IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

東京に転職をする際に人気な職種10と転職を成功させるポイント3つ

ビジネスマナー

日本の中心でもある東京都。東京都は人口密度も多く、住んでいる人も多い分、アルバイトに社員までと仕事も多くあります。今回はそんな東京都に転職をするうえでの仕事の探し方や気を付けたい事、ポイントなどを解説、また東京都の求人に強い求人サイトも紹介します。

更新日時:

東京都で転職するには

みなさんも一度は、東京へ転職をしてみたいと考えたことがあるのではないでしょうか。東京都にはIT企業やさまざまななオフィス、飲食店など多くあり、仕事の求人が多いため、非常に需要があります。 しかし、実際に東京へ転職して失敗したと思うかたがいるのも事実です。こちらでは、東京へ転職するにあたってのメリットとデメリットも紹介していきます。 東京へ転職するのを失敗しないための注意点や転職エージェントを参考にしていただき、東京への転職を成功させましょう。

東京都に転職して働きたい

東京都に転職する人の中には、地方では仕事がなく仕方なく上京してくる人もいれば、自分のスキルアップのために東京へ転職をしたいというかたまで、さまざまな理由で東京都という大都市で転職を検討しているかたも多くいらっしゃいます。 しかし、地方から東京へ転職を考えてる方はどのようにして転職すればいいのか方法がよく分からない方もいるかと思います。 自分の譲れないポイントはしっかりと押さえて、転職活動をするようにしましょう。

東京都に転職すると地方にはない仕事もある

東京都と言えば新宿や渋谷などの繁華街が特徴的ですが、その様な繁華街には地方にはない、東京都だからこその仕事もあります。 有名ブランドのアパレルショップや有名人が手掛けるブランドのアパレルショップ、有名なIT企業のオフィス、医療関係や学校関係に関してもレベルの高い大学病院や学校などもあり、どんなジャンルの仕事においてもレベルの高い仕事が多いです。 また、地方と比較し東京都は会社の規模も全く違います。

東京都に転職するための仕事の探し方4つ

地方にいながら、東京都への転職活動はスムーズにいかないことや、会社説明会が東京都である場合交通費がかさむこともあります。 しかし、現在はWeb説明会などネットで会社説明会に参加する方法もあるので気になる企業先でそのようなシステムがないか確認するのもポイントになります。 今回は、さまざまな求人の探し方や種類について紹介していきます。自分が転職活動をしやすい求人方法を探していきましょう。ぜひ参考にしてください。

東京都に転職するための仕事の探し方1:店頭

比較的少なくなってきていますが、店頭に求人募集の張り紙のしているお店なども多いです。 大手企業などにおいては求人募集の張り紙をしているという事はほとんどありませんが、飲食店やコンビニエンスストアに関しては、正社員、アルバイト共に張り紙で求人募集をしている場所もあります。
地方にいる場合は、店頭での求人を見つけることは困難ですが、直接企業側へ電話で確認することもできます。また、東京都へいる既にいる場合は、気になっている企業先へ行き求人が張り出されていないか確認してみましょう。

東京都に転職するための仕事の探し方2:知人の紹介

東京都内の仕事においては仕事が少ないと言われている現在の日本でも、人手不足の会社が多くあるのが実情です。その為、人手不足の企業やお店で働いている人が知人や友人を自分の会社へと誘うケースもあります。 会社側は、全く知らないかたを一から面接をするよりも把握しやすくその人の内情をよく知ることができるというメリットがあります。 東京都へ転職を考えた際に、たまたま知人が働いてる場合は、紹介してもらえないか確認してみましょう。

東京都に転職するための仕事の探し方3:求人誌

東京都に転職するための仕事の探し方として求人誌での応募方法があります。地方などになると求人誌のページ数もなく求人誌の種類も少ないですが、東京都の求人誌においては正社員募集からアルバイト募集まで求人誌のページ数も多いです。 また、ジャンルごとの求人誌などもあり、求人誌の種類も地方と比べて多いです。 東京都へ転職を考えてるかたは、自分のめざしているスキルや、やってみたい仕事の職種によって、ジャンルを絞り求人誌で仕事を探すようにしましょう。

東京都に転職するための仕事の探し方4:転職エージェント

最近では求人誌よりも転職エージェントで仕事を探す人が非常に多いです。正社員からアルバイトまで求人サイトに掲載されています。求人誌に掲載されている求人募集も、転職エージェント上にも掲載されている事もあり、求人誌よりも転職エージェントをメインに仕事を探している人の方が多いでしょう。 また、最近の転職エージェントは、職種やジャンルによって、非常に求人内容が特化しており幅広い会社の求人を見つけることができるため非常におすすめです。

東京で転職する際の注意点3つ

東京都に転職をすることに対して、東京都で仕事をするという事を憧れとしている人も多いですが、東京都で仕事をするにあたって注意しなければならない事もあります。 今回は、「求人誌の誇大広告求人」「ブラック企業」「家賃と給料のバランス」の注意点を説明していきます。せっかくの東京への転職を後悔しないようにぜひ参考にしてください。 しかし、自分の確認不足からくるものもあるので、求人内容をしっかりと目を通し、抜けがないようにしましょう。

東京で転職する際の注意点1:求人誌の誇大広告求人

特にアルバイトの募集に多くあるのが、誇大広告求人です。すぐにでも人材確保をしたいため人を集めるために、誇大広告求人で出している会社があります。 求人内容は、時給○○円と書いてあっても、実際に働いてみると記載の額より低い時給であったり、実際の業務内容が求人と異なる内容の場合があります。このようなケースは、実際に入社した後に気付くことがほとんどです。 あきらかに求人内容と違う場合は、会社側に一度、確認をすることをおすすめします。

東京で転職する際の注意点2:ブラック企業

ブラック企業は、東京都に限らず、もちろん地方にもたくさん存在しています。ホワイト企業といわれる会社は「テレビ業界」「ラジオ局」「クリニック」「コンサルタント」「クリエイティブ業界」「保健師」「医療事務」「秘書」「薬剤師」など東京でもたくさんあります。 疑問点を抱えたまま、転職せずに、明確にするようにしましょう。 また、転職前にしっかりと企業側の口コミを調べ、リサーチをするのをおすすめします。

東京で転職する際の注意点3:家賃と給料のバランス

東京都の正社員・アルバイト共に地方と比べれば給料も高い企業が多いです。しかし、その分東京都は家賃や物価も高いので、賃貸物件に住んでいる場合は家賃と給料のバランスを考えなければいけません。 転職後は、自分が想定していた出費を超すこともあり、歓迎会や、急を要するお金を発生した場合、生活が回らなくなる可能性もあります。 固定費と交際費など転職前にしっかりと計算をし、給与と見合った生活を送れるようにしましょう。

東京都で転職をするメリット3つ

東京都は常に人材不足が問題視されています。求人量に対して、求職者が比例してない状態です。しかし、現在さまざまな職種や企業が、福利厚生に力をいれており、従業員が働きやしぃように風通しをよくするなど、女性が活躍しやすい環境が整っている求人もあります。 また、求人が多いという事は、やはりメリットも多いです。ここでは、求人が多いという事に関してのメリットについて紹介します。 それぞれのメリットをしっかりと理解しましょう。

東京都で転職をするメリット1:仕事に困らない

基本的に、東京都は求人量が非常に多いため、当たり前ではありますが仕事がなくて困る事はほとんどありません。職種を選んでしまえば、仕事やアルバイトに就くまでに時間がかかってしまう場合もありますが、仕事を選ばなければ常に求人募集をしている企業があります。 また、多少家から通勤がかかってしまっても、東京都の23区以外でも求人はたくさんでています。全く仕事がなくて、生活が送れなという状況は発生しにくいのもメリットです。

東京都で転職をするメリット2:稼ぎやすい

東京都の平均年収は、612万といわれています。東京都内で暮らしている人の中には、より多く稼ぐ為に仕事やアルバイトを掛け持ち、副業しているかたも多いです。地方などではそもそも仕事が少ないので、掛け持ちをするというのはなかなか難しいのが現状です。 しかし、東京都内には仕事が多くあるので、掛け持ちなどもしやすいメリットがあります。また、東京都の平均月収が38万であるため、一人であればやりくりを上手にすることで、ゆとりある生活を送ることができます。

東京都で転職をするメリット3:条件を選べる

人材不足の企業はとにかく早く人手が欲しいという場合があります。特にアルバイトの場合には時間や曜日などの条件を選ぶ事が出来たり、相談するという事もしやすいです。また、仕事が多くあるので、最初から自分の条件に合った仕事も探しやすいメリットがあります。 髪型自由なところや転勤がなしの企業など、または託児所がある企業もあります。年収350~400万、もしくは年収500万希望なのか、年間休日125日は欲しいなど自分の希望を明確にしておきましょう。

東京都で転職をするデメリット3つ

東京都で転職を行う際に、求人が多くあるという事は一見メリットだけに見えますが、デメリットももちろんあります。仕事が多くある事のデメリットとは一体どんなデメリットなのでしょうか。ここでは、東京都へ転職をする際のデメリットを紹介していきます。 メリットとデメリットをしっかりと理解することで、東京都への転職を成功させるポイントといえます。定時退社は可能なのか、子持ちでも働きやすいのか、寮がついているのかなど、デメリットと感じるポイントを転職前に押さえておきましょう。

東京都で転職をするデメリット1:通勤ラッシュ

上京前は、車通勤が当たり前だった方達にとって、通勤ラッシュは非常に苦痛に感じます。朝の通勤ラッシュろ帰宅ラッシュは、人が多すぎて前に進むことが困難であったり、電車内も常にぎゅうぎゅうの状態です。 知ってはいても、いざ毎日のとになると心身ともにストレスを感じます。 毎日のことになるので、通勤地より少し離れている、比較的スムーズに電車に乗れる場所に家を借りるなど居住地についてはよく検討するようにしましょう。

東京都で転職をするデメリット2:倒産などのリスクが高い

仕事が多いという事はそれだけライバル企業も多いという事です。つまり、顧客を取られてしまい、売り上げが低ければすぐに潰れてしまいます。 特に新宿や渋谷などの中心繁華街になると同じ業種の飲食店やコンビニエンスストアなどが多く、同じ業種の激戦区と呼ばれ、売り上げが低いお店はすぐに閉店してしまい、早ければ一年もたたないうちに店を閉めてしまうという事も多いです。 なので、せっかく仕事に就けてもその会社自体の売り上げがよくなければすぐに仕事をなくしてしまう可能性もあるという事です。

東京都で転職をするデメリット3:競争率が高い

仕事が多くあるなら競争率は低い様に見えますが、好待遇の仕事程競争率が高く、すぐに求人募集が終わってしまいます。 もちろん常に求人を掲載している仕事が待遇が悪いというわけではありませんが、好待遇の企業はすぐに定員に達してしまう為、良い企業をいち早く見抜き、判断する必要があります。 迷ってるうちに、狙っている求人の募集が終了してしまったり、先に別なかたに決まる可能性もあります。まずは、競争率が高そうだなと思った際は、一旦面接をするようにしましょう。

東京で転職を成功させるポイント3つ

東京で転職を成功させるためには3つのポイントがあります。今回紹介するポイントをしっかりと押さえたうえで転職活動をするようにしましょう。地方かた東京に転職をする際は、分からない事や不安なことがたくさんあるかと思います。 ここでは、東京の転職を成功させるポイントである「転職する理由を明確にする」「転職活動は在職中に行なう」「リサーチはしっかり行う」について説明していきます。ぜひ参考にされてください。

東京で転職を成功させるポイント1:転職する理由を明確にする

地方を一度もでたことがないかたや、地方でキャリアや実績を積んできたかがなぜ東京で転職を希望しているのを、まず面接時には必ず聞かれます。この質問に明確に答える必要があります。 「地方では経験できないキャリア形成を望んでいる」などはっきりとした転職意思をはっきりさせておきましょう。また、東京へ転職後は、精神的にもストレスがかかりやすいです。しかし、自分の中で明確な転職理由が分かっていれば、頑張らなければいけない軸もぶれにくいです。

東京で転職を成功させるポイント2:転職活動は在職中に行なう

転職活動を行う際、基本的に「在職中に転職活動を平行して行う」か「無職の状態で転職活動を行う」の2パータンに分かれます。地元での転職活動であれば、慣れ親しんだ地であるため、ある程度の貯蓄があれば生活を送ることができます。 しかし、無職の状態で上京してしまうと今までの地方との暮らしとは全く異なる生活の暮らしに精一杯になり、なおかつ空白期間がツずく事でキャリアを立て直すことが難しくなります。 東京で転職をする際は、現職と平行しながら転職活動を行うようにしましょう。

東京で転職を成功させるポイント3:リサーチはしっかり行う

求人数が非常に多い、東京での転職は、多くの企業が転職対象になります。 数多くある企業の中で受けたい企業先がある際は「自分のキャリアや実績は活かせるのか」「その会社が強みと力を入れている事業はなにか」「働き方はマッチしているのか」などリサーチする必要があります。 また、小さな懸念点や疑問点が入社後、大きなものに変わることもあるので面接時に必ず質問をするようにしましょう。 また、必要な資格がないのかも確認もしっかりとするようにしましょう。

東京に転職をする際に人気な職種10

東京に転職をする際に人気な職種10

ここでは、東京に転職をする際に人気な職種「事務」「IT業界」「受付」「アパレル」「イラストレーター」「金融」「運行管理」「Webデザイナー」「映画」「大手企業」を10つ紹介していきます。 上記以外にも、「総務」「総合職」「調理師」「警備」「通訳」「通関士」など人気な職種は非常に多くあります。 東京だからこそ、チャレンジしてみたいと転職を考えるかたも多いです。また、地方と同じ職種でも給与や年収が異なるため、キャリアアップを考えてる方はぜひ参考にしてください。

東京に転職をする際に人気な職種1:事務

地方でも人気の高い事務職は、東京でも同様です。事務とは、業務内容が幅広く、部署や会社によって仕事の内容が大きく変わってきます。 面接時には、どのような業務なのか自分のスキルが活かせるのかしっかりと確認をするようにしましょう。事務職は退社時間を自分で上手にコントロールすることが可能なため、定時に枯れれることがほとんどです。 ワークバランスを重視したいかたにはおすすめです。また、家事や子育てと両立したいかたも働きやすい職種だといえます。

東京に転職をする際に人気な職種2:IT業界

東京はIT企業やITエンジニアの仕事を探すなら圧倒的な求人数があり、それにともないニーズもあります。また、IT業界の求人率は地方の約10倍だと言われており、地方では活かすことができなかったキャリアを十分に活かすことができる環境だといえます。 IT企業は比較的平均年収が他の職種と比較し、高いうえに男女関係なく評価されるためキャリアやスキルをつけただけ自分の評価に繋がります。実力主義で勝負したいかたにおすすめです。

東京に転職をする際に人気な職種3:受付

受付の仕事内容は、基本的に「来客の対応」「訪問者の管理と登録」「電話やメール対応」「さまざまな予約対応」「庶務」になります。東京の平均年収が約319万となっているので、やりくりの仕方では貯蓄をすることもできます。 また、未経験から受付の仕事を希望するかたも多く、入社後にしっかりとビジネスマナーや電話対応の仕方など研修があるのでレベルの高いビジネスマナーを学ぶことができ、働きながら知識をつけることができます。

東京に転職をする際に人気な職種4:アパレル

求人数が非常に多いうえに、ファッションビルや百貨店、ブランドショップも数多く存在します。ファッションが好きなかたは、自分の好きなブランド店で働きたいと転職するかもたくさいいます。また、地方と比較し給与も高く、平均月給は20~23万となっています。 主に、ファッションビルが集中しているのが「渋谷」「原宿」「銀座」「表参道」となっており、場所によってファッションの系統も違います。自分の好きなアパレルショップがどこの場所にあるのか転職前にしっかりと把握するようにしましょう。

東京に転職をする際に人気な職種5:イラストレーター

イラストレーターの仕事内容は、広告関連のポスターや雑誌などのさまざまな分野でイラストとデザインをします。現在はPC用でデザインするのが主流です。 また、平均年収が334万となっており、フリーランスで仕事するには、ある程度のスキルと実績が必要となります。しかし、非常にやりがいがある仕事であり、自分のイラストが大きな広告として多くの目に触れる魅力があります。 しかし、未経験の転職は難しいため、基礎的な知識が最低限必要になってきます。

東京に転職をする際に人気な職種6:金融

人気な職種として就活生からの非常に人気が高い、金融業界は専門性を身に着けることができキャリアを確実につむことができます。 金融業界を大きくわけると「銀行」「証券」「生命保険会社」「損害保険会社」「資産運用会社」「ベンチャーキャリタル」「PEファンド」などさまざなな分類に分けることができます。 それぞれ、専門的な知識が必要であり、同じ金融業界でも仕事内容が変わってくるので転職前にしっかりと仕事内容を理解しておきましょう。

東京に転職をする際に人気な職種7:運行管理

運行管理者とは、運送車両である「トラック」「バス」などが安全に運行できるように監査を行う職種になります。運行管理者は、国家資格が必須です。 仕事内容としては、朝ドライバーのアルコール検査や健康チェックなどを行い、勤務時間の管理や睡眠時間と休憩時間の予定を作成します。 運行管理者の平均年収は、400万~560万となっており比較的高い年収となっています。東京で運行管理者の転職を考えている人は、さきに資格をとることをおすすめします。

東京に転職をする際に人気な職種8:webデザイナー

WEBデザイナーの仕事内容として、企業や個人のクライアント先から依頼されたWebサイトのデザインを担当し作成することです。 デザインの全体を考えながら、Webサイトを作成していきます。Webデザイナーになるには、特別な資格は必要なく知識とスキルがあれば未経験者でも仕事に就くことが可能です。 しかし、必要最低限な知識が必要であり、独学で勉強する際には「CSS」「HTML」は理解しておきましょう。

東京に転職をする際に人気な職種9:映画

映画関係の仕事に転職したいかたは、一般的に映像制作会社に就職するのが一般的です。仕事内容は「制作」「興行」「配給」の3つにわかれるため、あらかじめ自分がどのジャンルで仕事をしたいか決めておくことが必要です。 映画を撮りたいのか、宣伝をしたいのか、自分が何をしたいのかを必ず明確にしておきましょう。また、映画の仕事で人気が高いのが配給会社です。映画を買い付け日本で公開し利益を得る仕事になります。

東京に転職をする際に人気な職種10:大手企業

地方から、東京の大手企業へ転職するには、キャリアと実績が必要になってきます。 大手企業の競争率は非常に激しく第二新卒や30~40代は大卒の新卒よりも今までの経験が問われます。さらに、大手企業は中小企業と比較し、年収や福利厚生が充実してることから、正社員よりも契約社員から社員登録を目指す人もたくさんいます。 大手企業になぜ転職したいのかはっきりとした理由を明確にすることで、自分にあった企業をみつけることができます。

東京の転職フェア3つ

東京の転職フェア3つ

みなさんは転職フェアとはご存知でしょうか。合同説明会のことで複数の企業があり、参加無料で誰でも参加することが可能です。 また、予約や入退場が自由です。また、企業ごとにブースがあるため、職種の仕事内容や採用担当者から会社の雰囲気を直接聞くことができます。 転職フェアのメリットとしてあげられるのは、採用担当者と直接話すことができることです。また、企業側も面接前に求職者と話すことで、社風と一致した人材を探すことができるメリットがあります。

東京の転職フェア1:doda転職フェア

東京で行われる、doda転職フェアは3日間で300社出展しており、一日でたくさんの企業とあうことができます。 また、来場者、出展企業数ともにナンバーワンを誇るdoda転職フェアは経験職種や資格を活かせるdoda転職フェアセレクトがあります。 自分の希望によって行くイベントを選択することができます。また、在職中の社員と直接話すことができるため、具体的社風を聞くこともできます。応募前の分からないことなど直接聞けるメリットがあります。

東京の転職フェア2:マイナビ転職EXPO

「マイナビ転職EXPO」の転職フェアは、企業側と求職者側とのミスマッチを防ぎ、専攻スピードを短縮することができるなどの理由で非常に人気の高い転職フェアとなっています。「マイナビ転職EXPO」は、比較的若い方から支持されており、満足度も高い転職フェアです。 来場者85%以上が半年内に転職を考えているため、意欲的な求職者が多いです。イベントコンシェルジュが企業側にマッチする人材をブースに直接案内をするサービスがあります。

東京の転職フェア3:リクナビNEXT

「リクナビNEXT」の転職フェアは、年に2~3回開催されており、午前中から夕方まで一日参加企業のブースを回ることができます。 開催地は東京、名古屋、九州は福岡など全国の主要都市になります。「リクナビNEXT」は、転職活動における自己分析や心構え、履歴書の書き方など、転職時に役立つ情報を押してくれます。 また、「リクナビNEXT」の転職フェアは、実績のあるアドバイザーにキャリア相談をすることができます。

東京都の転職におすすめの転職エージェント4つ

東京都在住のかたで、幅広く企業を探すことを目的にしているかたは、転職サイトがおすすめです。しかし、地方で東京都への転職活動を行う際は、転職エージェントが向いています。 転職エージェントは、手厚いサービスが特徴であり、厚生労働大臣から正式な許可を受けています。また、キャリア相談などのカウンセリングも行っており、最適な求人を紹介してくれるため非常におすすめです。エージェント側で給与などの交渉も行ってくれるメリットがあります。

東京都の転職におすすめの転職エージェント1:doda

中小企業に就職したい方におすすめの求人サイトです。サイトに掲載されている求人の80%以上が非公開求人となっていて、質の高い中小企業の独占求人が多いです。就職だけではなく、転職にも適していて、転職支援サービスなども行っています。 転職サポートが手厚い「doda」は、実践的なサポートが評判の転職エージェントです。転職の選考が不安なかたは登録することをおすすめします。ぜひ参考にしてください。

東京都の転職におすすめの転職エージェント2:リクナビNEXT

リクルートグループが運営する国内最大級の求人サイトです。何よりも、リクナビNEXTの良い点は、求人掲載料が高いので優良な中小企業が多いという点です。求人数は少ないですが、優良企業と出会うのであればリクナビNEXTの利用がおすすめです。 2015年に「リクナビNEXT」の、求人数は業界トップクラスです。さまざまな求人が揃っているので、自分の条件にあった職場が非常に見つけやすいメリットがあります。

東京都の転職におすすめの転職エージェント3:Green

東京都内をメインとするIT、Web業界の求人を中心に掲載している求人サイトです。東京都内にはITやWeb業界の仕事が多く、IT、Web業界に憧れを持っている方も多いでしょう。求人誌などでは詐欺サイトなどの求人などに騙されてしまう事もありますが、こちらのサイトなら安心です。 またFacebookアカウントでログインする事も出来るので、面倒な登録などの手間もいりません。「Green」は、レコメンド機能があり、同じような内容の求人がレコメンドされます。検索する手間や時間をはぶくことができるためとてもおすすめです。

東京都の転職におすすめの転職エージェント4:マイナビバイト

全国のアルバイト情報を掲載している求人サイトですが、アルバイトを探すのであればマイナビバイトが最大手ではないでしょうか。勤務期間から、シフト、待遇などの細かいこだわりの条件からの検索、また、渋谷、新宿、池袋などの都市部の求人も多く、若者に人気のある求人サイトです。

東京に転職をするときに転職エージェントで気を付けたい事3つ

仕事を探す際に求人サイトを使うのはとても便利ですが、求人サイトを使うにあたって気を付けたいポイントもあります。 今回は、転職エージェントを利用するうえで「掲載内容の確認」「極力複数登録は避ける」「未経験の転職に強いエージェントに登録する」の3つの注意点に関して詳しく説明していきます。 それぞれ転職エージェントを利用するうえで大事なポイントとなりますのでぜひ参考にし、効率よく転職活動を行うようにしましょう。

東京に転職をするときに転職エージェントで気を付けたい事1:掲載内容の確認

求人サイトを使う事に慣れていない方などは掲載内容をしっかりと確認しましょう。正社員の求人を探していたのに、よく掲載内容を見ていると契約社員だったり、派遣社員の募集だったという事も多くあります。 応募する前にしっかりと確認してから応募する事が大事です。自分の希望する業務内容や年収、スキルがが活かせることができるのかの確認をしっかりするようにしましょう。面接時や、入社後に企業側と相違がないように気を付けましょう。

東京に転職をするときに転職エージェントで気を付けたい事2:極力複数登録は避ける

就職や転職となれば複数登録する事もありですが、特にアルバイトの場合は複数のサイトに登録することは避けた方が良いでしょう。 アルバイトの求人は正社員の求人よりもただでさえ多いので、複数登録してしまうと的が絞れずどの会社に応募するか迷いが生じてしまう可能性がある為です。 早く仕事を決めたいという気持ちから複数登録してしまいますが、応募先に迷ってしまい逆に仕事を決めるのに時間がかかってしまうという事もあります。

東京に転職をするときに転職エージェントで気を付けたい事3:未経験の転職に強いエージェントに登録する

初めての異業種への転職活動は、わからないことが非常に多く不安になることもたくさんあるかと思います。 また、希望する業界の動向なども転職エージェントに相談することで今後の自分の将来のスキルアップのためにすべきことが明確化します。 現在、数多くの転職エージェントが存在しています。また、特定の職種に特化したエージェントもたくさんあるので自分にあった転職エージェントを探す必要があります。未経験に強い転職エージェントをぜひ利用しましょう。

東京都の転職を成功させよう

東京都には仕事が多いですが、東京都で仕事を始める事を敷居が高いと感じてしまう人もいますが、しっかりと的を絞って仕事を探せば自分のしたい仕事が見つかりやすいでしょう。 しかし、仕事が多い分自分のやりたい仕事だと思った企業が入ってみるとブラック企業だったり、内容の違う業務だったりという事もあるので、しっかりと自分の見極め力をつける事が重要です。 また、上京となると引っ越し費用などの出費がかさみます。社宅ありなどの企業を探してみるのもポイントですのでぜひ参考にしてください。

関連タグ

アクセスランキング