IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

インテリア業界への転職方法|求人に強い転職サイト・エージェント

更新日:2020年08月14日

業界・企業研究

華やかでオシャレなイメージがあるインテリア業界。女性にの職業です。では、そんなインテリアに関わるお仕事に転職するにはどうすればいいのでしょうか。未経験でも、転職は可能なのでしょうか。インテリア業界の仕事や職種など、気になる情報をまとめてみました。

インテリア業界のお仕事

オシャレで素敵なイメージのインテリアのお仕事は、女性にもの仕事で、デザイナーなどに憧れている方も多いのではないでしょうか。インテリアに関わるお仕事は、どのようなものがあるのでしょうか。チェックしてみましょう。

インテリアデザイナー

空間デザイナー・インテリアプランナーとも呼ばれている職種です。空間デザイナーと聞くと、なんとなく「建物の空間(内装)をデザインするお仕事」というイメージは持てても、実際はどんなお仕事なのか詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか。 空間をデザインするとは、具体的にどういった業務を行うことなのでしょうか。

インテリアコーディネーター

次にインテリアコーディネーターです。コーディネーターというワードから、お部屋をコーディネートするお仕事という想像をすると分かりやすいでしょう。 しかし、部屋の模様替えをする様に、オシャレなインテリアを揃えるだけのお仕事ではありません。部屋をコーディネートしてもらいたい人の要望を取り入れたり、機能性も考えることも仕事の一つです。

インテリアショップ

店員として、またはオーナーとして、インテリアショップで働くお仕事です。お客様へのインテリアのアドバイスも必要なため、専門の知識が必要です。また、お客様のお家を想像しながらのアドバイスになるため、コミュニケーション能力や、空間想像力も必要になってきます。 インテリア業界は経験が大切ですので、まずはショップ店員としてインテリアについて学びながら働き、コーディネーターやデザイナーへステップアップする方もいます。

インテリアバイヤー

バイヤーとは、仕入れを行うお仕事です。ただ自分の気に入ったものを仕入れるのではなく、常にトレンドを感知し、情報を収集し、売れる商品、良い商品を見極める力が必要です。 商品を目で見て確認するため、生産地へ赴いたり、取引先と価格の交渉をしたりと、アクティブな職種です。フットワークが軽く、トレンドに明るい方に向いているお仕事です。

未経験からのインテリア業界へ転職

『インテリアの勉強はしたことがない』『実務経験なんてもちろんない、だけどインテリア業界に転職したい』このような人でも勉強すれば、インテリア業界へのチャンスは掴むことができます。未経験でも求人を行なっている職種、未経験からの転職方法などをご紹介いたしましょう。

未経験でも転職できる仕事はある?

基本的は、未経験の上、知識がないと転職が難しいのが現実です。特にインテリアデザイナーやインテリアコーディネーターは実務経験3年以上の応募資格を設けている会社が多く、また、未経験OKという記載があっても、CADソフトの技術などを求められます。 また、インテリアデザイナーもインテリアコーディネーターやバイヤーも、勿論ショップ経営や店員も、お客様や取引先の担当者、工事担当者など、人と接する場面も多い職業です。 インテリア業界は未経験でも、接客業の経験はある、CADやAdobeソフトに詳しく実務経験がある、などの転職前の経歴も大切になってきます。

未経験OKという記載がされていても、応募要項を確認し、「CAD使用可能な方(VectorWorks使用)」といった記載に沿って転職先を検討する必要があります。 一方で、少数ではありますが、未経験から採用可能、5年〜10年かけて会社で育てていきます、とじっくり仕事を学べる環境を用意し求人を行なっている会社もありました。実際に未経験からインテリア業界へ転職された方も多いので、あきらめずに様々な転職サイトを探してみると、ご自身にあった会社が見つかりやすくなるでしょう。

持っておきたい資格・経験

【使用経験があると強いソフト】 CAD(中でもVectorWorksを使用している企業が多いようです).PhotoShop.illustrator 【資格】 インテリア業界において、資格は必須ではないものの、無資格では転職のハードルは高めです。以下に挙げる資格を持っていて当たり前とする企業も少なく、実務未経験の方は転職をする前に、資格取得をしておくと転職先が見つかりやすくなるでしょう。

次のページ:実務経験を積み、将来的にスキルアップを目指す
初回公開日:2017年08月31日

記載されている内容は2017年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング