IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職エージェントを比較する際の選び方|比較する際の着目ポイント

転職サービス・サイト

沢山の転職エージェントが存在する中で、どうやって比較すればよいか。また、自分にあった転職エージェント・担当者を見つけ出すかの選び方をまとめました。比較するポイントは多角的ですが、自分自身を分析して切り口を定めれば選び方は見えてきます。

更新日時:

転職エージェントを比較する前に知っておくべき基礎知識

ひと昔前は、日本では転職というと何か特別な理由があると考えられました。日本の企業は、終身雇用が当たり前だったからです。現代は、転職は一生しない人もいれば、何度も転職を繰り返す人もいます。比較しても、どちらが良いとは一概には言えませんが、もっと上を目指したい、年収を上げたいなどの前向きな転職であれば、挑戦してみるのも良いでしょう。その際には選び方には注意が必要ですが、転職エージェントの利用はおすすめです。

ですが、転職エージェントには得意業種、地域性などによって非常に多くの種類があり、その選び方で迷ってしまう場合もあるでしょう。今回は転職エージェントを比較して、自分に合った最適な転職をする為に、転職エージェントの比較ポイントと選び方を紹介したいと思います。

そもそも転職エージェントとは?

転職エージェントは、転職を希望する人に対してその活動がスムーズに進むように、転職活動のサポートを行う企業や担当者のことを言います。簡単にいうと、人材紹介サービスのひとつで、国からの認可を受けて運営されているのが一般的です。尚、転職サイトと比較した場合、転職エージェントではひとりひとりに担当者が付き、個別にサポートしてくれるのが転職エージェントです。転職サイトと転職エージェントの比較・選び方では、短期間で確実に転職したい場合は、転職エージェント、自分のペースで転職を考える場合は、転職サイトという選び方もあるでしょう。

転職エージェントの担当者は、転職を考えている人ひとりひとりに対するアドバイザーであり、キャリアプランを一緒に考えてくれるパートナーの存在であり、また日程の調整などを行ってくれる秘書のような存在です。その為、比較・選び方は非常に重要であり、相性がよい転職エージェントを選ぶ方が必要です。また、転職をサポートする一方、企業からの求人も預かっているため、「転職希望者」と「人材を求める企業」をマッチングさせるのが、転職エージェントの役割でもあります。

転職エージェントの基本的なサービス内容

転職エージェントのサービス内容としては、「転職者への求人紹介」「面接指導」「履歴書の添削」「入社時期の調整」「企業との希望条件のすり合わせ」など、転職を希望する方の希望条件を企業側に通すことや、企業が望む人材を探し斡旋する事が主なサービス内容になっています。

転職活動のサポート

転職エージェントが転職希望者に対して紹介した求人の中に、転職希望者が「応募してみたい」と思う求人があれば、手続きなどのすべてを転職エージェントが代行します。例えば企業へのエントリーから始まり、履歴書や職務経歴書など必要書類の買い方指導、また選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までサポートしてくれます。転職エージェントの担当者とは長い付き合いになるので、比較・選び方は慎重に行いましょう。

非公開求人の紹介

転職サイトでは、多くの求人情報が閲覧できますが、転職エージェントでは、掲載されている求人の約8割は非公開求人のため、転職サイトなどで掲載されているような求人案件と比較すると、年収が高額になるケースや極秘のポジションなどを求めているケースがあります。転職エージェントの担当者たちはそういった企業のニーズにあったスキルの高い人材、マネージメント能力の高い人材を探し、転職者のマッチングを行なっています。従って、転職を希望される方は、自身の目的を明確にして転職サイトと転職エージェントの選び方を考える必要があります。

履歴書・職務経歴書の添削

求職者へのサポートの一環ですが面接まで通りやすい、採用率を上げるために、転職エージェントの担当者が履歴書や職務経歴書の書き方などを指導してくれます。自己PRや面接での受け答えなども行なっていますので、面接が苦手だった場合の対策もできます。

転職条件などのすり合わせ

例えば、転職希望者の希望に合った転職先企業があっても、提示されている年収額と希望額に差があり、もう少し条件を上げてほしいという要望があった場合、転職エージェントの担当者が企業側に打診をして、年収のアップを交渉します。その際にも、転職希望者のスキルを第三者の目で比較し、希望に対する比較をしてくれる場合もあります。こうした意見を冷静に聞き、決断する為には転職エージェントとの相性が重要になります。

転職エージェントの費用と選び方

手厚いサポートをしてくれる転職エージェントですが、転職エージェントを利用する際には求職者自身には費用は一切発生せず、最初から最後まで無料で利用することができます。では、転職エージェントはどうやって利益をあげるのでしょうか。実は、転職エージェントを利用している企業側には、ちゃんと費用が発生しています。多くの場合、求職者の年収に対して30%〜40%の成功報酬金が発生します。例えば、年収500万円の人を採用すれば、30%であれば150万円の採用費用がかかるといった具合です。

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントを利用するメリット

・非公開の求人に応募が可能 ・非公開求人数が約80% ・採用までのスケジュール調整を転職エージェントがやってくれる ・面接日程や給料面・入社時期などの調整も可能 ・履歴書や職務経歴書の使い回しが可能 ・企業の社内雰囲気・裏情報を知れる ・転職について相談できる人ができる ・求職者は転職エージェントを無料で利用出来る ・できるだけ早く転職したいなら大きなメリットになる など

転職エージェントを利用するデメリット

・あなたの学歴や社歴で応募企業の幅が決まってしまう ・身の丈以上の企業を紹介してくれるエージェントは稀 ・年収や職種・役職を調整される可能性が大きい ・転職エージェントの都合で会社を紹介されるケースもある ・転職エージェントの会社に訪問する手間がある ・転職エージェントの強みを押し付けられることもある ・転職時期が決まっていないと後回しにされる ・地方では転職サービス自体が使えない ・紹介までのリミットは3ヶ月しかない ・希望に合う企業がいくつも存在するわけではない ・転職サポートスキルはエージェントによって差がある ・転職エージェントが内定を保証してくれるわけではない など

転職エージェントの利用と選び方については、個人で利用する際の利用しやすさがメリットでもあります。先ほども述べた転職サイトと比較して、できれば両方利用するという手もあります。転職サイトで、新しい分野の情報も収集し、選び方の参考にするもの良いかもしれません。

転職エージェントの利用に向いている人と選び方

転職エージェントが自分に向いているのか、実際に利用してみて比較し、選び方を体験するのがいいでしょう。しかし、一般的に転職エージェントの利用に向いているのではと言われる人々には、特徴的な部分もありますのでここで簡単に紹介してみます。

希望業界や職種が決まっていない方と選び方

比較と選び方:転職理由が「現在の職場や過去の職場の不満を払拭した」などの場合、次の職場に移っても別の理由をあげて何度も転職を繰り返し、結果的にキャリアダウンにつながってしまうことがあります。このような場合、こうした事態を避ける為にプロのエージェントに相談し、まず自分自身を客観的に見てもらい長期的にどういうキャリアを積んでいきたいのかをしっかりと見極め、現実的なキャリアプランを練っていくのが良いと思います。

未経験の業界や職種にチャレンジしたい方と選び方

比較と選び方:あなたが未知の業界への転職を希望する場合、分からない事が多くて不安が募ります。そんな時、その業界に精通した転職エージェントがいれば、具体的な仕事内容や業界・会社の実情、企業の比較・選び方を教えてもらえるだけでなく、自分んがその業界で仕事をしていくには何が必要かを相談でき、冷静に判断することができるので、内定をもらいやすくなると思われます。

転職面接に自信がない方と選び方

営業などで常に初めての人と話をしている方であっても、いざ自分の売り込みとなるとうまくアピールできなかったりもするケースもありますので、転職エージェントに面接のフィードバックをもらうことは大きな意味があります。

書類選考通過率を高めたい方と選び方

比較と選び方:大手転職サイトからの書類選考通過率は10%ほどと言われています。つまり10社応募してやっと1社書類が通る計算です。転職エージェントを活用することで職務経歴などにもよりますが、だいたい50%以上、高いところで70%くらいの通過率を誇っている転職エージェントもあります。この点を考慮した選び方もあるでしょう。

ブラック企業かどうかを見極めたいと選び方

比較と選び方:転職サイトには、その企業の良いことばかりが書かれていることもあります。実際の内情などは転職サイトではわかりませんので、ブラック企業にひっかかりたくない、賢明な比較・選び方がしたいという方は転職エージェントを利用するメリットは大いにあるでしょう。

今の仕事は続けているので、昼間に転職対応が出来ない方と選び方

比較と選び方:転職を考えている人でも、守るべき生活がありますので、簡単に今の仕事は辞められません。そうなると企業からの連絡や、面接に行ける時間帯や曜日は限られてしまいます。企業によっては、夜間や休日に面接を行ってくれる企業もありますが、そんな時に頼りになるのが転職エージェントです。転職エージェントが転職者と企業の間に入ることによってスケジュール調整が円滑にできるようになります。

自分におすすめの転職エージェントを比較するポイントと選び方

では、次に実際に転職エージェントを比較する際にポイントとなるであろう項目をまとめましたので、選び方の参考にしていただければと思います。

転職したい業界で比較する場合と選び方

転職エージェントには特定の業界に特化したものが一般的です。それは主に2種類に分けて考えることができ、総合的に求人を紹介してもらえる転職エージェントと、専門分野(特定の業界)に絞った求人を紹介してくれるタイプです。 例えば、IT業界、外資系、事務系、エンジニア系、エグゼクティブ系などが該当します。他にも経理やメーカーなどに特化した求人を多く扱う転職エージェントも存在しますので、自分が転職して特定の業界に行きたいとう希望がある場合は、そういった専門領域を得意とする業界を比較して選ぶという選び方で、採用率をぐんと引き上げることができるでしょう。

IT業界の転職に強いおすすめ転職エージェント

Type転職エージェント

こちらはIT業界での転職に強みを持っています。 比較と選び方:サイト上に掲載している求人はIT・通信・Web系エンジニアの転職が多く、エンジニアの転職成功者は全体の約50%以上とも言われています。非公開求人数は約2,000件と登録数が少ないのが実情ですが、それ故に転職支援は1人1人丁寧に行っているという評判が多いのが特徴です。

ワークポート

こちらはIT業界での転職に強みを持っています。業界内では広く知れ渡った知名度の転職支援会社です。早く転職を決めたい方であれば、転職までのスピードがかなり早いので、求人案件をたくさん紹介して欲しい、企業を多数紹介して欲しい場合には最高の転職エージェントと言えると思います。

JACリクルートメント

こちらは外資xIT業界での転職に強みを持っています。 比較と選び方:外資×ITの領域では大手のリクルートエージェントよりも、JACリクルートメントのほうが有利だという意見も多いのが現実です。近年はIT業界も海外への展開を考えているケースは多く、転職者もキャリアアップなどを念頭に置いているのであれば、必ず国外に出ることが予想されますので、将来を見据えた転職をしたのであれば確実におすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

リクルートエージェント

最大手の転職エージェントですが、IT業界での転職にも強みを持っています。非公開求人も含めると約2万6,000件以上のIT求人を取り扱う名実共に最大の転職エージェントです。リクルートという、企業に対して圧倒的な知名度と強力なコネクションを持っているエージェントですので、社内SEとして異業界に転職するような場合にも利用価値が高いといえるでしょう。

マイナビエージェント × IT

最大手の転職エージェントですが、IT業界での転職にも強みを持っています。 比較と選び方:リクナビエージェントと同様、2大転職エージェントの一つです。マイナビエージェント×ITの利用者は年収アップ率67%と実績も高いのが特徴です。IT特化部門ならではといったピンポイント求人紹介で、IT専門の転職エージェントとしては希望職種と紹介求人のミスマッチが非常に少ないのが特徴です。

外資系・海外転職に強いおすすめ転職エージェント

JACrecruitment

海外転職や外資系への転職に強みを持っています。 比較と選び方:外資系案件を多く持つ転職エージェントです。アジアではシンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、韓国、香港、ベトナム、インドに拠点を持っており、成長が著しい地域で実力を積みたい人におすすめです。

パソナグローバル

海外転職や外資系への転職に強みを持っています。北米・アジア圏の転職案件を豊富に抱えているエージェントです。カナダ在住案件は少なめですが、アメリカ・メキシコ在住の案件には強いようです。エンジニア・海外営業の案件が中心です。

GJJ海外就職デスク

海外転職や外資系への転職に強みを持っています。 比較と選び方:未経験者やあまりキャリアを積んでない人向けの案件が多く用意されています。経験や語学力が求められないケースもあるので、これまでの経歴に関係なく挑戦できます。とにかく挑戦したい方におすすめです。

日経キャリアNEXT

海外転職や外資系への転職に強みを持っています。 比較と選び方:日経HRが運営する転職エージェントです。経済に強い日経の専門コンサルタントに細かいことまで相談をできるのが大きなメリットです。海外プロジェクトの非公開求人や、役員ポジションの求人もあり年収アップを期待できるのが特徴です。

リクルートエージェント

海外転職や外資系への転職に強みを持っています。 比較と選び方:JACよりもスキルが求められない案件が多く、キャリアにそこまで自信はないけどスキルアップしたい方におすすめです。ただし一定の経験が求められるのですが、実際には十分キャリアアップを目指せるといえます。

Spring転職エージェント

海外転職や外資系への転職に強みを持っています。 比較と選び方:世界60ヶ国、5400箇所以上に拠点を持つ巨大な人材サービス会社です。全国に点在する25,000人以上のスタッフから届く企業の生きた内部情報が豊富で、多くの利用者が満足しています。

ビズリーチ

海外転職や外資系への転職に強みを持っています。 比較と選び方:ハイクラス向け求人を探している方におすすめの転職エージェントです。特に年収750万円以上の方は好条件の案件を紹介してもらえ、年収1,000万円以上の案件が多く、専門性が求められるような管理職や専門職の求人が中心になっています。

金融業界に強いおすすめ転職エージェント

パソナキャリア

金融業界に強い転職エージェントです。 比較と選び方:約21,000の案件を抱えており金融にも力を入れています。特筆すべきはサポートのきめ細かさです。業界特化のアドバイザーの育成に力を入れており、キャリア相談や面接対策、履歴書の添削、案件紹介を丁寧に行ってくれるのが特徴です。

リクルートエージェント

もちろん金融業界にも強い転職エージェントです。転職市場にどんな求人が流れているのか知りたい人、自分の市場価値を把握したい人におすすめの転職エージェントです。とにかく求人数が圧倒的なので、どの層の方でもそれなりに利用しやすいといえます。

JAC Recruitment(JACリクルートメント)

金融業界に強い転職エージェントです。 比較と選び方:キャリアに自身のある方や、ご自身の専門性に更に磨きをかけたい方におすすめの転職エージェントです。金融業界出身のアドバイザーが多く、独自つながりから希少価値のある案件を大量に保有しています。

コトラ

外資系金融業界に強い転職エージェントです。 比較と選び方:外資系金融に転職したい方におすすめのエージェントです。外資系金融に特化しており、担当アドバイザーは全員業界の出身者です。専門性が高く、キャリアを積んできた方にとってもかゆい所に手が届くようなサービスを受けられます。

ビズリーチ

金融業界に強い転職エージェントです。 比較と選び方:現在高収入を得ている方におすすめの転職エージェントです。ハイクラス向けの求人に特化しており、特に金融に関しては年収2,000万円を超える案件も存在します。

広告業界に強いおすすめ転職エージェント

マスメディアン

Web・広告・マスコミ業界特化の転職エージェントです。 比較と選び方:広告業界の求人数が豊富なので、転職を考えているのであれば登録して損はしません。グラフィックデザイナー、Webデザイナー、コピーライター、ディレクター、営業・プロデューサーなど14の職種別に検索ができますので、使い勝手がよく便利です。

広告転職.com

広告業界に強い転職エージェントです。 比較と選び方:広告代理店、制作プロダクション、PR代理店、web関連会社などに特化した転職エージェントです。有名制作会社や大手広告代理店に人脈があり、信頼されているようです。ネットの情報だけでは不安な方に特におすすめです。

WORKPORT(ワークポート)

広告業界に強い転職エージェントです。 比較と選び方:主にIT業界に特化した転職エージェントですが、広告業界の中でも、web広告に強い企業を探したい方はこちらがおすすめです。スピーディな対応、紹介された求人数の多いなどの評判です。

ランスタッド

広告業界に強い転職エージェントです。 比較と選び方:実は世界最大手の転職エージェントです。日本国内だけでも78箇所に拠点を持っているので、地方在住者でも対面でサービスを受けられる可能性が高くおすすめです。世界最大手の人材会社として長年の経験から圧倒的なノウハウを積み重ねています。

転職したい職種を比較して選ぶ場合

具体的に希望する職種を持って転職エージェントを比較し、選び方を考える場合も、業界別で比較した場合と同じです。特定の業種に強い転職エージェントを選ぶ選び方で、転職成功への道のりは大きく変わります。

エンジニアの転職に強いおすすめの転職エージェント

パソナキャリア

エンジニア業種に強い転職エージェントです。 比較と選び方:転職が初めての方、IT業界未経験者の方におすすめです。1,2000社以上と取引があり、IT 分野の求人数は約7,000以上です。パソナテックというIT派遣事業も運営しておりノウハウの蓄積があります。

レバテックキャリア

エンジニア業種専門の転職エージェントです。 比較と選び方:エンジニアの求人のみを専門的に扱う転職エージェントです。関東圏か大阪で働きたい方は登録するとよいでしょう。技術的な知識の豊富なコンサルタントが揃っています。現場のプロジェクトマネージャーとも人材に関する情報を共有していますので、求職者の希望と企業側の希望がマッチングしやすいといえます。

ワークポート

IT・ゲーム業界に強い転職エージェントです。 比較と選び方:なかでもエンジニア職、営業職の求人が多いのが特徴です。業界のスペシャリストをアドバイザーとして採用しており、職務経歴書の推敲、面接の練習、求人紹介といったサポートをしてくれます。

doda(ITエンジニア)

エンジニア業種に強い転職エージェントです。 比較と選び方:日本最大級の転職エージェント企業であるインテリジェンスが運営するITエンジニア向けのdoda転職支援サービスです。知名度を活かして上場企業からベンチャー企業まで幅広いIT求人を集めており、求人の質と量はNo,1です。

経理の転職に強いおすすめの転職エージェント

ジャスネットキャリア

経理部門に強い転職エージェントです。 比較と選び方:会計、税務、経理、財務に特化した転職エージェントで20年の運営実績を持ちます。豊富な業界をもつアドバイザーが多く、専門性を高めキャリアアップしたい方にオススメです。

パソナキャリア

経理部門に強い転職エージェントです。 比較と選び方:人材派遣業界で2位のパソナが運営する転職エージェントです。担当者の親切さや丁寧なサポートに定評があります。初めて転職をする方にとって心強いサービスを受けられます。

doda

経理部門に強い転職エージェントです。 比較と選び方:公認会計士、財務、経理、財務に関する案件を多く扱っています。一般公開すると膨大な応募が来るような人気企業の非公開案件が豊富です。

MS-JAPAN

経理部門に強い転職エージェントです。 比較と選び方:経理職に特化したエージェントを探している人にオススメです。経理・財務・人事といった管理部門に特化した案件が紹介されています。キャリアアドバイザーの多くが会計業界に精通しており、専門的なアドバイスを期待できます。

事務職の転職に強いおすすめの転職エージェント

type転職エージェント

事務職の転職に強い転職エージェントです。 比較と選び方:type転職エージェントは、20~30代の女性に強みを持っているエージェントです。女性の転職実績が豊富なので質の高い転職支援サービスが受けられます。

リクルートエージェント

事務職の転職に強い転職エージェントです。 比較と選び方:リクルートエージェントなら、業界最大手の強みを活かして各企業の社内情報や雰囲気や採用基準などを事前に担当者から得ることができますので、転職を成功進めたいと考える女性にピッタリと言えます。

WomanWill

事務職の転職に強い転職エージェントです。 比較と選び方:女性の転職コンサルタントが立ち上げた人材紹介サービス会社です。女性目線からのアドバイスだけで無く、個人分析などもサポートしているので、転職の強い味方になってくれるでしょう。

エグゼクティブの転職に強いおすすめの転職エージェント

リクルートキャリアカーバー

エグゼクティブに強い転職エージェントです。 比較と選び方:エグゼクティブ転職に特化したヘッドハンターのネットワークサービス。レジュメ(職務経歴書)を登録することで、キャリアカーバーが抱える国内トップクラスのヘッドハンターから自身のキャリアに沿った求人紹介を受けることができます。

dodaエグゼクティブ

エグゼクティブに強い転職エージェントです。 比較と選び方:インテリジェンスグループに寄せられた様々な業界・職種の豊富な求人の中から、年収800万円を超えるエグゼクティブ向けの求人を厳選。CEO・COO・CFO・CIOといった経営層や管理部門・営業部門の責任者、業界のスペシャリスト求人の情報も提供しています。

ビズリーチ

エグゼクティブに強い転職エージェントです。 比較と選び方:管理職・専門職向けのハイクラス求人のみを取り扱い、登録会員・企業・求人情報のすべてに事前審査を行うことで、厳選された企業と会員同士のマッチングを行っています。

自分の年齢で転職エージェントを選ぶ

業界、業種別の転職エージェントを紹介してきましたが、年齢といった切り口で比較する選び方も重要な要素です。転職エージェントによっては、年齢によって区分けしているところもあります。例えば、業界や職種にこだわりなどがない場合や、新しい業界に挑戦したい場合などは、一旦年齢別の強みを持った転職エージェントに登録しておくという選び方もよいでしょう。

年齢で比較するのは女性がおすすめ

年齢というフィルターで転職を選ぶ場合が多いのは、男性よりも女性の方に、その傾向性があります。というのも、結婚や出産などで会社を退職、あるいは休職する可能性が高い女性ならではということでしょうか。こうした意味で、女性が転職を成功させる為にも、年齢別で紹介できる転職エージェントを比較する選び方もあるでしょう。

大手企業が運営しているかどうかで比較

大手企業が経営しているかどうかを比較するのも、ひとつの選び方になるでしょう。例えば「リクルート」「マイナビ」「doda」などは古くから存在している企業ですので、求人数も多く集まりやすい傾向にありますし、特定の業界にも精通していますので、専門性に絞った求人案件も紹介してくれます。その点を考慮した選び方もあるでしょう。

この選び方で注意しなければならないのは、大手企業が経営している転職エージェントは、当然利用者数が多いですが、その分ライバルも多いということで、担当者一人あたりが抱える転職者も多くなります。その場合、すぐにでも転職したい、よいところがあればいつでも、という方に優先的に求人案件が流れる可能性もあります。というのも、転職エージェントにもノルマがありますので、早く成果を出せる転職者を優先することがあるからです。

転職サポートの充実さで比較する場合

転職サポートが充実しているかどうかも、転職エージェントを比較するには重要です。転職サポートが充実していないところは、もちろんおすすめできません。ただし、これは担当者の能力次第のところもありますので、転職エージェントそのものの評価に直結するわけではありませんが、それでも担当者の評判があまりよくない転職エージェントは、選び方としてはできれば避けておくのが良いかもしれません。

求人数の多さなどの違いで比較する場合

求人数の多さは転職チャンスの多さといっていいので、非公開求人の数が多い転職エージェントは単純に登録しておいて良いかと思います。

転職までのスピードの速さで比較

もし、あなたができるだけ早く転職したいと考えているのであれば、転職サポートや求人案件を紹介してくれるスピード感があることも選び方でしょう。意外と穴場的な転職エージェントは「doda」や「ワークポート」です。dodaも大手に入りますが、リクナビやマイナビなどに比べるとまだまだ知名度は高くないため、狙い目ではあるでしょう。ワークポートも同様です。この点も選び方のポイントといえるでしょう。

口コミの多さや内容で比較する

口コミの多さは、それだけ多くの人が利用しているという一つの指標ですので、これは比較の対象としてはかなり有益なものになるでしょう。さらに、口コミの内容に批判的なものが多ければ、やはり利用をするには検討しておいた方がいいかもしれません。賢明な比較・選び方として考えておきましょう。

口コミは実は役に立たない!?

ただ、比較ポイントは良い口コミと悪い口コミの比率です。口コミサイトは多くありますのが、それぞれの口コミサイトでは口コミの集め方が異なります。「●●の悪い噂」「●●の良い噂」といったように、偏らせた集め方をして、最後に合算するようなやり方をしている場合もあるため、特定のサイトに悪い口コミが集中しているからといって、一概にその転職エージェントが悪いとはなりません。 口コミはあくまで参考です。化粧品やサプリメントと同じで、どんな方にも一定の効果をもたらすものではありませんので、実際に登録してみて、ご自身の肌感覚で見極めるのが良いと思います。賢明な比較・選び方をしましょう。

担当者との相性で比較する

転職エージェントの比較・選び方で重要なのは、最終的には担当者との相性だともいえます。ただし、そればかりは実際にあなた自身が利用してみないとわからないと思いますので、まず、ご自身で利用してみて、もし相性が悪ければ、転職エージェントに対して担当者の変更を依頼すればいいでしょう。貴重な転職を無駄にしないためにも、合わないと思ったらすぐに変更をお願いしましょう。

転職エージェントの賢い利用方法と選び方

2・3社程度の転職エージェントに登録する

転職エージェントや担当者のよしあしに差があるのは仕方がないことです。そのリスクを低減するには、複数社(2~3社)の転職エージェントに登録して比較してみることです。複数の担当者の中から、相性のいい担当者が見つかるまでは、同時に複数の転職エージェントを利用してみるという選び方がよいでしょう。

担当者に定期的に連絡を入れておく

転職エージェントに登録したといっても、連絡を待つだけではいけません。こちらから定期的に連絡をした方が、優先的に求人案件を紹介してもらいやすくなります。というのは、転職エージェント側はデータベースで、求人者を管理していますが、リストの並び順は更新日、すなわち連絡があった日順になっていることが多いようです。ですので、こまめに担当者と連絡をとっておけば、リストの上位に表示され、比較の結果、選び方の優先度が上がるということになります。

転職サイトと併用する

転職市場にどんな求人案件が流れているかを知るには、転職サイトとの併用も効果的でしょう。転職エージェントの多くは、あなたにあった求人を選んで紹介してくれるだけですので、あまり自由度はありません。転職サイトにも登録して、幅広く求人情報を収集するのも良いでしょう。

担当者が合わなければ代えてもらう

あなたのキャリアに関わることなので、担当者が合わない時は、遠慮なく変更を申し出ましょう。「~業界に詳しい担当者さんにもお話をお伺いしたいです」といった表現で、担当者を換えてもらうこともできます。担当者の比較・選び方も重要といえるでしょう。

転職エージェントは自分に合ったところを

大事なことは、自身の状況や、希望を確認しながら、自分にあった転職エージェントを比較して、相性の良い担当者の選び方をつかみましょう。そして、新しい環境であなたの実力が発揮できるよう十分に活用していきましょう。

関連タグ

アクセスランキング