IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ITコンサルに転職するためには|SEからITコンサルへの転職事情

転職事情

プログラムやシステムの作成や開発に成果を出し、業務範囲が広がり、段々と経営課題の分析の上流分野にも関わるようになります。そこで、SEからITコンサルタントへの転職を考えます。 ITコンサルタントに転職する方法について紹介します。

更新日時:

ITコンサルに転職する方法|転職するにはどうしたらいいでしょうか?

ITコンサルタントの仕事は、その名のとおりで、 〝IT( “Information Technology”) のコンサルタントを担う仕事〟 で、コンサルティングのプロジェクトによって多岐にわたります。ITコンサルタントの仕事から、転職する方法について紹介します。

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事には、経営戦略に基づくIT戦略の立案から、CRM、SCMの構築、上流から下流に至るシステム導入の各プロセス(業務設計/システム設計/開発/テスト)の企画やマネジメントまで関わったり、IT戦略立案やアウトソーシングの導入支援、システム構築プロジェクトなどのマネジメント(PMO支援)などがあります。 具体的には、クライアントの問題を把握し、IT戦略の立案やシステム化の企画、運用、評価などを担って、課題の解決に導くことや、クライアント自身で解決策を実行することを後押しすることなどを行っています。

ITコンサルタントに必要なスキル

ITコンサルタントになるには、資格は必要ありません。ITコンサルタントとして、経営的視点や論理的思考、コミュニケーション能力など“コンサルタント”としての基本になるスキルが必要になってきます また、当然ですが、開発プロセスや設計手法など下流工程のプロセスの企画やマネジメントなどのITの知識は必要です。必要なスキルは、5つあります。

・システムやインフラ上の問題や課題が何なのかを把握できる知識と能力

クライアントとの打ち合わせなどから、抱えている問題を発見し、課題を見いだし、解決策を提示するスキルです。 また、ロジカルシンキングやゼロベース思考、仮説思考などの論理的思考能力もコンサルタントとして重要なスキルです。クライアントの課題を解決するためには「本来どうあるべきか?」と論理的に整理し、組み立て直すことからすべてが始まり、最終的にはクライアントから満足してもらうことです。

・問題や課題を解決するための高い技術力

クライアントが抱えている問題や課題を解決するには、多岐の分野にわたります。 クライアントの高い要望に応えるには、専門性が高い技術力や業務知識が必要になります。 また、ITそのものの技術が日進月歩の分野です。絶えず、最新の情報を入手して、その技術を習得することが必要です。

・プロフェッショナルマインド

コンサルタントには、他の職業に比べクライアントの重要な経営情報に関わるため、高い職業倫理感や強い責任感が要求されます。常に自分自身の高い価値観と高い基準点を持ち、クライアントの成功に向け、誠心誠意取り組まなければなりません。 そのためには、要求された仕事をこなすだけでなく、クライアントの期待を超えるような「付加価値」を生み出そうとする心意気が必要になります。

・コミュニケーション力

コンサルタントは、クライアントやチームのメンバーなど人と関わる職業です。プロジェクトが成功するか否かは、周囲の人たちとの良好な関係を築けるかにあるといっても過言ではありません。 ただし、ここで言う良好な関係とは、「仲が良い」という意味ではなく、「互いに信頼している」という意味です。 そのためには、自分の意向を相手に伝えて理解してもらうコミュケーション力が必要になってきます。自分の意見や手段などを通すだけでなく、場合によって自分とは違った考え方を受け入れる「素直さ」や、相手をひきつけるような「人間的魅力」なども必要とされます。

・体力と精神力

ITコンサルタントは、時としてハードな職務になります。クライアントの高い要望に応える過程で、時間的な制約や人間関係などさまざまな問題に直面することが生じます。 それらの問題を乗り越え、プロジェクトを成功に導くには、肉体的にも精神的にもタフでなくてはなりません。

ITコンサルタントに転職する方法

IT知識については、開発プロセスや、設計手法など下流工程が分かっていること、及びプロジェクトマネジメントのスキルも重要なポイントになってきますが、経営的視点や、論理的思考、コミュニケーション能力など“コンサルタント”としてのベーススキルが一番必要になってきます。 最近では、大手コンサルティングファーム以外にも、スピンアウトやファーム出身者が独立して設立した業界特化のコンサルティングファームなど、多種多様なファームがあります。 それらファームでは深い専門性・業務知識が優位になる傾向にあります。 しかしながら、基本的には、ITコンサルティングファームにおいては、「ITの知識」と「コンサルタントとしての適性」が重要になってきます。

ITコンサル転職先

ITコンサルタントには、以下のようなコンサルタントがあります。 ITコンサルタントに転職するときに、どの分野のコンサルタントに転職するか決めることが必要になります。

システムコンサルタント

システムコンサルタントとは、クライアントの業務内容を分析し、経営戦略や問題解決のための情報システムを構築する仕事です。クライアントの要望を洗い出し、その要望を叶えるシステムの設計を行なうもので、システム開発の最上流工程となります。 システムコンサルタントが設計した結果を、プロジェクトマネージャーやシステムエンジニア、プログラマーなどの担当者に引き継ぎ、システム開発につなげる役割も担います。

セキュリティコンサルタント

クライアントのセキュリティレベルを維持向上するため、情報漏洩などの事故が起こることを予防かつ防止し、万一トラブルが発生しても被害を最小限に食い止められる仕組みづくりを構築する仕事です。

ネットワークコンサルタント

企業の根幹をなしているWANやLANなどネットワークに関する要望や改善、機器更新に伴う再設計・構築、ならびに建物改築や引越しに伴う新規ネットワーク構築などに携わる仕事です。

ERPコンサルタント

経営課題を明確化させながら、企業の各部門で実施されている業務プロセスやデータの流れを把握し、ERP((Enterprise Resource Planning: 企業資源計画)パッケージの業務プログラムに既存の業務プロセスを分析して、どのように適用していくかを設計して実装することに携わる仕事です。

CRMコンサルタント

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)とは、クライアントのニーズを把握し、クライアントごとにパーソナライズされた商品やサービスを提供する仕組みと定義されています。 つまり、Web、店舗、コールセンター、セールスなどの情報を蓄積して分析し、クライアントのニーズに対応したサービスや商品をタイムリーに提供することです。

SCMコンサルタント

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは、購買調達、製造、物流、販売、サービスなどのもの作りから販売のプロセス(サプライチェーン)における情報の流れを整理統合し、サプライチェーン全体で共有することを通じてサプライチェーン全体の効率化に向けた企業活動の管理・改革手法の一つです。 SCMコンサルタントは、SCM(サプライチェーン)の戦略立案や計画、SCMプロセス改革、SCMシステムのIT構想化、導入支援(PMO)、調達コスト削減、SCMのアウトソーシング(BPO)などのテーマにおいて、クライアントの課題の解決、収益の改善を支援する仕事です。

SEからITコンサルへの転職事情

SEからITコンサルタントへ転職する場合、システム開発部門から企業の経営課題を解決する部門への転職となります。SEは、要件に沿って正確にシステムを開発や構築する仕事です。 システムの要件定義から実際プログラムを書いて構築、納品する業務がメインになり、〝どの製品を使うのがベストか〟、〝どのようなアプリケーションが必要か〟、〝どうようにプログラムを作成するか〟などの問題解決をしていきます。 ITコンサルタントは、クライアントのニーズとシステムを上手く調整しながら最終的に企業の経営課題を解決することが求められます。企業が抱える経営課題に対して、ITを武器に解決策を具体化して問題解決をしていきます。システムの設計・構築に入る前までのクライアントとの打ち合わせ、問題解決策の決定やプロセスを踏まえたうえで〝システムの具体像〟を描いていきます。 SEとITコンサルタントを区別していない場合もあります。プログラミングからワンストップでサービス提供をするために社内に開発や構築を専門に行う部門を持っているコンサルティングファームもあります。最終的には、クライアントに成果を出すことが会社の目的です。SEでも特定の製品や分野のスペシャリストとしてコンサルファームに入っていればITコンサルタントとして業務することができるので転職するイメージがないかもしれません。 システムソリューションがビジネスソリューションとして効果を発揮することが重要なのであって、転職してさらに、クライアントにとってのベストパートナーとなることでビジネスを成功へ導くことです。

ITコンサルに強い転職サイト・エージェント

求人サイトにも、得意な分野と苦手な分野があります。IT業界に強い求人サイトもあれば、反対にITとは関係ない職種に強いサイトがあります。ITコンサルタントを目指す場合は、自分の年代や経験に合わせて選択することです。 求人サイトの選択では、複数の求人サイトを併用しておくのもコツです。企業の求人というのは全ての求人サイトに掲載されているわけではなく、特定の求人サイトでしか扱っていないこともよくあります。 ITコンサルタントの仕事として、情報システム戦略、情報セキュリティ、システム導入、調査・分析、データ構造、さらには事業改革、業務プロセス、財務・会計、コスト削減、マネジメントなどがあります。転職サイトや転職エージェントを選ぶときには、ITストラテジスト分野に専門特化した転職支援のサイトやエージェントにすることが大事です。

しっかりと業種を見極め、ITコンサルタントになろう

ITコンサルタントの職種に就くため、ITコンサルタントの仕事内容や必要なスキルなどを含め、転職方法について紹介しました。ITコンサルタントと言っても、その仕事内容はスキルや求められる問題解決シーンによって多岐にわたっています。 ITコンサルタントへの転職するとき、どの専門家になるのか、どの仕事に就きたいかを考え、転職先を選択することが大事です。

関連タグ

アクセスランキング