IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

働くママの転職活動は可能?時短勤務から正社員への転職方法

転職事情

仕事をしているママや、育児のために時短で勤務している場合、転職を目指すことは出来るのでしょうか?時短勤務の状態から、正社員に転職を目指すためには、どのような方法が適しているのでしょうか?おすすめのエージェントと合わせて紹介していきます。

更新日時:

働くママ・育児時短勤務中の転職活動は可能?

時短の状態での転職は簡単ではない

中途採用は基本的に即戦力を求める傾向が強いです。あるいは、第二新卒をはじめとして、フレッシュなポテンシャルです。そのため、実際に社内では時短勤務をしているスタッフがたくさんいたとしても、転職時点から時短勤務の形態で雇用してもらうのは、難しい傾向にあると言って良いでしょう。求人数も少ないですし、時短で働く前の職歴や資格などを厳密にチェックされることが多くなります。競争率も上がるため、倍率が高く、なかなか内定獲得まで辿りつけないケースもあります。

面接のタイミングを取りにくい

時短勤務をしているタイミングは、どうしても面接の日程が取りにくいというデメリットがあります。時短で働いているので、一般企業が転職面接を開催しているタイミングで時間を取ることは出来ますが、育児にかかる手間が、どうしても面接に制限を生んでしまいます。イレギュラーな対応が発生することも、小さな子ども相手であれば珍しくありません。そのため、転職活動がスムーズに進まず、内定まで長い時間がかかってしまうこともあります。

時短勤務から正社員への転職を成功させるポイント

職歴を活かした転職を目指す

これまで時短で働いていた人は、その職歴を活かして正社員への転職を目指すと良いでしょう。出産・育児に入る前に、一度正社員として時短以外の仕事をしていた人は、そのときの経験やスキルも、大きなアピール材料になります。 たとえ時短スタッフであっても、高い知識力があったり、培われたノウハウが優れたものであったりすれば、企業としてはどんどん積極的に採用していきたいでしょう。時短スタッフだからこそ、効率よく実現できる仕事も少なくありません。これまでの職歴を詳しく相手に伝えると共に、あなたに出来る仕事を分かりやすく伝えるようにしましょう。

資格を活かして転職をする

資格を持っていると、これまで時短で働いていたとしても、正社員としてステップアップした転職を成功させやすくあります。特に、国家資格は強いです。人気の職種であるほど、時短経験の人は不利になってしまうことが多いですが、活かせる資格を持っていれば書類選考をパスしやすくなりますし、内定にもぐっと近づきやすくなると言えるでしょう。人気が高い求人は、書類選考でたくさんの人が落とされてしまうので、一見してスキルの証明が出来る資格持ちは強いです。

子どもの預け先を確保しておく

ワーキングマザーにとって、子どもの預け先を確保しておくことは、正社員を目指す上で非常に重要です。採用面接の際にも、「あなたが働いている間、お子さんはどうされる予定ですか」という質問は、非常によくされるものです。特に、これまで時短で働いていた人は「また時短ではないと、子どもの面倒が見られないのではないか」と心配されてしまい、それが理由で採用が見送りになってしまう可能性も決して低くありません。 面接でのアピールはもちろん、実際に正社員に転職してからの安定したワークスタイルのためにも、お子さんの預け先探しは前もって進めておきましょう。選択肢は、立地やそれぞれの家庭条件によっても異なって来ます。 ・幼稚園 ・保育園 ・一時保育 ・ファミリーサポート ・ベビーシッター ・実家

面接では嘘をつかない

転職面接では、決して嘘をついてはいけません。書類選考の段階から始まっていますが、特に面接の場合、採用されたいあまりに誇張した内容や、虚偽のアピールをしてしまっても、大抵はばれてしまうでしょう。万が一、誤解をされたまで入社してしまうと、子育てをしながら様々な負担がのしかかって来てしまう可能性もあります。等身大で、ありのままのあなたについて伝えられるようにしましょう。

ワーキングマザーが多い会社を探す

時短勤務から正社員勤務の求人先を探すときは、同じようなワーキングマザーが多く働いているところを見つけて積極的に応募していくと良いでしょう。限られた時間の中で、転職活動をスマートに進めていくためには、より採用されやすい求人をピックアップするスキルが重要です。「ワーキングマザー歓迎」という煽り文句が入っていれば見つけやすいですが、なかなか見つからないでしょう。求人情報や会社のホームページなどをチェックして、仕事内容と照らし合わせるのもおすすめです。「残業無し」と明言している勤務先は、ワーキングマザーも働きやすい制度となっていることが多いです。

ツテをたどって就活をしてみる

転職活動の視野を広げ、選択肢を多くしていくことも、時短から正社員を狙っていく方法のひとつです。たとえば、現在働いている勤務先で、時短から正社員への移動は可能でしょうか。部署が変われば正社員として働きやすいという場合もあるでしょう。異動届が受理されやすい職場であれば、よりスムーズな転職が可能かもしれません。これまで働いていた会社の、系列の会社を見つけるという選択肢もあります。勤務先によっては、子育てをしながら、正社員として働きやすい環境があるかもしれません。 また、仕事で知り合った人や知人のつてをたどって、転職先を探すという方法もあります。採用サイドも、人柄をある程度知っている人であれば、安心して採用に踏み切りやすいというメリットがあります。選考過程にかかるコストも減らすことが出来るので、より負担なく人材確保が出来るという魅力もあります。

時短勤務から正社員への転職に強いサイト・エージェント

女の転職@type

女性支持率が圧倒的に高い転職サイトです。「正社員として働きつつ、残業も出来るだけ少なくして、子育てをしやすい会社がいい」というあなたに、ぴったりの求人情報が多く見られます。勤務時間や日数などの条件を入れて求人情報を引き出すことが出来るので、理想に合った勤務先をきっと見つけることが出来るでしょう。こだわりの条件をたくさん出しても、取り扱っている求人件数が圧倒的に多いというメリットもあります。子育てサポートがある会社や、育児手当が出る会社などを、一目でチェックできるのも魅力だと言えるでしょう。 更に、サイト内には「産休・育休制度の活用例」や「利用者の口コミ」なども多数掲載されています。ワーキングマザーにとって、有益な情報をがっつり手に入れることが出来る転職サイトです。

とらばーゆ

女性のための求人・転職サイトと言えば、「とらばーゆ」を連想する人も多いのではないでしょうか。勤務地や職種から絞り込めるのはもちろんのこと、条件を登録しておけば、企業サイドからの求人情報もしっかりと受け取ることが出来ます。時短勤務を続けながら、「良い条件のところがあれば転職したいな」と思っている人にもおすすめのサービスです。 さらに、「とらばーゆ」には、無料で受けられる職業適性診断もあります。ライフスタイルや育児の状況、あなたの特技や資格に合わせて、どんな働き方が向いているのかを、詳しく診断してくれるシステムが整っています。 ホーキングマザーはもちろん、女性の転職を応援するコンテンツが非常に豊富なのもメリットでしょう。転職成功者のインタビューは、年齢や職種、業界まで多岐に渡っているため、あなたの将来の参考にもしやすいです。正社員を目指すためのノウハウについて、詳しく記載されているお役立ちページもあります。

エン転職 WOMAN

エン・ジャパンによる、女性向けの転職サイトが「エン転職 WOMAN」です。女性歓迎の求人情報を、常にピックアップして紹介してくれているため、採用されやすい企業を積極的に見つけていくことが出来ます。地域や職種ごとに情報検索が出来るようになっているのはもちろんのこと、「エン転職 WOMAN」は、更にワーキングマザーが利用しやすい検索条件が多数用意されています。 ・土日祝休み ・残業ほとんどなし ・未経験歓迎 ・平均年齢○代 ・18時までに退社可能 など、うまく組み合わせることで、時短で働いていたワーキングマザーも、正社員として安定した労働が可能になりやすいでしょう。更に、育児や家事を両立したいと思っているワーキングマザー向けの、よりダイレクトな検索項目も充実しています。 ・子育てママ在籍中 ・産休・育休取得実績あり 同じように、働きながら育児をしているワーキングマザーのモデルケースがあると、働きやすい環境が整っている証拠でもありますから、安心してスタートを切ることが出来るでしょう。また、「エン転職 WOMAN」は、利用者満足度が98パーセントにもなる面接サポートも受けられます。エージェントのような役割も果たしてくれるので、転職活動の悩みも相談しやすく内定率を底上げすることもできるでしょう。

doda

インテリジェンスが運営している「doda」は、知名度の高い転職エージェントです。 専任のキャリアアドバイザーがついて丁寧な転職支援を行ってくれることから、幅広い方面の転職者に人気があるエージェントとなっています。 dodaは、ハイキャリア向けの転職支援も多数行っているため、集まってくる求人情報が非常に良質というメリットがあります。ワーキングマザーとして、時短から正社員にステップアップしたい場合、より働きやすい勤務先を探すでしょう。「残業が少ない」と書かれているのに、いざ入社したら残業ばかりで育児に困ってしまう、というネガティブな事態を回避するのに、ぴったりの転職エージェントでしょう。 女性のキャリアアップやスキルアップに対しても、非常に綿密なサポートが期待できます。非公開求人が80パーセントを超えるため、まずは登録だけでもしてみると良いでしょう。はじめは電話での相談になるため、時間のないワーキングマザーでも、自分のペースに合わせて、転職活動を進めていくことが出来ます。ワークライフバランスが優れた勤務先、育児に適した福利厚生の充実など、働きやすい環境を、いっきに獲得していくことが出来るかもしれません。

時短から転職を成功させるために

いかがでしたでしょうか。出産や育児を経て、時短として働いていた期間が長いと、「今更正社員にはなれない」と諦めてしまう人も多いです。しかし、そんなことはありません。あなたならではの魅力を活かせば、子育てをしながら、無理のない環境で働くことが出来ます。ワーキングマザーの転職活動は、工夫が重要だということを知っておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング