IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験でも編集の仕事に転職可能なのか|編集職に強い転職サイト

職種研究

あこがれの職業のひとつ、編集の仕事に転職したい人も多いと思います。編集の仕事は未経験者でも転職できるのか、編集の仕事に強い転職サイト・エージェントはどこか、編集者の採用試験ではどのようなテストがおこなわれるのか、などについてご紹介します。

更新日時:

編集の仕事への転職方法+未経験でも編集の仕事に転職可能?+編集の仕事の転職に強いサイト・エージェント+編集の仕事には試験がある?

編集の仕事への転職方法って?

編集の仕事にあこがれて転職したい場合、どのように転職活動すればいいのか、また未経験でも採用してもらえるのか不安に思う方も多いようです。そこで今回は編集の仕事につくための転職活動について、一緒に考えてみましょう。

意外と知らない?編集の仕事内容

実は知っているようで、意外と知らない編集の仕事についてですが、主に「雑誌や書籍の企画・制作」をするのが編集者です。出版社の編集者と、最近増えてきたweb媒体の編集者では、また仕事の内容が変わってきます。

出版社の編集の場合

出版社の編集者は、企画からはじまって予算取り・取材・記事編集まで担当します。取材・記事の作成は、自分で手掛けることもあれば外部に注文することもあります。雑誌ならすでに大きなテーマが企画で決まっており、編集方針も決定されているなかで、どんな企画が読者に受けるのかを考えていきます。ある程度「制限」があるということです。

web媒体の編集の場合

一方web媒体なら、もっと広くテーマも自由に作り出すことになります。雑誌とは違うweb読者の好み・特徴をよく把握し、ターゲットの心に届く内容作りをめざします。web媒体のほうが掲載までのスケジュールがみじかく、生み出す記事量も膨大なため、さらに流行に敏感になり、あらゆるトレンドにアンテナを張っておくことが大事です。

未経験で編集の仕事に転職はできるの?

未経験者が編集の仕事に転職はできるのか、ということですが、特に出版社の場合、求人がもとからあまり多くないため、正直難しいと言えるでしょう。くわえて出版業界全体が不況であり、転職するとしたら前職でも編集者としてよほどの実績を持っていなければ、なかなか採用してはもらえないようです。

web媒体なら未経験でも採用してもらえる可能性がある

未経験でもどうしても編集の仕事についてみたい!という方には、web媒体での編集の仕事がおすすめです。web媒体の編集者は人手不足でもあるので、チャンスはまだ数多くころがっています。 編集者になるには、基本的な文章力・語彙力ももちろん必要ですが、取材をおこなうこともありますので、コミュニケーション能力にたけていることが重要です。

編集の仕事に強い転職サイト・エージェントって?

では編集の仕事に強い転職サイト・エージェントはあるのか、ご紹介します。

Find Job!

転職サイトですが、匿名であなたのスキルや経験を公開し、企業からスカウトを受けるサービスもあり、登録しておけばなにかと便利ですよ。やはりweb媒体での編集者の募集が多いようです。一括応募機能でまとめて企業に応募も可能です。

リクナビNEXT

編集・エディター・デスク・校正の仕事を検索できるようになっており、掲載期間も明記されていますので、いつまでに応募すればいいかも一目瞭然でわかりやすいです。 電子コミックやweb媒体、専門書など幅広いジャンルの編集の仕事が掲載されているので、あなたの希望に合った業界を選ぶことができます。

マスメディアン

宣伝会議グループが運営ということで、広告・web・マスコミの求人情報が豊富なのが、マスメディアンです。無料で転職支援サービスも申し込めますので、転職エージェントの役割も果たしてくれます。 個別相談会・セミナーも全国(東京・大阪・名古屋・福岡・金沢)で開催されており、地方での転職者にも心強いサービスです。

マイナビエージェント

ライター・編集・制作・校正の仕事で求人を検索できます。企業名非公開のところも多いのですが、これはマイナビエージェントに登録すれば紹介してもらうことができます。 事業的戦略を競合他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいという理由で、転職サイト上では非公開になっているのです。非公開求人はマイナビエージェントでは約80%を占めているということですから、ぜひとも登録して活用するべきです。

エリートネットワーク

こちらも職種検索で、編集・制作・進行管理・ライターなどの仕事を探すことができます。やはり非公開求人が多く、このサイトに登録することで、非公開求人を紹介してもらえるエージェントシステムです。 20代・30代の転職に強く、正社員のみの採用にしぼって掲載されているのもありがたいです。職務経歴書のテンプレートもあるので、ダウンロードして使用できます。

出版ドットコム

出版業界に限定した転職・就職サイトです。正社員や契約社員など、雇用形態によって仕事を探せ、未経験者OKというカテゴリーでも探せますので、未経験での転職者にも役立つサイトです。 編集の仕事全般についてもくわしく説明しているページがあり、「業界用語辞典」もありますので、わからない言葉は検索して、意味をたしかめることもできます。

編集の仕事には試験がある?

編集の仕事には試験があることがほとんどです。筆記試験と作文・面接をおこなうところが多く、筆記試験では一般常識もためされます。これはほかの業界でもある試験ですので、常日頃から日本の情勢をチェックして、情報収集をしておけば問題なしです。 作文試験は、その人の文章構成力・センスをチェックするために実施され、いまの時点で未熟でも、これから成長し、一人前の文章力が身につけられるポテンシャルがあるかどうかを判断されます。

情報収集量が糧となる一般常識試験

一般常識試験は、企業によっても多少ちがいがありますが、国語・数学・理科・社会・英語についての問題を組み合わせて出題されることが多いです。 漢字・数学・英語・時事問題の4つの項目がメインですが、政治・経済の問題を出す企業もあるので、新聞やテレビでニュースをよく見て世相を知るようにします。 なお一般常識試験の問題集も数多く販売されています。新卒者向けのものが多いですが、転職者でもテストの内容は同じです。

作文試験で注意するべきこと

起承転結になっているか、誤字脱字はないか確認を

特にレベルが高いものを、作文試験では求められるわけではないので、論旨は通っているか、きちんと起承転結の展開になっているか、間違った言葉や漢字の使い方はないか、書き終わったら確認するようにします。 標準的な文章力がある人ならば、作文試験もクリアできるはずです。

作文の文字数は800~1000字程度

作文の文字数はそれほど多くはないです。手書きの場合ですと、40分で400字詰め原稿用紙2枚くらいにまとめるようになっており、社内のパソコンを借りる形で、パソコンで作成するケースもあります。パソコンで作成するときは800~1000字で書くケースが多いです。 パソコンで作成するときは、不都合なくパソコンの操作ができるのかもテストされます。

出題テーマで、人事の意図を考えよう

出題されるテーマは、あらかじめ応募者に知らされる場合と、当日その場でいきなり出される場合とあります。その場で出題されるケースが近年増えており、臨機応変に応募者が対応できるかを企業側はチェックするのです。 テーマはそれほどむずかしいものではなく、「あなたの夢」「家族のこと」「いま感じていること」「最近の○○業界に思うこと」「あなたと仕事」「あなたの座右の銘」などが出されます。 編集の仕事で、転職を目指すのであれば、こうした作文試験が課されることを十分念頭に置き、前もって作文の練習をしておけば、鬼に金棒です。あなたならではの、独創的な文章を書くことができればベストです。

編集者をめざしてみませんか?

編集の仕事は、未経験ではむずかしいというお話もしましたが、web媒体や業界・会社によっては、未経験者でもOKというところもあり、それまでの社会人経験を応用してくれることを期待する会社もあります。 自分は編集の仕事が経験ゼロだからとあきらめずに、自分を採用してくれる会社はないか、転職サイト・エージェントを上手に利用して、粘り強く探しつづけることも大事です。 自分なりに文章力やセンスを磨く努力も怠らずに、日々勉強していきましょう。

関連タグ

アクセスランキング