IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

音楽業界への転職方法|面接内容・志望動機例・求人サイトなど

更新日:2020年08月14日

業界・企業研究

音楽業界の仕事はがあり、音楽業界への仕事を目指している人も多いでしょう。しかし、果たして未経験や、他業種からの音楽業界への転職は可能なのでしょうか。音楽業界に転職するにあたってどの様な事に気を付ければいいのでしょうか。

憧れの多い音楽業界

音楽業界と一言で言っても音楽業界の仕事も幅広くあります。歌手として音楽業界で働く芸能人も音楽業界で働いていると言えますし、作曲や作詞などの裏方も音楽業界の仕事と言えます。また、ライブハウスなどで働いている場合も音楽業界の仕事と言えるでしょう。 この様に音楽業界の仕事も様々ですが、やはり特殊な業界という事もあり、常に憧れのある職業です。特に作曲や歌手などに関しては他の仕事をしながらも、目指しているという人も少なくないでしょう。

憧れで終わってしまう職業?

音楽業界の職種とは?

音楽業界と呼ばれる職種には様々な仕事がありますが、その中でも代表的なものを紹介します。

ミュージシャン

音楽業界の仕事としてミュージシャンのイメージを浮かべる人は多いでしょう。ミュージシャンと言っても幅広いですが、バンドもそうですし、歌手もミュージシャンです。他にも有名な歌手の裏で歌うバックコーラスや、バックバンド、レコーディングなどの際に演奏するスタジオミュージシャンという職業もあります。

作曲家作詞家

ミュージシャンの次にイメージとして挙がりやすいのは作詞作曲家でしょう。どちらも自分で作った詞や曲を誰かに提供するという形で報酬を得ています。また、作曲家にも様々な形があり、作曲の土台を作る作曲家、曲にアレンジを加えるアレンジャー、効果音や舞台やゲーム、ドラマなどのBGMを作るサウンドクリエイターと細かく分類されます。

エンジニア

レコーディングやライブにおいて、マイクの位置や音量、バンドであればそれぞれの楽器のバランス、声の音量のバランスなどを調整するのがエンジニアです。小さなライブハウスで働くエンジニアもいれば、有名アーティストのホールライブなどを担うエンジニアまでいます。有名アーティストになると専属のエンジニアがついている事もあります。

楽器屋

一般的な音楽業界という言葉のイメージとは離れてしまいますが、楽器家さんも立派な音楽業界の仕事です。特に、楽器の修理なども出来る場合は立派な音楽業界の人間と言えます。

イベンター

出演アーティストの交渉、コンサートの企画、制作、チケット販売から管理、宣伝までを行うイベンターという仕事も重要な音楽業界の仕事です。最近ではフェス事業なども盛り上がっているので、のある職業となっています。

レコード会社

音楽業界の仕事の中でも学歴なども必要になってくる職業です。レコード会社の仕事は様々で、CD制作から、アーティストの宣伝、本来では別ですが最近ではレコード会社がマネージメントをする会社も増えています。大手になればなるほど、学歴なども重要になってきます。

音楽講師

初回公開日:2017年04月30日

記載されている内容は2017年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング