておきましょう。

子持ちでも一貫性ある自分の「軸」を持つ

子持ちの転職活動では、おおくの場面で意思決定やアピールが要求されます。しっかりと転職の準備をし一貫した「軸」を持つことが大切です。

子持ちブランク期間の補いになるアピール要素を持つ

子持ち女性や結婚、出産を経て転職活動をするケースでは、ブランク期間をどのように補ってきたかを説明する必要があります。

子持ちの女性が確認すべき子育て制度

子持ちの女性の場合、転職して働く場合、生活環境が変わる可能性があります。子どもが小さい場合、保育の確保も大切です。

子持ちには学童保育

子持ちで仕事で下校後に保護者が不在の場合で、監護が受けられない児童にたいして健全育成をはかるための制度です。小学校1年生から3年生までのお子さんを対象としています、地域の児童館の留守家庭児童クラブや留守家庭児童育成会が面倒を見てくれます。

子持ちのためのトワイライトスクール

これは放課後に学校の施設で学年の異なる友だちと一緒に遊び、子どもたちの自主性・社会性・創造性を育むことを目的とした制度です。

のびのび子育てサポート事業

生後57日目から小学校6年生までの子どもが対象とした制度です。子持ちで子育ての手伝いをしてほしい場合に、子育てのお手伝いをしたい人を紹介して、会員同士で子育ての援助をするシステムです。

子持ちの女性が転職前に準備

就職活動で準備期間は大事です。子持ちの女性は子供との兼ね合いなども必要なので準備が必要です。

子持ちサポート体制があるか確認

子持ち女性の場合、子持ち育児サポート制度の有無が気になります。転職先候補に制度があるかどうかを確認しましょう。制度が完備されていても、実際には利用しづらい場合もあるのでしっかり確認してください。

夫や親の協力を得る

子持ちの女性は働く場合、周りの人のサポートが必要です。子持ちとして働きやすい状況を確保しておくことが重要です。残業する場合には夫には早く帰宅してもらうように協力しましょう。保育園の送り迎えを親にも協力してもらえると良いです。

受け入れ時間の長い保育園や預け先を探す

子持ちの女性は、仕事の兼ね合いもあり、送り迎えができない場合もあります。遅くまで受け入れ可能な保育園、預け先が大切です。

仕事に対しての理想や目的を明確

転職活動では転職の目的、自分の強み・弱み、将来像などを明確にしておきましょう。子持ちママの場合は、はずせない条件があるので、企業に行く理由を明確に説明する必要があります。

会社に通勤するだけでなく在宅勤務

在宅勤務の場合、パートでなく正社員の場合でも会社に通勤せずに働く方法もあります。在宅のメリットは子持ちの場合子どもと一緒に過ごしながら仕事ができることです。在宅であれば家事をしながら空いた時間に仕事ができます、また子持ちのお母さんも子どものそばで仕事ができます。会社側で一日の業務報告をしてくれればOKという場合もあります。ストレスを作らずに、自分のペースで働けるのがメリットです。

子供を預けられる施設の種類

○認可保育所(公立/私立) 施設の広さや設備などの国の基準を満たし認可を受けた保育所です。有資格の保育者が基準に合った人数在籍しています、保育料は収入に応じて決定されます。

○認可外保育所(公的支援/私立) 国の基準を満たしいない認可を受けていない保育所です。自治体の助成を受けている助成施設や企業や事業所が従業員のために運営しているような施設です、企業運営の民間施設、ボランティアによる施設などがります。保育料は無料から有料まで運営者によって異なります。

○認定こども園 都道府県知事が条例に基づいて認定する施設です。小学校就学前の子供の保育と教育、保護者への子育て支援を行なうことが目的です。幼保連携型、幼稚園型、保育所型、地方裁量型などの種類があります。保育料は国の基準に添って自治体が決定します。

○家庭内保育事業 国や自治体の助成による個人の家庭による保育です。保育ママと呼ばれる有資格者が子供を預かって保育を行なうタイプのものです。原則として2~3歳児までを預かり、保育料は収入に応じて決定されます。

○幼稚園の預かり保育(私立) 幼稚園に通う子供を時間外も預かるシステムです。現在幼稚園に通っている、もしくは卒園生である等の条件を満たす必要があります。保育状況は地域や園によって異なります。保育料は比較的経済的です。

子供を預けられる主な施設ですが、実状は順番待ちになっていたり保育料が多く問題もあります。認可保育園の待機児童数が約3万5000人程度の児童が認可保育園の待機児童となっています。女性にとって子育ての負担が重い状況は変わっていません。制度が整うまでにはまだ時間がかかります。

企業内託児所が増加している

働く子持ち女性が子供を預けられる託児所付きの職場があります。女性の多い企業や事業所で、従業員女性の子供を預かる託児所などの施設を設けている場合が多くあります。有名化粧品メーカーや子供服メーカーなどは多く社内託児所を設けています。一部上場の大手銀行や食品メーカーといった場合でも企業内託児所を設けるところがあります。医療関連、大手総合病院やクリニックでも院内託児所を新設しています。

○病院、クリニック 大手の総合病院やクリニックで、託児所を設けているところが多くなっています。院内託児所と呼ばれるものです、院内以外に病院の敷地内に施設を設置している場合もあります。通勤の行き帰りに子供を預けられ、子供の体調不良の場合にすぐ駆け付けられるので安心です。保育料金は無料もしくはリーズナブルな金額です。

○調剤薬局、ドラッグストア 調剤薬局やドラッグストアには、従業員のための託児所を設けているケースがあります。事業所内に託児所がある求人もあります。子持ち薬剤師が子供を預けて働ける環境作りがされています。

○企業、事業所 製薬メーカーの企業や事業所の求人にも託児所付きのものがあります。大手や外資系では社員の福利厚生のために託児所を設けて場合が多く見られます。正社員だけでなくパートやアルバイト、派遣社員という働き方も選べる求人があります。オフィスワークは残業が少なく、土日祝日が休日というところが多いです。

○高齢者施設、介護老人保健施設 高齢の入所者がいる施設の場合は、施設のなかには託児所を設けているケースがあります。

託児所付き職場のメリット

○保育所探しの必要がない 全国的に多数の待機児童がおり、公立・私立ともに保育所探しが非常に難しいです。託児所が付いていれば、保育所探しをする必要がありません。保育所探しは手間が掛かるものです。

○送り迎えが簡単にできる 職場内に施設があると、保育所への送り迎えが省けます。子供を預ける保育所が自宅から遠い場合や、通勤ルートと反対側の場合、時間が掛かります。職場付きの託児所の場合、無駄な時間を省けます。

○子供の体調不良に即応 発熱やお腹下しなど、子供は体調を崩しやすいです。体調不良が起こった場合、保育園まで子供を引き取りに行く必要があります、職場付き託児所の場合、すぐに駆け付けることができます。また院内託児所なら病院内で診療を受けることもできます。

○安心してキャリアを積める 子育ては大事な母親の役割です、キャリアを積むうえで問題になるケースもあります。職場に託児所がある場合、安心感があり、無駄な時間や体力をキャリア構築に振り向けることができます。

託児所付き求人を選ぶ際の注意点

○看護師しか利用できない場合 病院やクリニックの院内託児所のなかに、利用できるのが看護師のみという制限が付いている場合があります。利用可能かどうか、事前に確認してください。

○給料や時給が低くなる 職場に託児所があるのは便利です、給料や時給が低く設定されている場合もあります。託児所付だけでなく、総合的に求人先を判断する必要があります。

○応募が多く競争率が高い 託児所付きの求人は応募者が多いので、競争率が高くなります。採用されない確率が高い場合もあります。

○一般保育所より条件が悪い 職場付きの託児所の場合、保育室が狭い、園庭がないことがあります。一般の保育所では当たり前の行事がない、保育士の人数が十分でない、保育はなく子供を預かるだけという場合もあるので詳細まで確認してださい。

○プライバシーが守れない 託児所が職場に付いる場合、預けられている子供はすべて職員(社員)の子供です。家庭内の事情や子供への評価職員に伝わってしまうなど、プライバシーが守れないケースがあります。

○子連れ通勤は苦労もある 自家用車や自転車で通勤の場合問題ありません、しかし満員電車などで子連れ通勤の場合は負担になります。風邪やインフルエンザ等の感染症、電車での怪我などに注意することが必要です。

子持ち女性と男性の転職の現状(就職率・等)

子どもを持つ女性の就業率

子どもを持つ女性の就業は、約5割が仕事をしているいます。25~54歳女性の場合には就業率が7割程度に比べ、子どもを持つ女性の就業率は低いものになります。正社員比率は1割弱で、もっとも多い雇用形態は、「パートアルバイト」で6割、「派遣社員」で2割弱です。

子どもを持つ女性が働いていない理由

お仕事をしていない理由の第1位は6割の場合は自分に合う仕事がみつからないと回答しています。 20~39歳の世代 ・子どもと過ごす時間を大事にしたい:3割程度 ・子供を預けられる保育園が空いていない:1割 ・働きたくない:0割 希望の条件に合う仕事があれば、働きたいと思っているケースが多いようです。 望んでいる働き方 ・家事や育児などプライベートと両立:7割弱 ・家計の足しになる程度で働きたい:2割弱 子どもを持つ女性の場合は、家庭を第一優先とした働き方の実現がポイントなので、女性就業率の向上のためには自宅から近い職場、残業なし、時短勤務など、制約条件に合致した求人の増加が重要です。

子どもを持つ女性の働く目的

○お仕事をしている理由  ・家計のため:9割弱  ・社会とつながりをもつため:4割  ・40歳以上:生活にメリハリをつけるため:4割  ・20~39歳:育児や介護から離れた時間を持つため:2割 男性の平均年収も減少し家計を支えるために働く女性が多くいます。 ○今後もお仕事を続けたいか?  ・すべての世代:6割:生活の変化に関わらず、続けたい 働いている方の仕事意欲は高いようです。

子持ちで転職するいいタイミング

出産より転職が先の場合

子どもがいない時点で転職活動は、入社後は基本的にフルタイムで働け、残業も可能なので志望先の選択肢が広がります。マイナス面は、転職から一定期間は出産や子育てがしにくいという点です。入社後1年未満だと、育児休業が取れない場合があります。転職後は仕事に慣れることが最優先なので転職から1~2年は実績を積み、産休・育休を取るのが円滑かもしれません。

○結婚や出産の予定について 結婚や出産は、キャリアに関係のない個人情報なので、回答義務はありません。しかし企業側には長く働いてくれるかという意思も含め、確認したいものです。面接で今後のライフプランと質問されることもあります。結婚の予定や、子どもを生みたい希望を隠す必要はありません。

○面接で産休・育休などの制度 育休後に復職された方はどのくらいか聞いてみましょう。面接で真っ先にこうした質問をするのは福利厚生を目当てに入社を志望と判断されるので。仕事内容に関する質問をした上で、質問しましょう。残業時間や福利厚生の利用実績、福利厚生の詳細は、内定が出た後に確認する方法もあります。

出産後の転職

キャリアを積んできた環境で、産休・育休の取得、復職ができます。マイナス面は転職が数年先送りの点です。子どもが小さい場合は育児で時間的な制約が生じます、3歳未満の小さな子どもを持つ女性採用は基本的に企業は慎重になります。子どもが大きくなってからの場合が良いこともあります。

入園転職

色々なタイプの保育園などがあり、こういった施設に入園したタイミングで転職することが考えられます。多くの施設では0歳時から保育がありますが、公立の施設は現状でかなり高い倍率ですので入園が厳しいことになります。ですから子供が入園したタイミングでライフスタイルに合った仕事を選択するという選択は好ましいものですが、いつ入園できるかという部分が明確でないので、小学校に入るまでは入園が可能になったタイミングでの転職を考えることになります。 ほとんどの保育園では17時までの保育が基本でそれいこうの時間は夜間保育という形になり別途の費用が発生します。ここで考えるべきは職場からすぐに行ける保育園であることまた仕事が残業が発生する可能性があるものであるなら流動的に対応してくれる保育園であることになります。仕事内容と保育園のサービスの組み合わせが重要になりますが基本的に職場は自宅近くの方が好ましいといえます。また両親や伴侶の方、頼れる友人などが近くにいる場合、そういったことも含めて相談してみるのも重要です。

小学校入学 転職

子どもが小学校に上がるタイミングで、仕事の継続が難しく退職する母親が多いようです。

学童の運営時間は保育園より短い

小学校は、朝8時半過ぎから12時ごろまでの授業、14時ごろまで延びていきます。保育園に代わって、放課後を過ごす場所は学童になります。保育園の場合は、認可や認証などを自治体が運営、補助している園は、大抵19時ごろまで開いています。民間運営の場合、もっと遅い時間まで開いています。学童は、自治体が運営しているので、基本的に17〜18時前後に閉館します。民間学童は柔軟性はあるようですが少数です。企業では時短勤務は小学校入学前までと制度を採用していることがいいようです。子どもが保育園の頃より早く帰宅するようになるのに、親の帰宅時間遅くなることが問題です。 ○保育園の卒園式~小学校の入学式までの期間 学校が始まるまで1週間ぐらい間があいている、学童へ通所させるには、親が家を出る時間&帰宅時間を調整する必要がある、学童は一般的に、開所時間も学校より遅い ○夏休み 7月中旬~8月末は学校が休みなので学童に毎日通所

親の参加・フォローが必要な物事が増える

小学校に入ると、教科書や文房具、体操着や補助教材など、持ち物が増加します。忘れ物をせずに学校に行けるようになるまで親のサポートが必要になります。先生の話を聞かないので、明日の持ち物がわからないといったことが多くあります。 PTA役員の会合や保護者会など、保育園の頃は土曜日に実施されていた集まりが平日に実施されます。先生との面談、町内パトロール、行事の写真の申し込みなどあり、平日に学校周辺に足を運ぶ必要があります。休みを工夫しにくい会社、全休しか利用できない会社に勤めている場合、1時間の授業参観のために有休が1日なり子育ての負担になります。 小学校では、保育園時代にない宿題があります。各家庭で学習面のフォローが必要です。宿題は学童で済ませる場合もありますが、学習状況を把握するために、時間の確保が必要です。学校からの主たる連絡手段はプリントになります。配布される量が大量です。重要な情報のみを把握して管理する必要があります。

子ども同士のコミュニケーションが複雑化

小学校に入ると、少しずつ「子どもの世界」で暮らし始めます。登下校も子ども同士でします、放課後の遊びも約束をして集まるようになります。子ども同士のケンカやぶつかり合いも複雑化してきます。1年生でいじめはありませんが、無視されたとか、その延長で学校に行きたくない、学童に行きたくないということもあります。 出来事をなんでも話してくれる場合は問題ありませんが、そうでない場合がほとんどです。どうも女の子同士の人間関係が複雑化していることが多いようです。言語能力の発達は、女子の方が早いようです。子ども同士のトラブルで学校に呼ばれ、心配事が続くと、大きなストレスになり、仕事&育児の両立の負担になります。

フレックス勤務や在宅勤務

学校に通うようになっても、子ども達だけで通学するのは難しいです。待ち合わせすると泣いてしまう子、学校に入りたくなくて校門で叫ぶ子、親と一緒でないと教室に入れない子などいます。どうすれば仕事をしながら朝の通学フォローが可能なのでしょうか、1つに、授業は9時前には始まるので、フレックス勤務、在宅勤務を利用して、子どもの通学をフォローし、9時~10時に仕事始めることです。帰宅は、学童の閉所時間が保育園よりも早いので、上が小学生、下が保育園という場合もあり、帰宅時間を変えたくない場合、何かしら対策が必要です。

過度なフォローは要注意

子どもをフォローしすぎないというのも大事です。親に見てもらえると思うと自分の荷物を自分で準備しようという姿勢がなくなります。自分で時間割を見て準備ができるようにフォローを控え、本人の責任感が育つようするのが大切です。 保育園時代のママ友も重要です。LINEで聞くなどしてフォローし合うことができます。小学校入学のタイミングで学区を引っ越した場合、私立に入学したなどの場合など、こういった部分がまっさらな状態なのである程度覚悟が必要です。保育園児と小学生の場合、注力のしどころの違う子どもをそれぞれフォローしなければなりません。子どもも、環境の変化の中を頑張っているので、仕事をセーブするなどして、小1の夏休みまあたりまでは家庭シフトにするほうがいいようです。

適度に親子のコミュニケーション

子ども同士のトラブルやケンカはつきものです。小学校に入ってから、親と子どもとのケンカが増えてる可能性があります。とりあえず何を言われても口答えするようになります、ですから親の言うことを否定して素直には聞かないようになります。小1コミュニケーションを学校から持ち帰ってるようです。

正社員に転職する際に参考にしたい転職サイト・エージェント

求人情報や、企業に関する情報を集める際に便利な転職サイト・エージェントを紹介いたします。転職を成功させられる方には転職サイトがおすすめです、また面接や書類の添削を受けたり、働き方に関して相談したりしたい場合にもおすすすめの転職エージェントです。

転職サイトのメリット

○自分のペースで転職活動が可能 ○数多くの選択肢、多いところで10万件を超える求人 ○自分の転職の市場価値に関わらず、転職希望者であれば誰でも活用可能

転職サイトのデメリット

○企業エントリーや面接の日程調整、入社条件の交渉が必要 ○転職活動にまつわる情報収集を主体性が必要 ○面接のフィードバックがない

転職エージェントのメリット

○キャリアアドバイザーが転職活動を成功させるために二人三脚 ○転職サイトには掲載されていない非公開求人にも応募できる可能性 ○面接のフィードバックをもらうことができ、自分自身の転職ノウハウとして蓄積

転職エージェントのデメリット

○キャリアアドバイザーとのやり取り、自分のペースで転職活動ができない ○おすすめされる企業を受けるので、最初から選択肢が絞らる ○自分に転職の市場価値がない場合、紹介してもらえるような企業がない

女の転職@type

女性が転職を考える場合に参考にしたい転職サイトです。基本的に、勤務地から求人を検索できます、「産育休活用例あり」「育児と両立」といった女性ならではのこだわり条件から女性向けの仕事を探していけます。育児と両立可能な求人が1,000件近くも公開されているので、ぜひチェックしてみてください。

エン転職WOMAN

エンジャパンが運営しています、女性が働きやすい求人のみを集めている転職サイトです。子育てママ在籍中の求人は500件になります。女の転職@typeとともに定期的にチェックすることがおすすめでです。

はたらこねっと

働くお母さんに向けた派遣の求人サイトです。正社員で採用されない場合、紹介予定派遣から正社員を目指す方法も選択の1つです。子持ちの女性が働きやすい求人が豊富であり、紹介予定派遣の案件は2,000件以上になります。

マイナビエージェント

マイナビが運営する女性の求人に特化した転職エージェントです。基本的に職場の選び方がわからない場合、なかなか採用されずに困っていたりする場合は相談してみるといいでしょう。サービスは無料で利用できます。

パソナキャリア

サポートの親身さで有名な転職エージェントです。転職に関して不安や疑問がある場合は、パソナキャリアに相談することで解決策が見つかります。女性特化のサービスではありませんが、グループ全体が女性の社会進出を推奨しています、ですから女性の気持ちを理解したサポートをしてくれます。

doda

dodaは大卒向け・若手(20代から30歳前後)の求人が特に豊富なことで有名です。基本的に転職エージェントとしても使えま、公開求人を検索してエントリーすることもできるので、通常の転職サイトとしても利用価値が高いといえます。スカウトサービスもあり、現在の職場にばれることを防ぐスカウトブロック機能も備わっています。全国に拠点あり、東京千代田区(本社)、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡などと全国展開しています。

リブズキャリア

実はリブズキャリアにしか掲載されていない独自求人が7割以上存在します。営業、管理部門、PR・マーケティング系の求人が豊富に存在しています。大卒の利用者から支持されており。約3割がMARCH以上の学歴を持つ登録者になっています。

ウーマンウィル

一般層向けの女性向け転職サービスです。マイナビエージェントのサービスの一部です。 敷居が比較的低く、求人もそこそこ豊富なので使い勝手よくおすすめです。拠点は東京中央区、大阪、名古屋、福岡などとなります。

リクナビNEXT

子育てと仕事の両立するための、「育児支援・託児所あり」「子育てママ活躍中」「育児・介護休業取得実績あり」といったこだわり条件項目があります。女性にとって働きやすい職場が探せるよう、他にも「女性が活躍中」「女性管理職登用あり」「女性従業員4割以上」といったこだわり条件項目があります。検索条件の保存、保存した条件の新着求人のメール通知などあり、長期の転職活動をする場合におすすめです。

ビズリーチ

年収500万超のキャリアウーマンで転職を考えているケース、ヘッドハンターからスカウトを受ける転職サイトのほうが良い求人に出会えるます。ビズリーチという転職サイトの特長も説明します。ご自身の経歴を登録することで、審査基準を満たしたヘッドハンターからスカウトを受け転職活動をすすめていくことになります。有料会員の場合、自分から秘匿性の高い求人に応募することが可能です。ハイクラス求人中心です。管理職、専門職、プロフェッショナル、グローバル人材が豊富マネジメント能力を活かしたいという場合や、英語能力を活用したい場合に有効です。

とらばーゆ

とらばーゆは日本最大手のリクルートグループのリクルートジョブズが運営している転職サイトです。特徴は女性向けの転職サイトとして作られている点です。アパレル、看護師、薬剤師など幅広い職種が提示されています、オフィスワークや医療などの事務職もあります。事務・営業・サービスや医療・看護・美容の中でも人気の職種が取り上げられています。女性の職種が多いので、女性で転職を希望されている場合には使い勝手の良いサイトです。 サイト内の求人検索で「産休・育休取得実績ありのお仕事」、「土日祝休みのお仕事」といった項目があり、女性に人気の検索条件が用意されています。転職成功した女性インタビューも充実しているので、女性キャリアのロールモデルを見つけることができます。女性の転職活動ノウハウやコラム記事も多数揃っています。

仕事と家庭の両立を!

いかがでしたでしょうか。今回は正社員として子持ちが転職する方法、子持ち女性と男性の転職の現状、子持ちで転職するいいタイミングなどについてご紹介いたしました。自分にあった働き方を見つけることはできましたか。仕事を家庭の両立を目指し企業を選びましょう!

関連タグ

アクセスランキング