IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

IT企業の面接で「服装自由」な時の最適な服装選び

就活ノウハウ

今回は、IT企業の面接を想定した服装についてまとめてみました。IT企業の面接での最適な服装から、NGな服装まで解説していきます。「私服面接での服装選びに困っている方」「オフィスでの私服の選び方に興味がある」などは、是非参考にしてみてくださいね!

更新日時:

最適な服装は「オフィスカジュアル」

一口に私服自由と言っても、その内訳は様々です。企業の文化や風土によって、夏場は半袖、短パンといったラフに近い超カジュアルな職場から、ほぼスーツ状態の硬いカジュアルまで多岐にわたります。もし、堅い服装の職場に、半袖短パンで乗り込むことを想像すると、ゾッとしますよね。では、カジュアルの基準はどのように選べばいいのでしょうか。

選ぶべきはoffice casual

まず、真っ先に思いつくのが、可もなく不可もなくといった無難な服装をすることです。いわゆる「ビジネスカジュアル」や「オフィスカジュアル」と呼ばれるものです。カーディガンに細かいチェック柄のシャツ、シンプルなネクタイといった服装で、色味は抑えめで統一します。 以下、具体例。

このスタイルは、まず間違いなくどこへ行っても受け入れられます。最初で自信がない、あまり大きな失敗はしたくない、特に服にこだわりがあるわけではない、といった方はこの服装をベースに考えましょう。 服装選びのポイントとしては、清潔感とサイズ感を重視することです。特に清潔感が重要で、これが欠けていると、まともな社会人としてみてもらえない可能性もあるので注意しましょう。

NGな服装は「派手なネクタイ」「スウェットパンツ」など

避けたほうがいい服装として、奇抜な格好が挙げられます。派手なネクタイやカラフルなサスペンダー、ダメージパンツなどは避けましょう。また、スウェットパンツやジーンズも、NGの場合が多いので、気になる方は避けたほうが無難です。

張り込む

しかしながら、あくまでも上記の例は無難な服装ですので、中には「もっと会社にアピールしたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方にオススメするのが、張り込みです。 つまり、志望する企業の前で張り込んで、そこから出て行く社員の服装をチェックするのです。そこで、しっかりと社員の服装の傾向をつかみ、それにあった服装を選びます。やや時間面などのコストはかかりますが、確実な方法です。 もし、面接官に服装のことを尋ねられたら、話のタネにすることもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。結論からいうと、無難な「オフィスカジュアル」が最適ということになります。人間、信用されることが一番重要ですので、相手から第一印象で認められる格好というのは大事ですよね。加えて、オフィスカジュアルは、女の子からの受けもいいですよ! 服装に関して悩んでいる方は、これを機会に、「オフィスカジュアル」について調べてみてください。服のパーツもユニクロなどで安価に揃えることができて、それなりの見栄えがするのでオススメですよ。 ぜひ、しっかりとした服装で面接に臨んでみてください!

転職エージェントをチェック!

面接の方法や履歴書の書き方などの就活の不安は転職エージェントDODAに相談してみるのもいいでしょう。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング