IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スポーツ業界に転職するコツ・おすすめの転職サイト/エージェント

業界・企業研究

華のあるスポーツ業界の仕事は昔から人気が高いと言われています。しかしその職種は多種多様で、転職の方法や職種そのものに疑問を持つ方も少なくありません。そこで今回はスポーツ業界の仕事の現状や、スポーツ関連の仕事に強い転職サイトをご紹介します。

更新日時:

スポーツ業界に転職を検討している方へ

テニスやゴルフ、野球にサッカー。学生の頃はスポーツ選手になりたいと願い、部活などに励んでいた方も多いと思います。大人になると夢の形も変化しますが、何歳になっても目標や憧れの気持ちを持つことは大切です。今回はスポーツ業界の仕事に興味がある方のための転職情報や、おすすめの求人サイトをご紹介します。現在はスポーツからかけ離れた仕事に就いているけど、いつかは「好き」を仕事にしたい。そんな方はぜひ最後まで読んで、今後の参考にしてみてください。

スポーツ業界の職種とは

スポーツ関連の仕事と聞くとどのような職種を想像しますか?私たちが身近に感じるスポーツ業界は、実は思った以上に知られていない職種がたくさんあるのです。まず最初に、スポーツ業界のあらゆる職種についてご説明したいと思います。

メジャーかつレアなスポーツ業界

ひと口にスポーツ業界の仕事と言ってもその職種は多種多様です。すぐに思いつくのはサッカー選手やテニスプレーヤーなどですが、現実的ではなくそう簡単に就ける職種ではありませんよね。身近なものだと、スポーツ用品の販売やジムのインストラクターなどが想像できるかと思います。 しかしスポーツ業界は一見メジャーなように見えて、その幅広い職種の実情はあまり認知されていません。例えばJリーグスポンサーに関わる企画営業や、スポーツライターなどもスポーツ業界に該当します。また球団広報やスポーツカメラマンなども、スポーツの世界では欠かすことのできない職種です。そして上記の職種すべてに一貫して言えるのは、スポーツ業界を盛り上げる重要な役割を担っているということです。

スポーツ業界への入口は狭い

スポーツ業界は、求人や転職などの発信においては控えめで閉鎖的な傾向が見受けられます。必要な知識やスキルにおいての情報が世間に出回りにくいので、転職するにもどう動けばいいかわからないと嘆く方が後を絶ちません。フィットネスクラブやスポーツ用品の販売なら、ハローワークや一般的な求人誌で仕事が見つかるかもしれません。しかしスポーツライターなどレアな職種の場合、家族や知人の紹介であればまだしも、個人の力では転職に成功し辛いことが現状と言えます。

スポーツ業界への転職方法

一筋縄ではいかないスポーツ業界への入口。スポーツ関連の仕事に辿りつくには、自らが率先して業界への縁を繋ぎに行くことが大切です。ここからはスポーツ業界への転職方法やその事例について解説します。

スクールに通う

スポーツ業界の知識を持っている人とそうでない人。もしもあなたがスポーツ関連企業の採用担当だった場合、どちらを採用しますか?言うまでもなく誰もが即戦力になる前者を選ぶことでしょう。スポーツ関連の仕事に興味があっても、スポーツ業界への知識がないと転職活動もままなりません。まずはスポーツ業界の成功者が執筆するエッセイ本を拝読したり、主催するスクールに通うことから始めてみましょう。 スポーツライターの職種に就きたいのであれば、実際にスポーツライターとして活躍している人のホームページをネットで検索してみましょう。スポーツ業界に限らず成功者の多くは本を執筆していたり、自身の経験や知識などを多くの人に伝える為に勉強会を行っているはずです。スポーツ業界の専門用語や、主催者がスポーツライターになるまでの経緯など、あらゆる知識やノウハウを頭に詰め込んでください。

セミナーや交流会に参加する

スポーツ業界への転職を成功させる代表的な事例は、若いうちから人脈をつくることです。特に学生で就職活動中の方は、今からでも遅くないのでスポーツ系のサークルに在籍している人と交流を持つようにしてください。野球やサッカーなどについて語り合ううちに、スポーツ業界について深く学ぶことができます。運が良ければ、スポーツ関連の仕事をしている人と知り合いになれるかもしれません。 そして社会人の方はネットで確かな情報を得ながら、スポーツ系のセミナーや交流会などに積極的に参加するようにしましょう。ただ待っているだけでは人脈をつくることはできません。フェイスブックやツイッターを利用しセミナーの主催者と直接連絡をとるなど、とにかくスポーツに関わる人間関係の構築を図るようにしてください。

人脈をつくるポイント

確かな人脈を作る際のポイントとしては、交流に時間をかけることと、仕事を得たいかのような態度を前面に出さないことです。スポーツ関連の仕事に就きたいのであれば、スポーツ業界に携わる人に好かれることが大切です。要は、「この人になら仕事を紹介してあげても良いかな。」と思われなければなりません。 初対面の人に仕事を紹介する勇気を持つ人はそうそういないので、時間をかけてゆっくり自分を知ってもらいましょう。また、交流を持ちたい人のSNSを閲覧し、趣味や嗜好、考え方を事前にリサーチするようにしてください。その人の好きな話題で盛り上がりあなた自身を認知して貰えば、スポーツ業界への距離もグッと近くなります。ビジネスではなく友人や親友を得るつもりで人脈作りに励んでください。

スポーツ関係に特化した転職サイトとは

入口が狭く転職が難しいスポーツ業界ですが、転職サイトを上手く活用すれば数少ないチャンスを掴めるかもしれません。ここからはスポーツ業界に精通した2つのサイトをご紹介します。スポーツ人材に特化した転職サイトやエージェントで希望の職種を検索してみましょう。

スポキャリ

スポキャリは、スポーツ関連の職種に特化した転職サイトです。スポーツショップの販売員やフィットネスでのフロントスタッフなど、これからスポーツ関連の仕事に挑戦したい方への求人情報が盛りだくさんです。正社員や契約社員、アルバイトなどそれぞれのニーズに合わせた雇用形態から検索可能で、会員登録をするとWEB履歴書の作成やメールマガジン、お祝い金の申請ができる便利な機能を使うことができます。もちろん会員登録は無料です。全国規模で仕事を探すことができるので、遠方での転職活動にもぴったりなサイトと言えるでしょう。

マーススポーツエージェント

スポーツ業界での初めての転職なら、マーススポーツエージェントがおすすめです。このサイトでは、スポーツ業界初心者が参考にしたい転職コラムの掲載や、就職活動に成功するセミナーを積極的に実施しています。また、キャリアアップのための無料転職支援サービスを随時行っており、豊富なキャリアを持つスタッフがあなたの転職活動をサポートします。マーケティングから企画営業まで求人の種類も多岐にわたり、取引企業の実績を見ても大手企業がほとんど。東京や大阪を中心に、スポーツ業界で確実なステップアップを志す方には最適なエージェントサイトです。

スポーツ業界への近道は確かな情報と人脈

いかがでしたか? 今回はスポーツ業界へ転職する方法や、オススメの求人サイトなどをご紹介しました。華のあるスポーツの世界を支える職種は多種多様で、入口こそ狭く感じられますが、いったん入ってしまえばその世界ならではの厳しさややりがいを感じることができます。そして前述でも述べたように、スポーツ関連の仕事に携わるには転職サイトやエージェントでチャンスを掴んだり、セミナーなどでの人脈作りが必要不可欠です。 またスポーツに関する知識が乏しい方はスクールなどに通い、あらゆるスポーツ業界のノウハウを学ぶようにしましょう。常にスポーツ業界へのアンテナを張り巡らせ、日頃からネットなどで情報を得るようにすることで、転職へのきっかけになるかもしれません。希望業界への転職にはかなりの時間を要するかもしれませんが、長い目で日々の努力を続けることがスポーツ業界に携わる一番の近道と言えます。

関連タグ

アクセスランキング